作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

脳移植

ハカセが助手でオレがオレで。(富士美出版:ペンギンクラブ山賊版)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
ハカセが助手でオレがオレで。ハカセが助手でオレがオレで。
著者:幾夜大黒堂
ページ数:20ページ





2012年4月に富士美出版(ペンギンクラブ山賊版)から配信された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「自分の研究を理解しない、おろかな人間の助手を不要と判断し、選び抜かれた遺伝子から培養した、最高の女性型のクローンボディと自分自身の叡智を全て詰め込んだ人工頭脳を併せ持つ、女の子の身体をした、美しき人造人間を遂に作り出し、目覚めさせた、結構いい年(三十路)のおっさん顔で、女性にあまりモテそうにない容姿の、いまだに童貞の科学者の男性「松戸 研太」だったが、目覚めさせた、女の子の身体をした、美しき人造人間の人工頭脳に自分自身の記憶を片っ端からコピーした事が原因で、自分と同じ記憶と意識を持っている、女の子の身体をしたもう1人の「松戸 研太」になってしまっていたのだった」です。

作品としては、成人向けのマンガ作品などを出版している、出版社「辰巳出版」から、毎月発行されている、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年3月号]に掲載された、前にこの著者様が描かれ、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年2月号]に掲載された、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の成人向けの作品「未来は僕等の腕の中」と同じ「自分とチュー」をコンセプトに描かれた、性転換、脳移植(精神転移)該当作品を電子書籍化し、[富士美出版]名義で単話で配信した作品で、作中の性行為描写は、女の子の身体をした人造人間を作り出し、その女の子の身体をした人造人間の人工頭脳に自分自身の記憶をコピーした、モテない童貞の三十路の科学者の男性が、自分自身の記憶をコピーした事で、自分と同じ人格を持つてしまった、その女の子の身体をした人造人間の女の子と性行為をすると言う、女の子の身体になった自分自身と性行為する、マニアックな設定の該当作品ですので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に設定や話の展開などはまったく違いますが、前にこの著者様が描かれ、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年2月号]に掲載された、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の成人向けの作品「未来は僕等の腕の中」と同じ「自分とチュー」をコンセプトに描かれた、「モテない童貞の三十路の科学者の男性が、自分自身の記憶をコピーした事で、自分と同じ人格を持ってしまった、女の子の身体をした人造人間の女の子と性行為をする」話の展開の性転換、脳移植(精神転移と言うよりは、精神コピー系の該当作品ではありますが)該当の作品で、作中の性行為描写は、上で書いたように、自分自身の記憶を女の子の身体の人工頭脳にコピーした事で、自分自身と同じ人格を持つ、女の子の身体になった自分自身と性行為する、マニアックな設定の該当作品ですので、設定的には、人により、少し作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、話の展開は、非常にコミカルタッチの明るい話の展開で、特に主人公である科学者の男性と女の子の身体になった自分自身との軽快な話の掛け合いやこの作品の話のノリは面白く、女の子の身体になった該当キャラの心理描写なども中々しっかり描かれていて、成人向けの該当作品の面白さも十分にある作品だと思いますし、作中の性行為描写も精神的には性別を変えた同一人物の性行為になりますので、好みが分かれる所があるものの、描写的には、あまり好みが分かれるマニアックな描写はなく、終わり方もこの作品の明るい話の展開にあった、中々面白い話の展開で良いと思いますので、設定的には、人により作品の評価や好みが分かれる所はありますが、成人向けの該当作品が好みに合う人には、作中の設定などが好みに合えば面白く読めて、オススメできる良作の該当作品ではないかと思います。続きを読む

俺、メタドール(キルタイムコミュニケーション:コミックアンリアル)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
b241aktur00365ps俺、メタドール
著者:まる寝子
ページ数:22ページ





作品内容
研究所で清掃員として働いていた青年は、所長の依頼で人間の女の子のようなメタドールのベルに精神を移植されてしまう。そしてスポンサーの元に赴き清掃作業のデモンストレーションを行うベルだったが、現場主任の男に襲われてしまう。抵抗を試みるも「人間の命令には服従する」という原則に従い、ベルは複数の男たちに奉仕を続け、快楽を受け入れた彼は性処理人形となってしまうのだった。

2011年9月にキルタイムコミュニケーション(コミックアンリアル)から配信された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「奥の倉庫には、たくさんのマネキンや部品類があり、気味悪い事この上ない路地裏にある怪しげな研究所「篠原ラボラトリィ」で、同僚のいない(おかしなデザインの意思のある自立型のロボットはいるが)唯1人のビル清掃員として働いていた、主人公の男性は、ある日、この研究所を所長を務め、今は家事手伝いを目的にした、アンドロイドの中でも限りなく人間に近い、ヒューマンフォーム・ロボット「メタドール」を製作、研究している眼鏡を掛けた女性科学者から、急遽この研究所のスポンサーが製作中の「メタドール」見たいと言ってきた事から、まだ脳にあたる回路が完成していない、人間の女の子にしか見えない「メタドール試作機 137号(通称:ベル)」を完全に動かす為に自分の精神を「ベル」に移植させてもらうように依頼されてしまう。そして、高額な特別手当につられて、間の女の子にしか見えない「メタドール試作機 137号(通称:ベル)」に精神を移植されて、女の子の姿をした家事手伝いの「メタドール・ベル」として、スポンサーの元に赴き清掃作業のデモンストレーションを行う事になった、主人公の男性だったが、そこで人間の精神が移植されている事を知らず、人間の女の子にしか見えない「ベル」の身体に興味を持った現場主任の男性に襲われそうになってしまい、何とか抵抗を試みるが、人間の精神が移植された事で起動を始めた、女の子らしいたたずまいや動作を補正し、「ロボット三原則」も組み込まれている「ベル」自身の制御プログラムに操られ、心とは裏腹に現場主任の男性の望み通りに性的奉仕を続け、さらにそこに現れた
現場主任の男性の部下達にまでも性的奉仕を行ない、女の子の身体をした「メタドール」の身体で女の子の快感を味わい、徐々に精神までも、人間に奉仕する為に作られた家事手伝いの「メタドール・ベル」へと変化していってしまうのだった」です。

作品としては、2006年5月に創刊号が発行され、2009年5月に発行された[19号]からは、電子書籍版も2010年4月から配信され、現在は、奇数月の12日に雑誌が発行され、同じく奇数月に最新号の前の号が電子書籍版で配信されている形式になっている、非現実系美少女Hコミック誌[コミックアンリアル]の2011年8月に発行され、2011年9月に電子書籍版も配信された[コミックアンリアル Vol.32]に掲載された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品を単話で配信している作品で、作中の性行為描写は、精神が移植され女の子の身体の「メタドール」の身体になった該当キャラが、複数の男性に犯される陵辱要素の強い描写がメインになりますので、苦手な方はご注意ください。

性転換、脳移植該当作品としては、個人的に成人向けの該当作品の中でも、あまり多くない印象を受ける「女の子の身体をしたメタドール(アンドロイド)の身体に男性の精神が移植され、その機械の身体で、女の子の身体の快感を味わう」話の展開の該当作品で、少しネタバレになりますが、作中の描写的では、女の子の身体をしたメタドールの身体に精神を移植されると言うより、主人公の男性の身体の中に精神がある状態で、女の子の身体をしたメタドールの身体を操縦するような設定になっている印象がありますので、作中の性行為描写などを含めて、人により作品の評価や好みが分かれる所があるかもしれませんが、話の展開は、「女の子の身体になった該当キャラが、女の子の身体の快感を味わい墜ちていく」成人向けの該当作品らしい面白さが十分にある内容になっていると思いますし、特に女の子の身体をしたメタドールの身体に該当キャラの精神を移植された事がきっかけで起動した、この女の子の身体をしたメタドールの制御プログラムに操られ、心とは裏腹に男性に性的奉仕を続け、徐々に女の子の身体をしたメタドールに取り込まれていく話の展開は良く、終わり方も多少好みが分かれるなんともいえない終わり方になっていますが、該当キャラが元の身体に戻れなくなり理由が、女の子の身体をしたメタドールに組み込まれている、「ロボット三原則」に絡んでいるのは中々面白い理由だと思いますので、多少人により作品の評価や好みが分かれる所がありますが、機械の身体に精神を衣装される設定の成人向けの該当作品が好みに合う人やこの著者様の該当作品が好みに合う人には、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。続きを読む

淫欲少女抄G

成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_045440pr淫欲少女抄G




作品内容
同人18禁ゲーム「淫欲少女抄G」は、絵も音も無く文字だけで味わう渋いゲームです。女の子(場合によっては男、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごします。メニューを選ぶだけの簡単な基本操作。面倒な攻略は無く、息をするぐらい簡単にエッチ行為ができます。そこで何をするかはプレイヤー次第。男とやるのも、レズに専念するのも、見られる快感に酔うのも、悪の黒幕を倒すのも、女の子の身体で金儲けに専念するのも自由。やりやいことだけを、やりたいようにやろう!

絵も音も無く文字だけの渋いアドベンチャーゲームを作成しているサークル[同人サークルKIRARIN]様の性転換(変身、手術、女体化)、脳移植(意識転移)、女装該当作品です。
該当としては、少しビミョーな印象を受ける該当要素もあるかも知れませんが、該当は「「大文字の彼」のラボが作り出した仮想の世界「努町(ゆめまち)」で、このゲームのプレイヤーが女の子(場合によっては男、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごす中で、男性の身体のときは、シーメール手術を受け、さらに完全な女性の身体になる性転換手術(子供は生めませんが)を受けることができ、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になって、そのクローン培養された女性の身体で子供を生む事ができたり、その架空の街「努町」に有る、魔法のステッキなどの変身できるアイテムを使用して、魔法少女に変身(男女問わず変身できます)する等、自分の身体の性別を自由に変えることができる」です。

オリジナルの性転換(変身、手術、女体化)、脳移植(意識転移)、女装該当の絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品になります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、仮想の世界「努町(ゆめまち)」を舞台にプレイヤーが女の子(場合によっては男性、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごすことができ、膨大な数のイベントとシュチエーションを見ることができる、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、[淫欲少女抄F]を拡大発展させた作品と言う事で、作中のイベント、システム等は[淫欲少女抄F]から多数継承され、新たに追加されたイベントなどには、上でも書きましたが、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になったり、アダルトDVDに出演するなど、多数のイベントが追加され、この作品大きな特徴としては、上で書いたように、「水をかぶって又は別の身体に意識を転送して、性別及び別の身体に変わるシステム」や「架空の街「努町」以外に飛行機で行ける外国が存在する」、「第1部と第2部の2部構成になっていて、最大5年間生活できる第1部の間に、妊娠し、出産を迎えると20年後の「努町」舞台となる、第1部と同じ用に最大5年間生活できる第2部に進む構成になっている」のが大きな特徴になっています。また作中の性行為描写には、男女の普通の性行為描写からマニアックなシュチエーションの性行為描写まで多数の性的描写がありますので、作中に苦手な性的描写がある人は、ご注意ください。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、作中のイベントやシステム、舞台などは、[淫欲少女抄F]と共通している所が多く、自由度が非常に高い上に時間またや期間限定のイベントなども多数あって、全体的に全てのイベント及びエンドを見るのは、時間が掛かる、難度の高いアドベンチャーゲーム形式のシリーズ作品ですので、このシリーズ作品をプレイした事がない人や[淫欲少女抄F]をプレイした事がある人には、作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含めて、作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、この作品の特徴の1つである「第1部と第2部の2部構成になっている」所や当初から一応、大きな目的が設定されている所は、このシリーズ作品をプレイした事がない人には、具体的な指針が立てやすく、[淫欲少女抄F]をプレイした事がある人にも、新たに追加されたイベントを探しながら、具体的な指針を立ててプレイができるのは、他のシリーズ作品よりプレイしやすくなっているのではないかと思いますし、今作も漫画やアニメ、特撮等の小ネタも多くて、前作[淫欲少女抄F]と違い家族構成を設定する事はできず、今作では、当初から一応、大きな目的が設定されていますが、作中に登場する男性キャラと結婚できたり、女性の身体で子供を妊娠したり、アダルトDVDに出演できるようになったりなど、新たに追加されたイベントも中々興味深いイベントが多い事を含めて、他のシリーズ作品と同じように目的を決めないままに好きなようにプレイできるのは、このシリーズ作品の面白さの1つではないかと思いますので、人によっては、作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではありますが、他のアドベンチャーゲーム作品では見られない特徴が多数あって、このシリーズ作品が面白いと思う人や好みが合う人には、長く楽しめる、良いアドベンチャーゲーム作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、上でも書いたように人によっては、作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含め全体的に作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、新たに追加されたイベントには、男性の身体で、シーメール手術を受け、さらに完全な女性の身体になる性転換手術(子供は生めませんが)を受けることができ、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になって、そのクローン培養された女性の身体で子供を生む事ができたりと異性の身体になる該当のイベントが多数追加されていて、男性の身体で始めたときの第1部の目的の1つになる、妊娠できる女性の身体(クローン培養された女性の身体)を手に入れるまでの道のりは、時間限定や服装限定のイベントなども消化しないといけませんので、アドベンチャーゲーム作品をあまりプレイした事がない人には、難度が高い所があるアドベンチャーゲーム作品ではないかと思うものの、このシリーズ作品が面白いと思う人や成人向けの該当作品を好む人には、色々な該当のイベントが見れる作品ではないかと思いますし、その該当イベントに関わる、作中の登場するキャラクターの中には、漫画やアニメに登場したキャラクターの名前に似ているキャラクターが多数登場していて、元ネタの作品を知っている人には、好みが分かれる所がありますが中々面白く、特に水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入り異性の身体になるイベントに関わる作中に登場するキャラクターは、元ネタの該当作品を知っている人には、面白いイベントが多数あり、エンドの中にはその異性の身体になるイベントに関わる男性キャラクターと結婚し子供を生むイベントやその異性の身体になるイベントに関わる男性キャラクターが,女の子の身体になり複数の男性に襲われた事で、女の子の身体の快感に目覚めるエンドなどもありますので、全体的に作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含め、作品の評価や好みが分かれる所がありますが、このシリーズ作品が面白いと思う人や成人向けの該当作品を好む人には、他のシリーズ作品より該当作品的な要素が多数あり、長く楽しめる、中々オススメの良作ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

淫欲少女抄G続きを読む

サークル[すもも堂]

オリジナル及び二次創作の同人誌作品を制作されている、サークル[すもも堂]様の性転換、脳移植(精神転移)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

すもも ぴんく作品集.3

作品内容
『アンドロイド買って』猫耳アンドロイドの訪問販売員が尋ねて来た…販売員は小さな少女だった。
『魔性の少女』SM雑誌を万引きした少女、それは3年ぶりに会った知り合いだった。
『隣は何をする人ぞ』隣に住んでいたのはSEX教団だった…。
『ボディチェンジ』大学の実験室で僕の細胞を使い少女のクローン体が作られていて記憶を入替えられてしまう。

作品としては、オリジナルの性転換、脳移植(精神転移)該当の同人誌作品を1作品含め、合計4作品のオリジナルの同人誌作品を収録した作品集で、上の作品内容にも書いていますが、収録されている作品は、[アンドロイド買って(12ページ)]、[魔性の少女(16ページ)]、[隣は何をする人ぞ(16ページ)]の3作品に性転換、脳移植(精神転移)該当作品[ボディチェンジ(18ページ)]の4作品が収録されています。また各作品の作中の性行為描写は、作中に登場する女性キャラクター及び該当キャラが、縄や拘束ベルトなどで拘束されて性行為をする、SM的な性行為描写がメインになり他にも、女性キャラクターにビニールテープを巻きつけ拘束するなどのマニアックなハードSM描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

少し違うかもしれませんが、この作品集に収録された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品[ボディチェンジ(18ページ)]の該当は「同じ大学に通う、幼なじみの女性「美樹」に内緒で、この大学の生物学の美人教授の秘密地下研究室でバイトをしている、主人公の男性「昌彦」だったが、ある日、その地下研究室で自分の細胞と生物学の美人教授の細胞を併せて作り出された、容姿が自分とよく似た少女の身体のクローン体を見せられた上にその少女の身体に意識と記憶を入れられ、容姿が自分とよく似た少女の身体になってしまうのだった。そして、自分の細胞と生物学の美人教授の細胞を併せて作り出された、クローン体の少女の身体に意識と記憶を入れられ、身体検査と称して美人教授にその身体を嬲られ、女の子の身体の快感を味わってしまったものの、元の身体に戻してくれるように美人教授に頼んだ「昌彦」だったが、元の自分の身体には、車で死に掛けたオスの仔犬の意識を入れられたと言われてしまい、そのオス犬の意識の入った自分の身体に犯され、女の子の身体の快感をさらに味わった上に何故かその場に現れた「美樹」までもオス犬の意識の入った自分の身体に犯されしまうのだった」です。

個人的に作品としては、オリジナルの性転換、脳移植(精神転移)該当の同人誌作品を1作品含め、合計4作品のオリジナルの同人誌作品を収録した作品集で、各作品の作中の性行為描写は、作中に登場する女性キャラクター及び該当キャラが、縄や拘束ベルトなどで拘束されて性行為をする、SM的な描写がメインの作品集になり、絵柄も少し古い印象(特にこの作品集には明記されていませんが、昔の成人向けの漫画雑誌などに掲載されたオリジナルの作品のようです)を受け、キャラクターの体形バランスなどに違和感を感じる所もありますので、作中の性行為描写や絵柄、この作品に収録された作品によっては、シュールな印象を受ける終わり方になっている所などを含めて、全体的に作品の評価や好みが分かれる作品集ではないかと思いますが、収録された各作品の話の展開は、全体的にコミカル要素のある話の展開になっていて、特に[アンドロイド買って(12ページ)]や性転換、脳移植(精神転移)該当作品[ボディチェンジ(18ページ)]は、作中の性行為描写には、好みが分かれる所があるものの、終わり方を含めてコミカル要素が強い話の展開になっていますので、収録された作品の中では、比較的あまり好みが分かれないで読める作品ではないかと思います。また作中の性行為描写にマニアックなハードSM描写がある[魔性の少女(16ページ)]や[隣は何をする人ぞ(16ページ)]も作中の性行為描写には好みが分かれるものの、この2作品もコミカルタッチに描かれている所があって、作中の性行為描写が好みに合う人には、中々独特な雰囲気があって中々面白く読める所があるのではないかと思いますし、終わり方も[アンドロイド買って]や該当作品[ボディチェンジ]、[魔性の少女]は、シュールな印象を受けるものの、中々意外な終わり方で面白いと思いますので、全体的に作中の性行為描写などが好みが合わない人には、作品の評価が分かれる作品集だと思いますが、中々独特な面白さがある作品が収録されている作品集ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的にこの作品集に収録された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品[ボディチェンジ(18ページ)]は、上でも書きましたが、この作品集に収録された作品の中でも、コミカル要素が強く、比較的あまり好みが分かれないで読める作品ではないかと思うものの、作中の性行為描写には、女の子の身体になった該当キャラが、縄や拘束ベルトなどで拘束されて性行為をする描写や縄で身体を縛られた該当キャラがオスの仔犬の意識を入れられ、椅子に縛られ人間椅子となった元の自分の身体と性行為をする描写などがありますので、やはり人によって、作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思います。しかしながら、話の展開は、女の子の身体になった該当キャラが女の子の身体の快感を味わう、成人向けの該当作品らしい話の展開になっていて、作中の性行為描写などが好みに合う人には中々面白く読める該当作品ではないかと思いますし、終わり方も中々意外な終わり方で面白いと思いますので、この作品集に収録された他の作品を含めて、人により作品の評価や好みが大きく分かれる作品集ではないかと思いますが、このサークル様の作品が好みに合う人やSM要素のある作品又は該当作品が好みに合う人には、中々面白く読める、中々良い該当作品が収録された作品集ではないかと思います。

このブログでご紹介した、このサークル様の該当作品です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
ふたなり瑞穂ちゃん
ふたなり瑞穂ちゃん

二次創作女体化(フタナリ女体化)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、24ページになります。

生贄の家系
生贄の家系

オリジナルの性転換(変身)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、26ページになります。

G.L. 2 〜ブラを買いにいったら男に戻れなくなったので、とりあえずキスをしてみた!〜 (G.L.シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

G.L. 2 ~ブラを買いにいったら男に戻れなくなったので、とりあえずキスをしてみた!~ (G.L.シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)G.L. 2 ~ブラを買いにいったら男に戻れなくなったので、とりあえずキスをしてみた!~ (G.L.シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
著者:長野 聖樹
販売元:集英社

作品内容
宇宙人との衝突事故により身体を損傷したことから、少女の姿で、義理の妹にして銀河皇国の皇女・マリアを守ることになった隼人。同級生の少女・伊織としてマリアと同居する毎日にも慣れてきた頃、護衛のパートナー・ミツヨシが謎の修道服少女に襲撃される!さらには隼人の身体がある宇宙船も撃墜され、サポートもなくなった状況で、隼人はマリアの日常を守りきることができるのか!?超銀河系バトルラブコメ、第2弾登場。

2011年9月に発行された性転換(変身、脳移植)該当作品[G.L. ~気がついたら女の子になって妹を守ることになったから、とりあえず揉んでみた!~]の続編、第2巻です。

作品としては、宇宙人との衝突事故に巻き込まれたことで、女の子になった主人公が実は、別の星の王女だった義理の妹を自分の正体を隠して、義理の妹を狙う組織から守ろうとする、題名の副題に非常に特徴がありる、SF的な設定の学園モノのラブコメ作品で、今回の話は、前回、1年2ヶ月前に「ラビィッツ」のエージェントと大気圏外での戦闘中に生身で地球に落下してしまい、プレアデス銀河皇国近衛機構のA級エキスパートである、右目に眼帯をした銀髪の女の子「雷撃のミツヨシ」に運悪く轢かれてしまった事が原因で、損傷した自分の身体の変わりに女の子の身体に自分の脳を入れ替えられ、実は、プレアデス銀河皇国の皇女である義理の妹「愛洲 マリア」を自分の脳がストレスを感じ続けると突然、元の男性の身体に変化してしまう体質(因みに、奥歯のスイッチを押すことで、自ら元の男性の身体に戻ることもできる)や女の子の身体になった自分の身体に戸惑いながらも地球では「柳生 三厳」と名乗っている「ミツヨシ」と共に、自分と「マリア」の家に下宿しながら、度々襲撃してくる「ラビィッツ」のエージェントから守り、遂にプレアデス銀河皇国の先祖が地球に残した、古代発掘兵器「天叢雲」が復活し、その兵器を手に入れた事から一時的に「ラビィッツ」のエージェントを撃退し、平穏を取り戻して引き続き、正体を隠し「私立吾妻太夫高等学校」に通う女子生徒「藍田 伊織」として、「ミツヨシ」と共に「マリア」の護衛を続けている、主人公「愛洲 隼人」の目の前に、総勢108人いる「ラビィッツ」のエージェント内、上位36人の「天」の星を持つ「F.C.A(ファーストクラスエージェント)」で、その中でも8人の「先鋒八驃騎」と「天暗星」の名を冠する、修道服を着た「ミツヨシ」の血の繋がらない妹「ギセン」が現れたことで、今日1日の出来事を振り返る所から始まり、今回は、文化祭の準備にわく「私立吾妻太夫高等学校」を舞台に「隼人」と「ミツヨシ」を中心に話が進んでいきます。

性転換該当作品としては、個人的に宇宙人との衝突事故に巻き込まれたことで、女の子になった主人公が実は、別の星の王女だった義理の妹を自分の正体を隠して、義理の妹を狙う組織から守ろうとする、題名の副題に非常に特徴がありる、SF的な設定の学園モノのラブコメ作品で、今回も前にこのブログでもご紹介した前作[G.L. ~気がついたら女の子になって妹を守ることになったから、とりあえず揉んでみた!~]と同じく非常に長い副題になっていて、前作では、話の半分ぐらい該当キャラが、元の男性の身体に戻る話の展開で、副題や話の展開などを含めて、全体的に性転換モノの面白さは薄い印象を受ける作品ではありましたが、今作は、ネタバレも含みますが副題の通り、「文化祭で行なわれる劇に出演することになった事がきっかけで、「愛洲 マリア」に連れられ、ブラジャーを買いに行く事になってしまい、「マリア」に正しいブラジャーの着け方を教えられた上に化粧などを含め、いまどきの女の子の私服を着せられてしまった、主人公である該当キャラ「藍田 伊織」こと「愛洲 隼人」と「ミツヨシ」の目の前に現れた、修道服を着た「ミツヨシ」の血の繋がらない妹で、「ラビィッツ」のエージェントの一人である「ギセン」によって、「伊織」から「隼人」の身体に戻る為の奥歯のスイッチを折られ、さらに治療中の「隼人」の身体が収容されている、プレアデス銀河皇国近衛機構のA級エキスパートの母艦である、宇宙船「光皇」を大破されて、元の男性の身体に自在に戻れなくなってしまった事で、脳がストレスを感じ続けると突然、元の男性の身体に変化してしまう体質を利用して、ストレスを感じると反射的に「伊織」から「隼人」の身体に戻るようにする為に女の子の身体での生活に慣れ始めた「伊織」の身体の「隼人」と「ミツヨシ」がキスなどをして、元の男性の身体に戻れるように訓練する」と言う、話の展開になっていて、一般向けのライトノベル作品とは思えないぐらいに、キスなどの性的な描写が多く、性転換モノの面白さがある描写も多くあって、特に「マリア」と「伊織」達がブラジャーを買いに行くシーンやカラーページ、「伊織」が「ギセン」に襲われてしまうシーンなどは、該当作品が好きな人には、中々楽しめて読めるシーンが多いのではないかと思います。また作中には他にも、「T.S(トランスセクシャル)」が文化的に受け入れられていると言う台詞があったり、「ギセン」の瞳術(催眠術)で「伊織」の潜在意識に「自分は女の子」だと認識させているなど、前作では、該当作品としての評価が分かれる所の1つであった、「ストレスで男性の身体に戻ってしまう」設定を上手く利用している話の展開になっているのは面白いと思いますし、作品としても、文化祭の劇の練習や義理の妹「ギセン」との戦いなどを通して「ミツヨシ」が「隼人」に恋愛感情を持っていることに気が付く、作中に登場する新たなる敵キャラなどを含めバトルモノの学園ラブコメ作品らしい正統派の話の展開になっていて、文化祭の劇の練習シーンでの色々ずれている「ミツヨシ」の行動やSF的な設定の作品らしい規模がでかく中々派手な戦闘シーンなどは、SF設定のバトルモノの学園ラブコメ作品が好きな人には、中々面白く読める作品ではないかと思いますので、少し後半の話の展開が駆け足になっている印象を受ける所などの話の展開や作中に登場するキャラクターの心理描写、設定などは、人によって、作品の評価や好みが分かれる所はありますが、前作の話が好みにあった人や前作では少なかった性転換該当作品らしい面白いシーンを期待していた人には、中々面白く読める話の展開になっている、中々オススメの良い該当作品ではないかと思います。続きを読む
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード