作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

年齢退行

一年生になっちゃったら (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

一年生になっちゃったら (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)一年生になっちゃったら (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
著者:大井 昌和
販売元:芳文社

作品内容
ひょんなことから小学生の女子になってしまった元・高2男子の高遠いおり。ひまわり台町に到来した未曽有の危機のさなか、いおりはみくるを救い出せるのか――!? そして、二人の関係は―!? 大人気ポップンコメディ、ついに最終巻!

2013年2月に芳文社(まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)から発行された、性転換(手術)該当作品[一年生になっちゃったら]シリーズの最終巻・第9巻です。
作品としては、月刊誌[まんがタイムきららフォワード]に[2007年5月号]から[2013年2月号]まで連載された、「ひょんな事から交通事故に巻き込まれ死に掛けた男子高校生が、ロリコン天才科学者に小学1年生の女の子の身体に作り変えられてしまい、小学校に通うことになってしまう」該当設定の基本1話完結型のドタバタ系のギャグコメディ作品[一年生になっちゃったら]の最終巻・第9巻に当たる作品で、この最終巻・第9巻には、[まんがタイムきららフォワード・2012年8月号から2013年2月号]までに掲載された、第54話(54時間目)から第60話(60時間目)が収録されています。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたがこの作品は、月刊誌[まんがタイムきららフォワード]に[2007年5月号]から[2013年2月号]まで連載された、「ひょんな事から交通事故に巻き込まれ死に掛けた男子高校生が、ロリコン天才科学者に小学1年生の女の子の身体に作り変えられてしまい、小学校に通うことになってしまう」該当設定の基本1話完結型のドタバタ系のギャグコメディ作品[一年生になっちゃったら]の最終巻・第9巻に当たる作品で、この最終巻・第9巻に収録された第54話と第55話は、前回の第8巻から話が続く、長編形式の話の続きに当たる話になり、話の展開的には、前に第8巻をご紹介した時にも書きましたが、小学校低学年にはありそうなネタを題材にし、その出来事に小学1年生の女の子になった該当キャラが巻き込まれる1話完結型の話とは、まったく雰囲気の違う急展開の話で好みが分かれる所があるものの、第55話では、小学1年生の女の子の身体になってしまった該当キャラ「高遠 伊織(いおり)」が好意を抱く「草薙 みくる」に紆余曲折の末、告白し結ばれ、全てが元に戻ると言う話の展開で、それほど好みが分かれないで読める話になっていると思いますし、正体が全て知られた上で結ばれた「伊織」と「みくる」との恋愛関係が描かれる第56話の後の話は、最終話まで、この作品らしい1話完結型のドタバタ系のコメディタッチの話の展開になり、この作品シリーズが好みに合う人には、いつもどうりのノリの話が読めて良く、最終話の話の終わり方も、ドタバタの末、該当キャラが元の身体に戻ると言うコメディタッチの該当作品らしい終わり方で良いと思いますので、全巻を通して、話によっては該当作品的な面白さが薄い話があり、第8巻の今までの雰囲気とはまったく違う話の展開などに、人により作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが(作品収集の面では意外な話の展開の作品だったと思いますが)、性転換該当作品らしい面白さのある話や小学校低学年にはありそうなネタを題材にしたドタバタ系のギャグコメディ作品らしい面白さがある話がしっかりあって、全体的にあまり好みが分かれないで読めるシリーズ作品だったと思いますので、このシリーズ作品の話の展開やノリが好みにあった人や男性学生が上学生の女の子の身体になってしまうなどの年齢退行要素のあるコメディタッチの該当作品が好みに合う人には、あまり好みが分かれないでどの話からも読める、好みが合えば中々オススメできるシリーズ作品ではないかと思います。
続きを読む

ふたば☆ちゃんねる4

成人向けの作品ですのでご注意ください。
ふたば☆ちゃんねる4
ふたば☆ちゃんねる4

作品内容
夏休み。
いつも予定がなく、退屈な日々を過ごすだけだったが――。
今年は親戚の双子の姉妹――陽向ちゃんと美月ちゃんと一緒にお留守番だ。

親戚とはいえ、女の子2人と一つ屋根の下で暮らすことに興奮しないワケがない。
しかも一緒にお風呂もはいったりして、留守番初日から嬉し恥ずかしの連続だ。

だが双子がもってきた石けんを使ってしまったことで――。

「なんだよコレ……女の子に変身した!?」

突然巻きこまれた非日常に、
のんびりするはずだった留守番が大混乱!?

~~人気TS物シリーズ「ふたば☆ちゃんねる」に続編登場!~~
新たな舞台のお話なので、シリーズ初めての人でも楽しめます。

成人向けの同人ゲームを製作している、サークル[夢見奏]様の性転換(変身、年齢退行、精神女性化)該当作品です。
上の作品内容にも書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「ある夏休みの日に、結構お世話になっている、親戚の叔父さんの家で、その叔父さんの双子の娘である女の子「春日部 陽向」と「春日部 美月」の2人と泊り込みの留守番をする事になった、実は幼い女の子が好きな、ロリ好きである事を隠している、主人公の男子大学生「高遠 明」は、再会を果たした「陽向」と「美月」から渡された、叔父の海外出張のときのお土産の中に入っていた、未開封の謎の石鹸をひょんな事から、自分の好意を持っている「陽向」と「美月」と一緒にはいる事になったお風呂で使ってしまったことがきっかけで、叔父に「陽向」と「美月」の食事を作る事を頼まれていた幼馴染の女性「清白 加奈子」に言われ自宅に帰った、その日の夜、突然睡魔に襲われ、目覚めると何故か自分の身体が、白い髪をセミロングにした可愛い女の子の身体になっている事に気が付くが、自分の身体が女の子の身体になってしまった事を夢だと思い、そのまま女の子の身体で自慰行為をして、女の子の身体の快感を味わってしまうのだった。そして、次の日の朝、何故か女の子の身体になって自慰行為をしてしまった事を夢だと思いながら、元の男性の身体で目覚め、再び「陽向」と「美月」のいる「春日部家」に向った「明」だったが、「陽向」と「美月」の為に買ってきた、レモンソーダのアイスを食べてしまった事で再び、「陽向」と「美月」より背が低い、白い髪をセミロングにした可愛い女の子の身体になってしまい、その後「高取 あきら」と名乗る事になってしまった事もしくは、何故か女の子の身体になって自慰行為をしてしまった直後に自宅にやって来た、ロリ好きで、可愛い女の子に、すぐに手を出そうとする欠点を持ち色々変態だが、気のいい性格の友人「砂沢 健二」に自分の身体が女の子の身体になってしまったことを知られてしまった事がきっかけで、「陽向」と「美月」、実は小さい女の子が大好きな「加奈子」もしくは、「健二」や見知らぬの男性たちに女の子になった身体を好きなように責められてしまう受難な夏休みを送る事になってしまうのだった」です。

オリジナルの性転換該当の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、選択肢は1つのエンドは2つ、回想シーンに登録されるシーンは、17シーンになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の「成仏できない女の子の魂が込められ、その成仏できない女の子の願いと感応した男性をその女の子の姿に変え、成仏できないその女の子の魂の願いを叶えると言う、謎の石鹸「開運石鹸」をひょんな事から使ってしまった、主人公の男性が女の子の身体になってしまう」と言う該当設定の各作品ごとに主人公である該当キャラが違う、該当キャラを含む女性キャラフルボイスの性転換(変身、年齢退行)該当のアドベンチャーゲーム作品[ふたばちゃんねる]シリーズの本編4作品目に当たる該当作品(本編4作品に、ファンディスクが2作品)で、作中の性行為描写には、ある夏休みの日のひょんな事から「開運石鹸」を使ってしまい、可愛い女の子の身体になってしまった該当キャラが、親戚の双子の女の子や幼馴染の女の子に、女の子になった身体を好きなように責められるなどの女性同士の性行為描写やロリ好きの友人の男性に女の子になった身体を責められ、抱かれる性行為描写、作中に登場する見知らぬの男性キャラに電車で痴漢される又は銭湯のお風呂で犯される描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、「成仏できない女の子の魂が込められ、その成仏できない女の子の願いと感応した男性をその女の子の姿に変え、成仏できないその女の子の魂の願いを叶えると言う、謎の石鹸「開運石鹸」をひょんな事から使ってしまった、主人公の男性が女の子の身体になってしまう」と言う該当設定の性転換(変身、年齢退行、精神女性化)該当のアドベンチャーゲーム作品[ふたばちゃんねる]シリーズの本編4作品目に当たる該当作品で、今回も話の序盤の選択肢で、女の子の身体になってしまった該当キャラが、女の子になった身体を親戚の双子の女の子や幼馴染の女性に責められる受難な毎日を送るうちに、元の身体に戻る条件を見つけ、最終的に元の男性の身体に戻る、女性同士の性行為描写をメインとしたルートと女の子の身体になってしまった事をロリ好きの友人の男性に知られてしまった事がきっかけで、女の子になった身体で何度も男性に抱かれる内に、最終的に「開運石鹸」に込められた、成仏できない女の子の魂と同化してしまい、見も心もエッチな事が大好きな完全な女の子になってしまう、男性との性行為描写がメインのルートに別れる、このシリーズ作品らしい構成になっていて、作中には、前作までの該当キャラが登場する事などもありませんので、前作までのシリーズ作品を知らない人でもある程度プレイしやすい話の展開になっているのではないかと思うものの、作中に謎の女性が登場している点や該当設定である「開運石鹸」に関しては最小限の説明しかされていない所などは、この作品を始めてプレイする人又はこのシリーズ作品をプレイした事のある人どちらにも、中途半端又は説明不足に思える部分があるのではないかと思いますので、幼い女の子の身体になってしまう該当設定矢作中の性行為描写なども含めて、今回も人により作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思います。しかしながら、序盤の選択肢で2つに分岐する、女性同士の性行為描写をメインとしたルートでは、該当キャラと作中に登場する女性キャラとの性行為描写以外にも作中に登場する女性キャラ同士の性行為描写が少しあるのは、成人向けのアドベンチャーゲーム作品としては中々良く、話の展開もこのシリーズ作品らしい話の展開になっていて、話の最後で元の身体に戻る条件に気がつく話の展開もこの作品シリーズをプレイした事がある人には、中々新鮮な話の展開になっているのではないかと思いますし、男性との性行為描写がメインになるもう1つのルートも、女の子の身体になった該当キャラの戸惑いなどの四厘描写はあまり描かれていない印象はありますが、女の子の身体になった該当キャラが、作中に登場する男性キャラと性行為をする内に、徐々に女の子の身体の快感に呑まれていく成人向けの該当作品らしい面白さが中々しっかりあって、話の後半の結構唐突な印象を受ける所があるかもしれませんが、最終的に「開運石鹸」に込められた、成仏できない女の子の魂と同化し、見も心もエッチな事が大好きな完全な女の子になってしまう話の展開は、このシリーズ作品を無礼した事があり、快楽墜ち系の該当作品が好みに合う人には、中々面白くプレイできるルートになっているのではないかと思いますので、話の展開的には、人により中途半端な印象を受ける所があり、人により今回も作品の評価や好みが分かれる所がありますが、このシリーズ作品らしい該当作品の面白さはしっかりあって、このシリーズ作品をプレイした事がある人や成人向けの該当作品が好みに合う人には、前作までの話を知らなくてもプレイできる、中々オススメの良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_064755pr
ふたば☆ちゃんねる4続きを読む

アイドルプリテンダー(3)(完) (チャンピオンREDコミックス)



2013年10月に秋田書店(チャンピオンREDコミックス)から発行された、性転換(変身)該当作品[アイドルプリテンダー]の最終巻・第3巻です。
作品としては、出版社[秋田書店]から発行されている、月刊誌[チャンピオンRED]の増刊号にあたり、隔月で発行されている、基本1話完結の構成の全作品読みきりを謳っている(掲載されている大半の作品は、実質連載扱いになっています)、[チャンピオンRED]の増刊号[チャンピオンREDいちご]にて、2011年4月発行の[VOL.25]に第1話が読みきり作品として掲載され、2013年8月発行の[VOL.39]にて完結した、「風邪薬と間違えて、怪しい薬を飲んでしまい、女の子の身体になってしまった漢の中の漢を目指す、主人公の男子生徒「因 瑛太」が、元の身体に戻るための3億円の薬を購入する為、「ちなみ」と名乗り、寮のルームメイトである、美しいものが好きで、実は、女装を趣味にしている、友人の男子生徒「小栗 圭介」をマネジャーとして、3億円稼げるアイドルを目指すことになる」話の展開の基本1話完結型のコミカルタッチで描かれた性転換(変身)該当作品[アイドルプリテンダー]の最終巻・第3巻に当たる作品で、この最終巻・第3巻には、[チャンピオンREDいちご VOL.35]から[VOL.39]までに掲載された、第11話から最終話(第15話)までが収録されています。またこの作品に収録された第12話と第13話では、該当キャラである「因 瑛太」こと「ちなみ」が、くうぜん呑んでしまった怪しい薬の影響で、一時的に幼い女の子になってしまう、年齢退行要素のある話も収録されています。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、「風邪薬と間違えて、怪しい薬を飲んでしまった事がきっかけで、自分の身体が可愛い女の子の身体になってしまった漢の中の漢を目指す、主人公の男子生徒「因 瑛太」が、元の身体に戻るための3億円の薬を購入する為、「ちなみ」と名乗り、寮のルームメイトである、美しいものが好きで、実は、女装を趣味にしている、友人の男子生徒「小栗 圭介」をマネジャーにして、3億円稼げるアイドルを目指すことになる」話の展開の基本1話完結型のコミカルタッチで描かれた性転換(変身)該当作品[アイドルプリテンダー]の最終巻・第3巻に当たる作品で、話の後半で描かれる、該当キャラ「因 瑛太」こと「ちなみ」の正体が周りに知られていまう所は、結構唐突な印象を受ける所があり、人により好みが分かれるのではないかと思いますが、収録された各話の話のテンポやメインキャラクター達の話の掛け合いは今回も面白く、特に今回収録された各話では、最終巻ということもあり、該当キャラの自分の正体を知らず「ちなみ」に告白した、該当キャラが男性として好意を抱く、憧れの先輩「ユイカ」と該当キャラが、「ちなみ」として恋愛感情を持っていることを自覚した、友人でマネージャーでもある「小栗 圭介」との2人の関係が中心に描かれていき、自身の性別を含めて「ユイカ」と「圭介」への恋愛感情に揺れ動く該当キャラの心理描写もしっかり描かれていきますので、話の後半で各メインキャラクターの恋愛関係が決着した上で該当キャラが意中の人に告白する終わり方も含めて、全体的にコミカルタッチに描かれた恋愛モノの該当作品の面白さが今回も十分にある話の展開になっていると思います。また女の子の身体になってしまった原因の怪しい薬と同じような名前の怪しい薬を見つけてしまった事がきっかけで、それを偶然呑んでしまい、一時的に幼い女の子の身体になってしまった該当キャラが、その幼い女の子の身体で、「小栗 圭介」の「ちなみ」への本当の気持ちを知る事になる、第12話と第13話の話の展開もコミカルタッチの恋愛モノの該当作品の面白さがあって良いと思いますので、全巻を通して、人により少し話の展開に戸惑いを覚える所があるかもしれませんが、全体的に該当キャラのデザインを含めた絵柄は良く、作中の話のテンポや話の掛け合いなどを含めた話の展開も面白く、コミカルタッチに描かれた恋愛モノの該当作品が好みに合う人には、話の最初から最後まで恋愛モノの該当作品の面白さが十分にあって、好みが分かれずに面白く読めて、オススメできる良作の該当作品ではないかと思います。続きを読む

にょたいか!パラダイス 4 (いずみコミックス)

成人向けの作品ですのでご注意ください。


2013年8月に出版社[一水社(いずみコミックス)]から発行された、男性の身体がある日突然、女性の身体になるコンセプトで描かれた、書き下ろし及び読み切りの該当作品を収録したアンソロジーコミック作品集[にょたいか!パラダイス]の第4弾です。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、男性の身体がある日突然、女性の身体になるコンセプトで描かれた、書き下ろし及び読み切りの該当作品を収録したアンソロジーコミック作品集[にょたいか!パラダイス]の第4弾に当たる作品集で(第5弾は、2013年12月下旬発行予定になっています)、この第4弾には、性転換(変身、年年齢退行)、該当作品が9作品と前にこのブログでもご紹介した、メディアックス(COMICしちゅぷれ)から毎月、WEB限定で配信されていた、成人向けの巨乳系制服&ドラマチックHシチュマガジン[COMICしちゅぷれ]の2011年12月配信の[COMICしちゅぷれ vol.19]に掲載された女体化(フタナリ女体化)、性転換(変身)該当作品[メタモルフォーゼ]の計10作品が収録されています。また収録された各作品の作中の性行為描写には、女性の身体又は幼い女の子の身体になってしまった該当キャラが、男性又は複数の男性に犯される、陵辱要素の強い性行為描写や女の子の身体になった該当キャラが、複数の男子生徒の前で女性器やトイレで用を足す姿を見られる、羞恥描写、「女体化薬」の試薬を飲んで女の子の身体に変えられてしまった複数の該当キャラ又は一時的に女性の身体になってM女専門の風俗店で働く該当キャラが、複数の男性と性行為をする、SM要素も含めた乱交描写、女性の身体で妊娠した該当キャラが男性と性行為をする描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

上でも書きましたが、この作品は、他のシリーズ作品と同じく、書き下ろし及び読みきりの性転換(変身、年齢退行)、女体化(フタナリ女体化)該当作品が10作品収録(今回収録された、性転換(変身)該当作品[M女専科?(著者:命わずか)]と性転換(変身)該当作品[最悪 男湯で俺が女のコになっちゃうなんて 2(著者:RAYMON)]は、第3弾に収録された、性転換(変身)、女装該当jのシリーズ作品[女王様専科?]シリーズと性転換(変身)該当[最悪・男湯で俺が女の子になっちゃうなんて]の同じ該当設定又は続編に当たる該当作品になります)され、各作品の該当を書くと長文になりますので、今回も、この作品集の感想の下に各作品の詳細な該当などを書いています。

性転換(変身)該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、他のシリーズ作品と同じく、アンソロジーコミック作品集である事から、収録された各該当作品の話の展開や作中の性行為描写及び絵柄、成人向けの巨乳系制服&ドラマチックHシチュマガジン[COMICしちゅぷれ]に掲載された、女体化(フタナリ女体化)、性転換(変身)該当作品が1作品収録されている事などを含めて、人によっては、該当作品としての評価や好みが分かれる作品が収録されているかも知れませんが、収録された各作品と共に、今回も成人向けの該当作品の面白さが十分にある作品ばかり収録され、特に第1弾から収録されている、「性転換部屋」で女性の身体になった男性たちをパートタイムで雇っている、SM風俗店を舞台にした、シリーズ作品[M女専科?(著者:命わずか)]は、今回はマゾの女性として男性に犯される快感にハマっている該当キャラが主役になるものの、徐々に女性の身体の快感を焦らされ、呑まれていく成人向けの該当作品の面白さがしっかりある話の展開になっていて良く、突如現れたUFOに友人の男性と共に捕獲され、女性の身体に変えられ、様子のおかしい友人に、女性になった身体を犯される、[Abduction(著者:鹿島田しき)]も、この作品の著者様らしい独特な雰囲気と該当作品の面白さがしっかりある作品になっていて良いと思いますし、他にも[らぶ♀らぼ(著者:枝空)]や[俺たちの!吉田さん!!(著者:LAZYCLUB)]、[女の子はじめました?(著者:H9)]などには、該当キャラの身体が幼い女の子の身体になってしまう年齢変化要素や女の子になった身体を責められている該当キャラの言葉遣いが変化していく、精神女性化的な要素のある作品なども収録され、様々な該当設定及び精神的な変化を描いた該当作品を読みたい人には、好みが合えば面白く読める作品が収録されているのではないかとも思いますので、収録された該当作品によっては、人により作品の評価や好みが分かれる作品もあると思いますが、1冊で色々な成人向けの該当作品が読めるアンソロジーコミック作品集が好みに合う人や自分のように該当作品を収集している人には、今回も成人向けの該当作品の面白さがしっかりとある該当作品ばかり収録されていて、好みが合えば面白く読めて、オススメできる良作の該当の作品集ではないかと思います。

このブログでご紹介した、このアンソロジーコミック作品の第1弾から第3弾です。このブログでの紹介文にはタイトルからいけます。
にょたいか!パラダイス (いずみコミックス)にょたいか!パラダイス (いずみコミックス) [コミック]
著者:命わずか
出版: 一水社
(2012-04-27)

にょたいか!パラダイス 02―男女逆転!?女体化・アンソロジー (いずみコミックス)にょたいか!パラダイス 02―男女逆転!?女体化・アンソロジー (いずみコミックス) [コミック]
著者:命わずか
出版: 一水社
(2012-09-27)


続きを読む

父がロリなもので 全2巻(REXコミックス)

父がロリなもので1 (REXコミックス)父がロリなもので1 (REXコミックス)
著者:シメサバ
販売元:一迅社
(2013-01-26)


父がロリなもので(2) (IDコミックス REXコミックス)父がロリなもので(2) (IDコミックス REXコミックス) [コミック]
著者:シメサバ
出版:一迅社
(2013-07-27)

2013年1月及び7月に一迅社(REXコミックス)から発行された、性転換(変身)該当作品[父がロリなもので]全2巻です。
少し違うかもしれませんが、該当は「ある日の朝、曲がり角で可愛い幼女と偶然ぶっかり、その幼女に一目惚れをすると言う、運命的な出会いを経験した、本人は否定しているが、真性のロリコンである、主人公の男子生徒「田中 寿」は、自分が落とした三者面談のプリントを持って、自分の通う学校にやって来た、その幼女と運命的な再会を果たすが、その幼女の正体は、実は仕事人間で家に殆んど帰らず、若返りや不老不死の研究をしていた過程で作られた「女児化薬」の実験の失敗によって、10歳前後の可愛い女の子の身体になってしまった、研究員として製薬会社に勤務している、息子「寿」を溺愛する、残念な実の父親「田中 大吾郎(43歳 後厄)」その人であったのだった。そして、久しぶりに再会したものの、10歳前後の可愛い幼女の身体になって帰って来た実の父親と共に再び一緒に家で住む事になった「寿」は、真性のロリコンである事をまったく自覚せず否定しながらも、10歳前後の可愛い幼女の身体になった父親や父親が一瞬で開発した、「大きくなる薬」と「女児化薬」をかけられた事がきっかけで、人間と同レベルの知能と10歳前後の可愛い幼女の身体を得た、元ゴキブリ「G子」の姿に悶えながら、密かに「寿」に恋心を抱く幼馴染の女子生徒「佐藤 菓子」や同級生の女子生徒「関 友子」、同じく同級生で親友の変態男子生徒「岩鬼クリスチアーノ」、父親の助手である年齢不詳の女性研究員「鈴木 梅」たちに囲まれ、騒がしい毎日を送ることになるのであった」です。また第2巻・第6話及び第7話では、「10歳前後の可愛い女の子の身体になってしまった、残念な実の父親「大吾郎」の誘いで、友人達と共にやって来た温泉旅行で、主人公の「寿」が、ロリコンを矯正しようとする父親とその作戦に協力する「岩鬼」によって、「女児化薬」を改良した末に出来上がった「性転換薬」入りのコーヒー牛乳を何も知らず飲まされ、自分の身体を15歳の可愛い女の子の身体に変えられてしまった上に、自ら「性転換薬」入りのコーヒー牛乳を飲んで、女の子の身体になった「岩鬼」と共に女湯に入る事になってしまう」該当話や第2巻・第11話及び最終話・第12話では、「女児化薬」によって、主人公の「寿」、「関 友子」、「岩鬼」、「鈴木 梅」の4人が10歳前後の可愛い幼女の身体になる該当シーンなどもあります。

作品としては、出版社[一迅社]から発行されている、月刊誌[月刊ComicREX]の[2012年9月号]から[2013年8月号]にまで連載された、「真性のロリコンである主人公が、久しぶりに再会した実の父親の身体は、自身が開発した「女児化薬」の実験の失敗によって、10歳前後の可愛い幼女の身体になっしまっていた」と言う性転換(変身)該当設定のドタバタ系のコメディマンガ作品[父がロリなもので]の第1巻及び最終巻の第2巻に当たる作品で、第1巻には[月刊ComicREX]の[2012年9月号]から[2013年1月号]に掲載された第1話から第5話とオマケマンガなどが収録され、第2巻には、[2013年2月号]から[2013年18月号]に掲載された第6話から最終話・第12話に後日談となるオマケマンガなどが収録されています。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、「父親が幼女になって帰ってくる」と言う該当設定の全2巻のドタバタ系のコメディマンガ作品になりますので、該当キャラである主人公の父親や第2巻・第6話及び第7話での真性のロリコンである主人公が女の子の身体になってしまう該当の話などでは、該当キャラたちが女の子の身体なった事への戸惑う姿などがあまり描かれておらず、女の子の身体になってしまった該当キャラの心理描写や経緯を描いた該当作品を好み人には、該当作品的な面白さが薄い面があり、人により作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思いますが、絵柄はあまり好みが分かれない絵柄で良く、作中に登場する、主人公である息子を溺愛する幼女の身体になった、残念な性格の父親や真性のロリコンであるものの、その性癖をまったく自覚していない主人公、真性のロリコンである主人公に密かに恋心を抱き色々努力するものの、全く相手にされていない天然の幼馴染の女子生徒、とあるきっかけで人間と同レベルの知能と10歳前後の可愛い幼女の身体を得た、元ゴキブリの幼女など、個性豊かなキャラクターたちの設定や話の掛け合いは面白く、収録された各話の話の展開も研究者である幼女の身体になった残念な父親がきっかけで様々なドタバタが起きる、ドタバタ系のコメディマンガ作品らしい面白さが中々しっかりある話の展開になっていて、この作品の軽いノリの話の展開が好みに合う人には、元の身体に戻った父親が再び幼女の身体になってしまう話の最後まで、気楽に中々楽しめて読める作品になっていると思いますし、第1巻及び第2巻に収録されている描き下ろしのオマケマンガのページ数が結構多く、カバー裏のオマケマンガや第2巻の最後に収録されている後日談の話も中々面白い話の展開になっていて良いと思います。また第2巻に収録された、主人公が女の子の身体になってしまう該当の話である第6話及び第7話も、主人公が真性のロリコンの為、該当作品的な面白さは薄い面がありますが、第6話の話の最後では、数コマではありますが、該当キャラが女の子の身体になる過程や第7話の冒頭では女の子の身体になった自分の身体に驚く主人公の姿などが描かれていて、該当キャラが元の身体に戻ってしまう話のオチなどを含めて、主人公が一時的に女の子の身体になってしまう、ドタバタ系のコメディマンガ作品らしい面白さがある話の展開になっていると思いますし、それ以外にも第2巻の第11話で、女装該当キャラが登場し、主人公達が幼女の身体になってしまう話しの展開になっているのも中々面白い話の展開で良いと思いますので、全体的に該当作品的な面白さは薄い所があり、人により作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが、該当要素のあるドタバタ系のコメディマンガ作品などが好みに合う人には、あまり好みが分かれないで気楽に中々面白く読めrrう良い該当作品ではないかと思います
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード