作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

性転換作品[成人向け小説]

換身の騎士アルベルト 淫靡な魔女と入れ替わった肉体 (二次元ドリームノベルズ)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
換身の騎士アルベルト 淫靡な魔女と入れ替わった肉体 (二次元ドリームノベルズ 335)換身の騎士アルベルト 淫靡な魔女と入れ替わった肉体 (二次元ドリームノベルズ 335)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
(2012-01-20)

作品内容
悪逆非道を働く魔女・ナスタロヴィカ討伐に向かった騎士・アルベルト。多大な犠牲のもとで魔女の捕縛に成功するものの、魔術で身体を入れ替えられてしまう。そんな彼に、魔女への復讐の牙がむかれる―。かつての仲間や民衆が見守る中、これまでの仇とばかりに魔女によって開発され尽くした肉体を嬲られるアルベルト。実の弟や部下にさえ性欲のはけ口にされ、若き騎士は女の悦びに溺れていく…。

2012年1月にキルタイムコミュニケーション(二次元ドリームノベルズ)から発行された、入れ替わり該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「下級貴族の出で、若年でありながらも「ネオン王国」最強の騎士団と謳われる、下級貴族や傭兵上がりの平民出身の騎士で構成されている「白鷲騎士団」の団長を務め、「ネオン王国」の王女「アリシア」の婚約者でもある男性騎士「ユージーン・ファウスト・ディオ」に才能を見込まれ、百人の兵を指揮する「百人長」の地位を与えられて「白鷲騎士団」に迎えられた、代々伝わる魔封じの宝剣「ヨルンランデ」を持つ、男性騎士「アルベルト・メリン」は、ある日、妖魔を使役して、近隣を襲い、人々を拐かしては禁忌の研究を繰り返す、妖艶な魔女「ナスタロヴィカ」の討伐を命じられ、「ナスタロヴィカ」が根城にしている洞窟に向かい、激しい戦いの末、遂に「ナスタロヴィカ」を魔力に反応して術者を拘束し、魔術を使用できないように苦痛を与える「魔封じの枷輪」で拘束する事に成功するが、その「魔封じの枷輪」の効力を自ら試し苦しむ「ナスタロヴィカ」を連れて行くために抱き上げた事がきっかけで、「ナスタロヴィカ」に押し倒されてしまい、初めての女性との性行為の快感を体験している最中に「ナスタロヴィカ」が使った「肉体交換」の魔術によって、性行為をしている最中の「ナスタロヴィカ」の身体と「アルベルト」の身体は入れ替えられてしまうのだった。そして、他人の身体と自分の身体を入れ替えて生き続けてきた「ナスタロヴィカ」によって、身体を入れ替えられ、妖艶な「ナスタロヴィカ」の身体で自分の身体を手に入れた「ナスタロヴィカ」に犯され、女性の身体の快感を味わってしまった上に自分の身体を手に入れた「ナスタロヴィカ」に逃げられてしまった、「ナスタロヴィカ」の身体になった「アルベルト」は、「ナスタロヴィカ」討伐の援軍に来た「白鷲騎士団」の仲間達に「ナスタロヴィカ」によって身体を入れ替えられた事を訴えるが信じてもらえず、「ナスタロヴィカ」に恨みを持つ、「白鷲騎士団」の仲間達や民衆が見守る中、淫らに開発された「ナスタロヴィカ」の身体になった自分の身体を「白鷲騎士団」の仲間達などに嬲られ犯され、さらに実の弟である「エリク・メリン」にも犯され行くうちに徐々に女性の身体の快感の虜になっていってしまうのだった」です。

作品としては、主にアダルト系の出版物を製作、販売している、出版社[キルタイムコミュニケーション(二次元ドリームノベルズ)]から隔月で発行されている、ジュブナイルポルノ小説[二次元ドリームマガジン]の2011年4月発行の[2011年6月号( Vol.58)]から2011年10月発行の[2011年12月号(Vol.61)]までに掲載された、大きく6章(1章~5章、エピローグ)で構成された、前にこのブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間に[キルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)]から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]に登場するキャラクター「ユージーン・ファウスト・ディオ」がメインキャラクターに1人として登場している、[ピルグリムメイデンシリーズ]より、遥か過去の時代に位置する、剣と魔法の世界を舞台にした、主人公の男性騎士の身体が、討伐を命じられた魔女の女性の身体と入れ替えられてしまう、成人向けの入れ替わり該当作品で、作中の性行為描写には、身体を入れ替えられ、魔女の身体になってしまった、主人公の男性騎士が、仲間の騎士たちや実の弟の男性騎士に犯されてしまう、陵辱要素の強い性行為描写や近親相姦的な性行為描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

入れ替わり該当作品としては、個人的に前にこのブロフでもご紹介した、この著者様の性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]に登場するキャラクター「ユージーン・ファウスト・ディオ」がメインキャラクターに1人として登場している、[ピルグリムメイデンシリーズ]より、遥か過去の時代に位置する、剣と魔法の世界を舞台にした、主人公の男性騎士の身体が、討伐を命じられた魔女の女性の身体と入れ替えられてしまう、成人向けの入れ替わり該当作品で、作中の性行為描写には、身体を入れ替えられ、魔女の身体になってしまった、主人公の男性騎士が、仲間の騎士たちや実の弟の男性騎士に犯されてしまう、陵辱要素の強い性行為描写や近親相姦的な性行為描写などがあり、全体的にこの著者様の他の該当作品よりも作中の性行為描写は濃い目でハードな印象を受けますので、この著者様の他の該当作品が好きな人でも、多少好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、話の展開は、少しネタバレになりますが、身体を入れ替えられて女性の身体になった該当キャラが、徐々に女性の快感に呑まれ墜ちていき、最終的に女性の身体で妊娠してしまう、該当キャラの心理の変化もしっかり描かれた、成人向けの該当作品らしい、快楽墜ちの話の展開になっていて、終わり方を含めて、このブログでご紹介したような成人向けの該当作品が好きな人には、最初から最後まで該当作品としての面白さが十分にあって、楽しめて読める該当作品ではないかと思います。また作品としても、上でも書きましたが、[ピルグリムメイデンシリーズ]のラスボスとして登場していた「ユージーン・ファウスト・ディオ」が作中に登場するメインキャラクターの1人として登場し、[ピルグリムメイデンシリーズ]の前日譚としても読める構成になっていますので、全体的に作中の性行為描写は、この著者様の他の該当作品より好みが分かれる描写はあると思いますが、[ピルグリムメイデンシリーズ]を読んだ事がある人には、面白く読める所が多く、快楽墜ちの成人向けの該当作品が好みに合う人には、最初から最後まで楽しめて読める、オススメの該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

換身の騎士アルベルト 淫靡な魔女と入れ替わった肉体続きを読む

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション

作品内容
今度はみんな性転換!?襲撃してきた鬼によって、性転換してしまったおなじみメンバー。果たしてもとに戻ることができるのか?

2011年11月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(変身、男性化)該当作品[目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた]の第3巻です。

今回の話では、上の作品内容にも書かれているように冒頭から、女の子の身体になっている時は「一条 はるか」と名乗っている、このシリーズ作品の主人公である該当キャラ「一条 遼」や「遼」の従妹でヒロインである少女「一条 結女」を含めてメインキャラクターの身体が異性の身体に変身してしまいますので、今回の話の該当は「大昔から「鬼」を使役し、魑魅魍魎を討ち祓ってきた退魔師の一族「一条家(「鬼」を操り、使役する鬼操師の能力は一族の女性にしか芽生えない)」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれたが、一族に恨みを抱く「鬼」達から「鬼慰姫」と言われる、生贄に選ばれてしまった従妹の少女「一条 結女」を狙い蘇った、幼馴染の少女「坂谷 希美乃」に転生した、強力な鬼「羅刹童子」を「鬼慰姫」を護る「鬼斬姫」として女の子の身体になって封じたものの、今度は「羅刹童子」の転生者である「希美乃」を危険視した「一条家本家」の人物に依頼され「希美乃」を滅ぼす為に自分達の通う、男女の性別で、クラス分けがされている「戻橋学園高等学校」に転校して来た、女の子のように可愛い外見で、いつも女子制服を着ている、凄腕の退魔師の男の娘「犬神 伊音」との激しい戦闘の末、和解し日常を取り戻した、「鬼斬姫」として女の子の身体になっているときは「一条 はるか」と名乗っている、現在は「結女」とは恋人同士の主人公の少年「一条 遼」は、「羅刹童子」の力を抑え込み、その力を己のものにして「結女」を護る事を決意した「希美乃」と共に体内の霊的エネルギー「錬気」を制御する術を「伊音」から教わり始めて、1週間ほどたった、学校の昼休みの屋上で、「遼」と「希美乃」が修行している「錬気」の型をまねて、「鬼慰姫」としての莫大な「錬気」を発生させた「結女」の姿に驚きを隠せないのも束の間、突如屋上に出現した「鬼」に襲われてしまい、「伊音」たちと協力し何とか、「鬼斬姫」の姿である女の子の身体で、その「鬼」に一撃を加え退散させたが、その一撃を加えたときに「鬼」から発生した膨大な「錬気」を屋上に偶然やって来た、正体を知らずに「はるか」に好意を抱いている、「遼」の同級生である「渡辺 綱吉」と共に全員で浴びてしまった事で、「結女」と「希美乃」の身体は男の子の身体に変り、「伊音」や「渡辺」の身体も女の子の身体になってしまい、さらに女の子の身体になっているときに「鬼」の膨大な「錬気」を浴びたはずの「遼」も元の男の身体に戻らず、女の子の身体になってしまっていたのだった。そして、屋上に出現した「鬼」の膨大な「錬気」を浴びた事で、異性の身体になってしまった上に「伊音」が総領を務める犬神の一族を毛嫌いにしている事が原因で、「遼」や「結女」を守る為に「一条家」が経営するこの「戻橋学園高等学校」にやってきている、「一条家」の退魔師の協力も得られなくなった、「遼」たち5人だったが、この「戻橋学園高等学校」の生徒会長で、様々なイベントを催し、学校を盛り上げている女子生徒「北南 秀子」に協力して貰う事になり、実は旧華族の家系でお金持ちの「秀子」の自宅に住まわしてもらいながら、元々「はるか」としても学校に通っていた「遼」と両性具有の鬼である「羅刹童子」の転生者であるためか、男性器以外の身体の変化がなかった「希美乃」に腰まで伸びた髪と清楚な印象の整った顔立ちが特徴の美少女になってしまった「渡辺」は「渡辺」の従妹「渡辺 津奈代」と名乗り、普段「はるか」たちが通う、女子クラスに通い、元の男の身体の「遼」と容姿がそっくりで無意識に「錬気」を使い身体能力が高くなった男の子の身体になった自分の身体に夢中になっている「結女」も「結女」の双子の兄「一条 結羽」と名乗り、普段から女子制服を着て小悪魔的な魅力を振りまいていた為か外見的には殆んど変わってはいないが、女の子の身体になった為に周りの視線に怖がり、恥ずかしがって、元の身体では着なかった男子制服を着た「伊音」の2人も「遼」たちが通う男子クラスに通いながら、学校内の誰かに憑依し実体化していると思われる、「遼」たち5人の身体を異性の身体に変えた「鬼」を探す事になるのだった」です。

作品としては、前にこの作品の第1巻及び第2巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、[ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神]の終章で、少し出てきた退魔師の一族「一条家」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれた、ごく平凡な高校生の主人公「一条 遼」が女の子の身体になり、好意を抱く同年齢の従妹の少女「一条 結女」を護る事になる設定の学園ラブコメものの性転換(変身)該当作品[目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた]の第3巻にあたり、今回の話は、襲撃して着た「鬼」の所為で、異性の身体になってしまった、「遼」たち5人が、学園に潜伏したその「鬼」を探していく話の展開になっている、大きく8章に分かれて構成された該当作品で、少しネタバレも含みますが、作中の性行為描写には、女の子の身体になってしまった、該当キャラ「遼」と「渡辺」の女の子同士の性行為描写や女の子の身体になってしまった「遼」と男の子の身体になった「結女」の性行為描写、元の男の子の身体に戻った「遼」が、女の子の身体になってしまった「伊音」と「渡辺」、両性具有の鬼「羅刹童子」の転生者である為、男性器と女性器があるフタナリの女の子の身体になった「希美乃」と性行為をする描写などがありますので、作中に苦手な性行為描写がある方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前にこの作品の第1巻と第2巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、ごく平凡な高校生の主人公「一条 遼が女の子の身体になり、好意を抱く同年齢の従妹の少女「一条 結女」を護る事になる設定の学園ラブコメ作品の第3巻に当たる作品で、今回の話は、上で書いたように襲撃して来た「鬼」の所為で、異性の身体になってしまった、「遼」を含めたメインキャラクター5人が、学園に潜伏したその「鬼」を探していく話の展開になっていて、「鬼」との戦闘シーンよりも異性の身体になった、メインキャラクター5人の異性の身体での学校生活が描かれていきますので、第1巻や第2巻のように「遼」が女ん奈のこの身体のときに名乗っている「一条 はるか」などが、「鬼」や複数の男性に陵辱されるような話の展開を期待してた人や作中に登場するキャラクターが女の子の身体及び男の子の身体になってしまう、集団性転換モノ的な話の展開が好みに合わない人には、作品の評価や好みが分かれる所はあるかも知れませんが、作中の性行為描写には、話の後半に元の男の子の身体に戻った「遼」が、フタナリの女の子の身体になった、幼馴染の少女「坂谷 希美乃」の男性器を男の子の身体のまま咥え、性行為する描写などがあるものの、全体的に好みが分かれるような性行為描写は殆んどなく、話の展開も、異性の身体になった該当キャラたちのお風呂シーンや着替えのシーンなどがしっかりあり、異性の身体になった該当キャラ5人の反応の違いなど、該当キャラたちの異性の身体になった事への戸惑いなどもしっかり描かれていますので、最終的には全員、元の身体に戻りますが成人向けの性転換モノの面白さが十分にある話の展開になっていると思いますし、生徒会長の「北南 秀子」などメインキャラクター5人以外の作中に登場するキャラクターも個性的で、ドタバタ系の学園ラブコメらしい話の展開になっていると思いますので、第1巻や第2巻とは、一味違う話の展開になっていて、人により作品の評価や好みが分かれる所はあるかも知れませんが、成人向けの性転換該当作品が好きな人やこのシリーズ作品が好きな人、ドタバタ系の学園ラブコメ作品が好きな人には、十分に楽しめて読める、オススメの良作だと思います。また作品としても、ネタバレになりますが、今回の話では、今作で男の子の身体になってしまうメインヒロインの「一条 結女」や正体を知らずに「はるか」に好意を抱いている、「遼」の同級生で、今作で女の子の身体になってしまう男子生徒「渡辺 綱吉」に「はるか」の正体が「遼」である事がばれてしまうシーンや異性の身体に変えた「鬼」が出現した原因も含めて「結女」の心理描写がしっかり描かれている話の展開になっていますので、終わり方も含めて話の展開は、第1部完とも取れる展開になっていますが、話の最後で元の男の子の身体に戻った「渡辺」に女の子の身体になれる能力が残っているような描写があり、第2巻の最後で前シリーズ作品[ピルグリムメイデンシリーズ]に登場していた、教皇庁異端審問局の巡礼聖女「ジュリエッタ・マッシナ」の登場や今回の話に絡まなかった「一条家本家」の動向など気になる部分が多く、第4巻が製作されるのを期待したい該当作品だとも思います。

DLsite.comでも発売されました。

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3続きを読む

魔法少女ならぬ魔法中年が世界の平和を守る事になったようです (あとみっく文庫)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
魔法少女ならぬ魔法中年が世界の平和を守る事になったようです (あとみっく文庫 36)魔法少女ならぬ魔法中年が世界の平和を守る事になったようです (あとみっく文庫 36)
著者:酒井仁
販売元:キルタイムコミュニケーション

作品内容
異次元から現れる恐ろしい魔獣をキュートにやっつける、巷で話題の魔法少女ミラクルシュガー。しかしその正体は、なんとさえない中年サラリーマンだった!?魔法を使った副作用で性欲が暴走したり、女のコの身体が持つ未知の感覚にハマっちゃったり、カオスな展開が目白押しの暴走エロコメディ。

2011年9月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(変身、精神女性化)、女体化(フタナリ女体化)該当作品です。
少し違うかもしれませんし、少しネタバレも含みますが、該当は「次元の綻びを監視する役割を担い、人間界に住む人間達の中から魔法資質に優れた人間(主に女の子)を「魔法少女」に任命し、この人間界に無数に存在する、次元の綻びから常に流れ込む邪悪なエナジーが、意思と形を持つと現れる「魔獣」と呼ばれる存在を結界内に隔離し「魔法少女」と共に人知れず対抗してきた、魔法文化の発達した世界「ベル・セレティア」から、今まで「魔獣」に唯一対抗してきたが、次第に強大な力を持ち出した「魔獣」たちに対抗できなくなってしまい、現役を引退した先代の「魔法少女」の代わりとなる、強大な魔法資質を持つ、新たな「魔法少女」を探しにやってきた、普段はレモンイエローの毛並みの犬とも子狐とも見える、小動物の姿をとっているが、二房のツインテールが特徴の獣耳と二本のしっぽが生えた人間の美少女にも変身できる、「ベル・セレティア」界の女の子「アンジェリカ(愛称・アンジェ)」に強大な魔法資質を持つ次代の「魔法少女」として何故か選ばれてしまった、狸穴物産第二企画部課長を務め、バツイチの子持ちで、すだれハゲの中年男性「佐藤 鯔太郎(さとう ぼらたろう)」は、「アンジェリカ」に操られ、「鯔太郎(因みに本名)」の精神に僅かながら存在する、女性的心理形質(アニマ)を活性化され、白髪交じりのすだれ髪は目の覚めるようなショッキングピンクに変り、大きなハートが付いたバトンを手に持ち、ピンク色の「魔法少女」のコスチュームを着た、すだれハゲの中年男性(精神は女の子になっている)に変身してしまうものの、その「鯔太郎」のすさまじい姿に後頭部からコケた「アンジェリカ」に再び「変身魔法」を掛けてもらい、遂にショッキングピンクの髪をツインテールに纏め、大きなハートが付いたバトンを手に持った、ピンク色のコスチュームを着た本物の美少女「魔法少女・ミラクルシュガー」に変身するのだった。そして、今まで選ばれた「魔法少女」では対抗できなかった「王魔獣クラス」と呼ばれる強大な力を持つ「魔獣」を結界内に隔離することなく、人々の目の前で一撃の下にアッサリ瞬殺したが、魔法を使った副作用で性欲が暴走してしまい、人々の目の前で「アンジェリカ」を美少女になった身体に男性器を生やし犯してしまうものの、人々から受ける熱い視線と賞賛に何かが目覚めてしまい、その後も自ら「魔法少女」に変身することを望み、不定期に現れる「魔獣」を結界内に隔離することなく、人々の目の前で愛想を振りまきながらノリノリで「魔獣」を倒して、ファンクラブが作られるほどのアイドル的な人気を得た「魔法少女・ミラクルシュガー」こと、人々に今まで注目された事のないすだれハゲの平凡な中年男性「佐藤 鯔太郎」だったが、ある日、ネットなどの情報から、「魔法少女・ミラクルシュガー」が「魔獣」をあっけなく倒す所がイマイチと言われたこともあって、現れた「魔獣」を倒さず、魔法での空中起動の練習をしつつ、「シュガー」がピンチになる演出をしていたが、一寸した油断から「魔獣」の触手に捕まり、ファンの目の前で触手に犯され、美少女である「シュガー」の身体で、女の子の身体の快感を味わってしまうのだった。しかし、そこに現れた、クールビューティーで青い髪をした、もう一人の「魔法少女・マジカルパティー」とそのパートナーで「アンジェリカ」のライバルでもある、普段は黒猫の姿をとっているが、黒い猫耳と二本の尻尾のしっぽが生えた人間の美少女にも変身できる、「ベル・セレティア」界の女の子「マジョラム」に助けられたものの、変身した「シュガー」の身体での快感にハマり始めてしまった、魔法少女ならぬ魔法中年「鯔太郎」は、事あるごとに「シュガー」の身体に変身して、自慰行為をしたり、夜に現れた「魔獣」に「シュガー」の身体で陵辱されたりして、女の子の身体での快感を味わう内に魔力の使いすぎで、会社のプレゼンテーションの時に元の中年男性の身体に一時戻れなくなったりしながらも、実は「鯔太郎」の仕事の関係で、親しくなった、穏やかな性格の初老の男性「田中 雉五郎」の変身した姿である「魔法少女・マジカルパティー」と共に「魔法少女・ミラクルシュガー」として「魔獣」と戦っていくのであった」です。

作品としては、前にこのブログでもご紹介した、性転換(転生)該当作品[邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです]と同じ、この著者様が書かれた、設定やキャラクターは共通していないものの一連のコメディ作品「~~ようです」シリーズの4作目に当たる、バツイチの子持ちで、すだれハゲのさえない中年男性が美少女に変身し「魔法少女」として、異次元から現れる「魔獣」と戦う事になる、ドタバタ系のコメディタッチで描かれた、性転換該当の魔法少女モノのジュブナイルポルノ小説作品で、作中の性行為描写には、女の子の身体になり、一時的に男性器を生やし、フタナリの女の子の身体になった該当キャラが、この作品に登場するもう一人の該当キャラ及び作中に登場する女性キャラと性行為をする描写や女の子の身体になった該当キャラが「魔獣」の触手に犯される、陵辱要素の強い描写がなどありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的にバツイチの子持ちで、すだれハゲのさえない中年男性が自ら望んで美少女の身体に変身し「魔法少女」として、異次元から現れる「魔獣」と戦う事になる、ドタバタ系のコメディタッチで描かれた、性転換該当の魔法少女モノのジュブナイルポルノ小説作品で、この作品の該当キャラの1人である主人公の性格が、「魔法少女」の姿に自ら望んで変身し、ノリノリで{魔獣」を倒していく、女の子の身体になった事への戸惑いや葛藤などがあまりない、前向きな明るい性格になっていますので、前にこのブログでもご紹介した、この作品の著者様が書かれた、性転換(転生)該当作品[邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです]と同く、該当キャラの性格や心理描写の面では、人によって、性転換モノの面白さは薄い印象を受ける所があり、作中の性行為描写にも、女の子の身体になり、一時的に男性器を生やし、フタナリの女の子の身体になった該当キャラが、作中に登場する女性キャラと性行為をする描写や女の子の身体になった該当キャラが「魔獣」の触手に犯される、陵辱要素の強い描写がなどありますので、すだれハゲのさえない中年男性が自ら望んで美少女の身体の「魔法少女」に変身する、人によっては好みが分かれる設定を踏まえて、全体的に該当作品としての評価や好みが分かれる所はあるのではないかと思いますが、性転換モノの面白さの1つである、該当キャラの外見と内面のギャップ差は大きく、作中の性行為描写も一時的に該当キャラに男性器が生えて、フタナリの女の子の身体にな理性行為する描写は多いものの、女の子の身体になった該当キャラの自慰行為や女の子の身体で、触手に犯されるなどの成人向けの該当の魔法少女らしい描写もしっかりあって、成人向けの性転換モノが好きな人には、十分楽しめる該当シーンはあるのではないかと思いますし、話の展開も、少しネタバレになりますが、作中には、魔力の使いすぎで、一時的に元の男性の身体に戻れなくなった、該当キャラが女の子の身体のまま、背広を着て、着ぐるみの頭を被り、今の女の子の身体を隠して、会社のプレゼンテーションをしたり、別れた妻に復縁を迫られたりなど、該当キャラの元の姿が、バツイチで子持ちの中年の男性会社員と言う設定をしっかり絡めた、コメディタッチで明るいノリの話の展開になっていて、中々面白く読め、話の終わり方も中盤で登場する、主人公の該当キャラとは、性格の違うライバルの「魔法少女」の正体が、実は初老の中年男性だと解リ、共に「魔獣」を倒しにいく、続編も作れそうな終わり方になっていますので、全体的に作中に登場する該当キャラ2人の元の男性の姿が、中年男性と初老の中年男性と言う設定を含めて、人により、作品の評価や作中の性行為描写には好みが分かれる所はあると思いますが、話の展開はしっかりまとまり、最近の発行された成人向けの性転換該当作品とは、一味違う突き抜けたノリの面白さが中々あって、成人向けの性転換モノが好きな人やこの作品に興味がある人には、中々オススメできる良作ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

魔法少女ならぬ魔法中年が世界の平和を守る事になったようです続きを読む

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション

作品内容
強力な鬼の羅刹童子を滅し、遼は結女や希美乃との日常を取り戻した。そんな彼の前に現れた転校生・犬神伊音はなんと男の娘!女の子のように可愛い外見で迫ってくる彼に、遼もタジタジ。しかし、実は伊音は凄腕の退魔師で、羅刹童子の転生である希美乃を狙い始める!遼は希美乃を護るため、変身するのだが…。

2011年5月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(変身)該当作品[目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた]の第2巻です、

今回の話は、前回の話の最後で、幼馴染の少女「坂谷 希美乃」に転生して、永い眠りから目覚めた強力な鬼「羅刹童子」に鬼への生き贄「鬼慰姫」としての力を持った為に狙われてしまった、従妹の少女「一条 結女」を鬼を討ち倒し葬り去る力を持つ、鬼切の太刀「斬鐘」を使う事が出来る「鬼斬姫」として、自分の身体が女性の身体に変ってしまい、「羅刹童子」に陵辱されながらも遂に「羅刹童子」を滅し、元の男性の身体に戻り、「結女」と結ばれて恋人同士になり、「結女」や「希美乃」との日常生活を取り戻した、主人公「一条 はるか」こと「一条 遼」が、学校に登校中に再び女性の身体に変り始めてしまい、家に女性の姿の時の「一条 はるか」の女子制服を取りにいく所から話が始まり、「一条 はるか」の姿で女子制服を着て再び学校登校したが何故か元の男性の身体に戻ってしまい、女子制服を着た状態で、女の子のように可愛い外見で女子制服を着た男の娘で、「鬼斬姫」である「はるか(遼)」のサポートに来た凄腕の退魔師「犬神 伊音」に出会うことになります。またネタばれになりますが、「希美乃」に転生した「羅刹童子」を完全に滅しようとする「伊音」の所為で、「希美乃」の身体は、「希美乃」の意思を残したまま再び、男性器と女性器を持つ「羅刹童子」の身体に変ってしまいます。

作品としては、前にこの作品の第1巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、[ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神]の終章で、少し出てきた退魔師の一族「一条家」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれた、ごく平凡な高校生が主人公の大きく8章に分かれて構成された学園ラブコメ作品で、今回の話は、メインヒロインである「一条 結女」の出番は少なく、前回の話で敵であった「羅刹童子」の転生した姿である幼馴染の少女「坂谷 希美乃」と女の子のように可愛い外見で女子制服を着た男の娘で凄腕の退魔師「犬神 伊音」と主人公「一条 はるか」こと「一条 遼」の3人が中心に話が進んで行き、話の展開には関わりませんが、作中に登場するキャラクターには、前シリーズ作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]に登場した、女子生徒「玉井 奈々子」が「はるか」や「結女」、「希美乃」のクラスの担任として登場(一応、名前は出ませんでしたが第1巻から登場しています)していて、終章では、教皇庁異端審問局の巡礼聖女「ジュリエッタ・マッシナ」が登場しています。また作中の性行為描写には、女装姿の主人公「遼」の男性器を女子制服を着た男の娘である「伊音」が咥える、女装した男性同士の性的描写や、男性器と女性器を持つ「羅刹童子」の身体になってしまった「希美乃」に女性の身体になった「はるか」こと「遼」が襲われる描写、「はるか」が複数の男性や触手に襲われる、陵辱要素が強い描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的にこの作品の第1巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とした、学園ラブコメ作品で、今回も作中の性行為描写には、ひょんな事から女子制服を着たまま元の男性の身体に戻ってしまった該当キャラが、女装した男の娘に男性器を咥えられる、女装した男性同士の性的描写や該当キャラがフタナリの身体になってしまった幼馴染の女性に襲われてしまう描写、該当キャラが複数の男性や触手に襲われる、陵辱要素が強い描写などがありますので、人によっては、好みが分かれる描写があるのではないかと思いますが、前作と同じく今回も該当キャラの主人公「一条 はるか」こと「一条 遼」が襲われる描写がメインになっていて、ネタばれも少し含みますが、話の展開も徐々に女性の身体に慣れてきてはいるものの、まだ女性の身体での生活に戸惑いを持つ「はるか(遼)」が、何とか男性として学校に行こうと巨乳の自分の胸にさらしを巻こうとするが、胸が大きすぎてさらしが巻けず、逆に女性物の下着を身に付けることを気持ちいいと感じてしまったり、男性器と女性器を持つ鬼「羅刹童子」の身体になってしまい、尿意を覚えた幼馴染の少女「坂谷 希美乃」に「はるか(因みに「希美乃」には自分の正体が「遼」だとばれています)」が男性としてのトイレの仕方を教えるためにトイレに一緒に行き、その「希美乃」の男性器に女性としての興奮を覚え、「希美乃」も「はるか」の身体やお風呂に一緒に入った「結女」の身体を見てしまい、男性として興奮を覚え、遂に「はるか」を襲ってしまう事になったり、男性器と女性器を持つ鬼の身体になった「希美乃」と性行為し、中だしされた所為で、発情してしまった事がきっかけで「はるか」が保健室で、「遼」の友人で「はるか」に恋心を抱く男子生徒を押し倒してしまった上にそこにやって来た「遼」の友人である男子生徒たちにまで襲われてしまうなど、今回も成人向けの性転換モノが好きな人には楽しめるシーンが多く、挿絵も含め話の展開は面白くなっているのではないかと思いますし、作品としても、メインキャラクターを含め登場するキャラクターも中々個性的で良く、後半の「はるか」と「伊音」の戦闘シーンも中々派手で良く、上でも書きましたが、話の展開には関わらないものの前シリーズ作品である[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]に登場したキャラクターが登場し始め、次の第3巻が製作されましたら、前シリーズ作品の登場キャラクターがどのように絡んでくるのかも期待できる、話になっていると思いますので、前回と同じく性行為描写に好みがわかれる作品だと思いますが、今回もオススメできる良作ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2続きを読む

邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです (あとみっく文庫)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです (あとみっく文庫 30)
邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです (あとみっく文庫 30)
著者:酒井仁
販売元:キルタイムコミュニケーション
作品内容
かつて世界をおびやかした魔王ブロウ・ブロウ。彼は突如現れた破壊神に倒され、その魂は完全に滅びた―かに見えたが、なんと転生して美少女勇者になっちゃった!?闇の力を取り戻すために魔物とたわむれて、変態チックにレベルアップしていく大興奮エロコメファンタジー。

2011年4月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(転生)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますが、該当は「伝説の勇者「アーレス」との激闘の最中に突如、聞こえた赤ん坊の声と同時に途方もない力に巻き込まれ、「アーレス」と共に滅ぼされてしまった、魔王「ブロウ・ブロウ」の魂は、それから百有余年あまり後に転生し、生まれたときから魔王「ブロウ・ブロウ」の記憶を持ち、そのことに悩んだこともあったが、立派な魔王になるべく、子どもながらに悪の限りを尽くそうと研鑽してきたが、何故か今では、新世代の勇者候補として最も期待されている、引き締まった均整の取れたプロポーションを持った美少女剣士「レスティーナ・リグボルト」に生まれ変わってしまっていた。そして、魔王「ブロウ・ブロウ」の記憶を持ち、前世の自分自身を滅ぼした謎の破壊神を倒し、魔王として再び君臨しようと魔王としての魔力を引き出す練習をしながら旅に出た「レスティーナ(ブロウ・ブロウ)」は、何故か付いてきた、無表情で何を考えているのかよくわからない幼馴染の魔法使いの少女「シュシュ・トーリ」や「レスティーナ」の使う剣術の兄弟子でもある、正義感は旺盛だがかなり間抜けな性格の男性剣士「ウイリアム・フェルデイナンド」、ヨボヨボの老人でありながら各種の回復魔法を使いこなし、スケベ心が旺盛な「レスティーナ」の祖父「ケイレン・リグボルト」の3人と共に冒険していく事になってしまう」です。

作品としては、キルタイムコミュニケーションが隔月刊で、発行しているジュブナイルポルノ小説誌「二次元ドリームマガジン」に連載されていた、全4話(1章~3章、5章)の作品に新たに書き下ろしの1話(4章)を加え再構成された、ファンタジー世界を舞台にしたコメディタッチのジュブナイルポルノ小説作品で、作中の性行為描写には、該当キャラが触手に襲われる描写や該当キャラと女性キャラが魚人に襲われ、卵を産み付けられたりする等の異形の魔物に襲われる描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、作中の性行為描写に該当キャラが触手に襲われる描写や該当キャラと女性キャラが魚人に襲われ、卵を産み付けられたりする等の異形の魔物に襲われる濃い目の描写がありますので、人により好みが分かれる所はありますが、ファンタジー世界を舞台にした明るめのドタバタ系のコメディタッチの話の展開で、テキストも読みやすく、設定や世界観も解りやすく、作中に登場するキャラクターも中々個性的で良く、特に該当キャラの主人公の祖父「ケイレン・リグボルト」は、スケベ心が旺盛な性格の老人という設定は色々な作品でよく見られるキャラクター設定ではありますが、作中に孫娘である主人公の性行為を見て、自慰行為に耽る描写や5章でこのキャラクターが登場しない理由など、他の作品では見ない成人向けの作品らしい描写があって中々面白いと思いますし、ファンタジー世界を舞台にした成人向けの作品らしいシュチエーション以外にも色々なシュチエーションがあって、話の展開も中々面白く気軽に読めて、成人向けのファンタジー世界を舞台にした明るめのノリが良い話が好きな人には、終わり方も良い終わり方の作品だと思いますので、性行為描写には、好みが分かれる濃い目の描写があるものの全体的にノリが良く、話の展開にはあまり好みが分かれずに読める作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に男性の魔王が生まれ変わり、人間の女性の身体に転生する、ファンタジー世界を舞台にしたコメディタッチの転生モノの性転換該当作品で、突然、転生前の記憶を思い出すタイプの転生モノの該当作品ではなく、生まれたときから生まれ変わる前の魔王の時の記憶を持ち、女性として成長した記憶もありますので、該当キャラの言葉遣いも含めて、男勝り(元魔王ではありますが)のツンデレ系の女性キャラといった性格になっていますので、該当キャラの設定や性格などに人によっては性転換該当作品としての面白さが薄い印象を受けるかもしれませんが、該当キャラが前世の記憶をしっかり持ち、その事をしっかり自覚している事で、自分自身を女性として認識していない為に、該当キャラが女性の身体の快感に戸惑うシーンなど全体的に成人向けの性転換モノの面白さはしっかりある作品になっていると思いますし、上でも書きましたが、作品としても、話の展開には、該当キャラが魔王としての魔力を取り戻すために触手や魔物に犯される描写などのファンタジー世界を舞台にした成人向けの作品らしいシュチエーションもあり、人により好みが分かれる所はありますが、魔王としての魔力を取り戻すして行く内に女性の身体の快感に目覚めた自分の身体をもてあました該当キャラが、共に旅をする兄弟子の事を思いながら、自慰行為するシーンや祖父である「ケイレン」が作った借金の所為で、該当キャラがいかがわしい店で踊り子として、男達の前で踊ることになってしまったりなど、該当作品としての面白さも中々あるシーンが多くあって、終わり方も良い終わり方でまとまっていると思いますので、性行為描写や該当キャラの設定に好みが分かれる所はありますが、成人向けの性転換モノが好きな人で、話の展開や性行為描写などの好みが合えば、気楽に読めて、楽しめる中々オススメできる良い作品ではないかと思います。

上でご紹介した該当作品の電子書籍版が[DLsite.com]で配信を開始しました。

邪悪な魔王が伝説の女勇者に転生したようです
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード