作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

性転換作品[アダルトゲーム]

アキバ戦隊エンジェレイヴァー 

成人向けの作品ですのでご注意ください。
アキバ戦隊!エンジェレイウ゛ァー
アキバ戦隊!エンジェレイウ゛ァー
販売元:白濁系


作品内容
聖地アキバに今、未曾有の危機が及んでいる。
突如として現れた謎の秘密結社【アガルタ・バタリオン】
彼らはアキバの地域征服を宣言し、稀にみる悪役っぷりでその侵攻を開始したのだ。

一癖も二癖も、いや、むしろほぼ癖しかない女幹部、怪人たち。
極めてフリーダムで、営業妨害本能まる出しのアガルタ兵。
マッサージチェア集団独占は当たり前! 三度のメシよりエロゲが好き! 自動改札に韓国のりを流し込む!

今まさに、そのマイペースな牙が、アキバへ突き刺さろうとしている!!

とまあ、それはそれとして。
ひょんなことから仲良くなった、エロゲ好きの女の子、川澄さくら。その友人、海宝綾乃。
二人はこっそりと、低迷したアキバを救うため、変身ヒロインショーの主演を任されていた。

そしてやがてその秘密を、特撮好きの少年・若泉太郎丸は偶然にも目撃してしまう。

オタク丸出し、アクセル踏みっぱなし。催眠あり、性転換あり、悪オチあり。
これはアキバを舞台にした、お約束と、特撮浪漫あふるるアダルツゲームである。

2011年3月に成人向けのアドベンチャー作品を制作している、ブランド[白濁系]が製作、発売をした、性転換(変身)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「ある日、同じ学校に通う、クラスメイトのどこにでもいるエロゲーマニアで、無駄にポジティブな後先を考えない、明るい性格の女の子「川澄 さくら」とその親友で、財閥のお嬢様ではあるが、「さくら」によって徐々にオタク化が進められ、今では、エロゲーは苦手であるものの変身ヒロインモノが好きな隠れオタクになってしまった、温和な性格の巨乳の女の子「海宝 綾乃」とひょんなことから仲良くなった事がきっかけで、アキバ商工会の会長で、景気の悪化したアキバを心から危惧し、ついでに自分の家族関係にも苦悩し、むせび泣く迷惑な性格をした、街の景気が回復するまで、常に装着をしている着ぐるみを脱がないと誓っている、近ずくと常に装着をしている着ぐるみの所為で異臭を放つ、50代後半のおっさん、通称「会長」が主催し、「さくら」と「綾乃」が主役を演じる、変身ヒロインショー[アキバ戦隊エンジェレイヴァー]の手伝いをする事になった、息子を溺愛し、サラリーマンのフリをしている、人呼んで360度、どの角度から見てもシャープで耽美な男「若泉 京介」を父に持ち、その父親と2人で暮らしている、陰口に敏感で、結構地獄耳などこにでもいる、コンプレックスの激しい特撮マニアの男の子「若泉 太郎丸(主人公)」は、「さくら」と「綾乃」が主役を演じる、変身ヒロインショー[アキバ戦隊エンジェレイヴァー]の公演中に突如現れ、アキバの地域征服を宣言した、謎の秘密結社【アガルタ・バタリオン】の戦闘員「アガルタ兵」らによって「レイヴァーチェリー(さくら)」と「レイヴァーマリン(綾乃)」が敗北してしまう姿を目の辺りにしてしまう。しかし、「さくら」と「綾乃」が敗北した後に「会長」の元に営業にやってきたとある企業から、試作品の超薄型パワードスーツ(副作用あり)を提供されたことによって、「さくら」と「綾乃」の2人は本物の変身ヒロイン「レイヴァーチェリー」と「レイヴァーマリン」に変身できるようになり、そして「太郎丸」も「レイヴァーチェリー」と「レイヴァーマリン」が【アガルタ・バタリオン】の女幹部「暗黒将軍・チチモゲーヌ(本名、相羽 蝶子)」と同じく女幹部(のバイト)「魔軍氷将・ナイチチーノ(本名、東ヶ崎 林檎)」の2人により窮地に落ちっていた時に「会長」から、何かのアクセサリーのような形の新型の超薄型パワードスーツ(副作用は勿論あり)が搭載された変身アイテムを渡され、その変身アイテムを使い、小柄でややロリ気味の容姿ではあるが、巨乳の可愛い女の子に変身し、皆の前では正体を隠し「レイヴァースワン」と名乗り、「レイヴァーチェリー」と「レイヴァーマリン」の2人と一緒に低迷したアキバを救い、謎の秘密結社【アガルタ・バタリオン】を倒す為に戦っていくことになってしまうのだった。そして、【アガルタ・バタリオン】との戦いの最中、「レイヴァースワン」として、男性器を一時的に生やし、フタナリの身体になった「チチモゲーヌ」や【アガルタ・バタリオン】の怪人たちに催眠術を掛けられたり、触手に犯されたりした上に「さくら」と「綾乃」に「レイヴァースワン」の正体が「太郎丸」であることがバレたりもしたが、【アガルタ・バタリオン】との戦いに勝利し続けたことで、【アガルタ・バタリオン】の活動も沈静化しつつあり、「レイヴァーチェリー」と「レイヴァーマリン」共に同人フィギュアが作られるぐらいに人気も出てきた「レイヴァースワン」こと「太郎丸」は、ある日、アキバの街で[アキバ戦隊エンジェレイヴァーショー]の公演中に「アガルタ兵」に捕まってしまった、年下の可愛い美少年「まがる」を助けた事がきっかけで、「まがる」と仲良くなり、遂に「レイヴァースワン」として、女の子の身体で「まがる」と肉体関係を持ってしまった事で、元の男の身体である「太郎丸」の姿に戻れなくなってしまう」です。

作品としては、アキバを舞台にし、催眠、触手、悪オチと成人向けの変身ヒロインモノのお約束と、特撮浪漫があふれ、性転換該当ルートまである、該当キャラ「レイヴァースワン」を含めて女性キャラフルボイス、成人向けのアキバ系女戦隊モノのアドベンチャーゲーム作品で、各ルートに分岐するまでの選択肢は、54個の攻略ルートは、「川澄 さくら(レイヴァーチェリー)」ルート、「海宝 綾乃(レイヴァーマリン)」ルート、「レイヴァースワン(厳密には、「まがる」ルートになるのではないかと思いますが)」ルート、「相羽 蝶子(チチモゲーヌ)」ルート、「東ヶ崎 林檎(ナイチチーノ)」ルート、「悪オチ」ルートの6ルートにエンドは、「スワンルート」に2つの各ルート1つで、合計7つになり、回想シーンに登録されるシーンは、重複も含めて、80個(該当シーンは、重複を含めて13個)になります。また作中の性行為描写には、該当キャラ及び作中に登場する女性キャラが、催眠を掛けられ、陵辱又は複数の男性に精液を掛けられる描写や該当キャラ及び作中に登場する女性キャラが、触手に捕らわれ犯される描写、該当キャラ及び作中に登場する女性キャラが、触手などによって、一時的に爆乳化、フタナリ化する描写などの催眠、触手、該当キャラを含めた[エンジェレイヴァー]3人の悪墜ち、爆乳化、フタナリ化、複数の男性及び女性との性行為、該当キャラが妊娠して、男の子に抱かれる描写など、陵辱要素の強い描写を含めて、マニアックな描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、アキバを舞台にし、催眠、触手、悪オチと成人向けの変身ヒロインモノのお約束と、特撮浪漫があふれ、性転換該当ルートまである、該当キャラ「レイヴァースワン」を含めて女性キャラフルボイス、成人向けのアキバ系女戦隊モノのアドベンチャーゲーム作品で、主人公を含め作中に登場するキャラクターの性格が非常に個性的な性格になっていて話の展開も成人向けの変身ヒロインモノ、特撮モノ、各種作品のパロディ要素など、軽いノリの話の展開になっていると思いますので、好みが合う人には楽しめてプレイできる作品だと思うものの、作中の性行為描写に陵辱要素の強い描写を含めて、催眠、触手、該当キャラを含めた[エンジェレイヴァー]3人の悪墜ち、爆乳化、フタナリ化、複数の男性及び女性との性行為など、マニアックな描写が多数あり、CGや立ち絵などの絵柄に好みがわかれ、登録されるHシーンが短く、選択肢が各ルートに分岐するまでの選択肢が54個と多く(Hシーンを見るための選択肢やルート分岐に関係ない選択肢も多いように思います)て、ルート分岐の条件がポイント制の為に各ルート条件がわかり難く(特に、「相羽 蝶子」ルート、「東ヶ崎 林檎」ルートの2つは、入りにくいと思います)、全体的に選択肢を選んでも殆んど話の流れが変らない為に周回プレイを続けていくと、つらくなる所があり、テキストの書き方を含めて立ち絵などのメイン画面での演出があまり派手ではない所などの、人によって、作品の評価や好みが分かれる所が多い作品だと思いますが、作中の性行為描写のシュチエーションは多く、変身ヒロインモノらしく、変身ヒロインが悪墜ちする展開や悪の女幹部が陵辱されるシーンなどもしっかり入っていて、変身ヒロインモノが好きな人には、変身ヒロインモノらしい色々なシュチエーションが見れる作品だと思います。しかし、変身ヒロインモノの抜きゲーとしては、上でも書きましたが、登録されるHシーンは基本CG1枚で、シーンの長さが短くなっていますので、作品の評価が分かれると思うものの、話の展開には、日常風景が長くしっかり描写され、作中に登場する個性的なキャラクターたちの良さがしっかり出ていますし、話の流れもヒロイン達がピンチになったら新しい新ヒロインが追加され、最後には悪の組織の秘密基地に潜入するなどの変身ヒロインモノ、特撮モノらしい盛り上がる話の流れになっていて、各ルートに入ってからの話の展開がすべて違う話になっているのも良く、全体的にパロディ要素も多い軽いノリの話になっていますので、作品の評価や好みが分かれるところは多いと思いますが、変身ヒロインモノ、特撮モノが好みに合う人には、B級特撮モノの良さが上手く出ていて、楽しめてプレイできる良い作品だと思います。

性転換該当作品としては、個人的に該当キャラ「レイヴァースワン」の該当シーンは、重複を含めて13個(実際には、「スワン」の回想シーンには登録されませんが、「綾乃」の回想シーンに登録されるシーンには、CG的には、「スワン」の胸と下半身だけ描かれていないものの、「悪オチ」ルートで、一時的にフタナリとなった「スワン」が「綾乃」を犯すシーンがあります)と他の攻略できる女性キャラに比べて、少ないものの該当キャラの回想シーンを埋めるためには、「さくら」ルート、「綾乃」ルートを攻略しないと見れないシーンがあり、選択肢が多くルート分岐が難しく、該当シーンの性行為描写に該当キャラが催眠を掛けられ、複数の男性に精液を掛けられる描写や該当キャラが触手に犯される描写、該当キャラ又は女性キャラがフタナリになって、女性キャラ又は該当キャラを犯す描写、該当キャラが薬を打たれて爆乳化及びフタナリ化、該当キャラが妊娠して、年下の男の子に抱かれる描写などマニアックな描写が多数あり、作品としての評価を含めて、人により好みが分かれる所はありますが、各ルートも含めて全体的に主人公のためか該当キャラの出番が多く、上でも書いたように、ルート分岐の前の共通ルートや幾つかのルートでは、該当キャラのシーンがあるのは良いと思いますし、特に該当キャラのメインルートである「レイヴァースワン」ルートでは、ショタ系の男の子との絡みになりますので、少し好みが別れるものの、該当キャラが男の子との性行為で、元の男性の身体に戻れなくなりった上にその男の子に女の子の言葉遣いを強制され、女の子の言葉遣いを使うようになって、抱かれる反応も変ってくる等の成人向けの性転換モノの面白さが十分に詰まっていて、終わり方も「レイヴァースワン」ルートの分岐後の選択肢6個の選び方で、エンドが2つに別れ、その1つは、該当キャラが妊娠してしまう終わり方になっているのも良いと思いますので、作品としては、作品の評価や好みが分かれる作品ですが、成人向けの性転換モノが好きな人には、オススメできる良い作品だと思います。

DMM.comでも発売されました。
アキバ戦隊! エンジェレイヴァー
アキバ戦隊エンジェレイヴァー
続きを読む

XchangeR

成人向けの作品ですのでご注意ください。

作品内容
主人公・相原拓也は、多少気弱な感じのするごく普通の少年。
だけどある日、自分の所属する化学部で誤って薬品を浴びてしまう。

その後、帰宅して部屋に戻り着替えようとすると・・・
なんと、その姿はボーイッシュで可愛い女の子になっていた!!

女の子になった拓也は、バスの中で痴漢にあったり、男子生徒に告白されたり、義姉から女の悦びを教わったり今まで知らなかった事を体験していく・・・

化学部の部長は元に戻る薬を作ってくれるらしいのだが・・・
はたして、たくやは無事元の体に戻れるのだろうか!?
続きを読む

小夜子

成人向けの作品ですのでご注意ください。
小夜子
小夜子
販売元:ブラックサイク
作品内容
小夜子。
絶海の孤島にある館の女主人。
年齢不詳。正体不明。

島に迷いこんだ者の欲望を煽り、堕落させる。
それが小夜子にとっての日常だった。
そんな日常が数百年・数千年も続いていた。

しかしとある理由により、
その日常は終りを告げようとしていた……


一方、日本では出生率が低下し続けていた。

少子化対策として政府はさまざまな政策を実行していくが、
大した成果をあげることができず、少子化はさらに進み、
ついに出生率は0.98まで低下した。

馬渕陽子少子化対策担当大臣はこの危機的状況を解決すべく、
ある「一人の女」に接触を試みる……

それは… あの『小夜子』だった

性転換該当作品[闇の声]シリーズなど多数の性転換該当キャラが登場する作品を制作している、ブランド[Black Cyc]の性転換(変身)該当作品です。

作品としては、このブログでもご紹介している、各作品に性転換該当キャラが一人は必ず登場している、痴態連鎖アドベンチャーゲーム作品[闇の声]シリーズに登場しているメインキャラクター「小夜子」を主人公にした、スピンオフ作品で、話の舞台が前半では、とある会社の社員寮(登場するキャラクターは、男性3名の女性3名の計6名)が舞台になり後半では、高級住宅街(登場するキャラクターは、3組の夫婦の計6名でその中には、[闇の声]及び[闇の声、特別編]、[闇の声、異聞録]に登場した男性キャラ「土屋 剛也」が年をとり老人になった姿で登場しています)が舞台となる、登場する各キャラクターを選び話を進めていく、大きく二つに別れて構成された一本道のアドベンチャーゲーム作品になります。また性転換該当のキャラクターは「原田 翼」の1人で、該当シーンは回想シーンに登録されるシーン、23個の内2つになります。

性転換該当キャラ「原田 翼」の該当は「とある会社の営業課に勤め、その会社の社員寮に住む、世間的には、まじめで優しい性格で、人当たりも良い、女性のような顔をした好青年だが、社員寮の自分の部屋には、女性の服を持ち、夜中その服を着て女装することで、自分の中にある、真剣に女性になりたい願望を日々満たしている、22歳の青年「原田 翼」は、ある時、日本政府の少子化対策担当大臣「馬渕 陽子」から、この社員寮に住む、異常な性癖を持つ6人の男女を子作りできるような淫乱な性格にするように依頼されて、社員寮に新しい寮母として潜入した、絶海の孤島にある館の女主人「小夜子」によって、その女性化願望を見抜かれてしまう。そして、「小夜子」から女性の身体になったら子供を二人作る事と引き換えに女性の身体にすると言われ、その条件を飲んだ「翼」は、「小夜子」の力で、子供も産める完全な女性の身体に作り替えてもらうことになる」です。

個人的に作品としては、上でも書きましたが、このブログでもご紹介している、各作品に性転換該当キャラが一人は必ず登場している、痴態連鎖アドベンチャーゲーム作品[闇の声]シリーズに登場しているメインキャラクター「小夜子」を主人公にした、登場する各キャラクターを選び話を進めていく、一本道のアドベンチャーゲーム作品で、話は、[闇の声]シリーズと同じ用に登場するキャラクターの隠された性癖を解放しいくのが目的になり、全体的に今作では、話の設定の所為もありますが、元々持っていた性癖、願望の強化、コンプレックスの克服など[闇の声]シリーズのキャラクターほど、各キャラクターの立ち絵のデザインも含め、極端な性癖の変化(今作の社員寮に登場する男性キャラ「青田 かける」や高級住宅街に登場する老人夫婦「土屋 剛也」の妻「土屋 咲子」には結構極端な変化は見られますが)はないと思いますので、この作品を含めた[闇の声]シリーズを初めてプレイする人には、作中の性的描写に女性同士の性行為や「小夜子」のフタナリ化など、人により好みが分かれる描写は有ると思いますが、全体的に極端に好みが分かれるような性格に変化するキャラクターは少なく、話も短めでプレイしやすい作品ではないかと思います。また各キャラクターの話は、大体2度のキャラクター選択で終わり、各キャラクターの変化後の話も殆んど書かれていませんので、他の[闇の声]シリーズに登場した「土屋 剛也」や「k」が登場するのは面白いと思うものの、他の[闇の声]シリーズをプレイした事のある人には、中途半端な印象を受ける所があるのではないかと思いますが、各キャラクターの話は、しっかりとした話の展開で、[闇の声]シリーズの作品らしく、キャラクターの変化や心理描写も中々しっかり書かれていて、良いと思いますので、[闇の声]シリーズが好きな人やこの作品に登場するキャラクターに興味がある人は、購入を考えても良いのではないかと思う作品です。

性転換該当作品としては、個人的にこの作品に登場する、該当キャラ「原田 翼」は女性化願望のある男性キャラですので、該当的なことも含め人により、少し好みが分かれるキャラではないかと思いますし、上で書いたように他の[闇の声]シリーズの該当キャラの様に女性の身体になった後の話が書かれておらず、他の[闇の声]シリーズが好きな人には、中途半端な印象を受ける所はあると思いますが、話の展開的には2度のキャラクター選択で話が終わるものの、ネタばれになりますが、一度目の選択で、ネグリジェを着ている「翼」が、「小夜子」に化粧をして貰い、フタナリ化した「小夜子」の男性器を加え、「翼」の胸を女性の胸に変える所まで話が進み、二度目の選択で、「翼」の身体を完全に女性の身体に変えて、フタナリ化した「小夜子」と性行為をする事になる話の展開で、人によっては実質的に、該当シーンは1つの作品になるかも知れませんが、話の内容には、女装、性転換モノの面白さが中々多くあって、成人向けの女装モノ、性転換モノが好きな人には中々楽しめる内容になっていると思います。また成人向けの性転換該当作品としての評価も含め、作品としては、他の[闇の声]シリーズの作品が好きな人に、構成や話の展開などにあまりオススメできない、非常に残念な所がありますが、該当シーンを含め、各キャラクターの話の内容自体は、[闇の声]シリーズ作品らしい良さと他のシリーズ作品では見られない、一味違った、各キャラクターの変化が見られる作品だと思いますので、話の展開や登場するキャラクターに興味がありましたら、購入を考えても良いのではないかと思います。

[DMM.com]では、2011年3月からDL版が独占先行配信されています。
beye_0024ps







小夜子
続きを読む

鋼炎のソレイユ-ChaosRegion-

成人向けの作品ですので、ご注意ください。


作品内容
心の準備は万全か?──────

『白銀のソレイユ』に続くヴァルキリー・サーガ第二幕!
妹の肉体に封じられた主人公"蒼龍 流"は、
彼に従属する戦乙女と共に"ヴァルハラ"に挑む。
戦乙女との恋、戦いと敗北者への陵辱。物語はよりハードに進化する!

■□■ストーリー■□■
薄暗く冷たい部屋。石造りの部屋で、無限に繰り返される陵辱。
あの日、から"私"はずっとこの部屋にいる。
繰り返される快楽と苦痛……強すぎる刺激は私を常に絶頂の中に置き、
絶頂の中の絶頂へと突き上げてしまう……

「だっ、ダメぇ。もう、もうっ……壊れちゃう。イキたく……
 ふわっ、ああっっっ!! ぐひっ、ひっ?! ひぎぃぃっっ!!」
「あはは、何度イッたら気が済むんだい?
 さっきから絶頂しっぱなしじゃないか。
 ねぇ、男の心のまま、女の快楽を貪るのそんなにいいのかい?
 でも、死ぬんじゃないよ……仲間の戦乙女が孕むよりさき死んだら、
 あいつらも命はないからねっ!」

仲間……?
そうだ、私は戦いに負けたのだ。
この、死せる勇者の城"ヴァルハラ"での戦闘に……
もしあの時、戦いに勝っていたら……違う未来があったのだろうか?
仲間達と幸せな未来が……

それは一つの結末。無限に連なる世界の運命。
しかし、運命は変わる……

物語は主人公"蒼龍 流"が、"ChaosRegion-混沌領域-"と呼ばれる世界へ
たどり着いたところからはじまる。
この異世界に降り立った流は、六木と名乗る仮面の男に、自らの肉体を盗まれ、
過去に行方不明になっていた妹"遥"とその肉体を入れ替えられてしまう。

女性の肉体となった流は、身体に残る記憶をもとに、魔法のと呼ばれる力を手に入れ、
二人の戦乙女と共にこの世界の戦いへと身を投じることとなる。
流に従属する二人の軍属精霊達。
黒き神獣の戦乙女・麟。
そして炎を操る火龍の戦乙女・桜火。
戦いの舞台は死せる勇者の城"ヴァルハラ"。
世界を呑み込むほど巨大な城には、歴史、神話、異世界の死者達が無数に存在し、
解き放たれればこの世界は永遠の死者達の戦場へと変わってしまう。
待ち受ける敵は伝説の戦士、北欧神話の怪物達……そして、異世界より来訪した邪神群。
深き海より来たる者、無貌なる神の眷属……

戦いに勝利すれば、戦乙女、仲間との恋を育む優しい時間があなたを待つ。
しかし、敗北者に待ち受けるのは無限に続く陵辱の連鎖……
運命を斬り開く"ヴァルキリー・サーガ・ADV with Card Battle"
今、世界を賭けた戦いが始まる!!続きを読む

もっと! 女装で孕ませてっ

成人向けの作品ですので、ご注意ください。
49032_pもっと! 女装で孕ませてっ








作品内容
1年後の誕生日までに自分の血を引く男の子が産まれないと女体化してしまう呪いをかけられている神代由宇。
呪いを解くためにリリエンヌ女学院に転入した由宇は、『お嫁さん候補』となる人形姉妹の舞依・依理と関係を持つまでに至る。

慣れない女装に苦労しつつも、舞依・依理と充実したセックスライフをおくる由宇。
その生活が一変したのは、電車の中で痴漢に合っていた少女、小鳥遊琉羽依を助けたことがきっかけだった。

「この方こそ、わたくしの理想の『おねえさま』なのですわ……!」

その日から、男と知らず猛アタックを開始はじめる琉羽依。
それから、由宇とのセックスに積極的な人形姉妹。
そして……。

「ユウちゃんたら、毎日楽しそう……。
そうだ。お母さんもリリエンヌに行っちゃおうかな~?」

あの最終兵器も、参戦!

作品としては、2011年1月21日に[Gyutto.com]にて、DL版が先行販売され、2011年2月に製品版が発売される、ブランド[桃色劇場]で制作された、前にこのブログでもご紹介した、個人的には設定は性転換該当ですが、CGや話の展開的には、該当作品としては、少しビミョーかなと思う、性転換(女体化、フタナリ女体化)該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[女装で孕ませてっ]の続編で、登場キャラや設定は基本的に同じですが、女装した主人公「神代 由宇」を「おねえさま」と慕う、女子学生「小鳥遊 琉羽依(たかなし るうい)」が新しく登場し、選択肢も多数あり、各攻略ルートは3つのエンドは6つ(該当エンドは3つ)の回想シーンに登録されるシーンは24個の主人公以外の女性キャラにはボイスは入っているオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品になります。また初回のプレイでは、「琉羽依」ルートと「亜貴」ルートの2つのルートがプレイでき、その後どちらかのエンドを見ると、次からは人形姉妹がメインのハーレムルートがプレイできるようになります。

話としては、該当は前作と同じで、「1年後の誕生日までに自分の血を引く男の子が産まれないと女性の身体になる呪いを代々かけられている、神代一族に生まれ、その昔、呪いによって、「由宇」の出生が一日だけ遅れたばかりに男性器を残して、半分女の身体になってしまった「由宇」の実の父親にして母親である「神代 亜貴」と一緒に住み、格闘家を目指して、日々、鍛錬に励んでいる体育会系の男子「神代 由宇」は、神代一族にかけられた呪いを解くために嫁候補で神代家に使える人形家の姉妹「人形 依理(姉)」と「人形 舞依(妹)」が通う「リリエンヌ女学園」に女装して入学する事になってしまう。そして、二人と肉体関係を持つまでなり、慣れない女装に苦労しつつも充実した学園生活を送っていた「由宇」は、ある日、電車の中で痴漢に合っていた、学園で「美少女ハンター」の異名を持ち男嫌いのではあるが、実は嫁候補である人形家の一族の少女「小鳥遊 琉羽依」を助けたことがきっかけに「琉羽依」に本当は男と知らずに「理想のおねえさま」と慕われることになってしまい、その上、毎日楽しそうな「由宇」の学園生活に混ぜてもらおうと「亜貴」まで、保健室の先生として赴任してきて、にぎやかな学園生活を毎日送ることになったしまうが、結局、嫁候補(母親を含めて)の少女たちとの間に子供を作ることができず、「由宇」の身体は完全に女性の身体になってしまう」です。

個人的に作品としては、攻略ルートは3つのエンドは6つ(該当エンドは3つ)の回想シーンに登録されるシーンは24個の女装モノや孕みモノ、性転換モノの要素まで有る結構面白い設定だと思う、オーソドックスなアドベンチャーゲーム作品で、システム面は中々使いやすく、前作と設定や登場キャラは同じですので、前作の話が面白かった人には楽しめる作品だと思いますし、今作の話の展開も面白く、前作では、全体的に女装モノや孕みモノ、性転換モノの各ジャンルの面白さは薄めの印象を受けましたが、登録される回想シーンの中には、「リリエンヌ女学園」の制服を着た「由宇」の自慰行為シーンや「由宇」が魔法少女の服を着せられ、悪の女幹部風の服を着た「琉羽依」に男性器を踏まれる等、女装モノらしいシーンがあり、エンドも各ルートに攻略キャラの女性に子供ができる孕ませエンドと「由宇」の身体は完全に女性の身体になる女体化エンドの2つが用意されていて、前作よりも性行為描写が濃い目になっていて好みが分かれる所はあると思いますが、各ジャンルの面白さは増していると思いますので、前作が面白かった人やジャンルなども含め話の展開や性行為描写に好みが合う人には、楽しめる作品ではないかと思います。また作中の性行為描写には、複数の女性との性行為描写や女装した主人公とフタナリである母親との性行為、孕み描写等、マニアックな描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に該当シーンは各エンドの女体化エンド3つと設定に性転換要素がある成人向けのアドベンチャー作品の中では、人により該当シーンが少なめの印象を受けるかも知れませんが、3つの該当シーンはすべて、該当キャラ「神代 由宇」が完全に女性の身体になり、ネタばれになりますが、「琉羽依」ルートのエンドでは、女性の身体になった「由宇」と「琉羽依」の百合行為、「亜貴」ルートのエンドでは、女性の身体になった「由宇」が、実の父親で、フタナリの女性の身体になった、母親「亜貴」に孕まされてしまい、その身体のまま「亜貴」との性行為、ハーレムルートのエンドでは、女性の身体になった「由宇」が、登場する女性キャラ全員に襲われてしまうで、各ルートのエンド共にシュチエーションが全く違うシーンになっていますので、成人向けの性転換モノが好きな人には楽しめるシーンだと思いますし、特に上で書いたように「亜貴」ルートのエンドでは、他の成人向けの性転換モノでは、ほとんど見れない、フタナリ女性になった父親に孕まされて、近親相姦、孕ませボテ腹Hと言う、非常にマニアックなシュチエーションのシーンがあって、前作と同じく(前作では該当キャラはフタナリの女性の身体でしたが)、該当キャラが登場する女性キャラ全員に襲われてしまう、ハーレムルートのエンドがあるのも、作品収集の面も含めて非常に珍しい面白いシーンが見れる作品ではないかと思いますので、性行為描写的には濃い目でマニアックなシュチエーションも多い作品ではありますが、価格的な面も含めて、成人向けの性転換モノが好きな人には、オススメできる中々の良作だと思います。

DLsite.comでも発売されました。

もっと!女装で孕ませてっ続きを読む
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード