成人向けの作品ですのでご注意ください。
ガッシャ祭+女体化魔王
ガッシャ祭+女体化魔王

主に女性向けの一般、成人向け等の二次創作の同人誌作品を制作されているサークル[文月七夜・ざしきろう]様の二次創作性転換(変身)該当作品です。

二次創作性転換(変身)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、54ページになります。
作品としては、某大手玩具メーカーから発売されている、カード付き食玩及びそのカード付き食玩を題材にしたブラウザゲームを元ネタにした、2011年12月発行の同人誌作品とそのカード付き食玩の第8章を元ネタに作品中で、主人公である力を失った大魔王が、敵を騙すために女装した姿で、性転換薬を飲み女の子の身体に変身した該当設定の2012年12月発行の同人誌作品の2作品をまとめ電子書籍化した作品で、作中の性行為描写には、作中に登場する女性キャラがこの作品の元ネタに登場する植物の魔物に襲われ、犯されてしまう触手要素のある性行為描写や敵を騙すために可愛い女の子の身体に変身した該当キャラが、作中に登場する男性キャラを押し倒し性行為をしてしまう描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

元ネタの作品はあまり知りませんので申し訳ありませんが、個人的に作品としては、前にこのブログでご紹介した、このサークル様の二次創作女体化該当作品[みんなあげちゃうv]と同じ某大手玩具メーカーから発売されている、カード付き食玩を元ネタにした2つの同人誌作品をまとめた作品で、作中の性行為描写には、作中に登場する女性キャラが触手で犯される描写などがあり、該当作品としても自らの意思で女の子の身体になった該当キャラが作中に登場する男性キャラを押し倒し、性行為をしてしまう話の展開になっていますので、全体的に人により作品の表赤や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、収録された2作品共に絵柄はあまり好みが別れない可愛い目の絵柄であまり好みが別れずに読め、話の展開自体も前半に収録された、作中に登場する女性キャラが植物の魔物に襲われてしまう、コミカルタッチに描かれた話の展開で、陵辱要素はそれほど強い印象を受けず、あまり好みが分かれないで読める話になっているのではないかと思いますし、後半に収録された該当の作品も、上で書いたように、女の子の身体になった該当キャラが、作中に登場する勇者の男性を押し倒す話の展開のため、該当キャラが女の子の身体になった自分の身体に戸惑う姿などは描かれていないものの、女の子の身体になった該当キャラと勇者の男性キャラとの話の掛け合いや行動も中々面白い、コミカルタッチの話の展開になっていて、コミカルタッチに描かれた該当作品が好みに合う人には、気楽に読める話になっているのではないかと思いますので、二次創作同人誌作品ということで、人により作品の評価や好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、自分のように二次創作該当作品を収集している人やこの作品に興味が有り、コミカルタッチに描かれた作品が好みに合う人などには、非常に珍しい二次創作該当作品であることなどを含めて、好みが合えば中々良い該当作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、このサークル様の該当要素のある作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[文月七夜・ざしきろう]