成人向けの作品ですのでご注意ください。
b120ahit00514psアベコベノミックス
著者:みにおん
ページ数:24ページ






作品内容
学校の帰り道、歩いていると後ろからむつみがやってきた。もうすぐ最高学年になるのに羞恥心のひとつも持たないむつみ。反してどこか女々しさが抜けない千秋。お互い口げんかになりそうなとき、小さい頃よく遊んでいた塩丞敷神社を通りかかり、お参りすることにしたふたり。一緒に鈴を鳴らそうと綱を掴んだら、鈴が頭に落下!意識を取り戻すとなんかおかしい…あれっ、体が入れ替わってる!?元に戻る方法がわからず途方に暮れていると、最悪なタイミングで千秋の体が尿意を催してしまって

2014年6月にヒット出版社から配信された、入れ替わり該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「夏のある日、学校の帰り道に後からやって来た、幼馴染の女の子「むつみ」と一緒に帰ることになった、まだまだ女々しい所がある主人公の男の子「千秋」は、もうすぐ最高学年になるのにまったく女の子らしくない「むつみ」と口げんかしそうになってしまった矢先、「むつみ」と小さい頃一緒に遊んだ「塩丞敷神社」を通りかかったのをきっかけに、「むつみ」の誘いで「塩丞敷神社」にお参りする事にしたが、賽銭箱の前で一緒に縄を掴み鈴を鳴らそうとした拍子に、2人揃って落下してきた鈴に頭をぶつけてしまい、いつのまにか自分の身体と「むつみ」の身体が入れ替わり、自分の身体が女の子の身体になってしまった事に気が付くのであった。そして、落下してきた鈴に頭をぶつけてた拍子に、互いに身体が入れ替わり、元の身体に戻る方法もわからないまま、神社の境内で途方にくれる中、自分の身体になってしまった「むつみ」が尿意を覚えてしまった事がきっかけで、自分の身体になった「むつみ」にオシッコのし方を教える事になった「千秋」は、オシッコをさせた後、無意識に勃起してしまった男性器に途惑う、自分の身体になった「むつみ」の男性器を静めようと異性の身体の快感に途惑う「むつみ」の姿を見ながら男性器を責めて行くが、徐々にその男性器に興奮し、自ら自分の身体で合った「むつみ」の男性器を自ら咥え、射精されると同時に女の子の身体の絶頂を感じてしまった上に、女の子になった身体を「むつみ」に責められ、女の子の身体の快感を味わい、さらに元の身体に一生戻れないなら一緒にいようと告白してきた「むつみ」と互いに入れ替わった身体で結ばれ、互いに異性の身体の快感を味わうのであった」です。

作品としては、成人向けの月刊誌及びコミック作品を発行されている出版社[ヒット出版社]から少女を題材に年4回発行されている、2013年7月発行及び2014年6月配信の季刊誌[少女式 夏]に掲載された「もうすぐ最高学年になるのに、互いに男らしく又は女の子らしくない、幼馴染の小学生の男の子と女の子が、学校の帰り道、子供の頃良く遊んでいた神社でお参りをしている最中、頭に落ちてきた鈴で頭をぶつけてしまったことで、気がつくと何故か互いに身体が入れ替わってしまっていた」と言う該当設定の恋愛モノの入れ替わり該当作品を単品で配信している作品で、作中の性行為描写には、ひょんな事から何故か身体が入れ替わ利、幼馴染の女の子の身体になってしまった該当キャラが、自分の身体になった幼馴染の女の子の男性器を責め、自ら男性器を咥える描写や自分の身体になった幼馴染の女の子に女の子になった身体を責められる描写、互いに入れ替わった身体で性行為をする描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

入れ替わり該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、この作品は「もうすぐ最高学年になるのに、互いに男らしく又は女の子らしくない、幼馴染の小学生の男の子と女の子が、学校の帰り道、子供の頃良く遊んでいた神社でお参りをしている最中、頭に落ちてきた鈴で頭をぶつけてしまったことで、気がつくと何故か互いに身体が入れ替わってしまっていた」と言う該当設定の作品になりますので、多少作中の性行為描写などには、人により作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが、絵柄はあまり好みが分かれない絵柄で良く、話の展開も、作中では自分の身体である男の子の身体になった相手にオシッコのし方を教える該当キャラの姿や徐々に入れ替わった身体で異性の身体の快感を感じていく該当キャラたちの姿がしっかり描かれていて、入れ替わった該当キャラたちの心理描写は描かれていないものの、「幼馴染の少年、少女の身体が入れ替わってしまう」恋愛モノの該当作品らしい面白さがしっかりある話の展開になっていると思いますし、終わり方も恋愛モノの該当作品らしい綺麗な終わり方になっていて、好みが合う人には最後まであまり好みが分かれずに読める該当作品になっているのではないかとも思いますので、多少人により好みが分かれる所がある戸のではないかと思いますが、「幼馴染の少年、少女の身体が入れ替わってしまう」恋愛モノの該当作品が好みに合う人には、入れ替わり該当作品らしい正統派の話の展開で、全体的にあまり好みが分かれずに最後まで中々面白く読める、中々オススメの良い入れ替わり該当作品ではないかと思います。