成人向けの作品ですのでご注意ください。


2014年4月に大都社(ダイトコミックス TLシリーズ)から発行された性転換(変身)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「はるか山奥に設立された、全寮制の男子大学「私立 蒼山学園大学」に通いながら、学園内にある4つの男子寮の1つの寮の寮長も務めている、男性ではあるが、中性的な女顔の所為で、女の子にフラれたり、オッサンに痴漢されたりとロクな人生を送っていない、3回生の男子大学生「椎名 真咲(20歳)」は、ラグビー部の必勝祈願をしに、とある神社に行った、ある日曜日の次の日の朝、寮の自分の部屋で目覚めると、自分の身体が、何故かショートカットの可愛い女の子の身体になっている事に気が付いた上に、女の子の身体になった自分の胸を揉んだりして、自分の身体が女の子の身体になったことが現実である事を確認してショックを覚えた直後、部屋に戻ってきた、自分と同じ部屋に住む、年下でありながらタメ口で話し、周りの生徒と同じく、自分の事を「シーナちゃん」と呼ぶ、1回生の男子大学生「樫井 勇気」に自分が、男性であった「椎名 真咲」である事を解かって貰えたにもかかわらず、そのまま押し倒され女の子になった身体を責められ、女の子の身体の快感を味合わされてしまうのだった。そして、図らずも、朝起きたら何故か女の子になっていた自分の可愛い容姿で涙を流し「樫井」に、童貞で今は処女の女の子の身体になった自分の身体を奪われる事を阻止する事ができたものの、サラシを巻いて、制服を着て、女の子の身体になった事を隠し向った自分の教室で、女の子の身体で快感を感じた事を思い出しながら授業を受けていた所、同級生の男子生徒たちに、自分の雰囲気の変化を気付かれ、自分を見ると何故かムラムラすると言われてしまった事がきっかけで、男子生徒の中に唯一、女の子になった自分がいる事に危機感を覚え、女の子の身体になっていることを唯一知る「樫井」に、自分が女の子になった事を黙っている様に頼むものの、女の子になってしまった事を黙っている交換条件なのか、そのまま「樫井」に再び押し倒され、貞操は守る事ができたが、再び女の子の身体の絶頂を味合わされてしまった「真咲」は、男性とは違う女の子の身体の快感を知りながらも、最後の一線である貞操を守りつつ、女の子の身体になった自分の身体を「樫井」に好き勝手に責められ、さらに周りの生徒たちにも女の子ではないかと疑われながら、女の子になった自分の身体を周りに隠し、男子大学生として生活する受難な毎日を送る中、自分の身体を好き勝手に責める「樫井」に、女の子として徐々に惹かれて行くのであった」です。

作品としては、ホラーコミック誌やティーンズラブ・コミック誌などを製作、発行している、[少年画報社]の系列会社でもある出版社[大都社]から、各携帯コミックサイトなどで配信されている「朝起きると女の子の身体になってしまった事がきっかけで、周りの生徒たちにも女の子ではないかと疑われつつも、女の子の身体になった身体を隠し、男子大学生として生活する受難の日々を送る、全寮制の男子大学の男子寮の1つで、寮長を務める、女顔の男子大学生が、唯一女の子の身体になってしまった事を知っている、自分と同じ寮の部屋に住む年下の男子大学生に、最後の一線である貞操を守りながらも、女の子の身体になった身体を好き勝手に責められ、女の子の身体の快感に混ぜめてしまった上に徐々にその年下の男子生徒に惹かれて行く」と言う、正統派の該当設定のティーンズラブ系の恋愛モノの該当作品[ぼんキュぼん男子!]、全6話を収録した該当作品で、作中の性行為描写には、朝起きたら、何故か女の子の身体になってしまった該当キャラが、自分と同じ寮の部屋に住む年下の男子大学生又は作中に登場する神様などに、女の子になった身体を好きなように責められる、羞恥描写もある、甘めの性行為描写がメインになりますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたがこの作品は、「朝起きたら女の子の身体になってしまった」と言う、正統派の該当設定のティーンズラブ系の恋愛モノの該当作品になりますので、女性向けの該当作品らしい絵柄や該当キャラが女の子の快感にほぼハマりつつも最後の一線である貞操を守り続け、最後まで周りの同級生たちには、女の子になった事がばれない話の展開などには、女性向け又はティーンズラブ系の該当作品が好みに合わない人などには、人により、少し作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが、作中では、該当キャラが女の子の身体になってしまった理由が中々しっかり描かれているのは良く、同じ部屋に住む、年下の眼鏡をかけたイケメンの男子大学生に女の子になった身体を責められ、徐々に女の子の身体の快感にハマって行く該当キャラの姿及び、一度もとの男性の身体に戻り、再び女の子の身体になった事で、その男子大学生に女の子として徐々に惹かれ、その事を自覚していく該当キャラの心理描写などもしっかり描かれいきますので、「作中に登場する男性キャラと該当キャラの恋愛を描いた」、女性向け及びティーンズラブ系の該当作品が好みに合う人には、最後まで中々面白く読める話の展開になっていると思いますし、作中では、女の子の身体の快感にハマりつつも、該当キャラが話の最後まで貞操を守りつつける話の展開や該当キャラが女の子の身体になってしまった原因の神社に、昔少年が女の子の身体になり幸せになった伝説がある事が語られ、その神社の神様に元の身体に戻れるようにお願いした該当キャラが、その神様に女の子になった身体を責められ、その後、一時的に元の身体に戻る話の展開なども中々意外で面白く、少しネタバレになりますが、話の最後で、女の子とし、年下の男子大学生に好意を抱いていることを自覚し、遂にその男子大学生と結ばれた該当キャラが、その男子大学生と結婚し、妊娠が発覚する、該当キャラのその後を描いた終わり方も、女性向け及びティーンズラブ系の該当作品の中では中々珍しい終わり方ではないかと思いますので、女性向け及びティーンズラブ系の該当作品と言う事で、人により話の展開や絵柄、作中の性行為描写などには、人により少し好みが分かれる所があると思いますが、女性向け及びティーンズラブ系を含めた、「作中に登場する男性キャラと該当キャラの恋愛を描いた」成人向けの該当作品が好みに合う人には、恋愛系の該当作品らしい面白さがしっかりあって、好みが合えば、オススメできる良い該当作品ではないかと思います。