成人向けの作品ですのでご注意ください。
女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~
女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~

作品内容
七夕喜久は、腐れ縁の悪友であり幼馴染でもある木嶋五十六が引き起こすハプニングに
巻き込まれることに嫌気が差していた。

そんな時、彼は学園のマドンナである高津柚奈に恋してしまった。

今まで一度も恋愛したことがない喜久は、どう気持ちを伝えようかと迷っていたのだが
幼馴染が預かっていた"女体化スーツ"によって、元の外見とは似ても似つかぬ小柄な女の子に
変身してから状況は一変する。

スーツの開発者であり、幼馴染の親戚にも目をつけられて、"女体化スーツ"の被験者になってしまった彼を
嬉し恥ずかしのハプニングが襲いかかる。

お互いにスーツを着た状態で、幼馴染との擬似百合プレイや、元の姿での幼馴染との禁断の交わり。
その上、後に明かされるスーツの恐るべき機能によって喜久の心は中身すらも女の子へと近づいていく。


(なんだよ!これぇ!俺はこんなこと言うつもりじゃないのにぃ!ふざけんな!って一言文句を言いたいのに!こんなの本当の女の子じゃないか!?)


可愛く、可憐な女の子へと変身できる"女体化スーツ"を着てしまったがために引き起こされる不幸。
性転換した少年の受難が今、始まった。

皮モノをテーマにしたTSF(変身)ストーリーです。

成人向けのCG+ノベル作品(イラスト付きノベル作品)を制作されている、サークル[午前七時の合わせカガミ]様の性転換(皮モノ、他者変身、精神女性化)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違くネタバレも含みますが、該当は「子供の頃から、いつも天才というか、絵に描いたようなマッドサイエンティストである、美少年といえる容姿と小柄な体形の幼馴染の悪友である男子生徒「木嶋 五十六」の引き起こすトラブルに巻き込まれる日々に程々嫌気が差していた、学園のマドンナである、女子生徒「高津 柚奈」に密かに恋心を抱く、主人公の男子生徒「七夕 喜久(たなばた よしひさ)」は、休んでいる(実は仮病使って研究に没頭しているだけ)「五十六」に溜まったプリントを持っていくように、担任の教師にほぼ強制的に頼まれ、お隣の家に住む「五十六」の家に向ったある日、ひょんな事から何故か自分が恋心を抱く「柚奈」と仲が良い、子供っぽい性格の「五十六」にまとわり付かれている最中、テレビでも良く見かける、バイオテクノロジーの天才といわれる「五十六」の親戚である女性「大田 絹乃」が個人的に発明した、見た目は、女の子の皮のように見え、生きているような感触を持つ、着ると女の子の身体に変身できるという「女体化スーツ」を見つけ、その「女体化スーツ」の試作2号である「高津 柚奈」をモデルにした「女体化スーツ」を着込み「高津 柚奈」の姿に変身した「五十六」の姿を見せられ(どうも「五十六」に「柚奈」がとある事を依頼をした代わりに「女体化スーツ」のモデルになったらしい)、「高津 柚奈」の姿に変身した「五十六」とのデートを報酬に迫られ、「柚奈」本人でもないのにその誘惑に負けてしまい、着ると元の外見とは似ても似つかない150cm程度の小柄な可愛い女の子の身体になれる「女体化スーツ(因みに本人には知らされていないが、来て女の子の身体に変身している間、意思を強く持たないと精神を女の子の思考に状態に変化させる副作用がある)」の被験者になる事になってしまった上に「高津 柚奈」の姿に変身した「五十六」を部屋から追い出し、その場で「女体化スーツ」を着込み、自分の身体が「女体化スーツ」の機能によって緑色の髪のかわいい女の子の身体に変わる違和感や女の子の身体になって自分の身体に戸惑う直後、女の子の身体になった自分より身長の高い「高津 柚奈」の姿に変身した「五十六」に押し倒され、そのまま、子宮まで作られた女の子になった身体で、女の子の身体の快感を味わってしまい、さらにモニタリング機能のあるこの「女体化スーツ」の開発者である、「五十六」並に身勝手な性格の「大田 絹乃」によって「女体化スーツ」を脱げ無くされてしまった事で、そのまま「女体化スーツ」を着て女の子になった身体のまま「大田 喜美」と名乗り自分の学校に転入生の女子生徒として通う受難な1日を来ることになってしまうのだった」です。

オリジナルの性転換(皮モノ、他者変身、精神女性化)該当のCG+ノベル作品(イラスト付きノベル作品)で、挿絵7枚を含めて大きく6章に分かれ構成されたHTML形式の作品になります。
作品としては、「小柄で美少年顔ではあるが、身勝手で子供っぽい性格の天才というか、絵に描いたようなマッドサイエンティストである、幼馴染の男子生徒の引き起こすトラブルに巻き込まれる事に嫌気が差していた、主人公の男子生徒が、ある日、その幼馴染の男子生徒の親戚が個人的に発明した、着ると元の外見とは似ても似つかない、緑色の髪をした150cm程度の小柄な可愛い女の子の身体に変身できる「女体化スーツ」の被験者になる事になってしまった事がきっかけで、自分が密かに好意を抱く学校のアイドルである女子生徒をモデルにした「女体化スーツ」を着た幼馴染の男子生徒に女の子になった身体を責められ、女の子の身体の快感を味わったり、「女体化スーツ」を開発した幼馴染の男子生徒の親戚の女性に、自分が着た「女体化スーツ」を脱げ無くされてしまい、そのまま女の子の身体で女子生徒として学校に通うことになってしまったりと受難な1日を送る事になってしまう」と言うコミカルタッチの話の展開の全6章(序章、1章~4章、終章)で構成された、女性の皮を着て女の子の身体になる、性転換(皮モノ、他者変身)該当設定要素がある該当のCG+ノベル作品で、作中で使用されている挿絵7枚には、ゲーム作成ソフト、ブランド[『G.J?』]の[佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります]のCGが使用されています。また作中の描写には、上でも書きましたが、女の子の皮のような全身着ぐるみの「女体化スーツ」を着た主人公の該当キャラが、女の子の身体に変身する皮モノの該当作品らしい少々マニアックな描写や作中の性行為描写にも、「女体化スーツ」を着た主人公の該当キャラが、自分が密かに好意を抱く学校のアイドルである女子生徒をモデルにした「女体化スーツ」を着た幼馴染の男子生徒に女の子になった身体を責められてしまう、女の子の身体になった該当キャラ同士の性行為描写や「女体化スーツ」の機能で強制的に思考や仕草、言葉遣いなどを女の子の状態に変えられた上に強制的に発情させられた該当キャラが、幼馴染の男子生徒又は好意を抱く女子生徒と性行為をする描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、この作品は、女の子の皮のような全身着ぐるみの「女体化スーツ」を着た主人公の該当キャラが、女の子の身体に変身する転換(皮モノ、他者変身)該当設定要素がある該当作品になりますので、作中で該当キャラが、「女体化スーツ」を着ていく描写がある所や作中の性行為描写などを含めて、人により作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思いますが、該当キャラが「女体化スーツ」を着て女の子の身体に変身する該当設定の為に、女性を全身着ぐるみの皮に変えてそれを着て女性の身体になる、皮モノの該当作品的な少々マニアックな要素は薄く、女の子の身体になった該当キャラの受難な生活を描く、コミカルタッチに描かれた話の展開になっている事も含めて、全体的にあまり好みが分かれないで読める話の展開になっていると思いますし、作中に登場する身勝手なキャラクターに振り回される該当キャラと作中に登場するキャラクターたちの話の掛け合いも中々面白く、作中には「女体化スーツ」を着て、徐々に女の子の身体に変身していく該当キャラの姿や女の子になった身体及び「女体化スーツ」の機能で強制的に思考や仕草、言葉遣いなどを女の子の状態に変えられた女の子になった身体を責められ、女の子の身体の快感を感じていく該当キャラの心理描写、元の身体に戻れなくさせられ女の子の身体で女子生徒として学校生活を送る事になってしまった該当キャラが、男性の時には知る事のできない、女の子達だけのおしゃべりに加わる所などが描かれていき、全体的にコミカルタッチに描かれた成人向けの該当作品の面白さがしっかりある話の展開になっていると思います。また終わり方も、該当キャラが元の身体に戻れなくなってしまうと言う、コミカルたっていの該当作品らしい面白い終わり方で良いと思いますので、作中の描写などには、人により好みが分かれる所があると思いますが、このサークル様の該当作品が好みに合う人や女の子の身体になってしまった該当キャラの受難な生活を描いたコミカルタッチの該当作品が好みに合う人には、あまり好みが分かれないで面白く読めて、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_065984pr
女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~
このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[午前七時の合わせカガミ]