成人向けの作品ですのでご注意ください。
女性化王子アレス
女性化王子アレス

作品内容
オーランド帝国の王子である、アレス・ハイランダーは
突如侵略してきたアーリア国に捕らえられ、捕虜の身となる。

母国の存亡を賭けて、敵の女将軍ミリアと戦うアレス。
だが、あえなく敗れた上に、魔物調教用の疑似ペニスで犯された彼は
殺す価値も無いと判断され、ミリア付きのメイドにされてしまう。

恥辱の日々に耐えきれず、共に捕らわれた許嫁のエリナと脱走を図るアレス。
しかし、既にミリアに調教されていたエリナの裏切りにより、計画は失敗する。

「元々美貌を兼ね備えていた王子だっただけに、
 女に生まれ変わっても美しさは変わらないだろう。
 まして、短小包茎だったから、女性として生きたほうがいいのではないか?」

アレスの目の前でミリアの疑似ペニスで犯されるエリナ。
そして彼自身は罰として、獲物を性転換させてしまう触手生物の手にかかり
体を女性化させられてしまう。

「これはこれは最高の出来栄えではないか。
 この体が元は男性であったなど、誰も思わないだろうな」

ミリアが魔法で生やしたペニスにより、あろうことか婚約者であるエリナに
女性器を犯されるアレス。
そして王の怒りに触れたアレスは、とうとう奴隷の身分にまで堕とされてしまう。

「アレス王子に下される罰は市中引き回しの刑及び、種付けの刑を与えるものとする」

最下層奴隷となったアレスに命じられたのは、兵士であるゴブリンの性処理だった。
王族どころか、人間としての尊厳を奪われ、彼は次第にメスとして開花してしまう・・・・・・

「すご…い!あたる…っのぉ、奥に…、もっと!」


気高い王族の少年が、男として、人間としてのプライドを奪われ
女として奴隷や獣以下の身分にまで堕とされてしまう、大人の為の被虐小説です。
かなり残酷で過激な描写がありますのでご注意下さい。

男の子が強制的に女装させられて女の子に陵辱される話や男性が強制的に性転換させられて徹底的に女性化調教される小説を書かれている、サークル[恥辱庵]様の女装、性転換(手術)該当作品です。

上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「巨大な帝国でありながらも民主主義を掲げる「オーランド帝国」の王子として生まれ、五百年以上も続く平和と繁栄を甘受しているこの国で、来年結婚する許嫁の女の子「エリナ」とのどかで平穏な日々を送っていたある日、森に住む「ゴブリン」を労働力としている極東の国「アーリア国」に突如、自分の住む王宮を侵略され、父親である国王や自分に仕える教育係の男性「ルパート・ヘーガン」を失い筒も、屈辱の中この国の新たなる国王として国を存続させる為に王宮から何とか逃げ出そうとするものの、男性器のような疑似ペニスが装着された露出度の高いビキニアーマーを付け、「ゴブリン」を指揮する「アーリア国」の女将軍「ミリア」に捕えられ、「アーリア国」の国王の元に連れて来られた、美しい金髪と中性的な容姿をした主人公の少年「アレス・ハイランダー」は、捕虜として対面した「アーリア国」の国王である「パスカール大帝」の思い付きから、露出度の高いビキニアーマーに装着された魔物調教用の疑似ペニスを使い、屈強な「ゴブリン」を犯して意のままに操る、自分を捕えた女将軍「ミリア」と自分の母国である「オーランド帝国」の存亡をかけた戦う事になるが、圧倒的な実力差のある「ミリア」にアッサリ敗北してしまい、「パスカール大帝」と「アーリア国」の民衆が見ている前で「ミリア」が装着している、犯されると犯した相手の命令に逆らえなくなる魔物調教用の疑似ペニスでアナルを犯され、男性なのにアナルを犯される快感を味合わされてしまった上に「ミリア」の提案で、「オーランド帝国」唯一の生き証人として、「ミリア」の屋敷で最下層のメイドとして女物のメイド服を着せられ働く屈辱の日々を送る事になってしまうのだった。そして、最下層のメイドとして女物のメイド服を着せられ働く屈辱の日々を送る中、とあるパーティーの席で、メイド服を着せられた男の子だと知りながら自分に襲いかかってきた男性から助けられた事がきっかけで、自分と同じようにメイドとして働く許嫁の「エリナ」と再会を果たし、「エリナ」と共に「ミリア」の屋敷から逃亡を企てるものの、「ミリア」の疑似ペニスで徹底的に犯され、「ミリア」の虜となっていた「エリナ」にアッサリ裏切られ、目の前で許嫁の「エリナ」が「ミリア」を見せ付けられてしまった上に逃亡を企てた罰として、「ミリア」との性交の快感に浸る「エリナ」の目の前で、「ミリア」の疑似ペニスが変化した触手によって拘束され、自分の身体を金髪の可愛い女の子の身体に変えられてしまった「アレス」は、自分の身体が完全な女の子の身体に作り変えられて事に気が付いた直後、自分の着ていたビキニアーマーや擬似ペニスを魔力で身体に一体化し、フタナリの身体になった「ミリア」に女の子になった身体の処女を奪われ、「ミリア」の魔力によってフタナリの身体になった「エリナ」にまで女の子になった身体を犯され、初めての女の子の身体の快感を味わって上に逃亡を企てた事を「パスカール大帝」に知られてしまった事がきっかけで、女の子の身体になった全裸の自分の身体を「アーリア国」の民衆に見られる市中引き回しの刑と、「パスカール大帝」を含めた王族や貴族、民衆の男性たちに犯され、種付けされる種付けの刑を施され、自分の意思とは快感を求める女の子の身体になった自分の身体や今の境遇に絶望し始め、さらに「ゴブリン」の性処理を担当する、最下層の奴隷へと落とされ、他の奴隷が「ゴブリン」に犯されている姿を見ているうちに、全てを諦め自ら「ゴブリン」に抱かれ、見も心も女の子の身体で人間以外の異種族に抱かれる快感に溺れ、性行為の快感だけを求める理性を失った淫乱な女の子へと墜ちていくのであった」です。

オリジナルの女装、性転換(手術)該当の同人誌作品で、枚数は、表紙や挿絵10枚を含めて75ページで構成されたPDF版とjpg版、HTML版の3種類の形式の本編が収録されています。
作品としては、「五百年以上も続く平和と繁栄を甘受している巨大な帝国の王子として生まれたものの、突如自分の国を侵略され、敵国の女将軍に捕われ捕虜になってしまった、主人公の王子が、自分を犯した敵国の女将軍の元で女物のメイド服を着てメイドとして働く事で何とか生き延びる事ができたものの、敵国の女将軍の愛人となっている事もつゆ知らず再会を果たした許嫁と逃げようと、逃亡を企てた事がきっかけで、敵国の女将軍によって自分の身体を可愛い女の子の身体に変えられ、次々と女の子になった身体を、一時的にフタナリになった敵国の女将軍や許嫁、男性たちに犯され、さらに敵国の兵士である異種族の「ゴブリン」に犯され、全てを諦め絶望する中、自ら異種族との性行為の快感に溺れていく」と言う、主人公である該当キャラに殆んど救いのない話の展開の該当の同人誌作品で、作中の性行為描写には、男の子の身体の該当キャラが、敵国の女将軍の擬似ペニスでアナルを犯される描写や敵国の女将軍の愛人となった許嫁が性行為をする姿を見せつけられる、寝取られ描写、敵国の女将軍によって女の子の身体に変えられた該当キャラが、一時的にフタナリになった敵国の女将軍や許嫁、複数の男性及び異種族の男性などに犯される、羞恥、露出描写を含んだ性行為描写、最下層の奴隷へと落とされた該当キャラが、「ゴブリン」などの異種族の牡と性行為をする、獣姦要素を含んだ性行為描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に作中の性行為描写には、全体的に好みが分かれ、作中では徐々に女の子の身体の快感に飲まれて行く該当キャラの心理描写もそれほど細かく描かれていない所があると思いますので、このサークル様の他の該当作品と同じく、人により作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思いますが、作中には、該当キャラが女の子の身体に徐々に変えられていくシーンや女の子の身体に変えられた該当キャラが女の子の身体の快感に戸惑い、徐々に快感に呑まれていく姿、該当キャラが、全てを諦め絶望し、完全に壊れてしまう過程などが中々しっかり描かれていき、女性によって女の子の身体に変えられ、徹底的に調教されていく、成人向けの該当作品が好みに合う人には、このサークル様の該当作品らしい面白さがしっかりある話の展開になっていると思いますし、話の展開も上で書いたように、女の子の身体に作り変えられた該当キャラが、全てを諦め絶望し、女の子の身体で抱かれる快感に溺れ、壊れていく、該当キャラに殆んど救いのない話の展開になっていて、好みが分かれる所があると思いますが、話の最後では、敵国の女将軍が処刑されるはずの王子である該当キャラを助けた理由や女の子の身体に変えた理由などがしっかり語られ、該当キャラたちに希望がある終わり方になっているのは、中々意外な話の展開と終わり方で面白いと思いますので、全体的に人により作品の評価や好みが分かれる描写のある該当作品ではないかと思いますが、このサークル様の該当作品が好みに合う人や女性によって女の子の身体に変えられ、徹底的に調教されていく、成人向けの該当作品が好みに合う人などには、好みが合えば、成人向けの該当作品の面白さが中々しっかりあって、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_065412pr
女性化王子アレス
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[恥辱庵]