成人向けの作品になりますのでご注意ください。
d_064423pr凌辱円舞曲~雌獣に堕ちし女騎士エクレール~Fuga~




作品内容
■導入
大聖堂で祈りを捧げるあなた。
それは物語の…主人公になりたい。
それは物語の中で可愛い…女の子になりたい。
聞こえてくる鐘の音。
鐘の音が鳴り響くと、あなたの意識は女の子として物語の中に入っていく。

■物語
王女セシルの親衛隊長であるエクレール。
エクレールは謀反の罪で収容所へと送られてしまうのです。
それを、命じたのは王女であるセシル。
エクレールは無実を訴えますが、王女はなにも答えずその場から去るのです。

収容所の一番奥にある独房に入れられてしまったエクレール。
そこで待っていたのは、女所長であるヒルデと神獣と呼ばれるツヴァイ。

「ここに来たからには、罪を徹底的に償ってもらうつもりよ、エクレール」


・ヒルデは中指をあなたの目の前に持って行く。
その中指は透明な糸をひいている。
糸はツーっとあなたの口元に落ちていく。

「すこしオマンコに触れただけでこれなのよ
もしかしてエクレールって淫乱なのかもしれないわね
それじゃあセシル様も、あなたの事を信用できないわよね」

・ツヴァイの肉棒がオマンコを犯す。
そのたびに、エクレールの胸がゆれてしまいます。
四つん這い状態でツヴァイに背後から犯されている姿。
それはまるで本物の魔獣の雌のよう。

エクレールは全身を支配している快感に酔いしれます。
こんな快感は今まで味わったことがありません。
オマンコを犯されることがこんなに気持ちがいいなんて。
口からよだれを流しながら快感を全身で味わいます。

・ヒルデは、中庭にエクレールを連れ出す。
土の上を四つん這いの状態で進む。
窓側の鉄格子から、エクレールの姿をのぞき込む視線。

こんな姿を鉄格子の向こうからみられているかと思うと、
さらに快感が増していく。
こんなはしたない姿の自分を、もっと見て。

数多くの性転換及び女体化該当の音声作品を制作しているサークル[KUKURI]様の個人的に該当なのか判断が難しいと思う、女体化(精神女体化)該当作品です。
該当としては個人的に該当なのか判断が難しい作品だと思いますが、この作品の該当は「可愛い女の子になりたいと願い、とある女性の銅像のある大聖堂で祈りをささげる、このボイスドラマを聴いている人が、大聖堂に響く鐘の中で、4人の女神が降り立ったという「イスタシア」大陸にある、風の女神「ティアナ」を信仰する、風の国「ティタニア」の王女「セシル」の幼馴染で、彼女を守る親衛隊長でもある女性騎士「エクレール」と同化し、「エクレール」が経験した記憶と体験を追体験する事になる」です。

オリジナルの女体化該当の音声作品(催眠風のボイスドラマ作品)で、収録されている音声は、全12パート:3時間24分54秒におまけファイル・計9パート:4時間14分14秒とこの作品の表紙画像及びイメージイラスト:7点が収録されています。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の女体化(精神女体化)該当の催眠風のボイスドラマ作品[ハルモニア~黄昏症候群~]などと同じく、「催眠によって、この作品の主人公の女性キャラと同化又はその女性キャラの身体に変えられ、その女性キャラが経験した記憶を共に追体験する」形式の全12パート(1 催眠誘導パート:20分30秒、2 誘導+女体化パート:20分39秒、3 introduction:2分36秒、4 追加誘導パート:2分8秒、5 intermedio1・ドラマパート:12分10秒、6 intermedio1・Hパート:43分10秒、7 intermedio2・ドラマパート:4分19秒、8 intermedio2・Hパート:45分33秒、9 intermedio3・ドラマパート:4分7秒、10 intermedio3・Hパート:36分15秒、11 エピローグ:8分28秒、12 催眠解除パート:4分59秒)におまけファイル内に収録された、10、11の内容を変更した、バットエンド扱いのAnother End・計2パート:53分6秒、催眠誘導パートのショート版:16分38秒、Another End及び6、8、10の作中で身体を動かす指示などがある、指示有り版・計5パート:3時間4分18秒、予告:39秒などを組み合わせて聴く構成になっている、前にこのブログでもご紹介したこのサークル様の女体化該当の音声作品[凌辱円舞曲~風の王女セシル~Prelude]の続編に当たる催眠風のボイスドラマ作品になりますので、催眠に掛かりやすい方はご注意ください。また作中の性的演出には、謂れのない謀反の罪で収容所へと送られてしまった、主人公の親衛隊長の女性騎士が、送られた収容所の女所長に身体を拘束され、自分の身体を責められる演出や女所長に操られている神獣に犯される、獣姦演出、快楽に呑まれ、身も心の女所長の雌獣へと堕ちた主人公の女性騎士が、女所長に連れられ、四つんばいで全裸のまま収容所を歩き回り、木の側で犬のように放尿をする、羞恥、露出演出、複数の男性に犯される乱交描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、この作品は前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の女体化(精神女体化)該当の音声作品[凌辱円舞曲~風の王女セシル~Prelude]の続編に当たる作品で、今回もこのサークル様の他の該当の音声作品と同じく、「催眠によって、この作品の主人公の女性キャラと同化し、その女性キャラが経験した記憶を共に追体験する」形式の催眠風のボイスドラマ作品になりますので、獣姦要素がメインとなる作中の性的演出や催眠導入部及び女体化パート、introductionが前作と殆んど同じ流れになっている所などを含めて、人により該当作品としての評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思いますが、話の展開は、今回も主人公の女性キャラが、徐々に快楽に呑まれ墜ちていく心理描写や経緯が中々しっかり語られていき、快楽墜ち系の成人向けの作品が好みに合う人には、好みが合えば中々面白く聴ける作品だと思いますし、終わり方も本編のエピローグでは、次に続く話の終わり方で次の作品の予告編も収録されていて、この[凌辱円舞曲]シリーズの話の展開が好みにあって人には、次の作品の話の展開が期待でき、おまけファイル内に収録されている、バットエンド扱いの「Another End」も作中の性的演出に箱のみが分かれる所があると思いますが、話の展開は快楽墜ち及び悪墜ち系の作品らしい終わり方で、中々綺麗な終わり方になっているのもこのサークル様の該当の音声作品らしいのではないかと思いますので、このサークル様の他の該当作品と同じく、全体的に該当作品としての評価や好みが分かれる所があると思いますが、このサークル様の同じ形式の該当作品及びこの作品の前作の話の展開などが好みにあった人には、今回も好みが合えば、中々面白く聴ける良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。
凌辱円舞曲~雌獣に堕ちし女騎士エクレール~Fuga~
凌辱円舞曲~雌獣に堕ちし女騎士エクレール~Fuga~
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[KUKURI]