キョン子と幼女と女体化と
キョン子と幼女と女体化と

二次創作の同人誌やデジタルコミック作品を制作している、サークル[めろんぱんちゅ]様の二次創作性転換(女体化、年齢退行)該当作品です。

一般向けの二次創作性転換(女体化、年齢退行)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、30ページになります。
作品としては、2013年8月に発行された、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の他の該当作品と同じ元ネタに、夏休みのある日の朝、朝起きると女の子の身体になっていた該当キャラの身体が、幼女の身体になっている事に気が付く所から話が始まる本編14ページとその本編の話の後日談となる番外編6ページが収録された、一般向けの二次創作性転換該当の同人誌作品を電子書籍化した作品になります。

個人的に作品としては、上でも書きましたが、今回の話では、夏休みのある日の朝、朝起きると女の子の身体になっていた該当キャラの身体が、幼女の身体になっている事に気が付く所から話が始まる本編とその本編の話の後日談となる番外編が収録された一般向けの二次創作性転換該当の同人誌作品で、今回も該当キャラが女の子の身体になって理由は語られておらず、二次創作該当作品である事などを含めて、人により作品の評価や好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、話の展開は、このサークル様の該当作品らしいほのぼのとしたドタバタ系の話しの展開になっていて、このサークル様の該当作品が好みに合う人には、今回もあまり好みが分かれないで読める話の展開になっていると思いますし、作中では、該当キャラが幼女の身体になってしまった理由も語られているのは良く、話の後半に収録された本編の話の後日談となる番外編も、元の身体に戻った該当キャラ(但し、元の年齢の女の子の身体に戻れただけ)が、見も心も幼児になってしまった作中に登場する女性キャラの世話をするほのぼのとした話で、小耳が分かれず読める作品になっていると思いますので、二次創作該当作品である事を踏まえて、話の展開などに人によっては、作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、このサークル様の該当作品が好みに合う人やこの作品と同じ元ネタの二次創作該当作品が好みに合う人には、今回もあまり好みが分かれないで中々面白く読める、二次創作該当作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[めろんぱんちゅ]