成人向けの作品ですのでご注意ください。
魔法少女カナタTS魔法少女カナタTS




作品内容
BlackLiLiTHから送る新たなジャンルTS魔法少女!!
人知れず悪を刈る魔法少女カナタ。事故により彼女の身体に入ってしまった主人公。幼馴染みのカナタの為にも、一日でも早く元に戻る方法を探す主人公に襲い掛かる女の子としての生活と快感。そして、魔法少女としての戦闘と凌辱が始まる。

主に低価格の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)を製作している、サークル[Lilith / Pixy]様の憑依(精神転移、精神同居)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「科学的に理解された「近代魔法」を様々な分野で実用化する、世界で始めての「魔法環境モデル都市」として選ばれた「神扉市(かんどし)」の人工島にある、魔法を正しい方向に使う学生の育成を目的に設立された「神扉学園」に通う、少し口は悪いものの、「友人を大事にし、女の子を泣かさない」などを信条に、とことん前向きでお節介焼きな性格の、「近代魔法」をまったく理解していない、主人公の男子生徒「遠野 円(とおの まどか)」は、数年前、唯一の家族であった母親を事故で亡くしてしまった事がきっかけで性格が一転してしまい、基本無表情で独特な喋り方をする少々変わった性格と神秘性のある容姿と外観もあいまって、クラスで浮いた存在になっている、成績優秀で魔法嫌いな幼馴染の女子生徒「神余 カナタ(かなまり かなた)」を元の明るい性格に戻そうと様々な事でお節介を焼きながら、平和な学園生活を送っていたある日の夜、買い物を済ませ1人で家に帰宅する途中、魔法を悪用する魔法犯罪者に襲われてしまった自分を助け、その魔法犯罪者に容赦ない攻撃を加える、異称な姿をした謎の女の子が「カナタ」だと気が付いてしまったことがきっかけで、魔法犯罪者の攻撃から身を挺して自分を庇った「カナタ」と共に意識を失い、病院で目覚めると、自分の身体が何故か「カナタ」の身体になっていることに気が付くのであった。そして、病院のベットで眠る自分の身体を見ながら、何故か自分の意識が「カナタ」の身体に入ってしまった事を自覚した「円」は、元の身体に戻る方法を模索しながら、自分が「円」である事を隠し「神余 カナタ」として学園生活を送りつつ、「カナタ」の持つ究極の魔法機関「サチュルメ・マグネシア・タイプAzΩTh(アゾード)」を使い魔法少女に変身し、身体の中で眠る「カナタ」の魔法を欲望の為に使う魔法犯罪者への殺意に振り回されながらも、欲望のままに何故か「カナタ」を狙ってくる、魔法の力の暴走によって人間の姿から「ニグレド」と呼ばれる異形の存在へと墜ちた魔法犯罪者と人知れず魔法少女として戦っていくことになるが、元の身体とは全て違う胸が巨乳でスタイルの良い幼馴染の女の子の身体になった自分の身体に戸惑い生活を続けていく中で、様々な出来事に遭遇し、今まで知らなかった女の子の身体の快感や「カナタ」が今まで隠していた気持ち、「近代魔法」を始めて観測、実用化し、遂に究極の魔法機関「サチュルメ・マグネシア・タイプAzΩTh」を作り出した、自分の尊敬する人であり「カナタ」の母親である「神余 栞」の死の真相、そして「遠野 円」としての自分自身の気持ちなどを知っていくのであった」です。

オリジナルの憑依(精神転移、精神同居)該当の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、選択肢は9つのエンドは6つ、回想シーンに登録されるシーンは、24シーンになります。
作品としては、「魔法が科学的に理解された世界で、ある日、密かに魔法少女として魔法を悪用する犯罪者と密かに戦う幼馴染の女子生徒の正体を知ってしまった事がきっかけで、何故かその幼馴染の女子生徒の身体に自分の意識が入ってしまい、その幼馴染の女子生徒の身体になってしまった主人公の男子生徒が、元の身体に戻る方法を模索しながら、幼馴染の女子生徒の身体で、女子生徒としての学園生活と魔法少女として魔法犯罪者又は「ニクルド」と呼ばれる元人間の化け物と戦う受難な日々を送る事になってしまう」と言うシリアスな話の展開の、該当キャラを含めた作中に登場する女性キャラフルボイスの魔法少女モノの憑依該当のアドベンチャーゲーム作品で、作中の性行為描写には、何故か幼馴染の女の子になってしまった該当キャラが、電車の中で痴漢になってしまう描写や女子トイレ又は間違って入った男子更衣室などで該当キャラが自慰行為をする描写、作中に登場する女性キャラ又は魔法少女に変身した該当キャラが複数の男性や異形の怪物、触手などに犯される、陵辱要素の強い性行為描写など、マニアックな描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前にこのブログでご紹介した該当要素のある、このサークル様のアドベンチャーゲーム作品[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]と同じ系譜(魔法少女に変身する為の魔法機関の名称や魔法少女のデザイン及び必殺技使用時の武器のデザインなどは前2作品とほぼ同一ではありますが、世界観はまったく違う設定になっています)の該当作品で、該当キャラが乗り移ってしまう魔法少女になった幼馴染の女の子のデザインを含めて絵柄は好みに合い、該当キャラが乗り移ってしまう魔法少女になった幼馴染の女の子の声優様の演技も良いと思いますし、話の展開も作中に登場するキャラクターの心理描写などがしっかり描かれた、シリアスな話の展開になっていると思いますので、シリアスな話の展開の魔法少女モノの作品が好みに合う人には、選択肢の分岐がわかりやすい事を含めて、好みが合えば中々面白くプレイできる話の展開になっているのではないかと思うものの、今回は明確な該当作品と言う事で、[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]の話が好みにあった人でも、成人向けの該当作品が好みに合わない人には、人により作品としての評価が分かれ、作中の性行為描写も前2作品と同じく、成人向けの魔法少女モノらしいマニアックな性行為描写が多数あり、シーンによっては多少説明不足に思える所があるように思いますので、陵辱要素の強い、魔法少女モノの該当作品が好みに合わない人には、作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思います。しかしながら、作中では、該当キャラが魔法少女である幼馴染の女の子の身体に乗り移ってしまうまでの日常生活や幼馴染の女の子の身体になってしまった該当キャラの戸惑いや女の子の身体での日常生活がしっかり描かれていき、女の子の身体になった該当キャラの着替えシーンや自慰行為シーンなど成人向けの該当作品らしいお約束的なシーンもしっかりあって、該当キャラの一人称で話が進み心理描写がしっかり描かれている事などを含めて、別の女の子の身体になってしまう成人向けの該当作品の面白さがしっかりある話の展開になっていると思いますし、各エンドも、快楽墜ちエンドや悪墜ちエンドなど、魔法少女モノの該当作品らしいエンドがしっかりあって、少しネタバレになりますが、スタッフロールの流れるハッピーエンドも、該当キャラが元の身体に戻ってしまうのは好みが分かれる所かもしれませんが、魔法少女モノらしい終わり方で良いと思います。また上で書いたように[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]と世界観がまったく違う作品ではありますが、スタッフロールの流れるハッピーエンドでは、[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]をプレイした事のある人には、ニヤリとさせられる台詞があるのは良いと思いますので、作中の性行為描写などには好みが分かれる所がありますが、シリアスな話の展開の魔法少女モノの該当作品が好みに合う人には、オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

魔法少女カナタTS
このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[Lilith / Pixy]