けんぷファー 9 (アライブコミックス)けんぷファー 9 (アライブコミックス) [コミック]
著者:橘由宇
出版:メディアファクトリー
(2013-01-23)
作品内容
いたって普通の男子高生・瀬能ナツルはある日、女戦士“ケンプファー"になっていた! まさかの水琴からの告白に動揺するナツル。さらに雫や紅音もナツルにアタック!? そんなとき、突然楓から実家に招待された一行。そこで待ち受けていたものは……!? 大人気、美少女だらけの学園ラブコメアクション、ラブもバトルも急展開、注目必至の第9巻!

2013年1月にメディアファクトリー(MFコミックス アライブシリーズ)から発行された、性転換(変身)該当作品[けんぷファー]のコミック版・第9巻です。

作品としては、出版社[メディアファクトリー]から毎月発行されている、月刊誌[コミック・アライブ]にて掲載されている、性転換(変身)該当のライトノベル作品[けんぷファー(メディアファクトリー・MF文庫J:全12巻)]を原作としたコミック版の第9巻に当たる作品で、この第9巻には、原作小説の第10巻から第11巻あたりが元となる、[コミック・アライブ 2012年6月号]から[2013年2月号]に掲載された、第46話から第51話に第44.5話と第50.5話が収録されています。

性転換該当作品としては、個人的に今回収録された第46話から第51話は、原作小説の第10巻から第11巻あたりが元となる為に、話の展開的には今回も該当作品的な面白さは薄く、第50話からは原作小説とは少し違う話の展開(2手に分かれることになった該当キャラと一緒にいる女性キャラが違う程度ではありますが)になっているのは、原作小説を読んだことのある人にとっては、中々面白く読めるのではないかと思うものの、基本的な話の展開は原作小説と同じ為に、作中の戦闘シーンなど、人によって多少違和感を感じる所があるのではないかと思います。しかしながら話の展開は、原作小説とは違うオリジナルの話の展開になっているのを含めて今回も原作小説とは一味違う面白さがある話の展開になっているのではないかと思いますし、この作品に収録された第44.5話と第50.5話も原作小説では見られなかったコメディタッチの短編漫画になっていて、特に第50.5話は該当キャラがメインの話で、該当作品的な面白さは薄い所がありますが、この該当作品が好みに合う人には中々面白く読める話になっているのではないかと思いますので、物語が佳境を向かえ、原作小説と同じく該当作品的な面白さは薄く、話の展開や絵柄の変化などに人により作品の評価や好みが分かれる所がありますが、原作小説を読んだ事のある人やこの該当のシリーズ作品が好みに合う人には、原作小説とは違う話の展開で、最終巻である第10巻の話をどのように終わらせるか中々期待できるシリーズ作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、コミック版の紹介文にはタイトルから行けます。
けんぷファー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
けんぷファー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
著者:築地 俊彦
メディアファクトリー(2008-10-23)


このブログでの原作小説、全12巻(短編集も含めて全15巻)の紹介文にはタイトルから行けます
けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)
著者:築地 俊彦
メディアファクトリー(2006-11)