一年生になっちゃったら (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)一年生になっちゃったら (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
著者:大井 昌和
販売元:芳文社

作品内容
ひょんなことから小学生の女子になってしまった元・高2男子の高遠いおり。ひまわり台町に到来した未曽有の危機のさなか、いおりはみくるを救い出せるのか――!? そして、二人の関係は―!? 大人気ポップンコメディ、ついに最終巻!

2013年2月に芳文社(まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)から発行された、性転換(手術)該当作品[一年生になっちゃったら]シリーズの最終巻・第9巻です。
作品としては、月刊誌[まんがタイムきららフォワード]に[2007年5月号]から[2013年2月号]まで連載された、「ひょんな事から交通事故に巻き込まれ死に掛けた男子高校生が、ロリコン天才科学者に小学1年生の女の子の身体に作り変えられてしまい、小学校に通うことになってしまう」該当設定の基本1話完結型のドタバタ系のギャグコメディ作品[一年生になっちゃったら]の最終巻・第9巻に当たる作品で、この最終巻・第9巻には、[まんがタイムきららフォワード・2012年8月号から2013年2月号]までに掲載された、第54話(54時間目)から第60話(60時間目)が収録されています。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたがこの作品は、月刊誌[まんがタイムきららフォワード]に[2007年5月号]から[2013年2月号]まで連載された、「ひょんな事から交通事故に巻き込まれ死に掛けた男子高校生が、ロリコン天才科学者に小学1年生の女の子の身体に作り変えられてしまい、小学校に通うことになってしまう」該当設定の基本1話完結型のドタバタ系のギャグコメディ作品[一年生になっちゃったら]の最終巻・第9巻に当たる作品で、この最終巻・第9巻に収録された第54話と第55話は、前回の第8巻から話が続く、長編形式の話の続きに当たる話になり、話の展開的には、前に第8巻をご紹介した時にも書きましたが、小学校低学年にはありそうなネタを題材にし、その出来事に小学1年生の女の子になった該当キャラが巻き込まれる1話完結型の話とは、まったく雰囲気の違う急展開の話で好みが分かれる所があるものの、第55話では、小学1年生の女の子の身体になってしまった該当キャラ「高遠 伊織(いおり)」が好意を抱く「草薙 みくる」に紆余曲折の末、告白し結ばれ、全てが元に戻ると言う話の展開で、それほど好みが分かれないで読める話になっていると思いますし、正体が全て知られた上で結ばれた「伊織」と「みくる」との恋愛関係が描かれる第56話の後の話は、最終話まで、この作品らしい1話完結型のドタバタ系のコメディタッチの話の展開になり、この作品シリーズが好みに合う人には、いつもどうりのノリの話が読めて良く、最終話の話の終わり方も、ドタバタの末、該当キャラが元の身体に戻ると言うコメディタッチの該当作品らしい終わり方で良いと思いますので、全巻を通して、話によっては該当作品的な面白さが薄い話があり、第8巻の今までの雰囲気とはまったく違う話の展開などに、人により作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが(作品収集の面では意外な話の展開の作品だったと思いますが)、性転換該当作品らしい面白さのある話や小学校低学年にはありそうなネタを題材にしたドタバタ系のギャグコメディ作品らしい面白さがある話がしっかりあって、全体的にあまり好みが分かれないで読めるシリーズ作品だったと思いますので、このシリーズ作品の話の展開やノリが好みにあった人や男性学生が上学生の女の子の身体になってしまうなどの年齢退行要素のあるコメディタッチの該当作品が好みに合う人には、あまり好みが分かれないでどの話からも読める、好みが合えば中々オススメできるシリーズ作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、まとめてご紹介した第1巻から第5巻と個別にご紹介している第6巻から第8巻です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。