成人向けの二次創作CG集(台詞付きCG集)などを製作されている、サークル[妖刀定光]の二次創作女体化該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

なぶるおー

二次創作女体化該当のCG集(台詞付きCG集)で、枚数は基本CG10枚に2種類のサイズの台詞差分などを含めた台詞付きのCG21枚に同じく2種類のサイズの台詞無しのCG33枚が収録されています。
作品としては、このブログでもいくつかご紹介した、前期と後期に別れ放送され、完結編として映画版も製作された、某リアル系ロボット作品シリーズの12作品目に当たる作品の作中に登場するメインキャラクターの1人が女性の身体になって潜入したものの、敵に捕らえられてしまい、女性になった身体を陵辱され快楽墜ちしてしまう設定の二次創作該当の台詞付きのCG集で、作中の性行為描写には、女性の身体になった該当キャラが、2人の男性に犯される描写やこの作品の元ネタの作品のマスコットロボット2体に胸を絞られ母乳を噴出す、噴乳描写、段シキを挿入された該当キャラの膣内の断面図などの描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、上で書いたようにこの作品は、二次創作女体化該当の作品で、作中には該当キャラが女性の身体になった経緯などは細かく描かれず、CG2枚目で該当キャラが快楽墜ちしてしまう話の展開の為に作中の性行為描写などを含めて、該当キャラが快楽墜ちする経緯などを描いている該当作品を好む人には、人によって作品の評価や好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、絵柄自体は、あまり好みが分かれない絵柄で、快楽墜ちした該当キャラの台詞や表情は良く、話の中盤では、敵に犯されて開放されたものの、快楽墜ちした該当キャラが再び自らの意思で敵に犯されに行くような話の展開になっているのも中々良いのではないかと思いますし、作中の性行為描写もそれほどマニアックな描写はありませんが、全体的に濃い目の性行為描写になっていて、好みが会う人には中々良いのではないかと思いますので、二次創作女体化該当作品である事を含めて、人により作品の評価や好みが分かれる所がありますが、この作品と同じ該当キャラの作品が好みに合う人には、好みが合えば中々面白く読める良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_053864pr
なぶるおー