成人向けの作品ですのでご注意ください。

聖騎士姉弟 寄生虫・強制種付け

作品内容
「こいつを育てるには君達の排泄の穴が必要なんだ。君達は一生、穴を塞がれて生きることを誓うんだ!」


修道女などの寺院を守る宗教聖騎士の姉弟であるアテナとミリウス。

ある時、修道女の女性が何者かに襲われる事件が多発。

姉のアテナは、謎の少年魔導師と対決するが、逆に触手に辱められる。
そして逃げられてしまう。

次の日、姉のアテナに異変が起きた。
何かが……身体の中にいると感じたのだ。

さらに弟が少年魔導師に呼び出され、脅迫で凌辱。
ミリウスは女体化されてしまう。

助けにきたアテナに、自らの股間に寄生虫触手である淫虫を食いつかせる事を強制。姉弟は肛門と尿道に淫虫を寄生させられる。
そして、自分もすでに淫虫に支配されている事を告白。

この心地よさを教えてあげると言い出したのだ。

淫虫が変形して、絶頂寸止めをされ、焦らされ悶える二人の宗教聖騎士姉弟。

ミリウスは少年魔導師に出来たばかりの膣穴とアナルを犯され強制種付。
アテナも少年魔導師に膣穴とアナルを犯され強制種付。

二人は、快楽の寸止めコントロールにより、イキたい欲望に勝てず、寄生虫の孕ませ、妊娠、出産を承諾。

最後は孕ませ、妊娠、出産の時だけ絶頂を得る肉体にされてしまうのであった。

成人向けのCG+ノベル作品やCG集を制作されている、サークル[そるでいあ]様の個人的に該当としては、少し違うかも知れませんが、女体化(フタナリ女体化)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「幸い危害を加えられてはいないが最近、この近くで修道女や神官などが襲われている事から見回りを行なっていた、寺院や教会を守るための宗教聖騎士である姉「アテナ」を触手で辱め、「アテナ」の股間に線虫を寄生させ逃げ出した、丸い玉を持つ謎の少年魔導師が再び「アテナ」を狙っている事を知り、一人で少年魔導師を追跡した、「アテナ」の弟で、見習い騎士の少年「ミリウス」だったが、「アテナ」と同じく、少年魔導師の主人に選ばれてしまった事から、少年魔導師の操る触手に襲われ、股間に線虫を植えつけられた上に主人の命令を受けた少年魔導師によって、自分の身体を男性器と女性器を持つ女の子の身体に作り変えられてしまい、助けにきた「アテナ」と共に少年魔導師を快楽調教師して股間に寄生する「寄生虫触手」の分身を股間に植えつけられ、絶頂をコントロールされながら「寄生虫触手」を繁殖する為の出産奴隷へと調教されてしまうのだった」です。

オリジナルの女体化(フタナリ女体化)該当のCG集(ノベル付きCG集)で、枚数は、基本CG16枚の台詞付きの差分CG37枚に立ち絵などを含めて、合計CG53枚で構成された本編にBMP形式のCG53枚が収録されています。
作品としては、基本CG16枚の台詞付きの差分CG37枚に立ち絵などを含めて、合計CG53枚で構成された、「少年魔導師に寄生する、「寄生虫触手」に選ばれてしまった、宗教聖騎士の姉と弟が、「寄生虫触手」の分身を股間に植えつけられ、出産奴隷へと快楽調教されてしまう」と言う話の展開の女体化(フタナリ女体化)該当のCG集(ノベル付きCG集)で、作中の性行為描写には、宗教聖騎士の姉と触手によって男性器と女性器を持つ女の子の身体に作り変えられた弟が触手に襲われ、股間に「寄生虫触手」を植えつけられ、絶頂や尿意、排泄などをコントロールされながら快楽調教されてしまう描写などをメインに作中には、股間に「寄生虫触手」を寄生された姉と弟の股間の内部断面図やスカトロ描写、異型の生物を出産する描写などのマニアックな性的描写もありますので、苦手な方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の他の女体化(フタナリ女体化)該当作品と同じく、話の展開や作中の性行為描写に好みが分れ、この作品の該当キャラである、宗教聖騎士の弟の出番はそれほど多くなく、人により作品の評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、話の展開は、このサークル様の作品らしい話の展開になっていて、このサークル様の該当作品が好みに合う人には、他の作品と同様に中々楽しめて読める作品ではないかと思いますし、作中では、細かく描かれていませんが、話の後半で、股間に植えつけられた「寄生虫触手」への忠誠を誓った姉と弟がアッサリ解放され、普通に生活する間に「寄生虫触手」によって、徐々に洗脳調教され、自ら行方不明になり、出産奴隷としての生活をおくるようになる後半の話の展開も中々面白いと思いますので、このサークル様の他の該当作品と同じく、話の展開や作中の性行為描写などには、作品の評価や好みが分かれると思いますが、このサークル様の該当作品が好みに合う人やこの作品に興味がある人には、今回も中々面白く読める該当作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[そるでいあ]