俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)
著者:水沢 夢
販売元:小学館

作品内容
観束総二はツインテールを愛する普通の高校生。ある日、彼の前に異世界から来たという美少女・トゥアールが現れる。時を同じくして、総二の住む町に怪物たちが出現!「この世界の全てのツインテールを我らの手中に収めるのだ!」彼らは人々の精神エネルギー『属性力』を糧にする異世界人だった。トゥアールから、強力なツインテール属性で起動する『空想装甲』を託された総二は、幼女のツインテール戦士・テイルレッドに変身!こうして異世界の変態たちとの壮絶な戦いが始まった!?第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。

2012年6月に小学館(ガガガ文庫)から発行された、性転換(変身)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「記念すべき高校生活の初日に背格好や体形は小学生ぐらいのではあるが、生徒会長である1つ年上の女子生徒「新堂 慧理那」の高貴なツインテールに見惚れてしまい、希望部活のアンケートに「ツインテール部」と書いてしまったことで、初日から同級生達にツインテール好きだと知られ、母親が趣味で営んでいる自宅の喫茶店「アドレシェンツァ」で、子供の頃から何故かずっと同じクラスで、髪をツインテールにしている、活発な性格で腕っ節も強い、幼馴染の貧乳の女子生徒「津辺 愛香」と放課後、遅めの昼食を摂りながら頭を抱える、ツインテールをこよなく愛し、遂に生態の域にまで達している、主人公の男子生徒「観束 総二」は、何故か喫茶店が閉まっているはずなのに店の中にいた、実は異世界からやって来た、長い銀髪で胸が巨乳の謎の美少女「トゥアール」から、赤く煌くブレスレットを強引につけられてしまった、直後にこの町に住む人間の精神エネルギー「属性力(エレメーラと呼ぶが、簡単に言えば、嗜好などの萌え属性)」を糧にし、その「属性力」の中でも至高にして究極のツインテール属性を手に入れようとする、異形の姿をした未知の異世界人「エレメリアン」の大組織「アルティメギル」の侵略が始まった事がきっかけで、「総二」の持つ、この世界最強のツインテール属性で起動する、さきほど強引につけられた赤く煌くブレスレット(テイルブレス)から生成する「空想装甲(テイルギア)」を身にまとい武装した、赤毛のツインテール幼女「テイルレッド」に変身して、いろんな意味で変態紳士な「アルティメギル」の戦士達からこの世界のツインテール属性を守るために戦う事になってしまうのだった」です。

作品としては、大きく6章(プロローグ、第1章~第4章、エピローグ)に別れ、構成された「ツインテールをこよなく愛す男子高校生が、赤いツインテールの幼女「テイルレッド」に変身して、究極のツインテール属性を手に入れようとする、未知の異世界人の大組織と戦う」と言う設定のツインテール愛にあふれた、主人公の一人称で話が進む、コメディタッチの変身ヒロインモノの第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞を受賞した該当作品になります。

性転換該当作品としては、個人的に主人公である該当キャラ「観束 総二」が、初めて女の子の身体になってしまったシーンや該当キャラが変身した「テイルレッド」の活躍に沸く、周囲の人々の反応に戸惑う、該当キャラの姿などは、変身ヒロインモノの該当作品らしい面白さがあるものの、2ページで構成された、プロローグだけでも、ツインテールと言う名称が18回も連呼される、ツインテール愛にあふれた、コメディタッチの変身ヒロインモノの該当作品の為か、後半のバトルモノらしい熱い話の展開を含めて全体的に該当作品的な面白さは薄く、人によって該当作品としての評価や好みは大きく分かれる作品ではないかと思います。しかしながら、作品としては、テキストは全体的に読みやすく、世界観や設定などはしっかりしていて、作中に登場するキャラクターも重度のツインテール好きと言う個性的な性格の持ち主であるはずの主人公である該当キャラ(ツインテール好き以外は基本的に常識人ではありますが)が霞むほど、個性的なキャラクターばかり登場し、ある種の突き抜けた話の掛け合いとバトルモノの熱い話の展開(色々ツッコミどころは多いですが)が楽しめる作品ではないかと思いますし、特に少しメタバレを含みますが、作中での「総二」に好意を抱く、2人のヒロイン「津辺 愛香」と「トゥアール」の話の掛け合いは非常に面白く、敵組織が毎日1人ずつ現れ、「テイルレッド」に倒され、世間の「テイルレッド」人気が加熱していく事に「総二」が言い知れぬ不安を感じている理由や敵組織に滅ぼされた自分の世界から、「テイルギア」を作り、この世界にやって来た「トゥアール」の真意など伏線もしっかり張られ回収されている、しっかりとした話の展開も面白いと思いますので、該当作品としての面白さは薄い作品ではありますが、この作品に興味があり、コメディタッチの変身ヒロインモノの作品や変身ヒロインモノの該当作品が好みに合う人には、オススメできる中々良作の該当作品ではないかと思います。

電子書籍版も配信されています。
ガガガ文庫 俺、ツインテールになります。(イラスト完全版)ガガガ文庫 俺、ツインテールになります。(イラスト完全版)[Kindle版]
著者:水沢夢
販売元:小学館
(2012-06-24)

このブログでもご紹介した第2巻から第5巻です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
俺、ツインテールになります。2 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。2 (ガガガ文庫)
著者:水沢 夢
販売元:小学館
(2012-11-20)


俺、ツインテールになります。3 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。3 (ガガガ文庫) [文庫]
著者:水沢 夢
出版:小学館
(2013-03-19)

俺、ツインテールになります。4 (ガガガ文庫)
出版:小学館
(2013-07-18)



俺、ツインテールになります。5 (ガガガ文庫)
出版:小学館
(2013-12-18)