成人向けの作品ですのでご注意ください。
b241bktur00009ps身皮り☆一日アイドル
著者:谷口さん
ページ数:18ページ





作品内容
事務所期待の新人アイドルである主音アイネ。彼女のマネージャである青年は、ある日ライブを終えたアイネに、休暇のための身代わりになるよう要求される。困惑するマネージャにアイネは自身の身体で型取りをした皮状の着ぐるみを着せ、彼は見た目も声もアイネそのものとなる。写真撮影中に巨乳に突き刺さる男性の視線に刺激され控室でオナニー、さらに敏腕プロデューサーにドラマの配役と引き換えに肉体接待をすることに……憧れのアイドルの身代わりとなり、女体の快楽とアイドルとして男に愛される愉楽に溺れる皮モノTSFエッチ!

2012年9月にキルタイムコミュニケーション(コミックアンリアル)から配信された、性転換(他者変身、皮モノ)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「ある日、最近スケジュールが厳しく、休む暇もない、自分の担当する期待の新人アイドル「主音 アイネ」に休暇の為の身代わりを要求され、困惑する中、「アイネ」から自身の容姿と身体を型取りした皮状の全身着ぐるみを渡され、それの皮状の全身着ぐるみを「アイネ」に強引に着せられ、さらに最低限身代わりをできるように女の子の知識を強引に教え込まれてしまった、ファンと同じく「アイネ」の容姿と歌声に魅了されている、新人マネジャーの男性は、1日の間、休暇を取った「アイネ」の代わりに、新人アイドル「主音 アイネ」としてアイドル活動をする事になるものの、アイドル活動をしている最中、巨乳の女の子の身体になった自分への周囲の男性の視線に刺激され今は自分の姿である「アイネ」の身体への興味を我慢出来なくなり、「アイネ」として入った控え室で「アイネ」になった自分の身体で自慰行為をし、女の子の身体の快感と絶頂を味わってしまい、さらに自慰行為の後ちょうど控え室にやって来た敏腕プロデューサーから、ドラマの配役と引き換えに交流会と言う名の肉体接待を要求されてしまい、本物の「アイネ」に肉体接待をさせない使命感から、コンサートの衣装を着て、そのプロデューサーの交流会に参加し、複数の男性たちが居る前で「アイネ」の姿をした自分の身体で、男性たちに性奉仕をし始めた事が、徐々に女の子の身体の快感を感じ始め、遂に男性に女の子になった身体で抱かれ、責められていく内に、相手を魅了するアイドルの姿で男性に抱かれる快感に呑まれていくのであった」です。

作品としては、2006年5月に創刊号が発行され、2009年5月に発行された[19号]からは、電子書籍版も2010年4月から配信され、現在は、奇数月の12日に雑誌が発行され、同じく奇数月に最新号の前の号が電子書籍版で配信されている形式になっている、非現実系美少女Hコミック誌[コミックアンリアル]の2012年7月に発行され、2012年9月に電子書籍版も配信された[コミックアンリアル Vol.38]に掲載及び2014年3月発行の[コミックアンリアル Vol.48]に再掲載され、この著者様の各作品を収録した成人向けコミック[おんなのこ遊戯~TSFカタログ~]などにも収録されている、性転換(他者変身、皮モノ)該当作品を単話で配信している作品で、作中の描写には、担当するアイドルの女の子に1日身代わりを頼まれた該当キャラが、そのアイドルの皮状の全身着ぐるみを着ていく皮モノの該当作品らしい少々マニアックな描写があり、作中の性行為描写にも1日身代わりを頼まれそのアイドルの皮状の全身着ぐるみを着込み、そのアイドルそっくりの女の子の身体になった該当キャラが、アイドル活動中の控え室でその女の子になった身体で自慰行為をする描写やドラマの配役と引き換えに相手の敏腕プロデューサーに性接待を行なうことになってしまった該当キャラが、コンサート衣装を着て相手の男性に奉仕しながら女の子になった身体を責められ、抱かれる複数の男性との性行為描写などがありますので苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、この作品は、「自分が担当するアイドルに1日身代わりを頼まれた、主人公の男性マネジャーが、そのアイドル自身の容姿と身体を型取りした皮状の全身着ぐるみを強引に着せられ、そのアイドルの姿で1日身代わりをする事になる」と言う、「皮に変えた女性の皮又は女性の姿をした全身スーツなどを、該当キャラである男性が着込み、その女性の身体になる」皮モノの該当作品になりますので、作中の該当キャラが女性の皮を着込む描写や作中の性行為描写などには、人により作品の評価や好みが分かれる所があると思いますが、作中では、自分の担当するアイドルの姿になった該当キャラが、周囲のファンの男性の視線に刺激され、そのアイドルの女の子の身体になった自分の身体で自慰行為をしてしまう姿や使命感から、アイドルの女の子の身体になった自分の身体でドラマの配役と引き換えに相手の敏腕プロデューサーに性接待を行ない、徐々にアイドルの女の子の姿で感じる快感に呑まれ、墜ちていく該当キャラの心理描写と姿がしっかり描かれていきますので、全体的に該当キャラが女の子の身体の快感に呑まれていく成人向けの該当作品の面白さは十分にある話の展開になっていると思いますし、終わり方も相手の女の子の姿で身代わりした事がきっかけで、女の子の身体の快感に呑まれてしまう該当作品らしい終わり方で良いと思いますので、皮モノの該当作品と言う事で作中の描写などには、人により好みが分かれる所があると思いますが、成人向けの該当作品が好みに合う人やこの注射様の該当作品が好みに合う人には、成人向けの該当作品の面白さがしっかり合って、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。