一般向けの作品ですが、作中に具体的な性的描写がある女性向けの作品(ティーンズラブ系の漫画作品)になりますので、ご注意ください。

禁断Lovers Vol.002 濡れ乱れる男獣たち

作品内容
イケないオンナの“壊されたい願望”を満たすデジタルマガジン「禁断Lovers」Vol.2!
デジコミ界の女王・佐藤沙緒理のカバーイラスト【双子の禁忌】が映えまくり、誘いまくりの本号!

巻頭は性モラルが破壊された秘島の本質に迫る、南天佑「愛乱島? 世界で一番ミダラな男獣たち?」!
野獣化した男たちに翻弄される女たち…しかし、本当にミダラな生き物なのは女のほうかもしれない……っ!!

オンナの本能揺さぶるエロリッシュ作品は、全作品書き下ろし!!

作品としては、前にこのブログでもご紹介した、各種雑誌や写真集、漫画書籍などを発行している、出版社[ぶんか社]から2011年6月から配信している、調教、近親相姦、女体化など陵辱要素や倒錯的な性行為描写がメインの作品も収録している、女性向けのデジタルコミック誌[禁断Lovers]の第2号に当たる作品で、収録された7作品の内、性転換(変身)該当作品は、携帯コミックサイトなどでも単品で配信されている[ちん娘。~女体化した俺はアレを喪失したッ!~(著者:なるせ)]の第2話が収録され、女性同士の憑依該当になりますが、憑依該当作品[禁断憑依~双子は2人で兄に抱かれる~(著者:藤城 ピチカ)]の第2話も収録されています。また収録された各作品の作中の性行為描写には、作中に登場する女性キャラが複数の男性に犯される描写又は近親相姦描写や女性の身体になった該当キャラが電車で男性に痴漢される描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、前作[禁断Lovers Vol.1]と同じく、冒頭のカラーイラスト1ページで描かれる漫画作品以外の6作品は全て連載作品になりますので、作中の性行為描写などを含めて、前作の話を読んでいない人には、作品の放火や好みが別れるところがあるかもしれませんが、各連載作品の冒頭には、前作のあらすじが細かく書かれていますので、この作品から読み始めても中々読みやすい構成になっているのではないかと思いますし、各連載作品の話の展開も女性向けの作品ならではの女性視点の話の展開と設定で、好みが合う人には、今回も面白く読め、特に前作[禁断Lovers Vol.1]で巻頭の作品だった、主人公の女性が結婚詐欺の罪により「調教3年」の刑に服する事になり、刑務所に送られてしまう設定の[被告人を調教3年に処する(著者:黒岬 光)]は、男性向けの作品的な設定になっていて女囚モノの作品が好みに合う人には、中々面白く読める作品ではないかと思いますので、人によって作品の評価や好みが分かれるところがありますが、今回も収録された作品が好みに合う人には、今回も面白く読める作品が収録されているのではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に連載作品である、性転換(変身)該当作品[ちん娘。~女体化した俺はアレを喪失したッ!~]の第2話の作中では、該当キャラ「碓氷 広海」の身体は、自分の身体が女の子の身体になってしまう、副作用のある「万病薬」とその薬の副作用を押さえる薬が効いている間は、元の男性の身体で生活する事ができることが描かれていますので、期待していた話の展開とは違い少し残念な部分はありますが、成人向けの該当作品の面白さはしっかりあって、第1話の話が面白かった人には、今回も面白く読める話の展開ではないかと思いますし、特に「広海」の病気の主治医で、唯一「広海」が女の子の身体になってしまうことを知る、女好きの大学時代の先輩「鷹司」に言われ、病気を診察してもらう為に「広海」が女の子の身体で、女性物の服を着て満員電車に乗り、痴漢に遭ってしまったり、「鷹司」の妹で「広海」が好意を抱く、超ブラコンの酔っ払った「新奈」に女の子の身体の状態で「鷹司」との関係を責められている最中に薬が切れて元の男の身体に戻ってしまい、なし崩し的に「新奈」と性行為をしてしまう話の展開は、あまり好みが別れないで面白く読め、今回もオススメできる良い該当作品ではないかと思いますので、上で書いたように他の連載作品を含めて作品の評価や好みが分かれる所がありますが、他の連載作品にも興味があり、前回の第1話が面白かった人は、今回も購入を考えても中々面白く読める、デジタルコミック誌ではないかと思います。
上でご紹介した、該当作品の第1話が掲載されている、女性向けのデジタルコミック誌[禁断Lovers]の第1号です。このブログでの紹介文にはタイトルからいけます。

禁断Lovers Vol.001 調教の虜