成人向けの作品ですのでご注意ください。

ご主人様のメス奴隷になったカップル

作品内容
大切な彼女(処女)を寝取られて、彼女共々調教+ご奉仕させられる18禁NTR小説です。

「だから劣等なマゾのオスは、
優秀なオスに自分のメスを取られて、メス化。
ご奉仕を強制させられるべきなのよ」

可愛い彼女又は妻を寝取られた上にマゾヒストとして強制的に奉仕させられる、成人向けのイラスト+ノベル作品(挿絵付きノベル作品)を製作されている、サークル[寝取られマゾヒスト(幾つかのDL作品販売サイトでは、サークル[強制女装・強制女体化・強制男の娘]名義で配信されています)]様の女体化(豊乳化)、女装該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「女性が男性より優れているのは、マゾだけであり、優秀な男性に劣等な女性が服従するのは当然であると言う、マゾ的な身勝手な考えを持ち、「だから劣等なマゾのオスは、優秀なオスに自分のメスを取られて、メス化。ご奉仕を強制させられるべきなのよ」と言う、身勝手な言い分を常々言っていた、製薬会社の開発部に務め、自分の部下でもある、今まで24年間、男性経験はなく、自分と付き会い始めた2年間の間でも、肉体関係のなかった、主人公の恋人の女性「アヤ」を入社半年で新薬の開発に成功した優秀な男性社員「ヒデキ」に奪われた上に目の前で、浮浪者などに拘束されたまま、公園で「ヒデキ」に抱かれ処女を奉げ、土下座して「ヒデキ」の奴隷になる事を宣言した「アヤ」の姿を見せられた、元々製薬会社の開発チームのリーダであったが、「ヒデキ」が入社した事がきっかけで、人事異動で孫会社の営業課のヒラの社員になってしまった、「アヤ」にマゾ的な性癖を見抜かれていた、可愛い容姿で女々しい性格の男性社員「ケースケ」は、その後も「ヒデキ」の家に住み、「ヒデキ」の雌奴隷たちに最下層の雌奴隷として奉仕調教され、苛められる「アヤ」の姿をビデオに撮られそれを送りつけられる日々を送る中、ある日「ヒデキ」と「アヤ」に突然拉致され、「ヒデキ」の家の地下室で拘束され、「アヤ」が「ヒデキ」に命じられて開発した、家畜のオスをメスに変える新薬「TS-2388」を注射で自分の身体に打たれた上に「TS-2388」が効果が出るまでの1ヶ月間の間に「アヤ」にマゾ奴隷として調教され、男性器に貞操帯をつけられ、さらに「ヒデキ」の命じられた「アヤ」の手により顔に女性の化粧のようなタトゥーを彫られ、女性のような可愛らしい顔に変えられてしまうのだった。そして、女性の化粧のようなタトゥーを彫られ、女性のような可愛らしい顔に変えられ、徐々に胸が膨らみ、1ヵ月後、男性器を残し女性ような身体に作り変えられた「ケースケ」は、「ヒデキ」の命じられた「アヤ」に街中で睾丸を潰され、「アヤ」と共に元男性の雌奴隷として、OL用の制服を着て、会社の女性社員たちに奉仕する日々を送る事になってしまうのだった」です。

オリジナルの女体化(豊乳化)、女装該当のイラスト+ノベル作品(挿絵付きノベル作品)で、枚数は、表紙、挿絵などを含めて、111ページのJPEG画像及びPDF形式の2種類の本編に本編中に使用された、挿絵のCG及び表紙を元に台詞をつけたCG3枚などサイズ違い及び台詞無しのCG差分を含めて14枚のCGが収録されています。
作品としては、上の作品内容にも書いていますが、「同じ会社に勤める優秀な男性社員に大切な彼女を寝取られ、その彼女を寝取った男性社員に処女を奉げ、雌奴隷なると宣言する姿を見せられた、マゾ的な性癖を持つ男性社員が、その彼女の手により男性器を残し女性の身体に変えられ、睾丸を潰された上に彼女共々、彼女を寝取った男性社員の他の雌奴隷達から調教や奉仕を強制されてしまう」と言う話の展開の該当キャラの彼女である女性の一人称で話が進む、寝取られ及び男性受けの女体化(豊乳化)、女装該当のイラスト+ノベル作品(挿絵付きノベル作品)で、この作品の該当キャラの身体の変化は、ニューハーフ(シーメール)の状態までの変化になり、作中の性行為描写には、正常な性行為描写は殆んどなく、男性の身体の該当キャラが、優秀な男性社員に寝取られた、自分の彼女に貞操帯を付けられ射精管理をされ、強制的に射精される描写や男性器を残し女性の身体に変えられた該当キャラが、自分の彼女に野外で裸のまま睾丸を蹴り上げられ、睾丸を潰されてしまう描写、自ら雌奴隷となった自分の彼女と共にOL用の制服を着て、会社に復帰した男性器を残し女性の身体に変えられた該当キャラが、最下層の奴隷として同じ会社の女性たちに苛められながら奉仕するなどの恋人を寝取られる描写及びSM的、羞恥的な要素を含んだ女性上位、男性受けのマニアックな性的描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に「同じ会社に勤める優秀な男性社員に大切な彼女を寝取られ、その彼女を寝取った男性社員に処女を奉げ、雌奴隷なると宣言する姿を見せられた、マゾ的な性癖を持つ男性社員が、その彼女の手により男性器を残し女性の身体に変えられ、睾丸を潰された上に彼女共々、彼女を寝取った男性社員の他の雌奴隷達や同じ会社の女性社員から調教や奉仕を強制されてしまう」と言う話の展開の該当キャラの彼女である女性の一人称で話が進む、寝取られ及び男性受けの女体化(強制女性化、手術、豊乳化)、女装該当のイラスト+ノベル作品(挿絵付きノベル作品)で、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の寝取られ及び男性受けの女体化(強制女性化、手術、豊乳化)、女装該当作品[彼氏様と彼女様と、NTRて黒ギャルビッチになった僕。(前編、後編)]と同様に他の男性に寝取られた、該当キャラの彼女である女性の一人称で話が進み、その女性キャラの身勝手な考え方や雌奴隷としての生活が描かれているのは、中々面白い話の構成の作品ではないかと思いますが、[彼氏様と彼女様と、NTRて黒ギャルビッチになった僕。(前編、後編)]と同様に該当キャラの恋人である女性キャラの一人称で進む為に該当キャラの心理描写や作中での台詞は殆んど描かれず、該当キャラの出番が全体的に少ない印象を受ける所を含め、該当作品としての面白さは全体的に薄く、収録されているJPEG画像及びPDF形式の2種類の本編の文字が読みにくい所や作中の性行為描写を含めた、該当キャラの彼女である女性の身勝手で変態的な考え方や行動などの話の展開に人によって、寝取られ及び該当作品としての評価や好みが大きく分かれる作品ではないかと思います。しかしながら、該当キャラが彼女を寝取った男性社員とその彼女の女性に拉致され、顔に一生取れない女性の化粧をタトゥーで掘り込まれ、家畜用の新薬で男性器を残し女性の身体に変えられ、さらに睾丸を潰されてしまう話の展開は、このサークル様の作品らしい話の展開で、強制モノの男性受けの該当作品を好む人には、中々面白く読める話の展開ではないかと思いますし、上で書いたように該当キャラの彼女である女性キャラの身勝手で変態的な考え方や行動のインパクトが強く、全体的に人によって好みが分かれる所は多数あると思いますが、該当キャラの彼女である女性キャラが、該当キャラを最後まで恋人として認識し、身勝手な考え方を該当キャラに押し付けている所や話の最後まで最下層の雌奴隷として生活を受け入れているのは、快楽墜ち系の被虐、調教モノの作品とは一味違う面白さがある作品ではないかと思いますので、全体的に寝取られ及び該当作品としては、人により作品の評価や好みが大きく分かれる作品ではないかと思いますが、この作品に興味がある人やこのサークル様の作品が好みに合い、女性視点の寝取られ、調教、男性受けの作品が好みに合う人は、作品収集の面を含めて購入を考えても良い作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[寝取られマゾヒスト]