成人向けの作品ですのでご注意ください。

【女体化】究極あまあま百合「陵辱」され過ぎ催眠【ビッチびち】

作品内容
※※※※高刺激注意!!※※※※

「あまあま」と「陵辱」は両立しない、そう思っていた時期が僕にもありました。
前作でかなり出し尽くしたつもりだったのですが、意外な反響に後押しされ、「まだ搾り出せる!!(創作意欲的な意味で)」ドワーっとさらに過激なプレイを思いついてしまいました。
我ながらここまでやれるかというくらい、本当にこの路線は出しきった感があります。

※本作品は、エコーズの前作、【女体化】激あま百合愛撫され尽くし催眠【全心身ま○こ化】の続編という位置づけです。
※本作単独でもお楽しみいただけますが、刺激を慣らすためにも、催眠の必然性を高めるためにも、まず前作を体験されることをお勧めします。プレイ内容はなるべく重複しないようにしています。

設定:
(前作)女なのに男として育てられた挙句突然、女であることを告げられて全寮制の女子校に放り込まれたアナタ。自分が男か女か曖昧で不安定な心の危機を、ルームメイトのエッチな催眠療法で救ってもらった…

(今作)おかげで楽しい学園生活を送れるようになったアナタ。でも、あのときの快感で、体がどうしても、疼く…うずく…ウズく… 夜な夜なこっそり自分を慰めてもとても足りず、ついに、ルームメイトに告白!すると…
「ふ~ん そんなに わたしに めちゃくちゃにされたいんだぁ…」
もう後戻りできない、あまあま陵辱催眠の夜が始まる…

成人向けの音声作品(催眠風ボイスドラマ作品)を製作されている、サークル[エコーズ]様の個人的に該当なのか判断が難しいと思う、女体化(精神女体化)該当作品です。
作品としては、上の作品内容にも書かれていますが、前にこのブログでもご紹介した、個人的に該当なのか判断が難しいと思う、女体化(精神女体化)該当の百合モノの催眠風ボイスドラマ作品【女体化】激あま百合愛撫され尽くし催眠【全心身ま○こ化】の続編として製作された、全2パート(前振~導入~本編:1時間2分19秒、催眠解除:3分25秒)1時間5分44秒で構成された、女体化(精神女体化)該当の百合モノの催眠風ボイスドラマ作品で、設定的には該当なのか判断が難しいのではないかと思う、該当の百合モノの催眠風ボイスドラマ作品になりますので、催眠などに掛かりやすい方はご注意ください。また作中の性的演出には、ルームメイトの女子生徒に催眠を掛けられ、全身を性感帯に変えられて、その身体を愛撫された事がきっかけで、楽しい学園生活を送れるようになったものの、そのときの快感を忘れなれない、男子として育ってきた女の子が、ルームメイトの女子生徒に催眠を掛けられ、2人目の妹として前以上に徹底的に責められ、話の最後ではフィストファックをさせられるSM的な演出のある、女性同士の性的演出がメインになりますので、苦手な方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に、前にこのブログでもご紹介した、該当なのか判断が難しいと思う、「元々女の子として生まれたものの、家の事情で思春期前まで、自分の本当の性別を知らないまま男子として育てられたが、家の没落をきっかけに全寮制の女子校へ入学させられてしまった、男子として育ってきた女の子が、ルームメイトの女子生徒に催眠を掛けられ、全身を性感帯に変えられ、ルームメイトの女子生徒に全身を性感帯に変えられ、その身体を愛撫されてしまう」設定と話の展開の女体化(精神女体化)該当の百合モノの催眠風ボイスドラマ作品【女体化】激あま百合愛撫され尽くし催眠【全心身ま○こ化】の続編として製作された、該当の百合モノの催眠風ボイスドラマ作品で、前作と同じく、作品の設定的には「元々女の子として生まれたものの、男子として育てられた」設定で、作中には、このブログでご紹介した、女体化(精神女体化)該当の催眠風のボイスドラマ作品のように催眠で女の子の身体になる又は同化するなどの催眠導入演出はなく、上の作品内容にも書いてある導入部の物語はあまり語られないままに話が始まりますので、作中の性的演出を含めて、前作と同じく該当作品としての判断は難しく、人により該当作品としての評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、作中の催眠導入部には、前作で、エッチな催眠治療を受けた、元々女の子として生まれたものの、男子として育てられた女の子に男子として生きてきた時の感覚が残っていると言う台詞や無理に女の子にならなくても良い等の前作と同じように中々独特な台詞回しがあって、前作が中々面白く聴けた人には、今回も中々面白く聴ける内容になっているのではないかと思いますし、作中の性的演出も前作と同じ、女性同士の性的演出がメインになり、話の最後には、男子として育てられた女の子がフィストファックを受ける演出がありますので、人により好みが分かれる所はありますが、今回も催眠で全身を性感帯にされ、全身を愛撫される、話の最後以外は陵辱要素が殆んどない甘めの女性同士の性的描写がメインで、特に作中の演出には、実の妹よりも激しい攻めを行なうと言われるなどのもう1人の実の妹を強調した台詞や手を握られ、その手を握り返す演出、脇腹、太ももなどを触られ、自分らの女性同士の性行為が撮影されていると嘘を付かれるなどのねっとりと言葉攻めさせる演出などは、女性から責められる、百合モノの作品特有の独特な雰囲気が出ていて、中々面白い台詞回しもある作品ではないかと思います。また、前作と同じく、催眠解除パートも元の男性の身体に戻る演出になっているのは中々面白いと思いますので、該当作品としての判断や評価、好みなどは分かれる作品ではありますが、前作が面白く聴けた人や自分のように該当の作品を収集している人には、作品収集の面を含めて中々面白い設定の該当の催眠風ボイスドラマ作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[エコーズ]