男に戻りたい二日目

作品内容
女体化した男の二日目のデジタルコミックです。

成人向けのオリジナル及び二次創作のCG集やCG+ノベル作品などを製作されている、サークル[FSI]様の性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]シリーズの漫画形式で描かれた、同名の一般向けの該当作品の第2弾です。

オリジナルの一般向けの性転換(変身)該当の表紙を含めて冒頭4ページと巻末の該当キャラ及び作中に登場する女性キャラのイラストがカラーで描かれ、その他の本編はモノクロで描かれているデジタルコミック作品で、枚数は、本編22ページに表紙や該当キャラ及びの作中に登場する女性キャライラストなどを含めて、27ページになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、近未来のとある北国の小さな港町を舞台に「超能力を使える(作中では超能力の使いすぎで、超能力を使えなくなっている)該当キャラである主人公の男性「ミカエル」が、仲間の超能力者の男性「アキラ」の使う「自分及び相手の身体を女性の身体に変える」超能力をとある理由から掛けてもらったものの、「アキラ」が超能力を使えなくなった為に女性の身体になった「ミカエル」の身体は、1ヶ月間、元の男性の身体に戻れなくなってしまうが、金と女性の身体での快楽の誘惑にアッサリ負けて、自分の住む港町に観光に来ていた男性に女性の身体になった自分の身体を売ってしまい、媚薬を塗られ男性の身体に戻りたいと思いながらも徐々に女性の身体での快楽に呑まれていってしまう」話の展開の該当キャラである主人公のモノローグ風の一人称で話が進み、イラストに短いノベルが書かれている形式の成人向けの性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]シリーズを一般向けに制作しなおし、漫画形式で描かれた、同名の一般向けの該当作品の[男に戻りたい]の第2弾に当たる作品で、今回の話も前回と同じく、女性の身体から元の男性の身体に戻れなくなってしまった該当キャラが、仲間の超能力者と共に移り住んだ、この作品の舞台である北国の小さな港町で、仲間の超能力者たちや同じ超能力を持つ男性などの人々と出会いながら、話が進んでいきます。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、前にこのブログでもご紹介したこのサークル様のイラストに短いノベルが書かれているCG+ノベル作品(イラスト+ノベル作品)形式の成人向けの性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]を一般向けに制作しなおし、漫画形式で描かれた、同名の一般向けの該当作品の[男に戻りたい]の第2弾に当たる作品で、今回の話も前回と同じく、成人向けの同名の本編とは違う、女性の身体から元の男性の身体に戻れなくなってしまった、主人公である該当キャラ「ミカエル」が、仲間の超能力者と共に移り住んだ、この作品の舞台である北国の小さな港町で、仲間の超能力者たちや同じ超能力を持つ男性などのこの港町にいる人々と出会いながら話が進む展開になっていて、一般向けの該当作品と言う事もありますが、成人向けの同名の該当作品より、成人向けの該当作品的な面白さは薄い所があり、作中の台詞などに誤字がある所やあとがきにも書いていますが、作中に登場するキャラクター達の年齢に違和感を感じる、仕草や口調などには、人により作品の評価や好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、作中には、前回の話では名前だけ出ていた、該当キャラの9人の仲間の超能力者の内、男性超能力者3人(このシリーズ作品のもう1人の該当キャラである「アキラ」も登場しています)やこの作品の舞台となる港町の近くにある、もう1つの港町に住む男性超能力者が登場する所などは、成人向けの同名の該当作品では見られない、作中に登場する各キャラクターのコミカルな表情や話の掛け合いが描かれ、このシリーズ作品特有の独特な雰囲気が出ているのを含めて、このシリーズ作品が好みに合う人には、中々面白く読める内容の作品ではないかと思いますし、該当作品としての描写も上で書いたように成人向けの該当作品的な面白さは薄い所があるのではないかと思いますが、作中には、女の子の身体になった主人公である該当キャラが、元の男性の身体の時とは違う、大人しい性格に変わった事が描かれている所やこのシリーズ作品のもう1人の該当キャラである「アキラ」と共に海を見ているときに女性ボーカルの歌を歌い、元の男性の身体のときより歌が上手くなっている事に気が付く所などは、成人向けの同名の該当作品とは違う該当作品の面白さが中々上手く出ていて良く、終わり方もこの作品の続編が製作されたなら、次の話の展開が中々期待できる作品ではないかとも思いますので、人により作品の評価や好みが分かれる作品ではありますが、このシリーズ作品の設定や話の展開に興味がある人やこのシリーズ作品が好みに合う人には、作品収集の面を含めて、中々面白く読める良い内容の該当作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[FSI]