成人向けの二次創作CG+ノベル作品(台詞付きCG集)や商業用の成人向けのコミック作品なども製作されている、漫画家[東 航(R☆トンコウ)]様の個人サークル[帝都防衛旅団]から配信されている個人的に前編、中篇、後編の3作品に別れて構成され、前編及び中篇の本編は該当ではありませんが、中篇の各おまけ、後編の本編及びおまけが、二次創作、女体化(フタナリ女体化)、性転換(変身)該当作品になりますので、シリーズ作品である事も踏まえて、3作品あわせてご紹介します。
成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_035451pr捕・嬲・奴 ~王女様監禁洗脳触手種付け調教~ 前編




d_040457pr捕・嬲・奴 ~王女様監禁洗脳触手種付け調教~ 中編 ~美@女殺し屋を種付け洗脳せよ!~




d_047537pr捕・嬲・奴~王女様監禁洗脳触手種付け調教~後編~様々な結末・淫獄か、天国か…!?




作品としては、このブログでも二次創作該当作品を多数ご紹介している、アニメにもなり、続編も連載されている、2006年から2009年まで、少年漫画雑誌に連載されていた、登場する女性キャラクターのほとんどが、美女又は美少女として描かれ、少年誌の中でも下着や裸体の描写などの過激な描写が多い事などが特徴の1つで、作中で主人公が女の子の身体になるなどの該当の話が幾つかある、3角関係を主軸にした、某ドタバタ系ラブコメ作品を元ネタにその元ネタに登場する、女性キャラクター達(該当キャラを含め)が、「タネツケソウ」と言われる触手生物によって種付け洗脳され、洗脳され男性器のような触手を生やした女性キャラが他の女性キャラを犯し洗脳する、連鎖墜ち系の前編、中篇、後編の3作品に分かれ構成されている、成人向けの二次創作のCG+ノベル作品(台詞付きCG集)で、各作品の枚数は、前編が、差分などを含め、台詞付きの本編SSのCG137枚(本編SS原画53枚)におまけSSのCG17枚(おまけSS原画14枚)とこのサークル様が前に配信した、二次創作のCG+ノベル作品の一部をリメイクした台詞付きのCGが8枚収録され、中篇が、差分などを含め、台詞付きの本編SSのCG206枚(本編SS原画61枚)におまけSS (1)のCG25枚(おまけSS(1)原画20枚)、おまけSS(2)のCG25枚(おまけSS(2)原画18枚:二次創作フタナリ女体化該当)とこのサークル様が前に配信した、二次創作のCG+ノベル作品の一部をリメイクした台詞付きのフルカラーCGが44枚(二次創作性転換該当)が収録され、後編が、差分などを含め、台詞付きの本編SSのCG124枚(本編SS原画48枚:二次創作性転換該当)に本編後に3つに分岐する各エンドのSSのCG、エンド1のSS77枚(原画33枚:二次創作フタナリ女体化該当)、エンド2のSS 22枚(原画7枚)、エンド3のSS109枚(原画42枚:二次創作性転換該当)におまけSS(1)のCG40枚(原画17枚:二次創作フタナリ女体化該当)とこのサークル様が前に配信した、二次創作のCG+ノベル作品の一部をリメイクした台詞付きのフルカラーCGが12枚収録されています。また各作品の作中の性行為描写には、作中に登場する女性キャラクター達(該当キャラを含め)が、触手によって種付け洗脳され、洗脳され男性器のような触手を生やした女性キャラが他の女性キャラを犯し洗脳する、陵辱要素の強い連鎖墜ち系の描写がメインになり、作中には、他にも作中に登場する女性キャラ又は該当キャラが触手に丸呑みにされる描写や作中に登場する女性キャラ又は該当キャラが複数の男性に犯される描写、作中の女性キャラが触手に種付けされ妊娠する描写など、陵辱要素が強く、マニアックな描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、作中に登場する女性キャラクター達(該当キャラを含め)が、「タネツケソウ」と言われる触手生物によって種付け洗脳され、洗脳され男性器のような触手を生やした女性キャラが他の女性キャラを犯し洗脳する、洗脳連鎖墜ち系の前編、中篇、後編の3作品に分かれ構成されている、成人向けの二次創作のCG+ノベル作品(台詞付きCG集)で、ネタバレを含みますが、上で書いたように作中の性行為描写を含めた話の展開は、作中に登場する女性キャラクターたち及び該当キャラが、「タネツケソウ」と言われる触手生物によって犯され、全身を丸呑みにされ、その「タネツケソウ」の中で、複数の男性に犯される又は奉仕させられるなどの洗脳夢を見せられながら、本格的に種付けされ、最終的に妊娠したような体形で触手のような男性器を生やした、フタナリの「人間タネツケソウ」に身体を変えられ、その身体で他の女性キャラを犯し、洗脳していく洗脳連鎖墜ち系の話の展開がメインになり、絵柄やCGの上のテキストが読みにくい所、マニアックでハードな性行為描写が多数ある事を含めて、人により作品の評価や好みが大きく分かれ、本編の該当は後編の話以外該当ではありませんので、該当作品としての作品の評価も人により分かれるところが多数あるのではないかと思いますが、各3作品に収録されている作品は、本編以外にこの作品に登場する、「タネツケソウ」と言われる触手生物の考察が描かれた、おまけSSやこのサークル様が前に配信した、二次創作のCG+ノベル作品の一部をリメイクした台詞付きのCG(中篇に収録された作品は、二次創作性転換該当になります)が収録されていたりと各3作品共に価格に比べボリュームがある印象を受けるのは良く、各3作品の話の展開も作中の性行為描写や作中に登場する洗脳された女性キャラの体形や目の表情などに好みが分かれますが、話の展開は中々しっかりしていて、おまけSSで考察されている、「タネツケソウ」と言われる、共生型の触手生物の設定もしっかりしていますので、この作品の元ネタの二次創作作品が好みに合い、洗脳連鎖墜ち系の話の展開が好みに合う人には、全体的に面白く読める作品ではないかと思いますし、特に本編の話に絡んだ設定になっている、「タネツケソウ」と言われる、共生型の触手生物に関してのおまけSSは、設定を含めて面白く、中篇と後編に収録された、そのおまけSSの作中で、この作品の元ネタとはまったく違う、他の作品の男の娘キャラが登場し、「タネツケソウ」に犯され、男性器と女性器のあるフタナリの女の子の身体に改造されてしまうのは、二次創作作品らしさと二次創作該当作品としての面白さが中々あって、自分のように二次創作該当作品を収集している人には、中篇に関しては、作品収集の面を含めて、おまけSSを目的に購入してみても中々面白い作品ではないかと思います。また上でも書きましたが、元ネタの作品での主人公が女の子の身体になった該当キャラが、本編の話に絡む、後編の話の展開は、前編及び中篇と同じく、絵柄や作中の性行為描写は、好みが分かれますが、陵辱要素の強い成人向けの該当作品の面白さは、中々しっかりあって、おまけSS以外にも、本編後に3つに分岐する各エンドのSSが収録されていて、該当キャラがフタナリの女の子の身体になるハーレムエンド(エンド1)や該当キャラが元の男の身体に戻りエンドを迎える、ハッピーエンド(エンド2)などは、元ネタの作品的なテイストのあるコミカルタッチのエンドで、元ネタの作品が好みに合う人には、中々楽しめて読める終わり方の作品ではないかと思いますし、元ネタの作品での主人公である該当キャラがきっかけで分岐し、その該当キャラが最後まで登場しない、ダークエンド扱いのエンド3は、独特な雰囲気のある話の展開で、人により好みが大きく分かれると思いますが、作中の世界が変質して、この作品の元ネタの作品に登場した、全ての男性キャラが、女性の身体になる、性転換該当要素が強い話の展開になっているのは、世界観自体が大きく変質するタイプの成人向けの該当作品が好みにあう人には、中々面白く読める話の展開(バットエンド的な終わり方ではありますが)になっていて、特に作中に登場する男性キャラが、脱皮をするように男性だったときの皮を脱ぎ、女性の身体に変化し、洗脳されるのは、皮モノの該当作品を好み人には、中々面白い設定になっているのではないかと思いますので、全体的に絵柄や作中の性行為描写などに好みが分かれ、該当作品的にも作品の評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、洗脳連鎖墜ち系の二次創作作品が好みに合う人には、全体的に中々面白く読めて、特に後編は、成人向けの該当作品が好みに合う人には、作品収集の面を含めて、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも各作品及び3作品をまとめた総集編が発売されています。

捕・嬲・奴 ~王女様監禁洗脳触手種付け調教~ 前編



RTK BOOK.Ver6.1 「捕・嬲・奴 中篇~女殺し屋を洗脳種付けせよ~」


捕・嬲・奴 後編 ~様々な結末・淫獄か、それとも…?~

RTKBOOK.SPECIAL1「とらぶるぱっく」
RTKBOOK.SPECIAL1「とらぶるぱっく」

このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品です。このブログでの紹介文にはタイトルからいけます。
d_066306pr
RTKBOOK Ver.9.1 「M○Xいぢり(1) 『もしオレが女だったらセ○ハラなんかに負けるわけが無い!』」

一部二次創作要素のある(話の展開はオリジナル)、性転換(変身)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、27ページになります。

d_070345pr
RTKBOOK 9-3 「M○Xいぢり(3) 『PANPAN-MAN』」

一部二次創作要素のある(話の展開はオリジナル)、女体化(フタナリ女体化)該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、30ページになります。