成人向けの作品ですのでご注意ください。
ハカセが助手でオレがオレで。ハカセが助手でオレがオレで。
著者:幾夜大黒堂
ページ数:20ページ





2012年4月に富士美出版(ペンギンクラブ山賊版)から配信された、性転換、脳移植(精神転移)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「自分の研究を理解しない、おろかな人間の助手を不要と判断し、選び抜かれた遺伝子から培養した、最高の女性型のクローンボディと自分自身の叡智を全て詰め込んだ人工頭脳を併せ持つ、女の子の身体をした、美しき人造人間を遂に作り出し、目覚めさせた、結構いい年(三十路)のおっさん顔で、女性にあまりモテそうにない容姿の、いまだに童貞の科学者の男性「松戸 研太」だったが、目覚めさせた、女の子の身体をした、美しき人造人間の人工頭脳に自分自身の記憶を片っ端からコピーした事が原因で、自分と同じ記憶と意識を持っている、女の子の身体をしたもう1人の「松戸 研太」になってしまっていたのだった」です。

作品としては、成人向けのマンガ作品などを出版している、出版社「辰巳出版」から、毎月発行されている、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年3月号]に掲載された、前にこの著者様が描かれ、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年2月号]に掲載された、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の成人向けの作品「未来は僕等の腕の中」と同じ「自分とチュー」をコンセプトに描かれた、性転換、脳移植(精神転移)該当作品を電子書籍化し、[富士美出版]名義で単話で配信した作品で、作中の性行為描写は、女の子の身体をした人造人間を作り出し、その女の子の身体をした人造人間の人工頭脳に自分自身の記憶をコピーした、モテない童貞の三十路の科学者の男性が、自分自身の記憶をコピーした事で、自分と同じ人格を持つてしまった、その女の子の身体をした人造人間の女の子と性行為をすると言う、女の子の身体になった自分自身と性行為する、マニアックな設定の該当作品ですので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に設定や話の展開などはまったく違いますが、前にこの著者様が描かれ、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年2月号]に掲載された、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の成人向けの作品「未来は僕等の腕の中」と同じ「自分とチュー」をコンセプトに描かれた、「モテない童貞の三十路の科学者の男性が、自分自身の記憶をコピーした事で、自分と同じ人格を持ってしまった、女の子の身体をした人造人間の女の子と性行為をする」話の展開の性転換、脳移植(精神転移と言うよりは、精神コピー系の該当作品ではありますが)該当の作品で、作中の性行為描写は、上で書いたように、自分自身の記憶を女の子の身体の人工頭脳にコピーした事で、自分自身と同じ人格を持つ、女の子の身体になった自分自身と性行為する、マニアックな設定の該当作品ですので、設定的には、人により、少し作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、話の展開は、非常にコミカルタッチの明るい話の展開で、特に主人公である科学者の男性と女の子の身体になった自分自身との軽快な話の掛け合いやこの作品の話のノリは面白く、女の子の身体になった該当キャラの心理描写なども中々しっかり描かれていて、成人向けの該当作品の面白さも十分にある作品だと思いますし、作中の性行為描写も精神的には性別を変えた同一人物の性行為になりますので、好みが分かれる所があるものの、描写的には、あまり好みが分かれるマニアックな描写はなく、終わり方もこの作品の明るい話の展開にあった、中々面白い話の展開で良いと思いますので、設定的には、人により作品の評価や好みが分かれる所はありますが、成人向けの該当作品が好みに合う人には、作中の設定などが好みに合えば面白く読めて、オススメできる良作の該当作品ではないかと思います。
少し蛇足になりますが、個人的に設定や話の展開などはまったく違く、該当作品とはいえないものの、該当作品的な要素があると思う、上でご紹介した、該当作品と同じコンセプトで描かれ、月刊誌[COMICペンギンクラブ山賊版:2012年2月号]に掲載された、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の成人向けの作品「未来は僕等の腕の中」の感想も書いておきます。
b333afjpc00041ps未来は僕等の腕の中
著者:幾夜大黒堂
ページ数:20ページ





個人的に作品としては、上で書いたように、「主人公の男性が住む世界とは、別の並行世界で女の子として生まれた自分自身と性行為をする」話の展開の作品で、作中には、主人公の男性が、女の子として生まれた自分の身体になってしまうなどの該当作品的な要素はなく、該当作品としては、人により作品の評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、別の並行世界で女の子として生まれた、自分自身と性行為をする話の展開は面白く、特に作中の設定が、この著者様の作品らしい、非常に独特で練られた設定になっていて、独特な設定の為、話の展開的には、理解しにくい所があるものの、主人公の男性が、別の並行世界で女の子として生まれた、自分自身と性行為をするまでの経緯は並行世界モノの成人向けの作品としては、中々面白く読める作品ではないかと思いますので、この著者様の作品が好みに合う人やこの作品に興味がある人は、購入を考えても面白い作品ではないかと思います。