俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫)俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫)
著者:春日部 タケル
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-01-31)

作品内容
呪われた甘草奏の能力“絶対選択肢”。それは突然頭の中に選択肢が現れ、選ぶまで消えないのだ。今日も学園で“選べ(1)上半身裸で叫ぶ(2)下半身裸で叫ぶ”なんてふざけた選択肢が出てしまった!こいつのせいで俺は奇行を繰り返し「お断り5」と呼ばれて、女子に白い目で見られ続けているのだ。そんな学園生活のなか、俺の脳内に(1)美少女が空から落ちてくるという選択肢が現れて―!?誰か俺の残念学園生活を終わらせてくれ。

2012年1月に角川書店(角川グループパブリッシング・角川スニーカー文庫)から発行された、個人的に作中の該当シーンは短く、今巻限りの小ネタ程度ではありますが、該当シーンは性転換(変身)該当作品の面白さがしっかり入っていると思いますので、ご紹介したいと思います。
作中の該当シーンは短く、今巻限りの小ネタ程度でネタバレになりますが、該当は「高校に入った直後から、突然頭の中に選択肢が現れ、その選択肢を選ぶまでその選択肢は消えない上にその選択肢を選ばないと死ぬほどの頭痛に苦しめられ、さらにその選択肢に書かれた内容がどのような非科学的な内容であっても、その選択肢の内容通りの出来事が起きる「絶対選択肢」と名づけた、謎の呪に苦しめられ、容姿が優れているものの、奇行を繰り返し、遂に同じクラスに通う、容姿は優れているものの、色々と予測不可能な行動を繰り返す、残念な性格の女子生徒「雪平 ふらの」と「遊王子 謳歌」の2人と共に容姿は優れているものの、性格や行動に問題部分が多く、恋愛対象としては見れない、残念な生徒に与えられる、不名誉な裏学園ランキング「お断り5」のメンバーに数えられる事になってしまった、主人公の男子生徒「甘草 奏」は、ある日、突然頭の中に選択肢が現れる「絶対選択肢」を選んだ事で、空から降って来た、「奏」の名前などを知っていて、「奏」の事をお世話する為にやって来たと言う、自称軽い記憶喪失で自分の名前を「ショコラ」と名づけた、犬っぽい印象を受ける残念な性格の美少女と出会い、自分の携帯に「絶対選択肢」と名づけた、謎の呪を手放す事ができる、「呪い解除ミッション」がメール(因みに差出人は神)に来た事で、「絶対選択肢」を手放す為に「ショコラ(事情を殆んど理解していない)」を遣わした、非常にチャラい性格の神だと名乗る男性と携帯で話す事になってしまい、そのチャラい性格の神だと名乗る男性が本物の神だと証明する為に「奏」の身体を髪をセミロングにした胸が大きい、スカートを履いた、可愛い女の子の身体に変えられた上に頭の中に当然現れた「絶対選択肢(選べ (1)このまま女の子として一生を過す (2)好きな歴史上の人物の名前を叫びながら三点倒立)」を選ばなければいけなくなってしまうのだった。そして、頭の中に当然現れた「絶対選択肢」を選び、チャラい性格の自称「神」に元の男性の身体に戻してもらった「奏」は、「絶対選択肢」を手放す為に、基本的に殆んど役に立たない「ショコラ」のサポートを受け、「絶対選択肢」に悩まされながら色々と難易度の高い「呪い解除ミッション」に挑んでいくのだった」です。

作品としては、台詞的な長いタイトルと「主人公の男子生徒の脳内に当然、回避不能の選択肢が現れ、どんなに非科学的な内容であっても、選べば必ずその内容どうりの出来事が起きる2つの選択肢の内の1つを選ばなければいけない」設定、非常に残念な性格の女性キャラクター達が、メインのヒロインになっているのが特徴の現代の学園を舞台にした、基本的に主人公の男子生徒の一人称で話が進む、大きく7章(第一章、幕間、第二章、幕間、第三章、幕間、エピローグ)に別れて構成され、各章の合間にある3つの幕間では、作中で主人公が選ばなかった選択肢が原因を元にした、本編とは別の可能性が描かれている、ドタバタ系の学園ラブコメモノの作品で、この作品の該当シーンは、上でも書きましたが、該当シーンは短く、今巻限りの小ネタ程度ではありますが、第二章の冒頭とその後の幕間「ある可能性の話2」が、該当シーンになります。

個人的に作品としては、台詞的な長いタイトルと「主人公の男子生徒の脳内に当然、回避不能の選択肢が現れ、どんなに非科学的な内容であっても、選べば必ずその内容どうりの出来事が起きる2つの選択肢の内の1つを選ばなければいけない」設定、非常に残念な性格の女性キャラクター達が、メインのヒロインになっているのが特徴の現代の学園を舞台にした、基本的に主人公の男子生徒の一人称で話が進み、大きく7章に別れて構成され、各章の合間にある3つの幕間では、作中で主人公が選ばなかった選択肢を元にした、本編とは別の可能性が描かれている、ドタバタ系の学園ラブコメモノの作品で、この第1巻の話では、メインヒロインの1人である「ショコラ」の出番が少なく、作中にマンガ作品などを元ネタにした小ネタや下ネタ的な内容の小ネタなどが多くありますので、人により少し好みが分かれる所はあるかもしれませんが、挿絵の絵柄は良く、主人公の男子生徒の脳内に突然現れる「絶対選択肢」の設定や主人公と容姿は優れているものの、非常に個性豊かな残念な性格の女性キャラクターたちとの容姿とはギャップ差のある軽快な話の掛け合いも面白くて、作中に登場するキャラクターの個性を前面に出した、ドタバタ系の学園ラブコメモノの作品が好みに合う人には、全体的に面白く読める作品だと思いますし、各章の話の展開も、第二章と第三章では、非常に残念な性格の女子生徒「雪平 ふらの」と「遊王子 謳歌」を個別にメインに置き、その性格を深く掘り下げる話の展開になっていて、特に第二章のメインヒロインである「雪平 ふらの」の二面性が垣間見れるのは、中々予想外の話の展開で面白く、この作品の特徴である「絶対選択肢」の使われ方や「絶対選択肢」を最終的に手放す事ができる「呪い解除ミッション」も解決方法を含めて中々面白い内容になっていると思います。また各章の間にある、作中で主人公が選ばなかった選択肢が原因を元にした、本編とは別の可能性が描かれている、3つの幕間の話の内容も面白く、終わり方も次の話の展開が期待できる面白い終わり方になっていると思いますので、人により作中に登場するキャラクターの性格や出番の少なさ、小ネタ関係の内容などに少し好みが分かれる所があるかもしれませんが、作中に登場するキャラクターの個性を前面に出した、ドタバタ系の学園ラブコメモノの作品が好みに合う人には、終わり方を含めて、初めから終わりまで面白く読めて、今後の話の展開が期待できる、オススメの良い作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、この作品の該当シーンは、今巻限りの小ネタ程度の短い該当シーンになっていて、作品としては、好みに合えば、初めから終わりまで面白く読める作品ではないかと思うものの、該当作品としての評価は、人によって好みが分かれる作品ではないかと思います。しかしながら、該当シーンは短いながらも、突然女の子の身体になった主人公である該当キャラが、女の子の身体を確認する描写は、該当作品らしいお約束的な描写になっている所や女の子の身体になった該当キャラの挿絵があるもの良いと思いますし、各章の間にある、3つの幕間の内2つ目の幕間「ある可能性の話2」では、本編では選ばなかった「(1)このまま女の子として一生を過す」と言う選択肢を選び、女の子の身体になった該当キャラのその後の話をその女の子になった該当キャラと恋人になった男子生徒の視点で語られているのは、短い幕間の話ではありますが、中々面白い内容になっていると思いますので、該当作品としての評価は、人により分かれる作品ではありますが、今巻限りの小ネタ程度の短い該当シーンではあるものの、該当作品としての面白さはしっかりとある中々面白い内容の該当シーンがある作品ではないかと思います。