成人向けの作品ですのでご注意ください。

理狂人 破滅への淫ターンシップ

作品内容
俺だって頑張ったはずなのに、行き着いた先は「クズ」だった。
俺は、普通になりたいだけなんだ。
だけど何のスキルも無い自分、現実社会では誰も認めてくれやしない。
だったらもう逝くしかないじゃないか。
そんな時出会う、「終活」サイト。
逝く前にイこう。メスになった俺の淫ターンシップが始まる!

人体改造やハードなSM描写などの非常にマニアックなシュチエーションのある、オリジナルの性転換該当のアドベンチャーゲーム作品を数多く、制作されているサークル[やせうまロール]様の性転換(変身、手術)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「子供の頃から「ちょっと不器用でドンくさい自分でも頑張っていれば回りは認めてくれるんだ」と言う、想いそれだけを心の拠り所にして、本来自分自身が下すべき「自己」の評価を他者に丸投げにして成長してきた事で、齢27歳になってもアイデンティティの確立が出来ておらず、頑張っても誰も認めてくれない現実社会に傷つき、「死にたくはないが生きたくもない」と言う、想いを抱きながら、現実の社会から逃げ続ける、苦痛と絶望の日々を送っていた、ひきこもり気味で自嘲気味の性格の男性「余田 紀伊(よだ きい)」は、バイト面接をその場で不採用になった上に雨の振るバス停で女子生徒たちにも「キモイ」と言われたある日の夜、とあるサイトで「自殺を考えている方へ、どうせ死ぬのなら、ご自身を商品として売り出してみませんか」と書かれた広告を見つけた事がきっかけで、募集事項に「1:年齢不問、性別不問。ただし男性又は25歳以上の場合は、事前に送付される薬品を飲んで肉体を変化させる必要がある。2:此方が適宜送付するアダルトグッズが使用することが可能でかつ、自己開発経過を報告すること。3:送付したグッズは必ず使用すること。使用しなかった場合はそこで始末される。4:一定期間後、応募者は全員原則採用」などと書かれた、一定期間性奴隷を募集する、とあるSM企業「理狂人舎」からの職業斡旋広告に応募してしまい、応募から翌々日くらいに届いた、奇妙な薬を飲んで、自分の身体を女性の身体に変えてしまうのだった。それから一ヶ月の間、女性の身体になった自分の身体に違和感を感じつつも、自分の身体を女性の身体にした薬に含まれていた、性欲抑制剤の効果で女性の身体になった自分の身体に性的興味を持たず、SM企業「理狂人舎」から送られてくる、指令書に書かれていた通りに言葉遣いなど、最低限度の女性としての振る舞いを学習してきた、自ら性奴隷を募集する広告に応募をして、送られてきた奇妙な薬を飲んで、女性の身体になった「紀伊」は、遂にやって来た「理狂人舎」の専業宅配員兼リフォーム屋を担当している、中年男性「揖斐椎 仁(いびしい ひとし)」に自分の部屋を「奴隷候補生の部屋」とも言うべき、どこかラブホテルのような、ゴムラバーのベットなどの妖艶な雰囲気が漂う部屋に変えられ、同じく「理狂人舎」からやって来た、「理狂人舎」のサポート担当の優男風の男性社員「白羅 真剣(はくら しんけん)」に色々な事をサポートしてもらいながら、女性の身体での背徳的な快感の中で、人生を終了させる、性奴隷への終殖活動を始めるのだった」です。

オリジナルの性転換(変身)該当の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、選択肢は8つ、エンドは、バットエンドを含め9つ(内バットエンドは3つ)の回想シーンに登録されるシーンは、17シーンになります。
作品としては、選択肢は8つ、エンドは、バットエンドを含め9つ(内バットエンドは3つ)の回想シーンに登録されるシーンは、17シーンで構成された、現実社会に傷つき、適応できずにいる、ひきこもり気味で自嘲気味のネガティブな性格の主人公の男性が、人生を終わらす為に薬で女性の身体になり、性奴隷として調教される日々を自ら送る事になる、主人公の男性の一人称で話が進む、性転換(変身)該当の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、作中の性行為描写には、陵辱要素が強い、ハードなSM描写や該当キャラの身体が、人間以外の身体に改造されるなどの人体改造描写などがある、非常にマニアックな描写がメインの該当作品ですので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、該当は「現実社会に傷つき、適応できずにいる、ひきこもり気味で自嘲気味のネガティブな性格の主人公の男性が、人生を終わらす為に薬で、自ら女性の身体になり、性奴隷として調教される」と言う、他の該当作品ではあまり見ない、同人作品だからこそ描ける、該当作品の中では珍しいタイプのネガティブな性格の該当キャラが主人公の該当作品で、独特な雰囲気のある世界観や該当キャラを含めて作中に登場するキャラクターの性格が、この作品の独特な雰囲気にあった、このサークル様の該当作品らしい異常な性格を内包したキャラクターばかり登場していて、作品収集の面では、該当キャラの性格や該当キャラの立ち絵、表情などを含めて、非常に珍しく、中々面白い該当作品の1つではないかと思うものの、冒頭から該当キャラの身体は女性の身体になっていて、言葉遣いも基本的に女性の言葉遣いで話が進みむ所や作中の性行為描写が、このサークル様の他の該当作品と同じく、陵辱要素が強い、ハードなSM描写や該当キャラの身体が、人間以外の身体に改造されるなどの人体改造描写などがる、非常にマニアックな描写がメインになっている、独特な雰囲気のダークな話の展開の該当作品ではないかと思いますので、該当作品が好きな人でも、作品の評価や好みが分かれる所が多い該当作品ではないかと思います。しかしながら、該当キャラが人生を終わらす為に自ら女性の身体になり、性奴隷として調教される事を決意する理由など該当キャラの心理描写はしっかり描かれていて、該当キャラの考え方などが、好みが合う人には中々面白く読める所は多く、話の展開も作中の性行為描写自体は、非常にマニアックな描写がメインになるものの、該当キャラが過去の自分のことを思い出すときに男性の言葉遣いに戻る所や冒頭では、女性の身体になった該当キャラの自慰行為が描かれ、徐々に女性の快感に染まり、性奴隷に墜ちていく、このサークル様の該当作品らしい、成人向けの該当作品の面白さはしっかりある該当作品だと思いますし、各エンドもこのサークル様の該当作品らしい、該当キャラが機械の身体に改造されるなどの、該当キャラが人体改造されて終わるエンドも幾つかありますが、該当キャラが人間的な幸せを見出すエンド(マニアックなシュチエーションのエンドではありますが)もあって、特にネタバレにありますが、エンドの1つには、性奴隷になって人生を終えようとしていた該当キャラが、とある事がきっかけで、性奴隷を調教する調教師になり、自分の性奴隷となった女の子と共に裏の世界で、調教師として幸せに(少しニュアンスは違うかもしれませんが)生きるエンドがあるのも面白く、そのエンドの該当キャラの髪型や髪の色、目の色が変わるなどの人体改造を受けて裏の世界の人間になった事が描かれているのも、女性の身体になった該当キャラの姿が再び変る、該当作品的な面白さを含めて、中々面白いエンドではないかと思いますので、人により該当作品としての評価を含めて全体的に作品の評価や好みが分かれる所が多い該当作品ではないかと思いますが、このサークル様の該当作品が好きな人やこの作品に興味があり、該当キャラの性格設定などに興味がある人には、作品収集を含めて、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_044481pr




理狂人 破滅への淫ターンシップ
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[やせうまロール]