成人向けの作品ですのでご注意ください。
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション

作品内容
今度はみんな性転換!?襲撃してきた鬼によって、性転換してしまったおなじみメンバー。果たしてもとに戻ることができるのか?

2011年11月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(変身、男性化)該当作品[目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた]の第3巻です。

今回の話では、上の作品内容にも書かれているように冒頭から、女の子の身体になっている時は「一条 はるか」と名乗っている、このシリーズ作品の主人公である該当キャラ「一条 遼」や「遼」の従妹でヒロインである少女「一条 結女」を含めてメインキャラクターの身体が異性の身体に変身してしまいますので、今回の話の該当は「大昔から「鬼」を使役し、魑魅魍魎を討ち祓ってきた退魔師の一族「一条家(「鬼」を操り、使役する鬼操師の能力は一族の女性にしか芽生えない)」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれたが、一族に恨みを抱く「鬼」達から「鬼慰姫」と言われる、生贄に選ばれてしまった従妹の少女「一条 結女」を狙い蘇った、幼馴染の少女「坂谷 希美乃」に転生した、強力な鬼「羅刹童子」を「鬼慰姫」を護る「鬼斬姫」として女の子の身体になって封じたものの、今度は「羅刹童子」の転生者である「希美乃」を危険視した「一条家本家」の人物に依頼され「希美乃」を滅ぼす為に自分達の通う、男女の性別で、クラス分けがされている「戻橋学園高等学校」に転校して来た、女の子のように可愛い外見で、いつも女子制服を着ている、凄腕の退魔師の男の娘「犬神 伊音」との激しい戦闘の末、和解し日常を取り戻した、「鬼斬姫」として女の子の身体になっているときは「一条 はるか」と名乗っている、現在は「結女」とは恋人同士の主人公の少年「一条 遼」は、「羅刹童子」の力を抑え込み、その力を己のものにして「結女」を護る事を決意した「希美乃」と共に体内の霊的エネルギー「錬気」を制御する術を「伊音」から教わり始めて、1週間ほどたった、学校の昼休みの屋上で、「遼」と「希美乃」が修行している「錬気」の型をまねて、「鬼慰姫」としての莫大な「錬気」を発生させた「結女」の姿に驚きを隠せないのも束の間、突如屋上に出現した「鬼」に襲われてしまい、「伊音」たちと協力し何とか、「鬼斬姫」の姿である女の子の身体で、その「鬼」に一撃を加え退散させたが、その一撃を加えたときに「鬼」から発生した膨大な「錬気」を屋上に偶然やって来た、正体を知らずに「はるか」に好意を抱いている、「遼」の同級生である「渡辺 綱吉」と共に全員で浴びてしまった事で、「結女」と「希美乃」の身体は男の子の身体に変り、「伊音」や「渡辺」の身体も女の子の身体になってしまい、さらに女の子の身体になっているときに「鬼」の膨大な「錬気」を浴びたはずの「遼」も元の男の身体に戻らず、女の子の身体になってしまっていたのだった。そして、屋上に出現した「鬼」の膨大な「錬気」を浴びた事で、異性の身体になってしまった上に「伊音」が総領を務める犬神の一族を毛嫌いにしている事が原因で、「遼」や「結女」を守る為に「一条家」が経営するこの「戻橋学園高等学校」にやってきている、「一条家」の退魔師の協力も得られなくなった、「遼」たち5人だったが、この「戻橋学園高等学校」の生徒会長で、様々なイベントを催し、学校を盛り上げている女子生徒「北南 秀子」に協力して貰う事になり、実は旧華族の家系でお金持ちの「秀子」の自宅に住まわしてもらいながら、元々「はるか」としても学校に通っていた「遼」と両性具有の鬼である「羅刹童子」の転生者であるためか、男性器以外の身体の変化がなかった「希美乃」に腰まで伸びた髪と清楚な印象の整った顔立ちが特徴の美少女になってしまった「渡辺」は「渡辺」の従妹「渡辺 津奈代」と名乗り、普段「はるか」たちが通う、女子クラスに通い、元の男の身体の「遼」と容姿がそっくりで無意識に「錬気」を使い身体能力が高くなった男の子の身体になった自分の身体に夢中になっている「結女」も「結女」の双子の兄「一条 結羽」と名乗り、普段から女子制服を着て小悪魔的な魅力を振りまいていた為か外見的には殆んど変わってはいないが、女の子の身体になった為に周りの視線に怖がり、恥ずかしがって、元の身体では着なかった男子制服を着た「伊音」の2人も「遼」たちが通う男子クラスに通いながら、学校内の誰かに憑依し実体化していると思われる、「遼」たち5人の身体を異性の身体に変えた「鬼」を探す事になるのだった」です。

作品としては、前にこの作品の第1巻及び第2巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、[ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神]の終章で、少し出てきた退魔師の一族「一条家」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれた、ごく平凡な高校生の主人公「一条 遼」が女の子の身体になり、好意を抱く同年齢の従妹の少女「一条 結女」を護る事になる設定の学園ラブコメものの性転換(変身)該当作品[目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた]の第3巻にあたり、今回の話は、襲撃して着た「鬼」の所為で、異性の身体になってしまった、「遼」たち5人が、学園に潜伏したその「鬼」を探していく話の展開になっている、大きく8章に分かれて構成された該当作品で、少しネタバレも含みますが、作中の性行為描写には、女の子の身体になってしまった、該当キャラ「遼」と「渡辺」の女の子同士の性行為描写や女の子の身体になってしまった「遼」と男の子の身体になった「結女」の性行為描写、元の男の子の身体に戻った「遼」が、女の子の身体になってしまった「伊音」と「渡辺」、両性具有の鬼「羅刹童子」の転生者である為、男性器と女性器があるフタナリの女の子の身体になった「希美乃」と性行為をする描写などがありますので、作中に苦手な性行為描写がある方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前にこの作品の第1巻と第2巻をご紹介したときにも書きましたが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、ごく平凡な高校生の主人公「一条 遼が女の子の身体になり、好意を抱く同年齢の従妹の少女「一条 結女」を護る事になる設定の学園ラブコメ作品の第3巻に当たる作品で、今回の話は、上で書いたように襲撃して来た「鬼」の所為で、異性の身体になってしまった、「遼」を含めたメインキャラクター5人が、学園に潜伏したその「鬼」を探していく話の展開になっていて、「鬼」との戦闘シーンよりも異性の身体になった、メインキャラクター5人の異性の身体での学校生活が描かれていきますので、第1巻や第2巻のように「遼」が女ん奈のこの身体のときに名乗っている「一条 はるか」などが、「鬼」や複数の男性に陵辱されるような話の展開を期待してた人や作中に登場するキャラクターが女の子の身体及び男の子の身体になってしまう、集団性転換モノ的な話の展開が好みに合わない人には、作品の評価や好みが分かれる所はあるかも知れませんが、作中の性行為描写には、話の後半に元の男の子の身体に戻った「遼」が、フタナリの女の子の身体になった、幼馴染の少女「坂谷 希美乃」の男性器を男の子の身体のまま咥え、性行為する描写などがあるものの、全体的に好みが分かれるような性行為描写は殆んどなく、話の展開も、異性の身体になった該当キャラたちのお風呂シーンや着替えのシーンなどがしっかりあり、異性の身体になった該当キャラ5人の反応の違いなど、該当キャラたちの異性の身体になった事への戸惑いなどもしっかり描かれていますので、最終的には全員、元の身体に戻りますが成人向けの性転換モノの面白さが十分にある話の展開になっていると思いますし、生徒会長の「北南 秀子」などメインキャラクター5人以外の作中に登場するキャラクターも個性的で、ドタバタ系の学園ラブコメらしい話の展開になっていると思いますので、第1巻や第2巻とは、一味違う話の展開になっていて、人により作品の評価や好みが分かれる所はあるかも知れませんが、成人向けの性転換該当作品が好きな人やこのシリーズ作品が好きな人、ドタバタ系の学園ラブコメ作品が好きな人には、十分に楽しめて読める、オススメの良作だと思います。また作品としても、ネタバレになりますが、今回の話では、今作で男の子の身体になってしまうメインヒロインの「一条 結女」や正体を知らずに「はるか」に好意を抱いている、「遼」の同級生で、今作で女の子の身体になってしまう男子生徒「渡辺 綱吉」に「はるか」の正体が「遼」である事がばれてしまうシーンや異性の身体に変えた「鬼」が出現した原因も含めて「結女」の心理描写がしっかり描かれている話の展開になっていますので、終わり方も含めて話の展開は、第1部完とも取れる展開になっていますが、話の最後で元の男の子の身体に戻った「渡辺」に女の子の身体になれる能力が残っているような描写があり、第2巻の最後で前シリーズ作品[ピルグリムメイデンシリーズ]に登場していた、教皇庁異端審問局の巡礼聖女「ジュリエッタ・マッシナ」の登場や今回の話に絡まなかった「一条家本家」の動向など気になる部分が多く、第4巻が製作されるのを期待したい該当作品だとも思います。

DLsite.comでも発売されました。

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3
このブログでもご紹介した第1巻と第2巻です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた (あとみっく文庫)
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた (あとみっく文庫)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
(2011-01-25)


目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
(2011-05-27)


このブログでご紹介した、前作にあたる、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
ピルグリムメイデン 深紅の巡礼聖女 (あとみっく文庫 8)
ピルグリムメイデン 深紅の巡礼聖女 (あとみっく文庫 8)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2009-11-30)

ピルグリムメイデンII白装の騎士 (あとみっく文庫)ピルグリムメイデンII白装の騎士 (あとみっく文庫)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2010-03-29)

ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神 (あとみっく文庫)ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神 (あとみっく文庫)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2010-11-02)