成人向けの作品ですのでご注意ください。

男に戻りたい二日目と三日目

作品内容
女体化した男の二日目と三日目のイラスト+ノベルです。

成人向けのオリジナル及び二次創作のCG集やCG+ノベル作品などを製作されている、サークル[FSI]様が2011年9月に配信した、性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]の続編です。

オリジナルの性転換該当のCG+ノベル作品(イラスト+ノベル作品)で、枚数は表紙などを含めて、27ページになります。

作品としては、前にこのブログでもご紹介した、近未来のとある北国の小さな港町を舞台に「超能力を使える(作中では超能力の使いすぎで、超能力を使えなくなっている)該当キャラである主人公の男性「ミカエル」が、仲間の超能力者の男性「アキラ」の使う「自分及び相手の身体を女性の身体に変える」超能力をとある理由から掛けてもらったものの、「アキラ」が超能力を使えなくなった為に女性の身体になった「ミカエル」の身体は、1ヶ月間、元の男性の身体に戻れなくなってしまうが、金と女性の身体での快楽の誘惑にアッサリ負けて、自分の住む港町に観光に来ていた男性に女性の身体になった自分の身体を売ってしまい、媚薬を塗られ男性の身体に戻りたいと思いながらも徐々に女性の身体での快楽に呑まれていってしまう」話の展開の該当キャラである主人公のモノローグ風の一人称で話が進み、イラストに短いノベルが書かれている形式の性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]の続編に当たるCG+ノベル作品(イラスト+ノベル作品)で、今回の話は、ネタバレも含みますが、前作[男に戻りたい]の最後で、女性の快感に呑まれ始めてしまい、女性の身体になった自分の身体を売った観光客の男性の元に再びやって来た該当キャラが、その観光客の男性の友人である、アナルマニアの男性に女性の身体になった自分の身体の後の穴に媚薬を塗られ調教されてしまう、二日目の話と次の日に海を見ていた該当キャラが、海を見ていた自分の事を見ていた10代の自分より年下の10代の可愛らしい容姿の少年を誘い、ホテルで性行為をしてしまう三日目の話が描かれています。また作中の性的描写には、女性の身体になった該当キャラが二日目に登場する男性キャラに後の穴を犯される描写や三日目に登場する、該当キャラより年下の少年の男性器が非常に大きく(該当キャラの頭ぐらい)描かれていますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、該当キャラである主人公のモノローグ風の一人称で話が進む、成人向けの性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]の続編に当たるCG+ノベル作品(イラスト+ノベル作品)で、作中の性的描写には、女性の身体になった該当キャラが二日目に登場する男性キャラに後の穴を犯される描写や三日目に登場する、該当キャラより年下の少年の男性器が非常に大きく(該当キャラの頭ぐらい)描かれていて、前作と同じく話の展開には独特な雰囲気がある印象を受け、該当キャラである主人公のモノローグ風の一人称で書かれている、テキストも該当キャラの台詞が当然説明口調になったり、該当キャラのモノローグ風の一人称の台詞が書かれているイラストのコマに突然、三日目に登場する、該当キャラより年下の少年のモノローグ風の一人称の台詞が書かれているなど、前作と同じくテキストは読みにくい箇所がある印象を受けましたので、人により作品の評価や好みが分かれる所はあるのではないかと思いますが、上でも書きたように、今回の話では、女性の快感に呑まれ始めた該当キャラが、アナルマニアの男性に女性の身体になった自分の身体の後の穴に媚薬を塗られ調教され、新たな女性の身体の快感を味わう話と該当キャラが、自ら可愛らしい容姿の少年を誘い、ホテルで性行為をしてしまう話が描かれていて、今回も成人向けの性転換モノらしさは中々上手く描かれているのではないかと思いますし、テキストも多少読みにくい箇所はあるものの、該当キャラの心理描写や状況説明は中々しっかり書かれていて、前作の話が好みにあった人には、中々楽しめる話の展開ではないかと思いますので、全体的に作品の評価や好みが分かれる所はあると思いますが、前作の話が好みに合い、この作品にも興味がある人は、購入を考えても良いのではないかと思う作品です。 またこの作品のあとがきにも書いていますが、次回作があるなら、この作品の該当キャラ「ミカエル」を女性の身体にした張本人「アキラ」を主人公にしたCG+ノベル作品の製作を予定しているそうですので、次回作が製作されましたら、中々期待できるのではないかとも思う該当作品です。
このブログでご紹介した、このサークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[FSI]