成人向けの作品ですのでご注意ください。
67728_pずっと! 女装で孕ませてっ








作品内容
主人公・亜貴は、華奢で少女のような外見の美少年だが、
れっきとした総合格闘家のタマゴ。

ある日、亜貴は何者かに寝込みを襲われた。
その正体は、年上の従姉妹であり、幼なじみでもある由依。

「早速、由依姉さんと子づくりしちゃおっか」

突然の、衝撃的な一言に驚く亜貴。
そこで亜貴は、由依から自分に女体化の呪いが
かけられていることを教えられる。

呪いを解くためには嫁候補を孕ませなければいけない。

そこで由依とその妹・藍依が通っている
リリエンヌ女学園に女装して通うことになった亜貴。

彼の、嫁候補孕ませ計画は成功するのか!?

作品としては、2011年10月21日に[Gyutto.com]にて、DL版が先行販売され、2011年11月に製品版が発売される、ブランド[桃色劇場]で制作された、前にこのブログでもご紹介した、個人的には設定は性転換該当ですが、CGや話の展開的には、該当作品としては、少しビミョーかなと思う、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[女装で孕ませてっ]とその[女装で孕ませてっ]の続編に当たり、新たに女性キャラ1名と性転換該当のエンドが3つある、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[もっと! 女装で孕ませてっ]と同じ設定のシリーズ作品で、今作も該当設定は、前作、前々作と同く「1年後の誕生日までに自分の血を引く男の子が産まれないと女性の身体になる呪いを代々かけられている、神代一族に生まれ、実は、一族に掛けられた呪で、男性の身体から女性の身体になってしまった母親と一緒に住んでいる、総合格闘技の選手を目指す、体育会系男子の主人公が、神代一族にかけられた呪いを解くために神代家に使え、嫁候補でもある人形家の姉妹(今作では、言動、行動ともに天然で、国語教師の姉「人形 由依(ひとかた ゆい)」と口は悪いが、根は素直な女子生徒の妹「人形 藍依(ひとかた あい)」が登場します)が通う「リリエンヌ女学園」に女装して入学し、にぎやかな学園生活を送りながら子作りに励むが、結局、嫁候補(母親を含めて)の少女たちとの間に子供を作ることができず、主人公の身体は完全に女性の身体になってしまう」になりますが、今作の主人公は、前作、前々作の該当キャラで女装該当キャラでもある主人公「神代 由宇」の母親(実は父親)で、フタナリ女体化該当キャラとして登場した「神代 亜貴」を主人公にその「亜貴」が女性の身体になってしまう呪を受けた、学生時代の「リリエンヌ女学園」を舞台に話が進み、作中に登場するキャラクターの中には、今作にも「亜貴」の母親(実は父親)として、おっとりしたお嬢様気質で、言動、行動ともにかなり天然な性格の性転換該当キャラ(一応性転換該当キャラではありますが、個別ルートに入った後の選択肢によっては、男性器が生えフタナリ女体化該当のキャラになります)「神代 乃亜(かみしろ のあ)」が登場します。また作中の性行為描写には、作中に登場する3人の女性キャラ(内一人は性転換該当キャラである母親)との性行為及びその女性キャラたちが妊娠した状態での性行為や性転換該当キャラである実の母親(実際は父親)との性行為及び、男性器が生えフタナリの女性の身体になった母親と女の子の身体になった主人公との性行為描写、フタナリの女性の身体になった実の母親の子供を妊娠した該当キャラと実の母親及び実の母親を含めた3人の女性キャラとの性行為などがありますので、苦手な方はご注意ください。

今作の攻略ルートは、大きく分けて、今作のメインヒロインで、前作、前々作に話が繋がるエンドもある「人形 由依」ルート(エンドは2つ)、「人形 由依」ルートに入った後でも選択肢の選び方でこのルートに入ることもできる「人形 藍依」ルート(エンドは2つ)、このルートに入った後の選択肢でハーレムエンドにも分岐する、性転換及びフタナリ女体化該当キャラ「神代 乃亜」ルート(ハーレムエンドも併せエンドは4つ)の3つでルート分岐が起こるまでの選択肢は12個(各ルートに入った後も選択肢によって「人形 由依」ルートと「人形 藍依」ルートは、ルートの変更ができ、「神代 乃亜」ルートは、選択肢の選び方で「神代 乃亜」個別エンドとハーレムエンドに分岐します)になり、エンドは8つ(該当エンドは、5つで内1つは、前作、前々作の話に繋がるフタナリ女体化該当の正史エンド)の回想シーンに登録されるシーンは29個(内該当シーンは、12個)で構成された、作中に登場する該当キャラ及び女性キャラ3人はフルボイスのオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品になります。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[女装で孕ませてっ]とその[女装で孕ませてっ]の続編に当たり、新たに女性キャラ1名と性転換該当のエンドが3つある、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[もっと! 女装で孕ませてっ]と同じ設定で舞台はこの2作品より前の時代になリ、前作、前々作の主人公の母親(実は父親)で、フタナリ女体化該当キャラとして登場した「神代 亜貴」を主人公とし、その主人公「亜貴」の一人称で話が進む、作中に登場する該当キャラ及び女性キャラ3人はフルボイスのオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品で、設定及び作中に登場するキャラクターの立ち位置と設定は、作中に登場する各キャラクターの性格は少し違うものの、前作、前々作と殆んど同じで、作中の性行為描写も含めて攻略方法も殆んど同じになりますので、前作、前々作をプレイしたことがある人には、作品の評価や好みが分かれる所はあると思いますが、今作の主人公「亜貴」が、女装して「リリエンヌ女学園」に通うまでに何処の学校に通っていたのかや総合格闘技の選手を目指す事になった理由など主人公及び作中に登場するキャラクターのキャラクター設定の掘り下げが行なわれており、今作のメインヒロインで、前作、前々作に話が繋がるエンドもある「人形 由依」ルートでは、重めの話の展開ではありますが、前作、前々作に繋がる話の経緯がしっかり描かれていて、この正史エンドの終わり方も前々作の話の冒頭に繋がる終わり方(母親になった「亜貴」にボイスが付いていないのは少々残念ではありますが)になっていて良いますし、設定的にもこのシリーズ作品の主人公の一族である、神代一族に受け継がれている「ある一定の年齢に達すると、女性の身体になってしまう呪」が何故受け継がれている理由など、このシリーズ作品の設定が、中々しっかり解説されていますので、前作、前々作の話が面白かった人には、中々面白くプレイできるのではないかと思います。また今作の作中に登場する攻略キャラ3人の性格が、天然の性格の姉「人形 由依」と実の母親「神代 乃亜(演技しているだけかもしれませんが)」とツンデレの性格の妹「人形 藍依」になっていて、今作の主人公「亜貴」が他のシリーズ作品以上に作中に登場する女性キャラたちに振り回される話の展開になっているのは面白く、話の内容も他のシリーズ作品よりしっかりしている印象を受けますので、作中に登場するキャラクターの性格が好みが合う人には、中々面白くプレイができる作品ではないかと思いますし、攻略ルートも「人形 由依」ルートと「人形 藍依」ルートは、個別ルートに入った後でも選択肢の選び方でルートが変更できる構成は中々面白く、攻略方法も他のシリーズ作品と同じですので、このシリーズ作品をプレイしたことがある人には、短時間ですべてのCGやエンドが見れて、各ルートの話の展開に集中できる構成になっているのではないかと思いますので、この作品シリーズが好きな人には、中々楽しめてプレイできる作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、前にこのブログでもご紹介した前作、前々作と該当設定は同じで、今作に登場する該当キャラは、最終的に女の子の身体になってしまい、メインルートである「人形 由依」ルートの前々作の話に繋がる正史エンドにて、男性器の生えたフタナリの女の子の身体になってしまう、前作、前々作の主人公の母親(実際は父親)として登場していた、性転換及びフタナリ女体化該当キャラになる主人公「神代 亜貴」と今作で初登場となる、基本的に性転換該当キャラではあるものの、個別ルート及びハーレムルートの主人公「亜貴」が最終的に女の子の身体になってしまい、妊娠してしまうエンドでは、明確な理由もなく突然男性器が生えて、フタナリの女性の身体になってしまう、「亜貴」の母親(実際は、やはり父親)である、該当キャラ「神代 乃亜」の2人で、主人公「亜貴」の該当シーンは、エンド4つを含め5つあり、「乃亜」も基本的に性転換該当キャラですので、「乃亜」個別エンド及びハーレムエンドを含め該当シーンが、7つ(内1つはフタナリの女性の身体になった「乃亜」の男性器を男の身体の「亜貴」が咥えるシーン)と前作、前々作に比べ、該当シーンは非常に多くなったものの、作中の該当シーンに関わる性行為描写は、前作、前々作と同じく、主人公である該当キャラが実の母親を孕ませる又は孕まされるなどの近親相姦描写が多くあり、特に「乃亜」ルートの主人公「亜貴」が最終的に女の子の身体になってしまい、妊娠してしまうハーレムルートの該当エンドでは、女の子の身体になってしまった「亜貴」が、ハーレムルートの該当エンドで突然、男性器が生えてフタナリの女性の身体になっている「乃亜」の子供を何故、妊娠したのかが、まったく描かれていませんので、全体的に該当シーンの話の展開や作中の性行為描写に作品の評価や好みが別れるのではないかと思います。しかしながら、今作の該当シーンの尺は全体的に長くなっていて、各該当シーンの話の内容も女性の身体になった「亜貴」及び「乃亜」の身体は女性の身体としては処女として描かれているなど成人向けの性転換モノの面白さはしっかりあるシーンが多くあり、前作、前々作をプレイしたことがある人には、母親になった「亜貴」が、今作のメインヒロイン「由依」や母親の「乃亜」の性格を真似ている印象を受けるのは面白いのではないかと思いますし、「人形 由依」ルートには、今までお嬢様風の言葉遣いだった「乃亜」が突然、男性っぽい言葉遣いに変るシーンが描かれていて、元々男性の身体だったことが解るシーンもあるのは良いと思いますので、設定的には、前作、前々作と同じ、作中の性行為描写を含めてあまり代わり映えのない印象を受ける所がありますが、話の展開やキャラクター設定には、前々作に繋がる内容がしっかりあって、このシリーズ作品が好きな人には、中々楽しめてプレイでき、該当作品が好みに合い、このシリーズ作品を始めてプレイする人にも、性行為描写などが好みに合えば十分に楽しめ、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

ずっと!女装で孕ませてっ
このブログでご紹介した、前作、前々作の該当作品です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
34391_p








女装で孕ませてっ

49032_p








もっと! 女装で孕ませてっ