主に一般向けの二次創作同人誌作品を製作されている、サークル[ある日の「る」]様の二次創作性転換(変身)該当作品です。

ある日の「る」
キョン子のある日

一般向けの二次創作性転換(変身)該当の同人誌作品で、枚数は、表紙などを合わせ、18ページになります。
作品としては、2009年9月に発行された、このブログでも幾つかご紹介したことがある、アニメにもなった某憂鬱シリーズを元ネタにし、その元ネタに登場する主人公がある日突然女の子の身体になってしまう話の展開の一般向けの同人誌作品を電子書籍化した作品になります。

個人的に作品としては、上でも書きましたがこの作品は、前にこのブログでも幾つかご紹介したことがある、アニメにもなった某憂鬱シリーズを元ネタにし、その元ネタに登場する主人公が、ヒロインの女の子と喧嘩したある日、突然気が付くと、自分の身体が何故か女の子の身体になってしまう、話の展開の2009年9月に発行された一般向けの該当の同人誌作品で、作中では、女の子の身体になってしまった該当キャラの戸惑いなどはあまり描かれておらず、少し人により好みが分かれる所があると思いますが、話の展開は、女の子の身体になってしまった事で、女の子の身体になった自分の事を知らないヒロインの女の子の別の姿を見ることになると言う、コミカルタッチに描かれた、ほのぼのとした話の展開になっていますので、全体的にあまり好みが分かれないで読めて、女の子の身体になった事で相手の別の姿を見ることになる恋愛要素のある該当作品的な面白さも中々ある話の展開になっていると思いますし、該当キャラが女の子の身体になった理由と原因も作中では中々しっかり描かれ、この作品と同じ元ネタの二次創作該当作品の中では、あまり見られない該当設定になっているのも中々意外で良いと思いますので、全体的にそれほど該当作品的な面白がある作品とは言えないかもしれませんが、この作品と同じ元ネタの二次創作該当作品が好みに合う人やあまり好みが分かれないで読める、ほのぼのとした一般向けの該当作品が好みに合う人には、作品収集の面を含めて、好みが合えば中々面白く読める所がある良い二次創作該当作品ではないかと思います。