成人向けの二次創作同人誌作品を製作されている、サークル[STUDIO TIAMAT]様の二次創作性転換(変身)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

STUDIO TIAMAT
かずみっくす 吉永和巳の受難

二次創作性転換該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、28ページになります。
作品としては、2006年8月に発行された、アニメにもなった、喋る犬の石像が門番を務める家族とその周囲の生活を描いた、某ライトノベル作品の喋る犬の石像が門番を務める家族の長男である男子学生が、「性転換薬で女の子の身体になってしまい、その性転換薬を作り出した、男性キャラに抱かれ、女の子の身体での快感を味わってしまう」話の展開の二次創作性転換該当作品の同人誌作品を電子書籍化した作品で、二次創作の該当作品ですので、カップリングなどが苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、アニメにもなった、喋る犬の石像が門番を務める家族とその周囲の生活を描いた、某ライトノベル作品の喋る犬の石像が門番を務める家族の長男である男子学生が、「性転換薬で女の子の身体になってしまい、その性転換薬を作り出した、男性キャラに抱かれ、女の子の身体での快感を味わってしまう」話の展開の二次創作性転換該当作品の同人誌作品で、この作品は2006年8月に発行された少し古い作品になりますので、元ネタの作品を知らない人や作中の該当キャラと男性キャラとのカップリングなどに好みが分かれると思いますが、絵柄はあまり好みが分かれない絵柄で良く、話の展開も、上で書いたように少し作中に登場するキャラクターなど元ネタの作品を知らないと解かりにくい所があると思いますが、成人向けの該当作品らしい正統派の話の展開になっていて、成人向けの該当作品の面白さは十分にある作品ではないかと思いますので、元ネタの作品を知らない人でも成人向けの該当作品が好きな人には、中々面白く読める該当作品ではないかと思いますし、元ネタの作品を知っている人にも、作中に登場するキャラクターの行動など中々元ネタの作品らしさがでている描写があって面白く、作品収集の面でも、元々この作品の元ネタの作品の二次創作作品はあまり見た事がなく、この作品の元ネタの二次創作該当作品もこの作品以外は見た事がなくて、非常に珍しい元ネタの二次創作該当作品だと思いますので、元ネタの作品を知らない人には、人により好みが分かれる所はある作品だと思いますが、この作品に興味がある人や成人向けの該当作品が好きな人には、中々オススメできる正統派の内容の該当作品ではないかと思います。