成人向けの作品ですのでご注意ください。

女体化少年アンドロイドVS女アンドロイド

作品内容
前回の「アンドロイド少年に犯される女博士と女体アンドロイド」の続き物です。

女体化改造をされたアンドロイド少年 AN-01ロット!

自ら製作した少年型アンドロイド AN-01 ロットにより、
まさかの辱めを受けた天才女博士 裕子(ゆうこ)

復讐に燃える裕子は、AN-02 ル・マリアよりもさらに高性能女アンドロイドである
AN-03 ラ・セシリアを作り出す。

抗触手、抗機械触手コーティングを身につけたラ・セシリア。
ご主人様である裕子の命により、ロットを拘束し、女体化に改造!

ロットは女体化され、特殊触手により性器を強制的に製造。
乳首から特殊液で胸が肥大。
肛門から特殊液を注入され、身体全体が敏感になり、
ロットのあらゆる穴を攻撃!
絶頂の寸止め焦らし責めに苦しむロット!
排泄欲が強引に高まり、ロットは無残に浣腸排泄!

しかし、ロットは反撃、
ラ・セシリアを拘束して、焦らし攻め。
フタナリにされ、母乳をだすたびにイク寸前まで逝くラ・セシリア。
母乳を連続で出しながら、絶頂寸止め攻めの連続攻撃に悶え狂う!
さらに浣腸までさせられ、排泄と同時に絶頂を迎え、屈辱の産卵行為へと向かうのだった。

成人向けのCG+ノベル作品やCG集を制作されている、サークル[そるでいあ]様の個人的に該当としては、少し違うかも知れませんが、女体化(フタナリ女体化)該当作品です。
上の作品内容に該当は書かれていますし、少し違うかもしれませんが、該当は「自分を製作した、天才女博士「裕子」に失敗作として廃棄されそうになった事をきっかけに反旗を翻し、自分よりも高性能の女アンドロイド、MAN-02「ル・マリア」と「裕子」を触手で陵辱し、逃げ出した少年型アンドロイド、AN-01「ロット」だったが、「ロット」に復讐しようと「裕子」が新たに作り出した、「ル・マリア」よりもさらに高性能で、「ロット」が使う触手に対して、抗触手、抗機械触手コーティングも施された、女アンドロイド、AN-03「ラ・セシリア」に切り札の触手を封じられて、あっさり敗北し、拘束されてしまう。そして、「裕子」が受けたことと同じことを「ロット」に行なうことを、「裕子」から命令された「ラ・セシリア」の操る触手に拘束され、その触手から出る特殊液を胸や肛門などに注入され、触手によって男性器の下に女性器まで作られ初めてしまった、「ロット」の身体は、自分の男性器に巻きついた触手に男性器を嬲られて行く内に徐々に胸が女性のように大きくなり、母乳が出るようになり、男性器を残したフタナリの女性の身体に改造されてしまう。しかし、男性器を残し、フタナリの女性の身体に改造し、自分の身体を嬲る触手に絶頂の寸前の焦らし責めを味合わされて、苦しむ「ロット」だったが、密かに肛門や自分自身の精液に仕込んでいた、ウイルスによって「ラ・セシリア」の操る触手のコントロールを奪取して、逆に「ラ・セシリア」を拘束して、調教してしまうのだった」です。

オリジナルの女体化(フタナリ女体化)該当のCG集(ノベル付きCG集)で、枚数は、基本CG13枚に差分などを含めて45枚になります。
作品としては、前にこのサークル様が製作した[アンドロイド少年に犯される女博士と女体アンドロイド]の続編に当たる[アンドロイドシリーズ]の2作品目の細かく45個に分かれて構成された、ノベル付きのCG集で、作中の話の展開は、冒頭から15個までの話では、男性器を残しフタナリの女性の身体に改造された該当キャラが触手に襲われる話の展開で、その後の話の展開は、該当キャラを触手に襲わせていた女性キャラが、逆に該当キャラが操る触手に襲われ調教される展開になります。また作中の性行為描写には、男性器を残しフタナリの女性の身体に改造された該当キャラや作中に登場する女性キャラが、触手に襲われ描写などがあり、他にも浣腸、搾乳、産卵などのマニアックな性的描写がありますので、苦手な方は、ご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に細かく45個に分かれて構成された、フタナリ女体化モノのノベル付きのCG集で、CGも含め作中の性行為描写には、浣腸、搾乳、産卵などのマニアックな性的描写があり、該当シーンも前半の15個目までのシーンが該当になりますので、全体的にサークル様の他の該当作品より該当シーンの割合が少なく、CGの絵柄、フタナリ女体化該当の作品であることを含めて、該当作品としては、人によって、作品の評価や好みが分かれる所はあるのではないかと思いますが、話の展開は、このサークル様の他の該当作品と同じく、中々しっかりとした話の展開で、該当シーンの展開もこのサークル様のフタナリ女体化該当作品らしい展開になっていて、このサークル様の該当作品が好きな人には、中々楽しめる作品だと思いますし、作品としても、続きモノの作品ではありますが、前作の話を読んでいない人にも中々読みやすい作品ではないかと思いますので、全体的に該当シーンが少なく、作中の性行為描写などに好みが分かれる作品ではありますが、このサークル様の作品が好きな人やこの作品に興味がある人には、中々楽しめる作品ではないかと思います。
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[そるでいあ]