強制女体化モノの同人誌作品(イラスト+ノベル作品)を製作されている、サークル[misamisa]様の性転換(変身)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

NO.56 ♀奴隷に堕ちた♂

作品内容
2100年、遺伝子工学の進歩により、生まれつき遺伝子の優劣が判別できるようになっていた。

遺伝子検査により潜在的な性犯罪者として収容所での人生を余儀なくされていたNO.56(♂)。

解放されるためには、遺伝子操作による性転換の後に♀奴隷として一年間調教されなければならなかった。

フェラ、SEX、外出プレイ、4P、強姦....

いやらしい♀奴隷の体の穴という穴を犯される一年間の調教。

「あん、ああん、いやっ」

意思とは反して発せられる淫乱な喘ぎ声。

遺伝子操作の副作用で徐々に昔の記憶が薄れていくなかで、従順な♀奴隷へと堕ちていくNO.56。

一年間の調教の末、♀奴隷に堕ちた♂が最後に言った願いとは...

オリジナルの性転換該当の同人誌作品(イラスト+ノベル作品)で、枚数は表紙などを含めて29ページ(表紙を含めて挿絵は7枚)になります。
作品内容にも該当は書かれていますし、少し違うかもしれませんが、該当は「遺伝子工学の進歩により、生まれたての赤ん坊の時点で、その人間の遺伝子に備わっている潜在的な能力が明かされ、遺伝子に優れた能力を持つものは、その才能を埋もれずに開花され、逆に将来的に凶悪な犯罪を起こす可能性が高い遺伝子群(通称「Type-D」)を持つものは、不幸にも生まれた時から潜在的な凶悪犯罪者として収容所に収監されて一生を過すことになり、その収容所に収監された人物は、その収容所から出る機会はごく僅かしか与えられない、2100年の世界で、将来、凶悪な性犯罪者になる可能性が高い遺伝子「Type-D41」を持つことから、生まれた時から収容所に収監され、十数年間生きてきた、収容所で「NO.56」と呼ばれる男性の主人公は、ある時、幸運にも生きたままこの収容所を出ることを許されたが、そのためには、人間にまだ投与したことがない、体内のY染色体をX染色体に変えることが出来る新薬(性転換薬)の実験体になり、自分の身体を女性の身体に変えられた上に今後、性犯罪を起こさないように確認するために一年間、雌奴隷として調教されることになってしまう。そして、人間にまだ投与したことがない新薬の性転換薬を首筋に打たれ、その薬の副作用のためか一般の女性より快感を感じ易い淫乱女性の身体に変えられてしまい、収容所から出る事になる一年後までの間、始めて人としての名前「ミサ」と言う、雌奴隷としての名を与えられ調教されることになった、「NO.56」と呼ばれていた元男性は、日々行なわれる雌奴隷として調教されていく内に、遺伝子レベルで女性の身体に変えられた為に「NO.56」と呼ばれていた頃の男性としての記憶を徐々に失い、精神も崩壊し、「ミサ」と言う名の従順な雌奴隷の女性になっていってしまう」です。

作品としては、7つの章(Day 1、Day 4、Day 30、Day 100、Day 200、Day 300、Day 365)に分かれ、漫画風のコマ割りで描かれた挿絵6枚と表紙1枚を含めて、29ページで構成されている、生まれた時から遺伝子の優劣が判別される世界で、将来的に凶悪な性犯罪者になる可能性が高い遺伝子を持っていた為に将来的に凶悪犯罪者になる可能性がある人間を収監する収容所に生まれた時から入れられ、そこで人間としての名前も与えられず、ナンバーで呼ばれている主人公の男性が薬によって女性の身体に変えられ、雌奴隷として調教される、主人公にまったく救いのない話の展開のイラスト+ノベル作品で、作中の性行為描写には、女性の身体になった該当キャラが男性に調教され、男性や衆人観衆の前で2人の男性に犯される描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に7つの章に分かれ、漫画風のコマ割りで描かれた挿絵6枚と表紙1枚を含めて、29ページで構成されている、主人公にまったく救いのない話の展開のイラスト+ノベル作品で、作中の性行為描写には、女性の身体になった該当キャラが男性に調教され、男性や衆人観衆の前で2人の男性に犯される描写などがあるものの、話が短いこともあってか、作中の性行為描写は、あっさりとしていて、あまり好みが分かれずに読める作品だと思いますが、価格に比べて、ページ数が少なく、テキストも縦書きの作品ではあるものの、該当キャラの名前や章題などに英数が多用され、英数は横文字で表示されていますので、全体的に挿絵の絵柄も含めて、作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますし、話の展開も、生まれた時から収容所に収監されて、自分というものが殆んどない世界で生きてきた該当キャラが、薬によって女性の身体に変えられ、雌奴隷として調教される、と言う設定と話の展開で、ページ数が少ないこともあってか、早い段階で該当キャラの言葉遣いが完全に女性の言葉遣いになり、該当キャラの心理描写なども殆んど描かれていませんので、成人向けの強制性転換モノの面白さは、全体的に薄い作品になっていると思います。しかしながら、挿絵は、好みが分かれる絵柄であるものの、漫画風に描かれて、章の最後に挿絵を入れて章の終わりをシメているのは中々良い構成だと思いますし、話の展開自体も、それなりにまとまっている調教モノらしい話の展開になっていて、生まれた時から収容所に収監されて、ナンバーで呼ばれていた該当キャラが、女性の身体に変えられて雌奴隷として調教される事になって、初めて名前を与えられた事に絶望し、雌奴隷としての調教が進むに連れて、男性としての性的欲求も失い、人間としての精神が崩壊していく展開などは、中々成人向けの性転換モノらしさが出ていて、好みが合う人には、中々悪くはない話の展開の作品だと思いますので、価格も含めて、人によって作品の評価や好みが大きく分かれる作品だと思いますが、自分の用に該当作品を収集している人は、今後、このサークル様が制作される該当作品に期待しても中々良いのではないかと思う作品です。


ONLY ♀ IN ♂S

オリジナルの性転換該当の同人誌作品(イラスト+ノベル作品)で、枚数は表紙などを含めて33ページ(表紙を含めて挿絵は3枚)になります。
このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。