成人向けの作品ですのでご注意ください。

きみはまだ本当の獣を抱けない

一般向けや成人向けの二次創作の同人誌作品を制作し、男性向け及び女性向けの多数の二次創作女体化該当作品を数多く制作している、サークル[Romanesque(現在のサイト名は、ドッペルゲンガー迷い猫になっています)]様の二次創作女体化該当作品です。

二次創作女体化該当の同人誌作品で、枚数は、表紙などを含めて40ページになります。
作品としては、前にこのブログでも幾つか、ご紹介したことがある、東京・池袋が舞台の欧州(アイルランド)の妖精の一種である、「デュラハン(性別、女性)」が主人公のライトノベルを元ネタとした、このサークル様の女性向けの二次創作女体化該当の同人誌作品[365日俺が愛した君と]や[にょたしず!]と同じカップリングの作品ではありますが、女体化該当キャラが反対になっている、少し甘めでシリアスな恋愛モノの話の展開の作品で、2011年5月に発行された、同人誌作品を電子書籍化した作品になります。

個人的に作品としては、前にこのブログでも幾つか、ご紹介したことがある、東京・池袋が舞台の欧州(アイルランド)の妖精の一種である、「デュラハン(性別、女性)」が主人公のライトノベルを元ネタとした、このサークル様の女性向けの二次創作女体化該当の同人誌作品[365日俺が愛した君と]や[にょたしず!]と同じカップリングの作品ではありますが、女体化該当キャラが反対になっている、少し甘めでシリアスな恋愛モノの話の展開の作品で、少しネタバレになりますが、話の展開としては、該当キャラとその相手役になる男性キャラの高校時代の話からその5年後に男性キャラが子供が出来た該当キャラに再び出会う話の展開になっていて、作中の性行為描写は濃い目ではあるものの、しっかりとした話の展開の恋愛モノの作品になっていると思いますので、恋愛モノの作品としては、中々正統派の作品になっているのではないかと思いますし、価格的にもページ数に比べて、それほど高くはなく、同じカップリングの女性向けの二次創作女体化該当の同人誌作品[365日俺が愛した君と]や[にょたしず!]とは、まったく違う雰囲気の作品になっているのも中々面白いのではないかと思いますので、カップリング的にBLモノ的な印象を受け、作品の評価や好みが分かれる所はあると思いますが、この作品に興味がある人や元ネタの作品が好きで、このカップリングが好みに合う人は、購入を考えても面白いのではないかと思う作品です。
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[Romanesque]