オレンジチョコレート 6 (花とゆめCOMICS)オレンジチョコレート 6 (花とゆめCOMICS)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
作品内容
体育祭編突入!! 生徒会として張り切るちろと、ある理由で参加を渋る律。そんな中、要注意人物のハルが遊びに来て…!?

2011年4月に白泉社(花とゆめコミックス)から発行され、月刊誌「別冊・花とゆめ」にて、連載されている入れ替わり該当作品[オレンジチョコレート]の第6巻です。

今回の話は、この第6巻に収録された、21話から24話までの内、21話から23話までが、前にご紹介したこの作品の第5巻にも予告があった、体育祭編になり、24話は、「呼水 千尋(ちろ)」と「右近」の二人が商店街でやっていた、福引にハマ(主に「右近」が)ることになってしまいます。

入れ替わり該当作品としては、個人的に今回も入れ替わり該当のシーンは、21話から23話までの体育祭編で2回該当シーンがあった程度で、入れ替わりモノの面白さは薄い印象を受けるかもしれませんが、話の展開は面白く、体育祭編では、実は運動音痴(本来は運動神経はそれなりにあるはずなのだが、女形の舞とは、違う動きをするために通常の運動と呼べるものが苦手らしい)の「姫野 律」と運動神経抜群の「呼水 千尋(ちろ)」が入れ替わって、「律」の身体に備わっている運動能力をフルに発揮している所や「律」の身体に入っている「ちろ」が見せる表情に「律」が驚いている所など、入れ替わりモノの良さが出ているシーンがありますし、他にも第4巻の最後から登場している、「ちろ」と「律」の入れ替わりに薄々気が付いてきているアーティスト「ハル」の行動や「律」の「ハル」に対しての態度なども面白く、24話の話の話の展開も含めて、登場するキャラクターの個性が良く出ている巻だと思いますので、今回もこの作品が好きな人には楽しめる内容になっていると思います。
このブログでご紹介した、1巻~5巻です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
オレンジチョコレート 1 (花とゆめCOMICS)
オレンジチョコレート 1 (花とゆめCOMICS)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
(2009-06-19)


オレンジチョコレート 2 (花とゆめCOMICS)オレンジチョコレート 2 (花とゆめCOMICS)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
(2009-11-19)


オレンジチョコレート 3 (花とゆめコミックス)オレンジチョコレート 3 (花とゆめコミックス)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
(2010-03-19)


オレンジチョコレート 4 (花とゆめCOMICS)オレンジチョコレート 4 (花とゆめCOMICS)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
(2010-07-16)


オレンジチョコレート 5 (花とゆめCOMICS)オレンジチョコレート 5 (花とゆめCOMICS)
著者:山田 南平
販売元:白泉社
(2010-12-17)