目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた (あとみっく文庫)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた (あとみっく文庫)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
作品内容
退魔師の分家筋に生まれた一条遼は、ある夜目覚めると身体が女になっていた!!さらに時を同じくして従妹の結女が、鬼への生き贄「鬼慰姫」として狙われ始める。遼は結女を守る「鬼斬姫」の役割を果たすため、身体が女体化したらしく!?鬼斬姫となって退魔の力を得た遼は、果たして鬼たちの手から片思い中の従妹を守れるのか。

2011年1月にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行された、性転換(変身)該当作品です。
少し違うかも知れませんが、該当は「大昔から「鬼」を使役し、魑魅魍魎を討ち祓ってきた退魔師の一族「一条家(「鬼」を操り、使役する鬼操師の能力は一族の女性にしか芽生えない)」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれ、今は、「戻橋学園高等学校(因みに一条宗家が経営する学園で、男女の性別で、クラス分けがされている)」に通う1年生で、華奢な体格と男っぽさの欠片もない童顔の少年「一条 遼」は、ある夜、夕食後の入浴を済ませ、自分の部屋で、数分間、居眠りをしてしまい気がつくと自分の身体が、鴉の濡れ羽のような色をした長い髪で、切れ長な瞳と凛とした美貌が特徴の胸が巨乳の女性の身体に変化してしまい、女性の身体になった自分の身体に強い好奇心と困惑を持ってしまった矢先に突然、隣の家に住む、「遼」が恋心を抱く、穏やかな目元の呑気そうな美貌の従妹の少女「一条 結女」の悲鳴を聞き、女性の身体のまま、隣の「結女」の部屋に飛び込み、異形な姿をした巨漢の男「鬼」を絶大な身体能力と突然現れた、二尺を超える太刀で倒してしまう。そして、両親と「結女」の両親から「結女」が「鬼」に襲われ、自分の身体が女性の身体になった事情を聞き、自分の身体を女性の身体に変えて、鬼を討ち倒し葬り去る力を持つ、鬼切の太刀「斬鐘」を使う事が出来る「鬼斬姫」として一族の中でも純粋で強大な霊力を持っているために、一族に恨みを抱く「鬼」達から狙われ始めた「結女(「鬼」達は生贄として選ばれた者を「鬼慰姫」と呼んでいる)」を護ることになった「遼」は、「鬼」倒した次の朝、元の男の身体に戻り「戻橋学園」に登校したが、そこで、「遼」と「結女」の幼馴染で、同じ学園に通う少女「坂谷 希美乃」に憑依した「鬼(鬼族は本来霊的な存在の為、人に憑依して実体を得ることが多いらしい)」に襲われ、再び「鬼斬姫」としての女性の身体に変わり、なんとかその憑依した「鬼」を倒すことができたが、何故か元の男の身体に戻れ無くなってしまい、元の身体に戻るまで、「遼」の双子の姉「一条 はるか」と名乗り、「結女」と「希美乃」の女子クラスに編入して、女性の身体で学園生活を送りながら、「結女」を「鬼」から護ることになってしまう」です。

作品としては、本書のあとがきにも書いていますが、このブログでもご紹介した、2009年11月から2010年10月の間にキルタイムコミュニケーション(あとみっく文庫)から発行され、電子書籍版も配信されている、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]の世界の約15、16年後を舞台とし、[ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神]の終章で、少し出てきた退魔師の一族「一条家」の退魔能力を捨て、平穏な暮らしを選んだ分家筋に生まれた、ごく平凡な高校生の男女が主人公の学園ラブコメ作品で、初回特典には、書き下ろし短編つきのリバーシブルポスターが付いています。また作中の性行為描写には、女性の身体になった該当キャラが複数の男性や「鬼」に襲われる等、陵辱要素の強い描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前作[ピルグリムメイデンシリーズ]では、今作と同じく学園が舞台ではあるものの、該当キャラ「斉木 冬馬」の設定と話の展開からか、学園での女性の身体になることは、余り無く、あっても性転換モノのお約束的なシーンは少なかった印象が有りましたが、今作では、主人公である該当キャラ「一条 遼(はるか)」が話の最後まで元の男性の身体に戻れなくなり、女性の身体のまま学園生活を送ることになりますので、学園での着替えやトイレ、友人の男子生徒に告白されるなどの性転換モノのお約束的なシーンや学園での行われるプール開きイベントに水着を着て参加する等、前作以上に学園を舞台とした性転換該当作品としての面白さは十分あって、性行為描写には、陵辱要素の強い描写がありますので、人により好みが分かれる所はありますが、殆んどのHシーンは、該当キャラがメインで絡むシーンがほとんどですので、成人向けの性転換モノが好きな人には楽しめるシーンが多い作品だと思います。また戦闘シーンは前作よりは派手さは無いものの全体的に話の展開は面白く、少しネタばれになりますが、終わり方も成人向けの性転換モノらしく元の男性の姿に戻った「遼」が、再び女性の身体に戻る終わり方で、次の話も期待できる終わり方になっていると思いますので、学園を舞台とした成人向けの性転換該当のラブコメ作品が好きな人には、前作以上に楽しめる、オススメの良作だと思います。

DLsite.comでも発売されました。

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた
このブログでご紹介した、第2巻と第3巻です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた2 (あとみっく文庫 31)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
(2011-05-27)


目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた3 (あとみっく文庫 37)
著者:狩野景
販売元:キルタイムコミュニケーション
(2011-11-21)


このブログでご紹介した、前作にあたる、性転換(変身)該当作品[ピルグリムメイデンシリーズ(全3巻)]です。このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
ピルグリムメイデン 深紅の巡礼聖女 (あとみっく文庫 8)
ピルグリムメイデン 深紅の巡礼聖女 (あとみっく文庫 8)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2009-11-30)

ピルグリムメイデンII白装の騎士 (あとみっく文庫)ピルグリムメイデンII白装の騎士 (あとみっく文庫)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2010-03-29)

ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神 (あとみっく文庫)ピルグリムメイデンIII 復讐の魔神 (あとみっく文庫)
著者:狩野景
キルタイムコミュニケーション(2010-11-02)