成人向けのCG+ノベル作品を制作されているサークル[懐川かがり]様の性転換該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

万世橋大学魔法研究会  キゼラの淫転換術

作品内容
万世橋大学魔法研究サークル新入部員の白川和希は見た目がとても可愛らしく
女の子みたいな男の子。
副部長の工藤裕也はそんな和希を好きになってしまい、禁断の魔法を和希に施す。
見事なまでの豊満な女性となった和希は自分に起こったあまりの出来事に驚くが
淫乱魔術であるため、自ら妖艶な裸体を見せつけ女豹の様に裕也を悩殺する。
まるで百戦練磨の熟女の様な性技により淫らな夜は更けてゆく、、、。

オリジナルの性転換該当のCG+ノベル(挿絵つきのノベル作品)作品で、枚数は基本CG15枚に表紙やサイズの違うCGを含め、合計31枚になります。
上の作品内容にも該当は書いてあるので解かると思いますが、該当は「万世橋大学魔法研究サークルに新入部員として入部した、見た目がとても可愛らしく、女の子みたいな男の子「白川 和希」は、本当は巨乳フェチの無類の女好きであるはずなのに「和希」を好きになってしまった、副部長「工藤 裕也」に騙されて、禁断の淫乱魔術「キゼラの淫転換(この魔術には、解除魔術は存在しない)」を施されてしまう。そして自分の身体が、見事なまでの豊満で淫乱な女性の身体に変化し、心までも淫乱な女性の心に変化してしまった「和希」は、自ら妖艶な裸体を見せつけ女豹の様に「裕也」を悩殺する」です。

性転換該当作品としては、個人的に大きく全5章に分かれて、構成されたCGノベル作品で、全体的に話自体は少し短めですが、テキストは読みやすく、しっかりまとまっているシンプルな話の展開で、該当が「魔術を掛けられ、身も心、そして言葉遣いまでも淫乱な女性になってしまう」ですので、少し性的描写に成人向けの性転換モノの面白さは少ない所はあるかもしれませんが、終わり方も含めて、全体的に性転換モノの面白さは十分あって、性転換モノが好きな人には十分楽しめる作品だと思います。また挿絵は、少し絵的に好みが分かれる挿絵ではないかと思いますが、該当キャラが徐々に女性の身体になっていく所や心が徐々に淫乱な女性の心に変化していく所の挿絵等もあって、良いと思いますので、挿絵や話の展開に少し好みが分かれる所はありますが、短めのシンプルな話の展開ながら成人向けの性転換モノの面白さは、しっかり有り、短時間で読める良い作品ではないかと思います。