成人向けの作品ですのでご注意ください。

彼女にまつわる2,3の事情

作品内容
あこがれの紅井碧に恋文を渡しに来た佐藤一夫は碧の姉の葵に拉致られ、精神交換の実験台にされてしまう。
かくして3人の意識はシャッフルされて倒錯3Pへ。
南京まーちゃん名義のTSFです。

成人向けの商業マンガや同人誌作品で、入れ替わり該当の作品や性転換該当の作品を[南京まーちゃん]名義で描かれている、漫画家[田中雅人]様の個人サークル[黄昏通信]の入れ替わり該当作品です。
該当は「あこがれの「紅井 碧」の家に恋文を渡しに来た「佐藤 一夫」は、そこで出会った、「碧」の姉で、科学者の「紅井 葵」に気絶させられて、気が付いたら、身体を縛られ、丁度家に帰って来た、「碧」と共に「葵」の開発している「意思疎通装置」の実験台にされ、再び気絶してしまう。そして、再び気がついた時には、「意思疎通装置」の実験は失敗して、「一夫」の意識が「葵」の身体の中に入ってしまい、その上、「一夫」の身体には、「碧」の意識が入り、「碧」の身体には、「葵」の意識が入ってしまう」です。

オリジナルの入れ替わり該当の作品で、枚数は表紙を含めて、全18ページになります。
作品としては、2007年12月にサークル[入れかえ魂]様から発行された、同人誌作品[コミック入れかえ魂 Vol.6]に掲載された短編作品で、シュチエーションが、複数の男女による性行為描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

入れ替わり該当作品としては、個人的に枚数は、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の入れ替わり該当作品[僕とあの子の交換日記]より少なく、終わり方に作品の評価や好みが分かれるかも知れませんが、話の展開は、明るめで性行為描写もそれほど濃くなく、該当キャラの一人「佐藤 一夫」が、「紅井 葵」の身体で、自慰行為をしたり等、成人向けの入れ替わりモノの面白さは十分にあると思いますし、前作では、性的描写に直接的な性行為描写が無く、成人向けの入れ替わりモノの作品としては、少し作品の評価が分かれる所はあるかも知れないと思った作品でしたが、今回の作品は、身体と精神が入れ替わった、3人の男女の性行為描写がメインの作品になっていますので、成人向けの入れ替わりモノの好きな人には、楽しめる作品だと思います。また今回の作品も価格が安く、気軽に購入でき、好みが分かれずに読める、成人向けの入れ替わりモノが好きな人には、オススメできる良作だと思います。
このブログでご紹介した、このサークル様の該当作品の紹介文には下のサークル名から行けます。
サークル[黄昏通信