成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_029803prドラッグ性転換病棟




作品内容
ある病院で看護婦や女患者を食いまくってセックスライフを送っていた主人公は、婦長や看護婦の罠に落ち、
怪しげな薬で性転換させられてしまう。

女体化に戸惑い、一週間以上風呂に入っていないような男性患者の臭いペ○スをフェラチオさせられ、出来立ての処女マ○コに挿入される。

昼夜を問わないセックス調教を受けた主人公は、中出し孕ませ大好きの肉便器に堕ちていくのだった。

成人向けのCG+ノベル作品や同人ゲーム、CG集を制作されている、サークル[みるくどろっぷ]様の性転換(変身、男性化)該当作品です。
該当は「ある大病院で看護婦や女患者を食いまくってセックスライフを送っていた、不良患者「瀬川 倫明」は、婦長や新人看護婦の罠に落ち、眠らされている間に錠剤状の怪しげな薬(男は女に女は男に性転換する効果がある薬)を飲まされ、目覚めたら、自分の身体が、見た目が少し幼い感じがする、貧乳の女性の身体に性転換させられてしまった上に、性転換する効果がある薬を飲んで男の身体に性転換した、婦長や新人看護婦に襲われてしまう」です。

オリジナルの性転換該当のCG+ノベル作品(台詞付CG集)で枚数は、基本CG13枚に差分を含め、全
48枚になります。
作品としては、個人的に話は、一人称で話が進み、話の中盤まで薬を飲んで男に性転換した婦長に襲われ、調教されていく展開とCGに薬で女にされた「瀬川 倫明(倫子)」にメガネ着脱差分が付いているのが特徴だと思う、台詞付きのCG48枚で構成された、ストーリー仕立てのCG+ノベル作品で、シュチエーション的に多少陵辱要素が強く、他にも女性同士の性行為等のシュチエーションがありますので、苦手なシュチエーションがある方はご注意ください。またCGには、ゲーム作成ソフト、ブランド[『G.J?』]の「佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります を使用して、作成された作品になります。

性転換該当作品としては、個人的にこのブログでもご紹介したこのサークル様の性転換該当作品[女体化性転換病棟]と設定的には殆んど同じ設定の作品ですが、話の中盤まで、薬を飲んで男に性転換した婦長(性転換した後のしゃべり方は男性のしゃべり方になっています)に襲われ、調教されていくのが特徴の1つだと思う作品で、他の成人向けの性転換該当作品では、あまり見られない、結構珍しい話の展開で面白いと思いますし、この作品のもう一つの特徴だと思う、薬で女に性転換された「瀬川 倫明(倫子)」にメガネ着脱のCG差分が付いているのですが、このCG差分の所為で、多少、話が読みにくい構成になっている印象を受けましたが、該当キャラがメガネを掛けていなくても机にメガネが置いてあって、CG的には細かい所の差分だと思いますが中々面白い構成の作品だとも思います。またシュチエーション的に多少陵辱要素が強く、該当キャラの喋り方など少し性転換モノの雰囲気が薄い所はあるかもしれませんが、話の最後に「瀬川 倫子」のプロフィールも載っていたりと全体的に話の展開が特徴的で、成人向けの性転換該当作品の雰囲気は良く出ている作品だと思いますので、性転換モノが好きな人には、中々面白い作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

ドラッグ性転換病棟
このブログでご紹介した、サークル様の他の該当作品には、下のサークル名から行けます。
サークル[みるくどろっぷ]