成人向けの作品ですのでご注意ください。

MinDeaD BlooD~支配者の為の狂死曲~DVD SpecialEdition
ストーリー
バブル期に計画され、頓挫した一大アミューズメントパークを利用して建設された人工の高級リゾート地「千砂倉」。
その都市の中央にある「佐伯邸」と呼ばれる洋館の地下で目を覚ました“七瀬しずる”(主人公)は、
自分がふたりの少女によって血を吸われ、不死身の吸血鬼として生まれ変わったことを知る。
欲望のままに、その吸血鬼の力を使って美少女達の血を啜っていくしずるだったが、
そんな彼を狙って吸血鬼ハンターの少女が迫りくる!

「吸血鬼は――全て排除する――!」――吸血鬼に仇名す少女の名は“榊悠香”。

運命に導かれるようにふたりは出会い、そして物語が紡がれていく……。

性転換該当作品[闇の声]を制作した、ブランド[Black Cyc]の性転換(変身)該当作品です。
少し違うかも知れませんが、該当は「千砂倉の街で一人暮らしをしている少年「小泉 涼」は、アルバイト探しをしている最中に吸血鬼の双子の姉妹「園原 麻由」と「園原 麻奈」に出会い興味を持たれ、「麻由」と「麻奈」に血を吸われ吸血鬼になった、過去の記憶を失った主人公「七瀬 しずる」に満月の夜に捕まり、「麻由」と「麻奈」に血を吸われ、ミイラ化してしまう、そのため佐伯邸の地下墓所に放り込まれ、放置されていたところ、「しずる」が、気まぐれにミイラと化した「涼」に血を与えたその夜、ミイラから復活し、佐伯邸から自宅に逃げ帰り、鏡を見たら女の身体になっていた」です。


作品としては、2004年6月に制作された作品[MinDeaD BlooD~支配者の為の狂死曲~]に主人公以外完全フルボイス、新メインテーマを収録した、完全版として、リメイクされた作品です。該当シーンは、5つになります。
話は、メインシナリオが、3章に別れていて、メインシナリオをクリアーするたびに、シナリオが変化していく作りになっています。そのため単純に3周しなければメインシナリオすべて見ることはできません。
ゲームシステムは、このブログでもご紹介した、同じブランドの性転換(変身)該当作品[闇の声]シリーズと同じようなシステムで、島の各場所に「七瀬 しずる」と「麻由」と「麻奈」の吸血鬼姉妹の2組を配置(もしくは同じ場所に)することにより、各場所にいる2人のキャラクターを中心としたイベントが見られ、左上に表示されている月の満ち欠けや「しずる」がキャラクターをどの位吸血したかによってもイベントが変化するのが、特徴的な吸血感染アドベンチャーゲーム作品です。
残虐シーンや拷問シーンなどシュチエーションがマニアックで、濃い描写が有りますのでご注意ください。

個人的にストーリーも良く、バトルシーンも有り、メイン、サブを含めて、登場するキャラの数が多く、ゲーム性がとても高く、シーンやエンドも多く、初めてのプレイでメインシナリオのエンドを見ることはでき無いと思う、とにかく話やシーンの印象が強く、長く楽しめる良作だと思います。またメインシナリオに入れず、初めて、ゲーム攻略サイトのお世話になったのも個人的に印象深い作品です。また、一度、エンドを見ると、イージーモード(日数が表示されるのと「しずる」の吸血度が表示されます)が使用できるのも特徴的な作品です。

性転換該当作品としては、個人的に登場キャラが多いことも有りCGと該当シーンは、少なめだと思いますが、テキスト自体は、結構性転換モノの良さが有ると思いますので、結構良い作品だと思います。また作品としては、メインシナリオのストーリーは、とても良いと思いますし、登場キャラクターも全体的に良いと思う、ゲーム性も高いと思うのですが、シーン関係の描写は人により好みが分かれると思います。また個人的には、ゲーム性が高く、やり応えがあって楽しめた、面白いオススメの作品です。

このブランドの性転換該当作品で、このブログでご紹介した作品です。
紹介文にはタイトルから行けます。


闇の声特別編


闇の声 II


闇の声III~五芒三欲魔方陣~


闇の声異聞録

個人的に普通にゲームをプレイした場合は該当シーンに行きにくいと思いますので、一応該当シーンへの行きかたも載せておきますが、自分がゲームをプレイしてでのルートですので、もしかしたら進行の状況によっては見れないかも知れません。申し訳ありませんが、ブランドホームページに該当シーンへの行き方のヒントは載っていますし、ゲーム攻略サイトにも行きかたは、書いてありますので、見れない場合は、そちらを参照するようにお願いします。

1、「麻由」と「麻奈」を住宅街に配置し「小泉 涼」のイベントを勧めます(計4回の配置で、吸血する直前まで行くと思います)
2、1の後、満月の日(スタート時から一番早くて、10日目(イージーモードの表示は50日目です)に、「しずる」と「麻由」と「麻奈」を住宅街に配置すると「涼」を吸血し、ミイラにします。
3、2の後、佐倉邸に、「しずる」と「麻由」と「麻奈」を配置し、「涼」復活イベントを起こします(多少、佐倉邸でのイベントの関係で、何度か配置しなければ、イベントが発生しないかも知れません)。
4、3の後、「麻由」と「麻奈」を住宅街に何度か配置していけば、該当シーンのイベントが自動的に進んでいくと思います。
5,4の後、親友の「和哉」が「涼」を探し出したら「しずる」を住宅街に何度も配置し、「那津美」のイベントを吸血せずに進行させることで、 「涼」のアルバイト先である「WINTER HEARTS」が出ますので、そこに「しずる」を配置することでイベントが進むと思います。
6,5の後、「絵梨衣」が吸血されている場合、、「しずる」と「麻由」と「麻奈」を中央通りに配置することで「絵梨衣」が「和哉」を吸血し、その後「涼」が輪姦されるイベント発生しますので、これで該当のシーン5つ、すべてを見れると思います。