けんぷファー 11 (MF文庫J つ 2-14)けんぷファー 11 (MF文庫J つ 2-14)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー

あらすじ
女の子に変身して戦う「ケンプファー」になってしまった瀬能ナツル。憧れのクラスメイト・沙倉楓の家に呼ばれたナツルだが、白のケンプファーと、味方であるはずの水琴にまで攻撃される。雫の機転によりプールに逃げ込んだナツルたちが辿り着いたのは、謎の空間だった。あたりの様子をさぐるナツルたちは、臓物アニマルのぬいぐるみの残骸が大量に残された部屋を発見する!そこはまるで、「実験」をしていたような様子だったのだが―。大人気学園ラブコメアクション風味、ナツルと紅音が急接近、そしてケンプファーの秘密の一端が明らかに(?)なる11巻。

2009年12月に「メディアファクトリー (MF文庫J)」から発行された。個人的にアニメも面白かったと思う性転換(変身)該当作品[けんぷファー ]の11巻です。
話としては、前回の続きで、「沙倉 楓」の家のプールの底の穴に逃げ込んだ後の話になります。
今回は、「沙倉 楓」の家の下にある地下施設が舞台になります。
白のケンプファーとのバトルも多めで、物語も佳境になってきている感じがしますし、2章では、落盤事故で二手に別れた、ナツルと猛犬紅音との濃厚なラブシーンも展開されます。
4章で、ケンプファーの秘密が少しずつ明かされ、個人的にそれに関した伏線も張られていると思います。最後も良い話の引き方をしていると思います。

性転換該当作品としては、今回の巻は、次の巻で最終巻になりますので、該当作品としての楽しみは少ないですが、バトルが多く、ケンプファーの秘密が少しずつ明かされ、ナツル達の恋愛の話も盛り上がってきていますので、2010年3月頃に出る最終巻の終わらせ方が期待できる作品です。今回の話では、個人的に2章の話が良かったです。

前の巻に関してのこのブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー