けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー
発売日:2006-11

あらすじ

瀬能ナツルは平凡な高校生・・・・・・のはずだったが、ある朝目覚めるとなんと女の子になっていた!しかも、かなりの美少女に。さらに、鏡の前で驚いているナツルに話しかけてくる存在があった。それは憧れのクラスメイト・沙倉楓から貰ったちょびっと趣味の悪いぬいぐるみ。そのぬいぐるみによると、ナツルは「ケンプファー」と呼ばれる戦士に選ばれたらしい。世の中には、同じく「ケンプファー」となった人間が存在していて、ナツルはそいつらと戦わなければいけないというのだが。

2009年にはアニメも制作された、2006年11月から2010年3月まで、メディアファクトリー(MF文庫J)から発行された、性転換(変身)該当作品「けんぷファー」です。
2006年11月から「約3ヶ月に1冊」のペースで発行されて、2010年3月に発行された12巻で完結した、全15巻(マンガも入れたら、2010年3月まで、19冊になります)の長いシリーズの作品になります。
該当は「平凡な高校生「瀬能 ナツル」は、「ケンプファー」と呼ばれる戦士に選ばれ、ある朝目覚めるとなんと女の子の姿になってしまい、初めは、自由に女の子の姿に変身できなかったが、「ケンプファー」の能力になれてくると、自由に変身できるようになる」です。

性転換該当作品としては、個人的に1冊目を読んだ時点の印象は、キャラも個性的で設定も面白く話の展開も速くていいのですが、読みずらい所があると思いました。
個人的に性転換小説も含めて1人称視点の小説は好みなのですが、どうも主人公のナツルが愚痴ぽいのが、読みずらい印象を受けたのではないかと思います。3巻の文化祭あたりから慣れてきたこともあり気にならなくなりましたが。また小説は、個人的に楽しく読めるオススメの性転換該当のシリーズ作品ですが、マンガの方も絵が好みで良いと思いますので、個人的にこちらもオススメの作品です。

個人的に好きなエピソードは、3巻の文化祭5巻の沙倉楓の家でのお風呂漫画の2巻の巻末のおまけマンガです。

このブログでご紹介した他の巻です。個人的に該当作品として面白い巻やオススメの巻は、また後日ご紹介したいと思う作品です。
このブログでご紹介した、他の巻の紹介文にはタイトルから行けます。
けんぷファー 11 (MF文庫J つ 2-14)けんぷファー 11 (MF文庫J つ 2-14)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー
発売日:2009-12-22

けんぷファー〈12〉 (MF文庫J)けんぷファー〈12〉 (MF文庫J)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー
発売日:2010-03


コミック版です。
けんぷファー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)けんぷファー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
著者:築地 俊彦
販売元:メディアファクトリー
発売日:2008-10-23


DMM.comでは、電子書籍版も発行されています。2010年3月時点では、5巻まで発行されています。
51V3X6ZB71L__SL500_AA240_けんぷファー 1
個人的に性転換該当キャラの抱き枕カバーは、珍しいと思いますのでご紹介します。
対象年齢が、18歳以上の商品ですのでご注意ください。
けんぷファー 瀬能ナツル 抱き枕カバー
けんぷファー 瀬能ナツル 抱き枕カバー
販売元:キャラハイ
発売日:2010-04-25