Xの魔王 (MF文庫J い 1-6)Xの魔王 (MF文庫J い 1-6)
著者:伊都 工平
販売元:メディアファクトリー




あらすじ
封印された魔王ミトラスが復活した時代。勇者アティスは魔王の城に単身乗り込み、「楯の王女」と謳われるカルセ王女は、城外での戦いに挑む。しかし彼女が見守る中、閃光とともに城は崩壊。勇者と魔王は姿を消した。それから一年後。ふたたび平和の戻った世界で、カルセ王女は勇者アティスの姿を見たという噂を耳にする。その真偽を確かめるべく一人旅立ったカルセは、ついにアルティスと再会した。しかし彼の様子はどこかおかしい。その瞳に輝く銀光の十字は、魔王の証そのものだった。

2009年7月にメディアファクトリー(MF文庫J)から発行された、性転換(変身)、入れ替わり該当作品です。
該当キャラは二人いて、一人目の該当は「勇者「アティス」は、不死身の魔王「ミトラス」を倒すため、自分と魔王の精神を入れ替え、天空人の作った「巫女の書」により封印されていたが、その一年後「アティス」の身体で、生き延びた魔王により、「巫女の書」の封印の一部が破られ、魔王の左前脚が再生を始めてしまい、魔王の身体で眠っていた「アティス」は、それを利用して、人間の身体を再構成したが、うまくいかず、なぜか犬の耳と尻尾を持つ、魔物の少女になってしまった」です。
少し違うかも知れませんが、二人目の該当は「魔王「ミトラス」はその昔、少女の姿をした森の精霊「ファウナ」の姿で、フェシナス王国の王になる、「マイダス」とある契約を結んだことが有る」です。

個人的にシリアスなストーリーで、該当作品としての面白みは余り無いと思いますが、ファンタジーモノの作品としては、良く設定が練りこまれた作品で、中々面白い作品だと思います。

性転換該当作品としては、該当作品としての面白みは余り無いと思いますが、該当キャラのデザインや挿絵も良いと思いますし、シリアスな話の展開のファンタジー小説としては楽しく読めました。多少最後が物哀しい終わり方ですが、続編が出たら購入しても良いと思う作品です。

2010年2月に発行された、第二巻です。
このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。
Xの魔王 2 (MF文庫 J い 1-7)Xの魔王 2 (MF文庫 J い 1-7)
著者:伊都 工平
販売元:メディアファクトリー
発売日:2010-02-25