作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

2013年05月

魔法少女カナタTS

成人向けの作品ですのでご注意ください。
魔法少女カナタTS魔法少女カナタTS




作品内容
BlackLiLiTHから送る新たなジャンルTS魔法少女!!
人知れず悪を刈る魔法少女カナタ。事故により彼女の身体に入ってしまった主人公。幼馴染みのカナタの為にも、一日でも早く元に戻る方法を探す主人公に襲い掛かる女の子としての生活と快感。そして、魔法少女としての戦闘と凌辱が始まる。

主に低価格の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)を製作している、サークル[Lilith / Pixy]様の憑依(精神転移、精神同居)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解かると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「科学的に理解された「近代魔法」を様々な分野で実用化する、世界で始めての「魔法環境モデル都市」として選ばれた「神扉市(かんどし)」の人工島にある、魔法を正しい方向に使う学生の育成を目的に設立された「神扉学園」に通う、少し口は悪いものの、「友人を大事にし、女の子を泣かさない」などを信条に、とことん前向きでお節介焼きな性格の、「近代魔法」をまったく理解していない、主人公の男子生徒「遠野 円(とおの まどか)」は、数年前、唯一の家族であった母親を事故で亡くしてしまった事がきっかけで性格が一転してしまい、基本無表情で独特な喋り方をする少々変わった性格と神秘性のある容姿と外観もあいまって、クラスで浮いた存在になっている、成績優秀で魔法嫌いな幼馴染の女子生徒「神余 カナタ(かなまり かなた)」を元の明るい性格に戻そうと様々な事でお節介を焼きながら、平和な学園生活を送っていたある日の夜、買い物を済ませ1人で家に帰宅する途中、魔法を悪用する魔法犯罪者に襲われてしまった自分を助け、その魔法犯罪者に容赦ない攻撃を加える、異称な姿をした謎の女の子が「カナタ」だと気が付いてしまったことがきっかけで、魔法犯罪者の攻撃から身を挺して自分を庇った「カナタ」と共に意識を失い、病院で目覚めると、自分の身体が何故か「カナタ」の身体になっていることに気が付くのであった。そして、病院のベットで眠る自分の身体を見ながら、何故か自分の意識が「カナタ」の身体に入ってしまった事を自覚した「円」は、元の身体に戻る方法を模索しながら、自分が「円」である事を隠し「神余 カナタ」として学園生活を送りつつ、「カナタ」の持つ究極の魔法機関「サチュルメ・マグネシア・タイプAzΩTh(アゾード)」を使い魔法少女に変身し、身体の中で眠る「カナタ」の魔法を欲望の為に使う魔法犯罪者への殺意に振り回されながらも、欲望のままに何故か「カナタ」を狙ってくる、魔法の力の暴走によって人間の姿から「ニグレド」と呼ばれる異形の存在へと墜ちた魔法犯罪者と人知れず魔法少女として戦っていくことになるが、元の身体とは全て違う胸が巨乳でスタイルの良い幼馴染の女の子の身体になった自分の身体に戸惑い生活を続けていく中で、様々な出来事に遭遇し、今まで知らなかった女の子の身体の快感や「カナタ」が今まで隠していた気持ち、「近代魔法」を始めて観測、実用化し、遂に究極の魔法機関「サチュルメ・マグネシア・タイプAzΩTh」を作り出した、自分の尊敬する人であり「カナタ」の母親である「神余 栞」の死の真相、そして「遠野 円」としての自分自身の気持ちなどを知っていくのであった」です。

オリジナルの憑依(精神転移、精神同居)該当の同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、選択肢は9つのエンドは6つ、回想シーンに登録されるシーンは、24シーンになります。
作品としては、「魔法が科学的に理解された世界で、ある日、密かに魔法少女として魔法を悪用する犯罪者と密かに戦う幼馴染の女子生徒の正体を知ってしまった事がきっかけで、何故かその幼馴染の女子生徒の身体に自分の意識が入ってしまい、その幼馴染の女子生徒の身体になってしまった主人公の男子生徒が、元の身体に戻る方法を模索しながら、幼馴染の女子生徒の身体で、女子生徒としての学園生活と魔法少女として魔法犯罪者又は「ニクルド」と呼ばれる元人間の化け物と戦う受難な日々を送る事になってしまう」と言うシリアスな話の展開の、該当キャラを含めた作中に登場する女性キャラフルボイスの魔法少女モノの憑依該当のアドベンチャーゲーム作品で、作中の性行為描写には、何故か幼馴染の女の子になってしまった該当キャラが、電車の中で痴漢になってしまう描写や女子トイレ又は間違って入った男子更衣室などで該当キャラが自慰行為をする描写、作中に登場する女性キャラ又は魔法少女に変身した該当キャラが複数の男性や異形の怪物、触手などに犯される、陵辱要素の強い性行為描写など、マニアックな描写が多数ありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に前にこのブログでご紹介した該当要素のある、このサークル様のアドベンチャーゲーム作品[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]と同じ系譜(魔法少女に変身する為の魔法機関の名称や魔法少女のデザイン及び必殺技使用時の武器のデザインなどは前2作品とほぼ同一ではありますが、世界観はまったく違う設定になっています)の該当作品で、該当キャラが乗り移ってしまう魔法少女になった幼馴染の女の子のデザインを含めて絵柄は好みに合い、該当キャラが乗り移ってしまう魔法少女になった幼馴染の女の子の声優様の演技も良いと思いますし、話の展開も作中に登場するキャラクターの心理描写などがしっかり描かれた、シリアスな話の展開になっていると思いますので、シリアスな話の展開の魔法少女モノの作品が好みに合う人には、選択肢の分岐がわかりやすい事を含めて、好みが合えば中々面白くプレイできる話の展開になっているのではないかと思うものの、今回は明確な該当作品と言う事で、[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]の話が好みにあった人でも、成人向けの該当作品が好みに合わない人には、人により作品としての評価が分かれ、作中の性行為描写も前2作品と同じく、成人向けの魔法少女モノらしいマニアックな性行為描写が多数あり、シーンによっては多少説明不足に思える所があるように思いますので、陵辱要素の強い、魔法少女モノの該当作品が好みに合わない人には、作品の評価や好みが分かれる所がある該当作品ではないかと思います。しかしながら、作中では、該当キャラが魔法少女である幼馴染の女の子の身体に乗り移ってしまうまでの日常生活や幼馴染の女の子の身体になってしまった該当キャラの戸惑いや女の子の身体での日常生活がしっかり描かれていき、女の子の身体になった該当キャラの着替えシーンや自慰行為シーンなど成人向けの該当作品らしいお約束的なシーンもしっかりあって、該当キャラの一人称で話が進み心理描写がしっかり描かれている事などを含めて、別の女の子の身体になってしまう成人向けの該当作品の面白さがしっかりある話の展開になっていると思いますし、各エンドも、快楽墜ちエンドや悪墜ちエンドなど、魔法少女モノの該当作品らしいエンドがしっかりあって、少しネタバレになりますが、スタッフロールの流れるハッピーエンドも、該当キャラが元の身体に戻ってしまうのは好みが分かれる所かもしれませんが、魔法少女モノらしい終わり方で良いと思います。また上で書いたように[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]と世界観がまったく違う作品ではありますが、スタッフロールの流れるハッピーエンドでは、[魔法少女イスカ]及び[魔法少女スバル]をプレイした事のある人には、ニヤリとさせられる台詞があるのは良いと思いますので、作中の性行為描写などには好みが分かれる所がありますが、シリアスな話の展開の魔法少女モノの該当作品が好みに合う人には、オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

魔法少女カナタTS続きを読む

サークル[くりおね社]

成人向けの二次創作同人誌作品を製作されている、サークル[くりおね社]様の二次創作性転換該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_058508prおさげのあのコに無我夢中




二次創作性転換該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを合わせて、28ページになります。
作品としては、このブログでも数多くご紹介している、水を掛けられた、主人公である該当キャラの身体が、おさげの女の子の身体になってしまう該当設定の某性転換(変身)該当作品を元ネタにした、2012年12月発行の同人誌作品を電子書籍化した作品で、作中の性行為描写には、ひょんな事から風呂場で気絶してしまった該当キャラの身体を作中に登場する男性キャラが襲ってしまう性行為描写や意識を取り戻した該当キャラが、気絶している自分の身体を襲った作中に登場する男性キャラと性行為をする少々甘めな性行為描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、多少作中の性行為描写などには、人により好みが分かれる所があるかもしれませんが、作中の性行為描写を含めた絵柄はあまり好みが分かれない絵柄で良く、この作品のカップリングもこの作品と同じ元ネタの二次創作該当作品の中でもメジャーなカップリングで、話の展開も二次創作該当作品らしい面白さのある話の展開になっていると思いますし、特に作中の気絶している該当キャラの身体を襲おうとしている男性キャラの暴走する姿や作中の該当キャラと男性キャラの話の掛け合いは中々面白く、コミカルタッチに描かれた、この作品と同じ二次創作該当作品が好みに合う人には、終わり方を含めて全体的にあまり好みが分かれないで中々面白く読める作品ではないかと思いますので、二次創作該当作品と言う事で人により作品の評価や好みが分かれる所がありますが、この作品と同じ元ネタの二次創作該当作品が好みに合う人やこの作品に興味がある人には、あまり好みが分かれないで読める、オススメの良い二次創作該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

おさげのあのコに無我夢中

このブログでご紹介したこのサークル様の他の該当作品です。このブログでの紹介文には、タイトルからいけます。
d_074197pr
おさげのあのコはおしごと中

二次創作性転換該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを合わせて、28ページになります。

男に戻りたい六日目(一般向け)


男に戻りたい六日目

作品内容
女体化した男の六日目の話です。

成人向けのオリジナル及び二次創作のCG集やCG+ノベル作品などを製作されている、サークル[FSI]様の性転換(変身)該当作品です。

一般向けのオリジナルの性転換(変身)該当作品のデジタルコミック作品で、枚数は、モノクロの本編20ページに作中に登場する該当キャラ及び作中に登場する女性キャラのイラスト3ページや表紙などを含めて、24ページになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、近未来のとある北国の小さな港町「北港町」を舞台に「超能力を使える(作中では超能力の使いすぎで、超能力を使えなくなっている)該当キャラである主人公の男性「ミカエル」が、仲間の超能力者の男性「アキラ」の使う「自分及び相手の身体を女性の身体に変える」超能力をとある理由から掛けてもらったものの、「アキラ」が超能力を使えなくなった為に女性の身体になった「ミカエル」の身体は、1ヶ月間、元の男性の身体に戻れなくなってしまうが、金と女性の身体での快楽の誘惑にアッサリ負けて、自分の住む港町に観光に来ていた男性に女性の身体になった自分の身体を売ってしまい、媚薬を塗られ男性の身体に戻りたいと思いながらも徐々に女性の身体での快楽に呑まれていってしまう」話の展開の該当キャラである主人公のモノローグ風の一人称で話が進み、イラストに短いノベルが書かれている形式の成人向けの性転換(変身)該当作品[男に戻りたい]シリーズを一般向けに漫画形式で製作しなおした、同名の一般向けの該当作品[男に戻りたい]の第6弾に当たる、漫画形式で話が進む該当作品で、今回の話は、前々回の第4弾で、女の子の身体になった該当キャラ「アキラ」や仲間の超能力者の女性「洋子」と共に、超能力者のいないパラレルワールドの「北港町」にやって来た、女性の身体から元の男性の身体に戻れなくなってしまっている、主人公である該当キャラ「ミカエル」たちのパラレルワールドの「北港町」での6日目の生活が描かれます。

性転換該当作品としては、個人的に今回の話の展開もに引き続き、パラレルワールドの「北港町」を舞台に、該当キャラがこの世界で生きる様々な人物たちと出会っていく話の展開になりますので、今回も「北港町」を舞台にした一般向けの他のシリーズ作品と同じく、該当作品としての面白さは薄い所がある話の転回になっていますので、今回も人により該当作品としての評価や好みが分かれる所が多い該当作品ではないかと思いますが、今回もこのシリーズ作品らしい独特な雰囲気は出ていて良いと思いますし、話の最後で該当キャラが、女性の身体になってからの事や女性の身体になった事で、元の身体のときとは違う様々な人物と出会っている事を考えているのが描かれているのは、該当作品のよそが中々出ている終わり方になっているのではないかと思いますので、該当作品としての評価は人により分かれるシリーズ作品だと思いますが、このシリーズ作品の設定や話の展開に興味がある人やこのシリーズ作品が好みに合う人には、作品収集の面を含めて、今回もあまり好みがわかれずに読める、中々良い該当作品ではないかと思います。続きを読む

俺、ツインテールになります。3 (ガガガ文庫)

俺、ツインテールになります。3 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。3 (ガガガ文庫) [文庫]
著者:水沢 夢
出版: 小学館
(2013-03-19)
作品内容
眼鏡との死闘! 最強の敵と、最大の修羅場

トゥアール奪還のため、ついに姿を現した闇の処刑人・ダークグラスパー! 強力な属性である眼鏡属性から作られた『グラスギア』を身にまとう少女の姿に、戸惑いを覚える総二。
「愛香はさておき、俺は人間の少女を相手に本気で戦えるのか?」。
総二の悩みをよそに、ダークグラスパーはアルティメギルの兵力を再編成し、ツインテイルズを倒すための作戦を着々と進行していく……。
そんななか、新たにツインテイルズの一員となった神堂慧理那は、ヒーローとしての活動で頭がいっぱいになるあまり、従来の生活サイクルが崩壊。それを見かねた学園理事長であり慧理那の母親である神堂慧夢は、18歳で結婚しなければならないという一族の掟にならい、娘の婿探しを開始。責任を感じてそれを阻止しようとする総二たちだが、思わぬ方向へ話が進み、愛香とトゥアールは焦り始める……。

登場人物みぃぃぃぃんな変態!
徐々に中毒読者を増やしている『俺、ツインテールになります。』シリーズ新作第三弾が登場!
火傷するほど熱い変態ヒーローたちの戦いをみんなで応援しよう!

2013年3月に小学館(ガガガ文庫)から発行された、性転換(変身)該当作品[俺、ツインテールになります。]の第3巻です。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞を受賞した「ツインテールをこよなく愛す男子高校生が、赤いツインテールの幼女「テイルレッド」に変身して、究極のツインテール属性を手に入れようとする、未知の異世界人の大組織と戦う」と言う設定のツインテール愛にあふれた、主人公の一人称で話が進む、コメディタッチの変身ヒロインモノの性転換(変身)該当作品[俺、ツインテールになります。]の第3巻に当たる作品で、今回の話は、前回、強力な「ツインテール属性」で起動する「テイルブレス」から生成される「空想装甲(テイルギア)」を作り出した、巨乳で変態な異世界人の女の子「トゥアール」と口より手が先に出る貧乳ではあるが、見事なツインテールを持つ幼馴染の女子生徒「津辺 愛香」こと「テイルギア」を身にまとった第2の戦士「テイルブルー」の2人の思惑が絡み合う中、新たに作り出された「テイルブレス」を身に付け、第3の戦士「ティルイエロー」と変身し、仲間に加わった(同時に新たな性癖にも目覚めてしまったが)、ヒーローモノの作品が大好きで、自分の通う学校の生徒会長でもある、見事なツインテールを持つお嬢様な女子生徒「神堂 慧理那」と共に、人間の精神エネルギー「属性力(エレメーラ)」を糧にする、変態紳士にしか見えない性格と異形の姿をした未知の異世界人「エレメリアン」の大組織「アルティメギル」の新幹部2人を激戦(色々な意味で)の末、撃破した、ツインテールをこよなく愛す、主人公の男子生徒「観束 総二」こと赤毛のツインテール幼女「テイルレッド」だったが、「愛香」と「慧理那」が気絶している満身創痍の状況の中、「テイルギア」に酷似した「眼鏡属性」から作られたと言う「グラスギア」を身にまとい、人間の身でありながら「アルティメギル」の首領直属の幹部「ダークグラスパー」として現れた、言動からどう考えても「トゥアール」のストーカーにしか思えない、謎の女の子「イースナ」が登場した所から話が始まります。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、主人公及び敵味方を含めて変態(ほめ言葉)しか登場しない、ツインテール愛にあふれた、コメディタッチの変身ヒロインモノの該当作品[俺、ツインテールになります。]の第3巻に当たる作品で、今回も該当キャラがツインテール愛にあふれ過ぎている為に該当作品的な面白さは薄く、話の展開的にも前回第2巻の直後から始まり、初めて読む人には話の展開がわかるずらい所もあると思いますので、人によって該当作品としての評価や好みは大きく分かれる作品ではないかと思いますが、今回の話では、味方側では第3の戦士「ティルイエロー」に変身し仲間に加わった、お嬢様な女子生徒「神堂 慧理那」と敵側では首領直属の幹部「ダークグラスパー」こと「イースナ」を中心に失われつつある「属性力」をテーマに新事実(主人公にしかダメージはありませんが)なども明かされていく話の展開になっていて、今回も作中に登場するキャラクター達のある種の突き抜けた話の掛け合いや外見からは予測できない新キャラクターたちの濃い性格、特撮ヒーローモノらしい熱さのある言動や設定、連携及び合体攻撃など、前2作品を面白く読めた人には、今回も面白く読める話の展開になっていると思いますし、該当作品としても、少しネタバレになりますが、上で書いたように本編中では該当作品としての面白さ薄いものの、話の最後では、赤毛のツインテール幼女「テイルレッド」に変身した主人公である該当キャラ「観束 総二」が、一瞬元の身体に戻れなくなる描写があり、変身ヒロインモノの該当作品が好みに合う人には、次の第4巻の話の展開が中々期待できるのではないかと思いますので、今回も該当作品としての面白さは評価が分かれる作品ではありますが、この作品のある種突き抜けたコメディタッチの面白さが好みに合う人や変身ヒロインモノの作品又は変身ヒロインモノの該当作品が好みに合う人には、今回もオススメできる中々良作の該当作品ではないかと思います。続きを読む

放課後よりみち委員会 (2) (バーズコミックス デラックス)

放課後よりみち委員会 (2) (バーズコミックス デラックス)放課後よりみち委員会 (2) (バーズコミックス デラックス)
著者:桑田 乃梨子
販売元:幻冬舎
(2012-09-24)

作品内容
女子高生に変わっちゃう特殊な男子高校生・光里の捜しものとは! ?動物満載の桑田流学園コメディ第2巻! !

2012年9月に幻冬舎(バーズコミックス デラックス)から発行された、性転換(変身、男性化)該当作品[放課後よりみち委員会]の第2巻です。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、書籍及び文庫の発行している、出版社「幻冬舎」の漫画作品部門を担当している子会社[幻冬舎コミックス]から、毎月30日に発行されている、月刊誌[月刊コミックバーズ]の[2011年8月号]から連載が開始された、「ある日、入学したばかりの自分の通う高校で校内探検をしていた、主人公の男子生徒が、自分の通う高校の扉に繋がっている、入った人物の姿が変わってしまう異世界に偶然入ってしまった事がきっかけで、自分の身体がセーラー服を着た女の子の身体になってしまった上にその異世界で、名前にちなんだ動物の姿になっている、この高校の先輩たちと出会った事で、放課後、動物の姿になる先輩達と一緒に女の子の身体になって異世界を散策する事になってしまう」と言う、日常的に異世界を行き来するタイプの基本1話完結型でコメディタッチで描かれた学園モノの性転換(変身)該当作品[放課後よりみち委員会]の第2巻に当たる作品で、この第2巻には、[月刊コミックバーズ:2012年3月号]から[2012年9月号]までに掲載された、その8(第8話)からその14(第14話)までと巻末おまけまんがが4ページ収録されています。

少しネタバレになりますが、今回収録されたその8からは、新たに性転換(男性化)該当キャラが新たに判明しましたので、少し違うかもしれませんが、該当は「ある日、入学したばかりの自分の通う高校で校内探検をしている最中、高校の扉に繋がっている、入った人物の姿が変わってしまう異世界に偶然入ってしまい、自分の身体がセーラー服を着た女の子の身体になってしまった事をきっかけに、10年前に異世界の森の中に逃げた現国の男性教師「渡」の友人を探索し、連れ戻す、「渡」の個人的な組織「特別捜索委員会」に所属し、その異世界で動物の姿に変身しまう3人の先輩達と共に平和そのものの異世界の森の中を顔も知らない「渡」の友人を探索する日々を送り事になった、天然気味の明るい性格の男子生徒「姫野 光里」が、異世界の森の中で見かけた黒い服を着た、髪の長い男性は、実は「光里」のクラスメイトで、図書委員をしている、大人しい性格の眼鏡をかけた女子生徒「羽崎 陽菜(実は、「渡」の友人の姪でもある)」が、図書室でいつも座る席で、いつまの間にか眠っている間にこの異世界にやって来ている時の姿であった(その為「陽菜」自身は、この異世界に来ていることを夢だと思い、異世界の森の中で自分の今の姿を知るまでは、男性の身体になっている事を認識していなかった)」です。

性転換該当作品としては、個人的に主人公である該当キャラ「姫野 光里」を含めた「特別捜索委員会」のメンバーが異世界の森の中を探索する日常をコメディタッチに描いた、ほのぼの系の該当作品になりますので、前にご紹介した第1巻と同じく、絵柄や話の展開などを含めて該当作品としての面白さは薄く、人により該当作品としての評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、今回も絵柄にあった、ほのぼのとした作品の雰囲気は良く、作中に登場するキャラクター達の話の掛け合いも面白いと思いますので、第1巻に収録された話が好みにあった人には、今回も好みが分かれずに気楽に読める話の展開ではないかと思いますし、特に今回収録された話では、異世界の森の常識と違う距離感や時間感覚が違う事が描かれていたり、今回新たに判明した性転換(男性化)該当キャラ「羽崎 陽菜」が、異世界の森の中での自分の姿を認識しておらず、自分の身体の変化を知り戸惑う所などは面白く、その12とその13では、異世界の森の中で偶然であった「光里」と「陽菜」のそれぞれの視点で描かれているのも中々面白いと思いますので、全体的に該当作品としての面白さは薄い印象を受ける該当作品ではありますが、ほのぼのとした雰囲気の日常系の該当作品が好みに合う人や第1巻に収録された話が好みにあった人には、今回も気軽に読める、中々オススメの良い該当作品ではないかと思います続きを読む
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード