作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

2012年02月

淫欲少女抄G

成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_045440pr淫欲少女抄G




作品内容
同人18禁ゲーム「淫欲少女抄G」は、絵も音も無く文字だけで味わう渋いゲームです。女の子(場合によっては男、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごします。メニューを選ぶだけの簡単な基本操作。面倒な攻略は無く、息をするぐらい簡単にエッチ行為ができます。そこで何をするかはプレイヤー次第。男とやるのも、レズに専念するのも、見られる快感に酔うのも、悪の黒幕を倒すのも、女の子の身体で金儲けに専念するのも自由。やりやいことだけを、やりたいようにやろう!

絵も音も無く文字だけの渋いアドベンチャーゲームを作成しているサークル[同人サークルKIRARIN]様の性転換(変身、手術、女体化)、脳移植(意識転移)、女装該当作品です。
該当としては、少しビミョーな印象を受ける該当要素もあるかも知れませんが、該当は「「大文字の彼」のラボが作り出した仮想の世界「努町(ゆめまち)」で、このゲームのプレイヤーが女の子(場合によっては男、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごす中で、男性の身体のときは、シーメール手術を受け、さらに完全な女性の身体になる性転換手術(子供は生めませんが)を受けることができ、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になって、そのクローン培養された女性の身体で子供を生む事ができたり、その架空の街「努町」に有る、魔法のステッキなどの変身できるアイテムを使用して、魔法少女に変身(男女問わず変身できます)する等、自分の身体の性別を自由に変えることができる」です。

オリジナルの性転換(変身、手術、女体化)、脳移植(意識転移)、女装該当の絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品になります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、仮想の世界「努町(ゆめまち)」を舞台にプレイヤーが女の子(場合によっては男性、シーメール、両性具有)の身体になって、架空の街で過ごすことができ、膨大な数のイベントとシュチエーションを見ることができる、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、[淫欲少女抄F]を拡大発展させた作品と言う事で、作中のイベント、システム等は[淫欲少女抄F]から多数継承され、新たに追加されたイベントなどには、上でも書きましたが、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になったり、アダルトDVDに出演するなど、多数のイベントが追加され、この作品大きな特徴としては、上で書いたように、「水をかぶって又は別の身体に意識を転送して、性別及び別の身体に変わるシステム」や「架空の街「努町」以外に飛行機で行ける外国が存在する」、「第1部と第2部の2部構成になっていて、最大5年間生活できる第1部の間に、妊娠し、出産を迎えると20年後の「努町」舞台となる、第1部と同じ用に最大5年間生活できる第2部に進む構成になっている」のが大きな特徴になっています。また作中の性行為描写には、男女の普通の性行為描写からマニアックなシュチエーションの性行為描写まで多数の性的描写がありますので、作中に苦手な性的描写がある人は、ご注意ください。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、作中のイベントやシステム、舞台などは、[淫欲少女抄F]と共通している所が多く、自由度が非常に高い上に時間またや期間限定のイベントなども多数あって、全体的に全てのイベント及びエンドを見るのは、時間が掛かる、難度の高いアドベンチャーゲーム形式のシリーズ作品ですので、このシリーズ作品をプレイした事がない人や[淫欲少女抄F]をプレイした事がある人には、作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含めて、作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、この作品の特徴の1つである「第1部と第2部の2部構成になっている」所や当初から一応、大きな目的が設定されている所は、このシリーズ作品をプレイした事がない人には、具体的な指針が立てやすく、[淫欲少女抄F]をプレイした事がある人にも、新たに追加されたイベントを探しながら、具体的な指針を立ててプレイができるのは、他のシリーズ作品よりプレイしやすくなっているのではないかと思いますし、今作も漫画やアニメ、特撮等の小ネタも多くて、前作[淫欲少女抄F]と違い家族構成を設定する事はできず、今作では、当初から一応、大きな目的が設定されていますが、作中に登場する男性キャラと結婚できたり、女性の身体で子供を妊娠したり、アダルトDVDに出演できるようになったりなど、新たに追加されたイベントも中々興味深いイベントが多い事を含めて、他のシリーズ作品と同じように目的を決めないままに好きなようにプレイできるのは、このシリーズ作品の面白さの1つではないかと思いますので、人によっては、作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではありますが、他のアドベンチャーゲーム作品では見られない特徴が多数あって、このシリーズ作品が面白いと思う人や好みが合う人には、長く楽しめる、良いアドベンチャーゲーム作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の性転換(変身、手術、女体化)、女装該当要素がある、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品[淫欲少女抄]シリーズの[淫欲少女抄F]を拡大発展させた、絵も音もないテキストオンリーのアドベンチャーゲーム作品で、上でも書いたように人によっては、作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含め全体的に作品の評価や好みが分かれる所がある作品ではないかと思いますが、新たに追加されたイベントには、男性の身体で、シーメール手術を受け、さらに完全な女性の身体になる性転換手術(子供は生めませんが)を受けることができ、水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入って、自分の性別を変えたり、作中に登場する女性キャラや機械の身体、クローン培養された女性の身体及び両性具有の身体に意識を転移し別人になって、そのクローン培養された女性の身体で子供を生む事ができたりと異性の身体になる該当のイベントが多数追加されていて、男性の身体で始めたときの第1部の目的の1つになる、妊娠できる女性の身体(クローン培養された女性の身体)を手に入れるまでの道のりは、時間限定や服装限定のイベントなども消化しないといけませんので、アドベンチャーゲーム作品をあまりプレイした事がない人には、難度が高い所があるアドベンチャーゲーム作品ではないかと思うものの、このシリーズ作品が面白いと思う人や成人向けの該当作品を好む人には、色々な該当のイベントが見れる作品ではないかと思いますし、その該当イベントに関わる、作中の登場するキャラクターの中には、漫画やアニメに登場したキャラクターの名前に似ているキャラクターが多数登場していて、元ネタの作品を知っている人には、好みが分かれる所がありますが中々面白く、特に水をかぶって男性または女性の身体になる呪い的泉に入り異性の身体になるイベントに関わる作中に登場するキャラクターは、元ネタの該当作品を知っている人には、面白いイベントが多数あり、エンドの中にはその異性の身体になるイベントに関わる男性キャラクターと結婚し子供を生むイベントやその異性の身体になるイベントに関わる男性キャラクターが,女の子の身体になり複数の男性に襲われた事で、女の子の身体の快感に目覚めるエンドなどもありますので、全体的に作中の性行為描写やテキストの表現の仕方などを含め、作品の評価や好みが分かれる所がありますが、このシリーズ作品が面白いと思う人や成人向けの該当作品を好む人には、他のシリーズ作品より該当作品的な要素が多数あり、長く楽しめる、中々オススメの良作ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

淫欲少女抄G続きを読む

ヒーローの秘密 1 (TSコミックス)

一般向けの作品ですが、作中には性的描写が多数ありますので、未成年の方はご注意ください。
ヒーローの秘密 1 (TSコミックス)
ヒーローの秘密 1 (TSコミックス)
著者:今村 陽子
販売元:少年画報社
(2012-02-20)

作品内容
商店街の平和を守るご当地ヒーロー”一番星マン”のアイドル・ピンクの正体は、女体化変身バングルをつけさせられ変身した男子中学生!?

2012年2月に少年画報社(TSコミックス)から発行された、性転換(変身、男性化)、入れ替わり該当作品です。
少し違うかもしれませんし、ネタバレも含みますが、該当は「耳と尻尾の生えた「ブルト星人」の魔の手から、一番星商店街を守る、5人組のご当地ヒーロー「ご当地戦隊・一番星マン」に憧れ、隊員募集をしていた「一番星マン」の本部に入隊希望を出した、主人公の男子中学生「桃瀬 かなめ(14歳)」は、隊員募集をしていたのが「一番星マン・ピンク」だけだった為にそのまま帰ろうとするが、面接官をしていた「一番星マン」の本部の事務の女性に渡された、「一番星マン」に変身する、「変身バンクル」を腕に身に付け「一番星マン」に変身すると、実はその「変身バンクル」が「一番星マン」への変身と同時に装着者の性別を性転換させる、特製バンクルだった為に「かなめ」の身体は、一番星商店街のお店から提供された、戦闘服を着た、髪をツインテールにしている、可愛い女の子の身体に変身してしまった上に本部の事務の女性に女の子の身体になった自分の身体を嬲られ、女の子の身体の快感を味あわされている内に何時の間にか、契約書に血判で判を押してしまい、本当の性別を隠して、ドジでキュートな「一番星マン・ピンク(因みに変身バンクルをはずすと元の身体に戻る構造になっている為に変身中は片時も変身バンクルを腕から、はずす事ができない)」として、一番星商店街を守る事になってしまうのだった。そして、本当の性別を隠して「ご当地戦隊・一番星マン(因みに互いにコードネームで名乗りあっている為に変身前の容姿などは知っているが、名前は明かされていない)」の1人「一番星マン・ピンク」として、一番星商店街を守る内にクルト星の王子であること意外は他の隊員も正体を知らされていない、自分が最も憧れている「一番星マン・レッド」が、実は行方不明になった、クルト星の王子である兄の変わりに「一番星マン・レッド」に変身している、男っぽい言葉遣いをしている女の子である事を知り、その「一番星マン・レッド」である彼女と性別を隠し親友になったものの、彼女が変身した「一番星マン・レッド」の姿に奇妙な感情を持ち初めてしまった「一番星マン・ピンク」こと「かなめ」は、ある日、小さな傷でも変身に支障が出る為に頻繁に交換している、古い「変身バンクル」を幼なじみの親友である、男子中学生「隼人」の家に置いてきてしまった事が原因で、実は「プルト星人」の戦闘員のバイトを始めていた「隼人」が、「プルト星人」との戦闘中「一番星マン・ピンク」に変身した自分を庇い、「ブルト星人」たちの幹部である3姉妹が作り出した「地球人の身体をブルト星人に作り変えてしまう薬」を込めた弾丸を受けた上に「かなめ」が忘れて行った、変身と同時に装着者の性別を性転換させる、古い「変身バンクル」を身に付けていた為に「一番星マン」への変身と同時に「ブルト星人」と同じ耳と尻尾が生え、黒い髪をツインテールにしている、女の子「一番星マン・ブラック」に変身してしまい、さらに「地球人の身体をブルト星人に作り変えてしまう薬」を受けた事により、「ブルト星人」たちの幹部3姉妹の命令に逆らえなくなり、幹部3姉妹の命令を受けて、親友であるはずの「かなめ」が変身した「一番星マン・ピンク」に攻撃を加えてしまうのだった」です。また入れ替わり該当の話になる第5話の該当は「ある日、小さな傷でも変身に支障が出る為に頻繁に交換している、「変身バンクル」を入れ違いに持っていってしまった、お調子者の男性「一番星マン・イエロー」と清楚で心優しい女性「一番星マン・ホワイト」の2人は、一番星商店街に現れた「ブルト星人」を倒そうと至近距離で変身してしまった事で、互いに心と身体が入れ替わってしまい、元の身体に戻れるまでの1日間、「一番星マン」の他のメンバーに入れ替わった事を隠しながら「イエロー」は「ホワイト」として女性の身体で、「ホワイト」も「イエロー」として男性の身体で、生活をする事になってしまう」です。

作品としては、前にこのブログでもご紹介した、2009年7月から少年画報社(TSコミックス)から発行されている、女装・男装・性転換…異性へ変身する物語を集めたアンソロジーコミック作品の季刊誌[チェンジH(2012年2月現在は、誌面リニューアルのため休刊中)]及び月刊誌[月刊ヤングキング]に掲載された、「商店街の平和を守る5人組のご当地ヒーローに憧れ、そのご当地ヒーローの1人に選ばれた、主人公の男子中学生だったが、何故か女の子の身体に変身して商店街の平和を守る事になったしまった上にそのご当地ヒーローのリーダーの男性も実は女の子が変身している事をしってしまう」話の展開のコメディタッチで描かれた、ご当地ヒーローモノの性転換(変身、男性化)該当作品で、この第1巻に収録された話は、2009年12月発行の[チェンジH blue(第2号)]、2010年4月発行の[チェンジH yellow(第3号)]、月刊誌[月刊ヤングキング・2011年10月号]、[2011年11月号]、[2012年1月号]、[2012年2月号]に掲載された、第1話から第6話までにカラー4ページのオマケマンガが収録されています。また上の該当でも書いていますが、この第1巻に収録された第5話は、入れ替わり該当の話になります。

性転換、入れ替わり該当作品としては、個人的に「商店街の平和を守る5人組のご当地ヒーローに憧れ、そのご当地ヒーローの1人に選ばれた、主人公の男子中学生だったが、何故か女の子の身体に変身して商店街の平和を守る事になったしまった上にそのご当地ヒーローのリーダーの男性も実は女の子が変身している事をしってしまう」話の展開のコメディタッチで描かれた、ご当地ヒーローモノの性転換(変身、男性化)該当作品で、絵柄自体は、女性向けの作品的な絵柄で、作中には、成人向けの作品よりの印象を受ける性的描写が多数ありますので、性的描写が強くない一般向けの該当作品を好む人などには、少し好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、該当キャラである主人公の男子中学生「桃瀬 かなめ」が変身する「一番星マン・ピンク」のデザインや表情、ご当地ヒーローモノらしいほのぼのとした戦闘シーンを交えた話の展開は良く、女の子の身体になってしまい、自分と同じように性別を変えて、男性の身体になって戦う女の子(上でも書いていますが、主人公である「かなめ」と「かなめ」の親友である男子中学生「隼人」以外の作中に登場するキャラクターは、コードネームなどで呼ばれていて、この第1巻では名前などは出てきていません。また少し蛇足になりますが、この作品の第2話が[チェンジH yellow]に掲載された時には、枠外のキャラクター紹介で「一番星マン」の各キャラクターの職業や「一番星マン」になった経緯などが少し書かれています)が変身した「一番星マン・レッド」の姿に女の子として淡い恋愛感情を持ってしまい、精神的にも徐々に女の子っぽくなっていっている「かなめ」の戸惑いや葛藤などがしっかり描かれていて、同じく男性の身体になって「一番星マン・レッド」として戦う女の子の男性の身体への戸惑いなどもしっかり描かれていますので、該当作品としての面白さは十分にある話の展開で、性転換モノの該当作品が好きな人には面白く読める話の展開になっていると思います。また他にも、入れ替わり該当の話になっている第5話も互いに身体が入れ替わった、お調子者の男性「一番星マン・イエロー」と清楚で心優しい女性「一番星マン・ホワイト」の2人の異性の身体への戸惑いなどもしっかり描かれ、特に女性の身体に入れ替わった「イエロー」の行動は、非常に該当作品らしい、お約束的な行動を取っていて、男性の身体になった「ホワイト」の行動も面白いと思いますので、入れ替わり該当作品が好きな人には面白く読める話になっていると思いますし、この第1巻の最後に収録されている第6話も「かなめ」の親友である男子中学生「隼人」が女の子の身体の「一番星マン・ブラック」に変身して、「かなめ」の変身した「ピンク」の敵に回る、強制性転換、悪墜ち的な話の展開になっていて、該当作品が好きな人には、今後の話の展開も期待できる話になっていると思いますので、少し好みが分かれる所はありますが、全体的に性転換及び入れ替わりモノの該当作品が好きな人には、この作品の話の展開や雰囲気が好みに合えば、第2巻の話の展開も期待でき面白く読めて、オススメできる良作ではないかと思います。

サークル[菓子屋]

成人向けのCG集(台詞付きのCG集)を制作されている、サークル[菓子屋]様の性転換(男性化)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

お兄ちゃん…のぞみ、男の娘になっちゃった…

作品内容
朝起きると、妹の股間にはないはずの男性器が!
そしてあるはずの女性器がなくなっていた!
つまり妹は、弟になってしまったのだ。


弟になろうと愛する妹
兄としては、やはり心配
しかし、妹は病院恐怖症で病院には行きたくないという。

ならば、兄である俺が妹の体に異常がないか調べ、いろいろ教えてやらねばなるまい!
おち○ちんやア○ルの検査
おしっこの方法
時には寝ている妹にローターで感度を検査!


そんなほのぼのエロ性転換CG集です。

オリジナルの性転換(男性化)該当のCG集(台詞付きのCG集)で、枚数は基本CG11枚に差分などを併せた、本編CG68枚に本編の台詞無しのCG68枚が収録されています。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「ある朝、いつも何も言わずに部屋に入ってくるはずの幼い妹「のぞみ」に部屋の扉をノックされ声を掛けられた、主人公の男性は、部屋に裸で入ってきた「のぞみ」の身体を見ると、何故か下半身に男性器が生えて、女の子であったはずの「のぞみ」の身体が、何故か男の子の身体になってしまった事を知らされてしまうのだった。そして、何故か男の子の身体になってしまい、病院恐怖症で病院には行きたくないと言う「のぞみ」の為に主人公の男性は、男の子の身体になった「のぞみ」の身体を異常がないか調べ、男の子の身体の事を色々教えていくのだった」です。

作品としては、基本CG11枚に差分などを併せた、本編CG68枚で構成された「ある日、実の妹が男の子の身体になってしまい、その事を相談された主人公の男性が、男の子の身体の事を色々教えていく」話の展開の性転換(男性化)該当のCG集(台詞付きのCG集)で、作中の性行為描写は、何故か男の子の身体になってしまった実の妹と主人公の男性が性行為をする、近親相姦及び同性同士の性行為描写がメインに作品になりますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、「ある日、幼い実の妹が男の子の身体になってしまう」設定の性転換(男性化)該当のCG集(台詞付きのCG集)で、作中の性行為描写は、何故か男の子の身体になってしまった実の妹と主人公の男性が性行為をする、近親相姦及び同性同士の性行為描写がメインになり、主人公の男性の視点で話が進み、該当キャラの心理描写はあまり描かれていない印象を受けますので、人により、該当作品としての評価や好みが分かれる、男の娘モノ的な要素が強い該当作品ではないかと思いますが、該当キャラのデザインは、胸が少し膨らんだ、中性的なデザインになっていますので、全体的にあまり好みが分かれない絵柄ではないかと思いますし、話の展開も陵辱要素が強くない、主人公の男性と男の子の身体になった該当キャラである妹が、互いに好意を抱いている、少し甘めの話の展開になっていますので、作中の性行為描写などが好みに合う人や成人向けの男の娘モノが好みに合う人には、あまり好みが分かれないで読める話の展開ではないかと思います。また作品収集の面でも、男の子の身体になった該当キャラと同性の男性が性行為をする、男の娘モノ要素の強い、該当作品は中々珍しいのではないかと思いますので、女の子の身体が男の子の身体になる、男の娘モノ要素が強い該当作品で、このブログでご紹介したような成人向けの該当作品が好きな人には、作品の評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、成人向けの男の娘モノの作品が好みに合う人や自分のように該当作品を収集している人は、作中の性行為描写や絵柄に興味がありましたら購入を考えても良いのではないかと思う、中々珍しい該当作品ではないかと思います。

にょたいかっ。 4 (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)

一般向けの作品ですが、作中に性的描写が多数ありますので、未成年の方はご注意ください。。
にょたいかっ。 4 (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)にょたいかっ。 4 (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
著者:龍炎狼牙
販売元:メディアファクトリー
(2012-02-23)

作品内容
女の身体になってしまった真中の、愛とエロスの人気シリーズ第4巻! 今回は真中(ホントは男)と岩波さん(ときどき男体化)のカップルが周りの人々との間に引き起こす、エロくて笑えてちょっとシリアスな物語。真中の家に転がり込んできた従妹の美菜歌や岩波に告白してきた芸能人・城野の登場で、二人の関係はどうなる!? 性別が入れ替わる二人(しかも一見百合カップル)をとりまく同僚の男女の視点も要注目。そんな本巻の中でも特に、美菜歌とのエロいシーンはちょっとオススメです。なお、従妹に目覚めても責任は負いかねます。

2012年2月にメディアファクトリー(MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)から発行された性転換(変身、男性化)該当作品[にょたいかっ。]の第4巻です。

作品としては、携帯コミック配信サイト[コミックシーモア]にて、配信されている性転換(変身、男性化)該当作品[にょたいかっ。]の第4期シリーズ、全12話を収録した作品で、今回の話は、第1巻及び第2巻の主人公である、元「男性」の冴えないサラリーマンで、今は、一時的に芸能界でアイドルデビューするほどの可愛い容姿の女性の身体になってしまった上に一部の女性を残し、同僚や家族などの周囲の人々にも元々男性だったことを忘れられ、生まれた時から女性だったと認識されている、該当キャラ「真中 真」を再び主人公にして、「真」が女性の身体になった事で認識や記憶が変化した、「真」の同僚たちなどの視点を交え、「真」と「真」の直属の上司で、時々男性の身体になってしまったりしている、恋人の女性「岩波 千裕」の2人が「真」が男性だった事を覚えている、親戚の従妹の女の子「美菜歌」や第2巻から登場している、「真」をナンパした事がきっかけで、「真」や「千裕」と顔見知りになった男性「トルコライス城野(ピンのお笑い芸人)」などの周囲の人々を通じて、今の2人の関係や自分自身を見詰め直しながら話が進んできます。また少しネタバレになりますが、話の後半の第9話では、女子の身体になったままの「真」の身体に男性器が一時的に生えたり、第11話でも、「千裕」が再び男性の身体に変身できるようになったり、他にも、前作第3巻の主人公であった、新人お笑い芸人の男性「蛍川 ケイ」とその「ケイ」の身体に憑依し、「ケイ」の身体を女性の身体に変えていた、自分の名前を失った「元」神様「ナナシ(性別、男性)」のその後の話も少し描かれています。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、今回の話は、第1巻で女性の身体になり、同僚や家族などの周囲の人々にも生まれた時から女性だったと認識されてしまい、第2巻では、紆余曲折の末、恋人になった直属の上司の女性「岩波 千裕」と中が深まるものの、最終的には性行為すると互いに性別が入れ替わってしまう身体になってしまい、第3巻でも、一時的に芸能界でアイドルデビューするものの、知らない間に恨まれ事件に巻き込まれた、第1巻及び第2巻の主人公である、元「男性」の冴えないサラリーマンであった該当キャラ「真中 真」を再び主人公にし、少しネタバレになりますが、第1話から第3話では、「真」の同僚の女性「紅林 薫子」や「真」の同僚の男性3人組、「千裕」の視点で話が進み、第4話から第9話までも「真」と親戚の従妹の女の子「美菜歌」との関係などが描かれていくなど、「真」と「千裕」の2人があまり絡まず、周囲の人々を通して、自分の事を見詰め直しながら個別に話が進んでいき、「真」と「千裕」の2人がメインで絡むのは、話の後半になりますので、少し人により好みが分かれる話の展開かもしれませんが、「真」や「千裕」の心理描写もしっかり描かれている事を含めて、男性だった時は、結構話をしていたものの記憶を失い、女性の身体になった「真」の事を嫌っていたものの、「真」が会社で生理になった事がきっかけで、再び仲が良くなっていく、同僚の女性「紅林 薫子」の視点で描かれている第1話や「真」の同僚の男性3人組の視点で描かれる第2話での話の中に同僚の1人「香椎浜 隆志」が「真」と肉体関係を結びそうになるものの、一線を超えなかった事が描かれている所、第5話で「真」が男性だったことを覚えている「美菜歌」が、「真」と女性物の下着を買いに行った事がきっかけで、「真」が女性の身体だと完全に認識した事で、「真」との昔の記憶に変化が起きてしまうのが描かれている所などは、周囲の人々の視点から女性の身体になった「真」の事が描かれていて、該当作品が好きな人には、面白く読める話の展開になっていると思いますし、「真」の恋人である「千裕」の事も第3話で「千裕」に告白した「トルコライス城野」や「千裕」の友人である、大学病院に勤める女医「八神 はるか」を交えて、しっかり描かれているのも良く、最終的に再び「千裕」が男性の身体になれる体質になってしまう話の展開も中々意外な話の展開で、面白く読める該当作品ではないかと思います。また作品としても、話の間に有る神様主演の4コママンガも多く、上でも書きましたが、前作第3巻の主人公であった、新人お笑い芸人の男性「蛍川 ケイ」とその「ケイ」の身体に憑依し、「ケイ」の身体を女性の身体に変えていた、自分の名前を失った「元」神様「ナナシ」のその後の話も少し描かれているのもこのシリーズ作品が好きな人には、面白く読めると思いますし、終わり方も「真」が女性の身体になった事を受け入れ、「真」と「千裕」の関係などに1つの決着が付く終わり方ではありますが、一捻り加えた面白い終わり方で良く、あとがきにも書いていますが、5巻の発行は未定だということが書かれていますので、該当作品が好きな人やこのシリーズ作品が好きな人には、第5巻の制作も期待したい、オススメできる良作ではないかと思います。
続きを読む

僕の兄さんが他の男に奪われる訳がない

女性向け及び成人向けの作品ですのでご注意ください。

僕の兄さんが他の男に奪われる訳がない

女性向けの二次創作同人誌作品(ノベル作品)を制作されている、サークル[ラヴプレス]様の二次創作性転換(変身)該当作品です。

女性向けの二次創作性転換(変身)該当の同人誌作品(ノベル作品)で、枚数は表紙などを含めて、74ページになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、アニメ化され、映画化もされる、史上最年少で、悪魔を祓う「祓魔師(エクソシスト)」の称号を得た、医者志望の双子の弟と同じく、「祓魔師」を目指す、人間と悪魔の混血児で、その証である「青い炎」をも受け継ぐ、男子学生が主人公の某男性向けの月刊漫画雑誌に連載されている、漫画作品を題材にその作品の主人公が、「ある日、悪魔の力が不安定に覚醒してしまった事で、人間の部分が月のバイオリズムに同調し、月が上弦の月から下弦の月に変わるまでの17日間の間、女の子の身体に変わってしまう特異体質になってしまった上にその女の子の身体になった主人公の男子学生の存在を周りに認めてもらうために双子の弟と婚約する事になってしまう」話の展開の2011年8月発行の女性向けの二次創作該当の同人誌作品(ノベル作品)を僕の兄さんが姉さんになる訳がない]の続編に当たる、2011年9月発行の同人誌作品を電子書籍化した作品で、作中の性行為描写は、今回も女の子の身体になった該当キャラと該当キャラの双子の弟が性行為をする、近親相姦描写がメインになりますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に元ネタの作品はあまり知りませんので申し訳ありませんが、作品としては、前にこのブログでもご紹介した、某男性向けの月刊漫画雑誌に連載されている、史上最年少で、悪魔を祓う「祓魔師(エクソシスト)」の称号を得た、医者志望の双子の弟と同じく、「祓魔師」を目指す、人間と悪魔の混血児で、その証である「青い炎」をも受け継ぐ、男子学生が、「ある日、悪魔の力が不安定に覚醒してしまった事で、人間の部分が月のバイオリズムに同調し、月が上弦の月から下弦の月に変わるまでの17日間の間、女の子の身体に変わってしまう特異体質になってしまった上にその女の子の身体になった主人公の男子学生の存在を周りに認めてもらうために双子の弟と婚約する事になってしまう」話の展開の女性向けの二次創作該当の同人誌作品(ノベル作品)を僕の兄さんが姉さんになる訳がない]の続編に当たる、女性向けの二次創作該当の同人誌作品(ノベル作品)で、少し五字などが多く読みにくいところがあり、作中の性行為描写も、今回も女の子の身体になった該当キャラと該当キャラの双子の弟が性行為をする、近親相姦描写がメインになりますので、続きモノの二次創作該当作品と言うことも含めて、人により作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますが、作中の性行為描写自体は、少し濃い目ではありますが、甘めの展開になっていて、あまり好みがわかれずに読めて、冒頭では、前回の話である、該当キャラが女の子の身体になった理由と双子の弟と婚約する事になった経緯などが、簡単ではありますがしっかり書かれていますので、この作品から読んでもでも、中々読みやすい作品ではないかと思いますし、話の展開も前回で、該当キャラと双子の弟が恋人同士になりましたので、作中の台詞などに多少BL的な雰囲気があるところがありますが、前回と同じく該当キャラや双子の弟、作中に登場するキャラクターの心理描写なども中々しっかり描かれ、話の舞台も後半では、海洋型のリゾート施設として設立したプールを舞台に水着姿になった該当キャラが、その水着姿に双子の弟が反応しなかった事に残念がるシーンがあったり、元ネタの作品には登場していない、該当キャラと双子の弟の恋敵となる、オリジナルの男性キャラが登場していて、学園を舞台とした、女性向けの恋愛モノの作品としても、中々しっかり読めて、次回の話の展開も中々気になる終わり方になっている該当作品ではないかと思いますので、上でも書いたように女性向けの続きモノの二次創作該当作品で、人により作品の評価や好みが分かれる所はあると思いますが、前回の話が面白かった人や女性向けの二次創作該当作品が好みに合い、このシリーズ作品に興味がある人には、今回も中々面白く読める、良い該当作品ではないかと思います。続きを読む
記事検索
性転換該当作品
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード