作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

2011年10月

サークル[地獄の門番]

成人向けのCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)を製作されている、サークル[地獄の門番]様の性転換(変身)、女体化(フタナリ女体化)、女装該当作品です
すべて成人向けの作品ですのでご注意ください。

性転換注射 駄菓子屋にいた男の子を女の子にしてみた

作品内容
近所の駄菓子屋には可愛い男の子がいる。
一見、女の子と見間違えるような可愛い子だ。

彼の名前は歩(あゆむ)
こんな僕にも懐いてくれる本当に良い子だ。

この子を性転換の注射を使って女の子にしてしまおう。

オリジナルの性転換、女体化(フタナリ女体化)該当のCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で、枚数は台詞付きのCG12枚にタイトルCG1枚と台詞無しのCG12枚を併せ、合計25枚になります。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「人懐っこい性格で、近所の駄菓子屋でいつも一緒に遊んでいる、主人公の男性の事を「お兄ちゃん」と呼び慕っている、一見、女の子と見間違えるような可愛い容姿の男の子「歩」は、ある日、「歩」のあまりの可愛さに理性を保つ限界を感じ、「歩」を女の子の身体にして、自分の子供を孕んでもらおうと考える、主人公の男性に「とっておきの楽しい遊びを教えてあげる」と騙され、主人公の男性に連れてこられた電車の中で、男の子の身体を女の子の身体に変える「性転換薬」の注射を腕に打たれてしまい、「歩」の身体は、徐々に胸が膨らみ、男性器の下に女性器を形作られ、完全に女の子の身体になる途中の男性器と女性器のあるフタナリの女の子の身体になってしまのだった。そして、「自分の言うことを聞いたら元の身体に戻るかもしれない」と言われ、完全に女の子の身体になる途中の男性器と女性器のあるフタナリの女の子の身体で、主人公の男性に抱かれて、今まで感じたことのない快感を味わった「歩」は、その後、完全に女の子の身体になってしまい、世間的には男の子の身体の時の「歩」は、行方不明扱いになっているものの、主人公の男性の正式な妹となって、主人公の男性と一緒に妹として一緒に暮らし、主人公の男性の事が大好きで、長くなった髪をポニーテールにして、女子制服を着ている女の子になってしまう」です。

作品としては、台詞付きのCG12枚で構成された、CG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で、作中の性行為描写には、完全に女の子の身体になる途中で、男性器と女性器のあるフタナリの女の子の身体になった該当キャラが、主人公の男性に犯される描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的にこの作品の配信サイト等では、書かれていませんが、このサークル様の他の作品と同じく、立ち絵などの作中のCGには、二次創作のCG集や著作権フリーの素材集を製作されている、サークル[T.O.P.(サイト名は、きまぐれアフターになっています)]様の著作権フリーの素材集を使用して製作されているのではないかと思う、台詞付きのCG12枚で構成された該当のCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で、著作権フリーの素材集を使用して製作されていますので、立ち絵や絵柄、作中の性行為描写などには、あまり好みが分かれない作品ではないかと思うものの、価格に比べて、CG枚数が12枚と少な目の印象を受け、話の展開も、該当キャラが主人公の男性に電車の中で「性転換薬」を注射される理由やフタナリの女の子の身体になった該当キャラが、主人公の男性に電車の中で抱かれると言う、成人向けの性転換モノ的な描写や羞恥的なシュチエーションの描写もなく、その後の話の展開も該当キャラが完全に女の子の身体になり、主人公の男性の事を大好きになる経緯が描かれておらず、成人向けの性転換モノの面白さは全体的に薄い印象を受ける作品ではないかと思いますので、人により作品の評価や好みが大きく分かれる作品ではないかと思います。しかしながら、作中のCGには、立ち絵を使って、男の子の身体の該当キャラの身体がフタナリの女の子の身体に変化する経緯を中々上手く表現しているのではないかと思いますし、該当キャラが完全に女の子の身体になった後の姿も髪が伸び、女子制服を着ている姿に変えているのも中々良く、少しネタバレになりますが、終わり方も該当キャラが完全に女の子の身体になり、結婚し、子供を生みたいと思うほどに主人公の男性の事を大好きになるのは、その間の経緯が書かれていませんので、人により好みが分かれるものの、中々成人向けの性転換モノらしさは出ている終わり方ではないかと思いますので、全体的に成人向けの性転換モノの面白さや価格も含めて、人により作品の評価や好みが大きく分かれる作品ではありますが、このサークル様の作品が好きで、この作品に興味がある人や自分のように該当作品を集めている人は、興味がありましたら購入を考えても中々面白いのではないかと思う、該当作品です。


いじめのストレスで性転換してしまった男の子エルク

オリジナルの性転換(変身)、女装該当のCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で枚数は、表紙イラスト1枚に差分などを含めて、本編台詞付きのCG18枚と本編と同内容の台詞無しのCG18枚が収録されています。
このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。

姉の彼氏はオレの彼女 ~男の娘の先輩を女の子に性転換させて無理やり孕ませてみた。
姉の彼氏はオレの彼女 ~男の娘の先輩を女の子に性転換させて無理やり孕ませてみた。

オリジナルの女装、性転換(変身)該当のCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で、枚数は、PDF形式及びjpg形式で製作された台詞付きのCG42枚及び台詞無しのCG42枚に各DLサイトに使用されている表紙及びサンプルCG 計4枚が収録されています。
このブログでの紹介文にはタイトルから行けます。

トランストラブル

成人向けの作品ですのでご注意ください。

トランストラブル

成人向けの二次創作の同人誌作品を制作されている、サークル[氷月]様の二次創作性転換該当作品です。

二次創作性転換該当の同人誌作品で枚数は、表紙などを含め36ページになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の二次創作性転換該当作品[リコLOVE]などと同じ元ネタの該当キャラを主人公とし、2011年8月に発行された、本編26ページに該当キャラが水着を着た話が4ページ収録した、同人誌作品を電子書籍化した作品になります。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、この作品以外にも数多くの同じ元ネタの該当作品を製作されている、このサークル様の二次創作性転換該当作品[リコLOVE]などと同じ元ネタの該当キャラを主人公とした、二次創作性転換該当の同人誌作品を電子書籍化した作品で、今回の話は、男子制服を着て学校内を走っている、女の子の身体になってしまった該当キャラの姿を見たことがきっかけで、女の子の身体の該当キャラに一目惚れした後輩の目の前で、女の子の身体にされてしまい、中身が男でもいいから付き合ってくれと言われ、襲われてしまう話の展開になっていて、今回も作中の性行為描写は、陵辱要素が殆んどない明るめの性行為描写になっていますので、このサークル様の他の該当作品と同じく、あまり好みが分かれるに読める作品だと思いますし、話の展開にもこのサークル様の他の該当作品と同じく、冒頭で該当キャラが女の子の身体になるシーンが入り、その後の話の展開も該当キャラが女の子の身体の快感に飲まれてしまう、成人向けの性転換モノらしい話の展開になっていますので、このサークル様のこの作品と同じ二次創作該当作品が好きな人には、あまり好みが分かれずに読める作品ではないかと思います。また終わり方も成人向けの性転換モノらしい終わり方で、女の子の身体の快感を知ってしまった該当キャラが色々考えてしまっているのは面白いと思いますし、この作品の本編と話は繋がっていませんが、後半の30ページから33ページに収録されている、4ページの該当キャラが水着を着る話も良いと思いますので、この作品と同じ元ネタの二次創作性転換該当作品が好きな人や成人向けの性転換外t法作品が好きな人には、全体的にあまり好みが分かれずに楽しめる、良い該当作品ではないかと思います。

DMM.comでも発売されました。
d_042375pr




トランストラブル続きを読む

母親くノ一 響子 -女魔術師の復讐!-

成人向けの作品ですのでご注意ください。

母親くノ一 響子 -女魔術師の復讐!-

作品内容
響子は、特殊くノ一(くのいち)の女忍者。
普段は普通の派遣社員だが、このご時勢、経済的に苦しいため、闇の特殊任務に就いている。
その特殊任務の時に、敵からの身体に淫生物が付着していることを知らなかった母。

ある時、息子である少年ふみ君のオナニー現場を見てしまう。
しかし、そこで見たのはただのオナニーではなく、淫生物にペニスを拘束され、
焦らされて喜んでいる息子の姿だった。息子のふみ君は、母から持ち込まれた淫生物の虜にされていたのだ。
おっぱいが女のように大きくなり、膣が製造され、女体化されてしまった息子。

母は、くノ一の能力でなんとかしようとするが、そこに宿敵の女魔術師ロゼがあらわれる。

女魔術師の罠により、息子である少年に、女魔術師ロゼに母親が犯される物語です。

焦らしの快楽に耐えられなくなり、自ら女体化している息子のモノを要求する母!
触手に一晩中、下半身のあらゆる穴と性器を焦らされ、嬲られて陵辱され屈してしまう母。

成人向けのCG+ノベル作品やCG集を制作されている、サークル[そるでいあ]様の個人的に該当としては、少し違うかも知れませんが、女体化(フタナリ女体化)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、少し違うかもしれませんが、該当は「普段は、とある会社の派遣社員の仕事についている、主人公である実の母親「響子」が、実は、裏の世界で特殊任務(魔物退治などが主の任務)に就く「女忍者・くノ一」であることを知ったのがきっかけで、「忍者」に憧れを持ち、普段から「忍者」の服を着て手裏剣などで遊んでいる、「響子」の実の息子である少年「ふみ」は、ある日、「響子」の宿敵である悪の女魔術師「ロゼ」が操る、淫生物の触手に囚われ、自分の男性器を嬲られた上にその淫生物の力で、「ふみ」の身体は、実の母親「響子」に負けないぐらい、大きい胸から母乳が出る、男性器の下に女性器がある、フタナリの女の子の身体に作り変えられてしまう。そして、自分の身体をフタナリの女の子の身体に変えた淫生物の触手に嬲られ、フタナリの女の子の身体の快感を味わい、射精までコントロールされ、その淫生物の虜になってしまった上にその姿を実の母親「響子」に見られてしまった「ふみ」は、「響子」に復讐すると同時に「響子」と「ふみ」の身体を淫生物の卵を産卵する身体に改造しようともくろむ、悪の女魔術師「ロゼ」の操る淫生物の触手によって、「ロゼ」の性奴隷になると脅されて誓った「響子」と共にフタナリの女の子の身体になった自分の身体を嬲られ、「ロゼ」の命令で「響子」と性行為をさせられ、さらに男性器と女性器のあるフタナリの身体に作り変えられた「響子」にフタナリの女の子の身体をその男性器で犯され、遂に「響子」と共に淫生物の卵を産卵するフタナリの女の子の身体に改造されてしまうのだった」です。

オリジナルの女体化(フタナリ女体化)該当のCG集(ノベル付きCG集)で、枚数は、基本CG17枚に台詞付きの差分CG36枚や立ち絵などを含めて、合計CG53枚になります。またこの作品が収録されたフォルダには、BMP形式の台詞無しのCG53枚が収録されています。
作品としては、女魔術師の罠に掛かり、触手によってフタナリの女の子の身体に変えられ、射精をコントロールされ苦しむ実の息子の目の前で、主人公である女忍者の母親が、触手に犯され、調教される話の展開の細かく51個に分かれて構成されている、フタナリモノのノベル付きCG集で、作中の性行為描写には、上でも書いたように作中に登場する主人公の母親とフタナリの女の子の身体に改造されたその母親の実の息子の少年が、触手に襲われ、調教される描写がメインになり、他にも、主人公の母親とフタナリの女の子の身体に改造されたその息子の少年が性行為する、近親相姦描写や浣腸、搾乳、産卵などのマニアックな性的描写がありますので、苦手な方は、ご注意ください。

女体化該当作品としては個人的に細かく51個に分かれて構成され、女魔術師の罠に掛かり、触手によってフタナリの女の子の身体に変えられ、射精をコントロールされ苦しむ実の息子の目の前で、主人公である女忍者の母親が、触手に犯され、調教される話の展開のフタナリモノのノベル付きCG集で、今作の主人公は、該当キャラではなく、その該当キャラの実の母親である女忍者が主人公の作品になりますので、該当キャラの出番は少なめで、このサークル様の他の該当作品と違い、該当キャラの身体がフタナリの女の子の身体に変化していく過程は描かれていませんので、作中の性行為描写を含め人によっては、作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますが、話の展開は、このサークル様の作品らしい、主人公の母親とフタナリの女の子の身体にされた該当キャラが触手に嬲られ、性的絶頂を焦らされ調教される話の展開になっていて、作中には、フタナリの女の子の身体になった該当キャラが、実の母親と性行為をし、同じくフタナリの女性の身体に改造された母親がフタナリの女の子の身体になった息子を犯す描写なども近親相姦描写のあるフタナリ女体化モノの作品らしい描写もあって、このサークル様の該当作品が好きな人には中々良い話の展開ではないかと思いますし、終わり方も、このサークル様の作品らしく、母子共にフタナリの女性の身体に改造され、性的絶頂を焦らされて産卵する快感の虜になる終わり方になっていますので、作中の性行為描写などには、作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますが、このサークル様の該当作品が好きな人やこの作品に興味があり、作中の性行為描写などが好みに合う人には、中々良い作品ではないかと思います。続きを読む

親友が女になって 二日目

成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_042270pr親友が女になって 二日目




作品内容
ある朝、目が醒めると女になっていた『親友』。
男に戻る手段も見つからず、女になった理由も皆目不明。
まだまだ心は男なのに、身体は女の反応をしてしまう自分に戸惑いを隠せない。
普段通りの日常を過ごそうとするが『お前』に悪戯をされて、そのまま『女』にされてしまう二日目のお話。

オリジナルの成人向け音声作品(ボイスドラマ作品)を製作されている、サークル[ajaib suara]様の性転換(変身)該当の音声作品(ボイスドラマ作品)[親友が女になって]シリーズの第2弾です。

オリジナルの性転換(変身)該当の音声作品(ボイスドラマ作品)で、収録されている音声は、本編6パート1時間37分9秒に冒頭でタイトル及び諸注意が説明されているパート(1分)1パートを含めて全7パート、1時間38分9秒になります。またこの作品が収録されているフォルダには、タイトル画像でも使用された、この作品の主人公である該当キャラのイメージCGが4枚にこのブログでも前にご紹介したこの作品の前作[親友が女になって 一日目]の台本がパート別に分かれて、計5枚収録されています。

作品としては、本編6パート1時間37分9秒を含めて、全7パート(タイトル・諸注意(1分)、二日目記録開始/『ファーストキス』(21分45秒)、学校での出来事(4分27秒)、帰りの電車/『痴漢』(16分13秒)、『親友』にとっての『お前』(14分40秒)、気の迷い/『初体験』(27分39秒)、二日目記録終了(2分25秒))1時間38分9秒で構成され、前にこのブログでもご紹介した、該当キャラの一人称で話が進む、このサークル様の性転換(変身)該当の音声作品(ボイスドラマ作品)[親友が女になって]シリーズの第2弾に当たるボイスドラマ作品で、前作の話の続きになりますので、該当設定、話の構成は同じになり今回も、ある日の朝、何故か女の子の身体になってしまった事で、日記を書く事にした、このボイスドラマ作品の語り部である該当キャラが、女の子の身体になって、二日目の出来事を日記に書きながら、その二日目の出来事を回想する所から始まります。また作中の性行為描写には、女の子の身体になり男子制服を着た該当キャラが、電車で男性に痴漢される描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に本編6パート1時間37分9秒を含めて、全7パート1時間38分9秒で構成された、前にこのブログでもご紹介した、該当キャラの一人称で話が進む、このサークル様の性転換該当の音声作品[親友が女になって]シリーズの第2弾に当たリ前作と同じく、ある日の朝、何故か女の子の身体になってしまった事で、日記を書く事にした、このボイスドラマ作品の語り部である該当キャラが、女の子の身体になって、二日目の出来事を日記に書きながら、その二日目の出来事を回想する所から始まる、該当のボイスドラマ作品で、1時間37分9秒と前作より収録時間が長くなっていて、時間のあまり取れない人には少し聴きにくい印象を受ける所があり、作中の性行為演出にも女の子の身体になり男子制服を着た該当キャラが、電車で男性に痴漢される演出がありますので、人により少し、作品の評価や好みが分かれる所があるかも知れませんが、収録時間は前作より長くなっているものの、パートは、前作より1つ増え、各パートの長さも、前作より少し短くなっていて、全体的に前作より聴き易い構成になっていると思いますし、該当キャラの声優様の声や演技も少し好みが分かれる所はあるかも知れませんが、全体的に良く、話の展開も前作と同じく、ある日突然、朝起きたら女の子の身体になっていた該当キャラの主人公が親友の男子生徒に色々悪戯される、コミカルタッチの話の展開で、今回は冒頭から成人向けの性転換モノの面白さもしっかりある甘めの話の展開になっていて、特に作中の「帰りの電車/『痴漢』」の中には、女の子の身体になり男子制服を着た状態で男性に痴漢されている該当キャラの心理がしっかり語られ、その後に痴漢の男性に性同一性障害か聞かれる演出がある所やその後のパート「『親友』にとっての『お前』」と「気の迷い/『初体験』」でも該当キャラの心理がしっかり語られていて面白く、声優様の声や演技も前作より、女の子よりの声や演技になっている印象を受けるのも良いと思いますので、人により少し、作品の評価や好みが分かれる所はあるかも知れませんが、甘めの話の展開の成人向けの性転換モノが好きな人には、親友との初体験を済ました該当キャラが、今後どのように変っていくのか期待できる、オススメの良作ではないかと思う該当作品です。

DLsite.comでも発売されています。

親友が女になって 二日目続きを読む

ずっと! 女装で孕ませてっ

成人向けの作品ですのでご注意ください。
67728_pずっと! 女装で孕ませてっ








作品内容
主人公・亜貴は、華奢で少女のような外見の美少年だが、
れっきとした総合格闘家のタマゴ。

ある日、亜貴は何者かに寝込みを襲われた。
その正体は、年上の従姉妹であり、幼なじみでもある由依。

「早速、由依姉さんと子づくりしちゃおっか」

突然の、衝撃的な一言に驚く亜貴。
そこで亜貴は、由依から自分に女体化の呪いが
かけられていることを教えられる。

呪いを解くためには嫁候補を孕ませなければいけない。

そこで由依とその妹・藍依が通っている
リリエンヌ女学園に女装して通うことになった亜貴。

彼の、嫁候補孕ませ計画は成功するのか!?

作品としては、2011年10月21日に[Gyutto.com]にて、DL版が先行販売され、2011年11月に製品版が発売される、ブランド[桃色劇場]で制作された、前にこのブログでもご紹介した、個人的には設定は性転換該当ですが、CGや話の展開的には、該当作品としては、少しビミョーかなと思う、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[女装で孕ませてっ]とその[女装で孕ませてっ]の続編に当たり、新たに女性キャラ1名と性転換該当のエンドが3つある、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[もっと! 女装で孕ませてっ]と同じ設定のシリーズ作品で、今作も該当設定は、前作、前々作と同く「1年後の誕生日までに自分の血を引く男の子が産まれないと女性の身体になる呪いを代々かけられている、神代一族に生まれ、実は、一族に掛けられた呪で、男性の身体から女性の身体になってしまった母親と一緒に住んでいる、総合格闘技の選手を目指す、体育会系男子の主人公が、神代一族にかけられた呪いを解くために神代家に使え、嫁候補でもある人形家の姉妹(今作では、言動、行動ともに天然で、国語教師の姉「人形 由依(ひとかた ゆい)」と口は悪いが、根は素直な女子生徒の妹「人形 藍依(ひとかた あい)」が登場します)が通う「リリエンヌ女学園」に女装して入学し、にぎやかな学園生活を送りながら子作りに励むが、結局、嫁候補(母親を含めて)の少女たちとの間に子供を作ることができず、主人公の身体は完全に女性の身体になってしまう」になりますが、今作の主人公は、前作、前々作の該当キャラで女装該当キャラでもある主人公「神代 由宇」の母親(実は父親)で、フタナリ女体化該当キャラとして登場した「神代 亜貴」を主人公にその「亜貴」が女性の身体になってしまう呪を受けた、学生時代の「リリエンヌ女学園」を舞台に話が進み、作中に登場するキャラクターの中には、今作にも「亜貴」の母親(実は父親)として、おっとりしたお嬢様気質で、言動、行動ともにかなり天然な性格の性転換該当キャラ(一応性転換該当キャラではありますが、個別ルートに入った後の選択肢によっては、男性器が生えフタナリ女体化該当のキャラになります)「神代 乃亜(かみしろ のあ)」が登場します。また作中の性行為描写には、作中に登場する3人の女性キャラ(内一人は性転換該当キャラである母親)との性行為及びその女性キャラたちが妊娠した状態での性行為や性転換該当キャラである実の母親(実際は父親)との性行為及び、男性器が生えフタナリの女性の身体になった母親と女の子の身体になった主人公との性行為描写、フタナリの女性の身体になった実の母親の子供を妊娠した該当キャラと実の母親及び実の母親を含めた3人の女性キャラとの性行為などがありますので、苦手な方はご注意ください。

今作の攻略ルートは、大きく分けて、今作のメインヒロインで、前作、前々作に話が繋がるエンドもある「人形 由依」ルート(エンドは2つ)、「人形 由依」ルートに入った後でも選択肢の選び方でこのルートに入ることもできる「人形 藍依」ルート(エンドは2つ)、このルートに入った後の選択肢でハーレムエンドにも分岐する、性転換及びフタナリ女体化該当キャラ「神代 乃亜」ルート(ハーレムエンドも併せエンドは4つ)の3つでルート分岐が起こるまでの選択肢は12個(各ルートに入った後も選択肢によって「人形 由依」ルートと「人形 藍依」ルートは、ルートの変更ができ、「神代 乃亜」ルートは、選択肢の選び方で「神代 乃亜」個別エンドとハーレムエンドに分岐します)になり、エンドは8つ(該当エンドは、5つで内1つは、前作、前々作の話に繋がるフタナリ女体化該当の正史エンド)の回想シーンに登録されるシーンは29個(内該当シーンは、12個)で構成された、作中に登場する該当キャラ及び女性キャラ3人はフルボイスのオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品になります。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[女装で孕ませてっ]とその[女装で孕ませてっ]の続編に当たり、新たに女性キャラ1名と性転換該当のエンドが3つある、性転換(女体化、フタナリ女体化)、女装該当のオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品[もっと! 女装で孕ませてっ]と同じ設定で舞台はこの2作品より前の時代になリ、前作、前々作の主人公の母親(実は父親)で、フタナリ女体化該当キャラとして登場した「神代 亜貴」を主人公とし、その主人公「亜貴」の一人称で話が進む、作中に登場する該当キャラ及び女性キャラ3人はフルボイスのオーソドックスなアドベンチャーゲーム作品で、設定及び作中に登場するキャラクターの立ち位置と設定は、作中に登場する各キャラクターの性格は少し違うものの、前作、前々作と殆んど同じで、作中の性行為描写も含めて攻略方法も殆んど同じになりますので、前作、前々作をプレイしたことがある人には、作品の評価や好みが分かれる所はあると思いますが、今作の主人公「亜貴」が、女装して「リリエンヌ女学園」に通うまでに何処の学校に通っていたのかや総合格闘技の選手を目指す事になった理由など主人公及び作中に登場するキャラクターのキャラクター設定の掘り下げが行なわれており、今作のメインヒロインで、前作、前々作に話が繋がるエンドもある「人形 由依」ルートでは、重めの話の展開ではありますが、前作、前々作に繋がる話の経緯がしっかり描かれていて、この正史エンドの終わり方も前々作の話の冒頭に繋がる終わり方(母親になった「亜貴」にボイスが付いていないのは少々残念ではありますが)になっていて良いますし、設定的にもこのシリーズ作品の主人公の一族である、神代一族に受け継がれている「ある一定の年齢に達すると、女性の身体になってしまう呪」が何故受け継がれている理由など、このシリーズ作品の設定が、中々しっかり解説されていますので、前作、前々作の話が面白かった人には、中々面白くプレイできるのではないかと思います。また今作の作中に登場する攻略キャラ3人の性格が、天然の性格の姉「人形 由依」と実の母親「神代 乃亜(演技しているだけかもしれませんが)」とツンデレの性格の妹「人形 藍依」になっていて、今作の主人公「亜貴」が他のシリーズ作品以上に作中に登場する女性キャラたちに振り回される話の展開になっているのは面白く、話の内容も他のシリーズ作品よりしっかりしている印象を受けますので、作中に登場するキャラクターの性格が好みが合う人には、中々面白くプレイができる作品ではないかと思いますし、攻略ルートも「人形 由依」ルートと「人形 藍依」ルートは、個別ルートに入った後でも選択肢の選び方でルートが変更できる構成は中々面白く、攻略方法も他のシリーズ作品と同じですので、このシリーズ作品をプレイしたことがある人には、短時間ですべてのCGやエンドが見れて、各ルートの話の展開に集中できる構成になっているのではないかと思いますので、この作品シリーズが好きな人には、中々楽しめてプレイできる作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、前にこのブログでもご紹介した前作、前々作と該当設定は同じで、今作に登場する該当キャラは、最終的に女の子の身体になってしまい、メインルートである「人形 由依」ルートの前々作の話に繋がる正史エンドにて、男性器の生えたフタナリの女の子の身体になってしまう、前作、前々作の主人公の母親(実際は父親)として登場していた、性転換及びフタナリ女体化該当キャラになる主人公「神代 亜貴」と今作で初登場となる、基本的に性転換該当キャラではあるものの、個別ルート及びハーレムルートの主人公「亜貴」が最終的に女の子の身体になってしまい、妊娠してしまうエンドでは、明確な理由もなく突然男性器が生えて、フタナリの女性の身体になってしまう、「亜貴」の母親(実際は、やはり父親)である、該当キャラ「神代 乃亜」の2人で、主人公「亜貴」の該当シーンは、エンド4つを含め5つあり、「乃亜」も基本的に性転換該当キャラですので、「乃亜」個別エンド及びハーレムエンドを含め該当シーンが、7つ(内1つはフタナリの女性の身体になった「乃亜」の男性器を男の身体の「亜貴」が咥えるシーン)と前作、前々作に比べ、該当シーンは非常に多くなったものの、作中の該当シーンに関わる性行為描写は、前作、前々作と同じく、主人公である該当キャラが実の母親を孕ませる又は孕まされるなどの近親相姦描写が多くあり、特に「乃亜」ルートの主人公「亜貴」が最終的に女の子の身体になってしまい、妊娠してしまうハーレムルートの該当エンドでは、女の子の身体になってしまった「亜貴」が、ハーレムルートの該当エンドで突然、男性器が生えてフタナリの女性の身体になっている「乃亜」の子供を何故、妊娠したのかが、まったく描かれていませんので、全体的に該当シーンの話の展開や作中の性行為描写に作品の評価や好みが別れるのではないかと思います。しかしながら、今作の該当シーンの尺は全体的に長くなっていて、各該当シーンの話の内容も女性の身体になった「亜貴」及び「乃亜」の身体は女性の身体としては処女として描かれているなど成人向けの性転換モノの面白さはしっかりあるシーンが多くあり、前作、前々作をプレイしたことがある人には、母親になった「亜貴」が、今作のメインヒロイン「由依」や母親の「乃亜」の性格を真似ている印象を受けるのは面白いのではないかと思いますし、「人形 由依」ルートには、今までお嬢様風の言葉遣いだった「乃亜」が突然、男性っぽい言葉遣いに変るシーンが描かれていて、元々男性の身体だったことが解るシーンもあるのは良いと思いますので、設定的には、前作、前々作と同じ、作中の性行為描写を含めてあまり代わり映えのない印象を受ける所がありますが、話の展開やキャラクター設定には、前々作に繋がる内容がしっかりあって、このシリーズ作品が好きな人には、中々楽しめてプレイでき、該当作品が好みに合い、このシリーズ作品を始めてプレイする人にも、性行為描写などが好みに合えば十分に楽しめ、中々オススメできる良い該当作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されました。

ずっと!女装で孕ませてっ続きを読む
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード