作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

2011年08月

危ない科学シリーズ(茜新社・コミックテンマ)

成人向けの作品ですのでご注意ください。
b161bakct00529ps危ない科学とお姉ちゃん
著者:のるたる
ページ数:26ページ





作品内容
僕はある日、お姉ちゃんの地下研究所に呼び出されて、体を女の子に改造されてしまった!泣きわめく僕に、お姉ちゃんは「その体の良さを教えてあげる」と言い放ち、僕の女の子になった場所を指や舌で弄ぶ。怪しいクスリを浴びて潮まで吹いてしまう僕。もう指だけでは満足できなくなった僕を、お姉ちゃんは特殊なディルドーで犯す。見た目も機能も本物のペニスと同じで、さらに感覚まで伝わってくるというスグレモノだ。もうたまらなくなった僕はそれを喉の奥深くまでくわえ込む。

b161bakct00607ps危ない科学と幼馴染
著者:のるたる
ページ数:30ページ





作品内容
蓮は姉の手によって、女の体に改造されてしまった。最初こそ戻して欲しいと思っていたが、毎日姉にディルドーで犯されているうちに女の快感を知り、今さら男には戻るつもりはなくなってしまう。しかし、友人の千秋にとっては切実だ。千秋は男の蓮が好きだったのだ。千秋にソッチの趣味があることにおどろく蓮。こんなことになる前に手を出しておくのだったと後悔しながら、千秋は蓮にフェラを強要する。オシリは女になっても変わらないだろうとタイツの上から顔を埋める。

作品としては、主に成人向けの漫画作品やBL系ノベル作品を、制作、発行している、出版社[茜新社]から、不定期ではありますが電子書籍版も配信(配信形式は、雑誌が配信された数ヵ月後にその雑誌に掲載された作品及びバックナンバーに掲載された作品が、単話作品のみで配信する形式を取っています)されている、毎月13日発行の成人向けの月刊誌[COMICTENMA(コミックテンマ)]の[2010年4月号]に「危ない科学とお姉ちゃん」が掲載され、その続編である「危ない科学と幼馴染」が[2010年8月号]に掲載された、性転換(手術)該当の2作品を電子書籍版として、単話形式で配信した作品になります。また作中の性行為描写には、「危ない科学とお姉ちゃん」では、女の子の身体になった該当キャラが実の姉と性行為する女性同士の性行為描写がメインになり、「危ない科学と幼馴染」でも前半の性行為描写は、女の子の身体になったままの該当キャラと幼馴染の男性キャラとの肛門での性行為描写がメインになり、後半は該当キャラが男性キャラを押し倒し責める、男性受けの性行為描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますし、ネタばれも含みますが、この[危ない科学]シリーズの該当は「ある日、実の姉の地下研究所に呼び出されて来た所、いきなり眠らされてしまい、寝ている間に自分の男性器を姉に取られ、胸はそれほど大きくはなく、髪が短い、女の子の身体に改造されてしまった上に姉から「その身体の良さを教えてあげる」と言われ、地下研究所に用意していたベットに押し倒されて、女の子の身体になった自分の身体を弄られ、姉が取り出した怪しげなクスリを浴びてしまった、眼鏡を掛け、元々女の子っぽい容姿の可愛い男の子だった主人公「蓮」は、怪しげなクスリを浴びてしまった所為で、興奮してしまい女の子の身体での自慰行為を止められなくなってしまったが、次第に自分の指だけでは満足できなくなってしまい、姉が装着した特殊なディルドー(見た目も機能も本物の男性器と同じで、さらに感覚まで伝わってくると言うスグレモノの特殊なディルドー)を自ら咥え、特殊なディルドーを装着した姉に抱かれ、女の子の身体での快感を味わってしまった上に最後には、「蓮」の男性器を使い創った生命体の実験台として犯されてしまう事になってしまう(危ない科学とお姉ちゃん)。そして、女の子の身体に改造されて、当初こそは、元の男の身体に戻して欲しいと思っていたものの、周囲に女の子の身体の自分を受け入れてもらい、1ヶ月の間、毎日のように姉に特殊なディルドーで犯されている内に女の子の身体での快感の虜になってしまい、今では、元の男の身体に戻るつもりもなくなってしまった、姉に女の子の身体に改造されて1ヶ月間の間に胸が大きく巨乳になり髪も伸び、言葉遣いも女の子の言葉遣いに変えた(姉に怒られるために言葉遣いを変えたらしい)、元男の子の主人公「蓮」は、ある日、家に遊びに来た友人の幼馴染「千秋」と話をしている内に押し倒され、男の子の身体の時の「蓮」が好きだったと「千秋」に告白されてしまい、そのまま「千秋」にタイツを着たままのお尻を責められて犯されてしまうものの、中途半端にイク事ができず、今度は「蓮」が「千秋」を押し倒し、濃厚な性行為を「千秋」としてしまうものの、それを隠れてみていた姉に「千秋」との性行為が終わった後に「千秋」が姉に眠れされてしまい、「千秋」も胸が巨乳の髪が長い、女の子の身体に改造されてしまうのだった(危ない科学と幼馴染)」です。

性転換該当作品としては、個人的に作中の性行為描写は、2作品共に濃い目で、「危ない科学とお姉ちゃん」では、女の子の身体になった該当キャラが実の姉と性行為する女性同士の性行為描写がメインになり、「危ない科学と幼馴染」の性行為描写も女の子の身体になったままの該当キャラと幼馴染の男性キャラとの肛門での性行為描写や該当キャラが幼馴染の男性を押し倒し責める、男性受けの性行為描写などがありますので、人によっては好みが分かれる所はあると思いますが、絵柄は好みが合っていて良く、話の展開も2作品共に成人向けの性転換モノの面白さが十分にあって、特に「危ない科学とお姉ちゃん」では、実の姉に薬を浴びさせられて、興奮してしまった、女の子の身体に改造された該当キャラが、女の子の身体の快感に飲まれていく話の展開は良く、「危ない科学と幼馴染」でも、女の子の身体のままの該当キャラの心理描写がしっかり書かれていて、後半では、該当キャラが幼馴染の男性を押し倒し責める話の展開になるのも良いと思いますし、該当キャラのデザインも「危ない科学とお姉ちゃん」では、あまり胸も大きくなく、男の子よりの身体で描かれていた該当キャラの身体が、「危ない科学と幼馴染」では、胸が大きく巨乳になり髪も伸び、言葉遣いも変っているなど該当キャラの身体がより女の子の身体に変化して成長しているのも良く、終わり方もコミカルタッチの終わり方で、「危ない科学と幼馴染」の最後では、幼馴染の男性キャラも女の子の身体に改造されてしまう展開も良いと思いますので、作中の性行為描写など、人によって好みが分かれる所はあると思いますが、濃厚な性行為描写が好みに合い、成人向けの性転換モノが好きな人には、オススメできる良作ではないかと思います。

ミルクの楽園vol.2-ばなな-

一般向け及び女性向けの作品ですのでご注意ください。

ミルクの楽園vol.2-ばなな-

女性向け及び一般向けの同人誌作品を主に製作されている、サークル[お笑い本舗]様の二次創作性転換(変身、女体化、年齢退行)該当作品[ミルクの楽園]シリーズの第2弾です。

女性向け及び一般向けの二次創作性転換該当の同人誌作品で、枚数は表紙などを含めて、36ページになります。
作品としては、前にこのブログでもご紹介した、某人気RPG作品の7作品目に登場する男性キャラ2人が女の子の身体になる、二次創作性転換該当の変身ギャグネタメインの同人誌作品[ミルクの楽園]シリーズの2作品目になります。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、某人気RPG作品の7作品目に登場する男性キャラが女の子の身体になってしまう、二次創作性転換該当の変身ギャグネタメインの同人誌作品[ミルクの楽園]シリーズの2作品目に当たる作品で、今回も話の展開はギャグがメインになり、前回は、該当キャラが、セーラー服に着替えさせられましたが、今回は、戦闘服に着替えさせられたりして面白く、枚数は少ないですがバトルシーンもあったりしますので、前作の話が面白いと思った方には楽しめる、良い作品ではないかと思いますし、話の終わりには、結局メインキャラ2人とも女の子の身体に変身してしまうのも良く、終わり方も次の話に続いていますので、次の話も期待でき中々良い作品ではないかとも思います。続きを読む

恥辱女装の夜

成人向けの作品ですのでご注意ください。

恥辱女装の夜

作品内容
「数学の課題を忘れただけなのに・・・」彼は学校の女教師に指導のためにと教師宅へと呼びつけらる。
腕にいきなり注射を射たれる生徒。いやがるが、女教師は容赦しない。彼の臀部から、乳首へと何本もの得体の知らない液体が注入されていく・・。「女になりなさい」教師は上気した息でに彼にそう告げた。
やがて生徒の体は艶めかしい女性的な脂肪に包まれ、胸には巨乳、顔は永遠に摂れない化粧が強制的に施されていった。そして妖艶な女体に包まれていくうちに彼の心は女へと墜ちていく・・。

オリジナルの強制女性化、女装作品を制作している。サークル[女人化研究所]様の女体化(豊乳化、精神女性化)該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますし、少し違うかもしれませんが、該当は「ある日、数学の課題を忘れてしまい、学校の教師の中でも体罰が厳しいと噂がある、女教師「三条寺」の自宅に指導の為にと呼び出されてしまった、男子生徒「唯」は、呼び出された「三条寺」の自宅で、突然、「三条寺」に「課題なんてどーでもいいの。わたし・・・男の娘化が趣味なの・・」と言われ、「女の子になる薬」を嫌がっている「唯」の腕に注射してしまい、「女の子になる薬」の影響で、「唯」の胸が女性の胸のように膨らみ始めてしまい、その上、「三条寺」によって「女の子になる薬」を何本も射たれてしまった「唯」の身体は、「女の子になる薬」を射れるたびに髪は徐々に伸び、胸やお尻も徐々に大きく膨らんでいってしまう。そして、「女の子になる薬」を8本も射たれてしまった「唯」の身体は、髪が長く胸も巨乳の艶めかしい女性的な脂肪に包まれた、妖艶な女性の身体に変えられ、言葉遣いも女性の言葉遣いに変えられてしまった上に女性物の下着とドレスを着せられ、長くなった髪も整えられ、天井から競り出てきた怪しげな機械群によって、永遠に取れない派手な化粧をされ、更にその永遠に取れない派手な化粧をした機械群によって再び、巨乳となった胸に薬を再び注入され、機械群に犯され、徐々に女性の身体での快感の虜になってしまい、心まで女性の心に墜ちていく事になる」です。

オリジナルの女体化該当のCG+ノベル作品で、枚数は29ページになります。
作品としては、このサークル様の作品としては、第7作品目にあたる、枚数29ページで構成されたCG+ノベル作品で、作中の描写では、該当キャラが完全に女性の身体に性転換したか解らず、ニューハーフ(シーメール)の状態までの変化の可能性もあり、作中の性行為描写にも、妖艶の女性の身体に変えられた該当キャラが、怪しげな機械群に犯される描写もありますので、該当的に苦手な描写がある方や作中の性行為描写に苦手な描写がある方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に作中の描写では、該当キャラが完全に女性の身体に性転換したか解る描写がなく、ニューハーフ(シーメール)の状態までの変化の可能性もあり、作中の性行為描写にも、妖艶の女性の身体に変えられた該当キャラが、怪しげな機械群に犯される描写もありますので、該当的な好みやこのサークル様の他の該当作品より、全体的に枚数が少ないことも含めて、人によって、作品の評価や好みが分かれる所はあるかもしれませんが、話の展開は、このサークル様の他の該当作品と同じく、該当キャラが女性キャラに強制的に薬を打たれ、身体や言葉遣いを女性の姿に変える経緯がしっかり描かれていて良いと思いますし、話の後半もこのサークル様の他の該当作品によっては、割合的に少な目になっている、女性の身体にされた該当キャラが犯され、女性の身体の快感の虜になる描写が、好みが分かれる所はあるものの、濃い目に描かれているのは良く、描写的にドレス風の女性物の服を着せられた該当キャラが犯される描写になりますので、該当的にあまり好みが分かれない描写になっていているのも良いと思いますので、全体的にこのサークル様の該当作品らしい独特の雰囲気や作中の性行為描写などに好みが分かれる所はありますが、価格は安めで、このサークル様の作品が好きな人や強制女体化モノ及び性転換モノが好きな人には、中々オススメできる良い作品だと思います。

DMM.comでも発売されています。
d_040388pr




恥辱女装の夜
続きを読む

ないしょのつぼみ 7 (フラワーコミックス)

ないしょのつぼみ 7 (フラワーコミックス)ないしょのつぼみ 7 (フラワーコミックス)
著者:やぶうち 優
販売元:小学館

作品内容
つぼみにユーレイがとりついた!?

大人気シリーズ「ないしょのつぼみ」最新第7弾(八木つぼみ編)が発売!
泣き虫でお人好しのつぼみに、記憶喪失のユーレイがとりついてしまった! 学校でも家でもお風呂場でも、ユーレイ・昴とぴったんこ。お年頃のつぼみとしては、早く記憶を取り戻し、成仏してもらいたいんだけど……!?
巻末に、「ないつぼ」第1巻の番外編を2本収録。

2011年4月に小学館(フラワーコミックス)から発行された、憑依(精神同居)該当作品です。
作品としては、月刊誌「小学四年生」別冊付録にて、2010年4月号より2011年3月号に掲載された、1冊ごとに主人公が変わり、1冊で完結する、思春期がはじまったばかりの女のコが主人公の初恋と性成長の行方を題材とした、1冊読み切り型の作品[ないしょのつぼみ]シリーズの巻数的には8巻目(外伝が1巻有りますので)に当たる、7人目の女の子「八木 つぼみ」が主人公となリ、全12話で構成された作品になります。また巻末には、このシリーズ作品の第1巻での主人公「立花 つぼみ」がメインとなる第1巻の番外編が2本収録され、前にこのブログでもご紹介した[ないしょのつぼみ 6 (フラワーコミックス)]は入れ替わり該当作品になります。

少し違うかもしれませんが、今巻[ないしょのつぼみ 7]の該当は「ある春の日に死んでしまった、おばあちゃんが、眠る事になったお墓に佇む、記憶喪失のユーレイ「昴」を見えてしまったことが原因(どうやら、「つぼみ」が付けているカチューシャが媒介になり「昴」の姿が見え、会話も出来る)、で取り憑かれてしまった、最近4年生に進級した女の子「八木 つぼみ」は、人には触れないものの、幽霊なのに物を動かしたり、通り抜けができ、「つぼみ」の身体にだけは触れられる「昴」が記憶を取り戻し成仏するまで、一緒に生活することになってしまった、ある日、学校の水泳の授業で、「つぼみ」がプールに入るときに足を滑らせ偶然、「昴」の腕をつかんでしまい、「つぼみ」の身体の中に「昴」が入ってしまったことがきっかけで、「昴」が「つぼみ」の身体の中に入ると、「昴」が「つぼみ」の身体を操る(因みに、感覚も共有しているらしい)ことができることに気が付いてしまう」です。

個人的に作品としては、前にこのブログでもご紹介した、入れ替わり該当作品[ないしょのつぼみ 6 (仁家 つぼみ編・フラワーコミックス)]と同じ、思春期がはじまったばかりの女のコが主人公の初恋と性成長の行方を題材とした、1冊読み切り型の作品[ないしょのつぼみ]シリーズの本編第7弾に当たる、記憶喪失のユーレイ「昴」に取り憑かれてしまった、女の子「八木 つぼみ」が主人公となる作品で、この作品が連載されていた月刊誌の年齢層の関係か、他のシリーズ作品ほどは、このシリーズ作品らしい特徴的なシーンは少ないかもしれませんが、話の展開はしっかりしていて、ユーレイに取り憑かれてしまった事で、着替えを見られたり、主人公「つぼみ」にしか見えない「昴」と話をしていて、周りの友人に怪訝な表情をされたり、記憶喪失のユーレイ「昴」の素性を探していったりなど、ユーレイと同居する話らしいシーンは多く、好みが合う人には楽しめて読める作品だと思いますし、巻末に収録された、このシリーズ作品の第1巻での主人公「立花 つぼみ」がメインとなる第1巻の番外編2本共に、このシリーズ作品らしい話の内容になっていて、このシリーズ作品が好きな人には楽しめる話ではないかと思いますので、このシリーズ作品が好きな人やこの作品が好きな人には、今巻も中々楽しめて読める作品だと思います。

憑依該当作品としては、個人的に前にこのブログでもご紹介した、入れ替わり該当作品[ないしょのつぼみ 6 (仁家 つぼみ編・フラワーコミックス)]と同じ、思春期がはじまったばかりの女のコが主人公の初恋と性成長の行方を題材とした、1冊読み切り型の作品[ないしょのつぼみ]シリーズの本編第7弾に当たる、記憶喪失のユーレイ「昴」と主人公「つぼみ」の関係が描かれた、主人公とその主人公に取り憑いた幽霊が同居するタイプの話の展開の作品で、基本的に主人公「つぼみ」の後ろで、ユーレイの「昴」が背後霊のように浮遊している描写がメインになりますので、このブログでもご紹介した、憑依該当作品的な面白さは薄い所があると思いますが、話の展開に「昴」が「つぼみ」の身体に入り、操れる理由などの「つぼみ」と「昴」の運命的な関係などがしっかり説明されていて、特に少しネタバレになりますが、「昴」が「つぼみ」の身体に入り身体を操ることで「昴」の記憶が少し戻ったり、この話の最後のほうで、本当は事故で意識不明になっていた、「昴」の身体に戻る為、ユーレイの「昴」が「つぼみ」の身体を通して、元の身体に戻る展開など、「昴」が「つぼみ」の身体に入り、操れる理由が話の展開にしっかり関わって来るのも中々面白い展開だと思いますので、憑依該当作品としては、人により、作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますが、話はしっかりしていて、このシリーズ作品が好きな人やこの作品の話の展開に興味があり、好みが合う人には、楽しめて読める、良い作品ではないかと思います。

続きを読む

サークル[ARC]

成人向けの二次創作同人誌作品を製作されている、サークル[ARC]様の二次創作性転換(女体化)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_038081pr俺の弟がこんなに可愛いわけがない




二次創作性転換該当の同人誌作品で枚数は、表紙などを含めて、20ページになります。
作品としては、対戦型格闘ゲームに似た操作性を持つ戦闘システムなど独特なシステムを持つ、某RPG作品の本編12作品目を元ネタにし、その元ネタの作品の主人公の弟が「朝起きたら胸が大きくなり、女の子の身体になっていた」と言う所から話が始まる、2010年12月に発行された同人誌作品を電子書籍化した作品で、作中の性行為描写は、朝起きたら胸が大きくなり、女の子の身体になっていた該当キャラの弟とその実の兄が性行為する近親相姦描写がメインの作品になりますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に元ネタの作品は、あまり知りませんので、申し訳ありませんが、作品としては、対戦型格闘ゲームに似た操作性を持つ戦闘システムなど独特なシステムを持つ、某RPG作品の本編12作品目を元ネタにし、その元ネタの作品の主人公の弟が「朝起きたら胸が大きくなり、女の子の身体になっていた」と言う所から話が始まる、性転換該当の同人誌作品で、作中の性行為描写は、朝起きたら胸が大きくなり、女の子の身体になっていた該当キャラの弟とその実の兄が性行為する近親相姦描写がメインの作品になりますので、人により、この作品のカップリングや作中の性行為描写などに好みが分かれる所があるのではないかと思いますが、絵柄はあまり好みが分かれない可愛い目の絵柄で良く、話の展開も朝起きたら胸が大きくなり、女の子の身体になっていた該当キャラの弟の身体を強引に調べようとした兄が、その女の子の身体になり、あまりにも可愛くなった弟の姿に理性がなくなり、襲ってしまう、中々成人向けの性転換モノらしい、お約束的な甘めの話の展開になっていて、終わり方も、該当キャラが女の子の身体になった原因が解るコミカルな終わり方になっているのも良いと思いますので、元ネタの作品を知っている人で、この作品のカップリングが好みに合う人や成人向けの性転換モノが好きな人には、中々楽しめる作品ではないかと思いますし、作品収集の面でも、この作品の元ネタの二次創作女体化該当の作品は、DL作品を含めて殆んど見られない該当作品ではないかと思いますので、この作品に興味がある人や自分のように成人向けの二次創作該当作品を収集している人は、購入を考えても良いのではないかと思う、中々正統派の話の展開の二次創作性転換該当作品です。

DLsite.comでも発売されました。

俺の弟がこんなに可愛いわけがない
記事検索
性転換該当作品
プロフィール

k1024ts

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード