作品収集家の趣味の部屋

個人的に購入した小説、漫画、ゲーム等を紹介するブログです。性転換、女体化、女装物等の作品を多分に含んでいるので、そのような、作品に嫌悪感を感じる方は、退室をお願いします。又、成人向けの作品も紹介しますので、未成年の方は、入室をご遠慮うください。

2011年04月

変態料理コンテスト~淫乱レシピ!!女体化VSふたなり化~

成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_035788pr変態料理コンテスト~淫乱レシピ!!女体化VSふたなり化~




作品内容
変態料理コンテスト・女体化VSふたなり化フルカラーストーリー
新入社員歓迎会で始まった変態料理コンテスト!! 新人は女体化やふたなり化にさせられて…
独自の変態過ぎる淫乱レシピで料理提供…そして乱交も始まって…果たして勝者は!?

オリジナルのCG+ノベル作品を制作されている、サークル[変幻物語]様の性転換(変身)該当作品です。
少し違うかもしれませんが、該当は「就職難の中、特に料理が好きというわけでもないが、どうにか中堅の飲食チェーン店を展開する会社に就職し、仕方なく勤務していた男性社員「壱発(いっぱつ)」は、ある日、この会社を目指し就職をして、仕事に信念を持っている為に不真面目な「壱発」を見下している、小柄でとても可愛い容姿をした貧乳の女性社員「姫川」と共に新入社員歓迎会に出席することになるが、そこは、新入社員が女性の身体になるスープ又は男性器の生えたフタナリの身体になるスープを飲み、男性社員が女性の身体になり、女性社員が男性器が生えたフタナリの身体になって、その身体を使い、製作した変態料理を他の社員に提供する「変態料理コンテスト」であった。そして、男性器の生えたフタナリの身体になるスープを飲み、フタナリの身体になった「姫川」のその身体を使った変態料理が他の社員の目の前で作られ、「女体美食家クラブ」の会長で、自分の身体を女性の身体に変えている「谷口」専務の提案で、手本として、前回の「変態料理コンテスト」の優勝者で、今回の歓迎会の幹事でもある、自分の身体を女性の身体に変えている「松田」の変態料理を見せられ、遂に自分の番が回ってきた「壱発」は、女性の身体になるスープを飲み、自分の身体を可愛い巨乳の女性の身体に変え、その身体を使い、他の社員の目の前で変態料理を作ることになってしまう」です。

オリジナルの性転換該当のCG+ノベル作品(台詞付きのCG集)で、枚数は台詞付きのCG51枚と台詞無しのCG51枚を併せ、合計102枚になります。
作品としては、台詞付きのCG51枚で構成されているCG+ノベル作品で、CGには、ゲーム作成ソフト、ブランド[『G.J?』]の「佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります を使用して制作された作品になります。また作中の性的描写には、女性の身体になった該当キャラ又は、男性器の生えてフタナリの身体になった女性キャラが、その身体の体液や精液を使い変態料理を作る、マニアックな描写や、該当キャラ及び女性キャラが、複数の男性に襲われる乱交描写などがありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に題名のとおり、女性の身体になった該当キャラ又は、男性器の生えてフタナリの身体になった女性キャラが、その身体の体液や精液を使い変態料理を作るなど、マニアックな描写が多数ある、台詞付きのCG51枚で構成されているCG+ノベル作品で、作中の性行為描写に作品の評価や好みが分かれる作品だと思いますが、このサークルの該当作品らしい成人向けの性転換モノの面白さは、中々しっかりあると思いますし、話の展開も前半は該当キャラ又は女性キャラが、その身体を使い変態料理を作る描写がメインになっていますが、後半の話の展開は、このサークル様らしい乱交描写がメインになり、終わり方もこのサークル様らしい中々面白い終わり方で、性行為描写などの好みが合えば、中々楽しめる話の展開ではないかと思いますので、全体的にマニアックな描写が多数ある作品ではありますが、この作品に興味がある人やこのサークル様の作品が好きな人で、性行為描写などの好みが合う人には、中々面白い内容の作品ではないかと思います。

DLsite.comでも発売されています。

変態料理コンテスト~淫乱レシピ!!女体化VSふたなり化~続きを読む

催眠術でフタナリ女の子になろう~弱みを握られ、S気たっぷりの同級生のおもちゃになる~

成人向けの作品ですのでご注意ください。

催眠術でフタナリ女の子になろう~弱みを握られ、S気たっぷりの同級生のおもちゃになる~

作品内容
【催眠術でフタナリ美少女に】

男であれ女であれ、誰でも一度は『美少女になってみたい』という妄想をしたことぐらいはあるはず。

Trance-Me!!が、催眠術でそれをかなえます。

Trance-Me!!の催眠は、ゆっくりと潜在意識に潜り、ひとつひとつ具体的にイメージしていく方法で、あなたの身体を、一から女性へと作り変えます。

催眠導入が終わるころには、あなたはすっかり女性になりきることが出来るでしょう。

いい匂いがして、やわらかく、少し、股間がいつも湿っているイメージが、脳に強烈に染み付いて離れなくなります。

そんな状態から、本作品の本編はスタートします。

【S気たっぷりのアナタ大好きな同級生との、恐怖にも似た快楽体験】

「ふふ、そんなに警戒しないでよぉ。わたしは関矢春子っていうの、よろしくねヘ、ン、タ、イ、さん?

トボけても無駄よ、わたしは知ってるのよあなたの秘密を。こう言えば呼び出された理由もわかるかしら?」


突然言い放つ少女。確か……何度かみたことがある。
B組の子だ。切れ長で、するどい目つきをした、いつも冷たい表情をした人。

関矢さんが笑っているのを、私はこのとき初めて見た。


「トボけても無駄よ、わたしは知ってるのよあなたの秘密を。こう言えば呼び出された理由もわかるかしら?」


心臓が止まりそうになる。

私のほか、家族と病院の坂城先生以外、誰も知らないはずの事実。

バレた…?


嘲笑。好奇。退学。引越し。


私が"最悪の事態"と思う、ありとあらゆる言葉が、脳の中を一気に駆け巡る。


引きつった顔で、関矢さんの顔を見上げると、そこには勝ち誇った表情で、静かに笑う彼女がいた。

「別に酷いことをするつもりはないわ。ただ可愛がりたいだけ。
目の前にこんな面白いおもちゃがあるのだもの、これで遊ばない理由はないでしょう?」



【催眠術でフタナリ少女となり、同級生のおもちゃに】

関矢さんはアナタのチ◯チンに興味津々。どんな形か、触るとどうなるのか。オチ◯チンをおもちゃにして、徹底的に弄繰り回します。

もちろん、小ぶりながら催眠術によって生まれた、あなたの首の下の二つの膨らみも、たっぷり弄り回します。

オリジナルや二次創作の音声作品(催眠風のボイスドラマ作品)を製作されている、サークル[Trance-Me!!]様の個人的に該当としては、少し違うかもしれませんが、女体化(フタナリ女体化)該当作品です。
該当は「「このボイスドラマを聴いている人が、男性器が生えているフタナリの美少女の身体の女子生徒になる催眠を掛けられ、秘密にしていたフタナリの身体であることを知った、切れ長で、するどい目つきをした、いつも冷たい表情をしたB組の女子生徒「関矢 春子」に脅され、そのフタナリの身体を嬲られてしまう」です。

オリジナルの女体化(フタナリ女体化)該当の4パートに分かれて構成された音声作品(催眠風ボイスドラマ作品)で、収録されている音声は、4パート合計33分9秒になります。
作品としては、催眠導入パート、催眠解除パートを含めて、4パート合計33分9秒(本編2パート、合計19分10秒)で構成された催眠風ボイスドラマ作品になりますので、催眠等に掛りやすい方は、ご注意ください。また作中の性行為関係の演出には、フタナリの美少女の身体になる催眠術を掛けられ、サドっ気のある同級生の女子生徒にそのフタナリの身体を嬲られる演出になりますので、苦手な方はご注意ください。

女体化該当作品としては、個人的に催眠導入パート、本編2パート、催眠解除パートの4パート合計33分9秒で構成された催眠風ボイスドラマ作品で、前にこのブログでもご紹介した、このサークル様の一応、女体化(フタナリ女体化、精神女性化)該当作品[森のエルフさんの強制女装催眠魔法~催眠術で美少女を疑似体験!~]と違い、催眠導入パートには、フタナリの美少女の身体になる催眠もしっかり入り、催眠解除パートも入っている、中々本格的な催眠風ボイスドラマ作品になっていて、フタナリ女体化モノですので、性行為描写も含めて、該当的には、人により好みが分かれる所はありますが、本編の内容は、サドっ気のある同級生の女子生徒に胸の膨らみやフタナリの身体を嬲られる、シンプルな演出になりますので、女性から責められる催眠風ボイスドラマ作品が好きな人や、フタナリ女体化モノの催眠風ボイスドラマ作品が好きな人には、声優様の声や演技が良い事もあって、中々楽しめる作品だと思いますし、音声収録時間も短めで、価格的には評価は分かれるかも知れませんが、時間があまり取れない人でも聞きやすい作品になっているのではないかと思いますので、作中の性行為演出に好みが合い、催眠風ボイスドラマ作品に興味が合う人には、シンプルな内容で聞きやすい、中々良い作品ではないかと思います。続きを読む

にょたいかっ。③ (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)

一般向けの作品ですが、性的描写が、多数ありますので、未成年の方はご注意ください。
にょたいかっ。③ (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
にょたいかっ。③ (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
著者:龍炎狼牙
販売元:メディアファクトリー

作品内容
あのモンスタータイトルが、芸能界に殴りこみ! ある日突然女の体になってしまった男の、愛と涙とエロと妄想の物語、第三巻! 新人お笑い芸人・ケイは、自称神様・ナナシの力により、女の体に変身。極上のエロボディを駆使して男の精を集め、力にすることで人気が出始めたケイだが……? シリーズ最高のシチュエーションと物語を、ご堪能あれ。

2011年4月にメディアファクトリー(MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)から発行された性転換(変身)、憑依(精神同居)該当作品[にょたいかっ。]の第3巻です。

作品としては、携帯コミック配信サイト[コミックシーモア]にて、配信されている性転換(変身)該当作品[にょたいかっ。]の第3期シリーズ、全13話を収録した作品で、今回の話は、第1巻と第2巻の該当キャラの主人公で、元「男」の冴えないサラリーマン「真中 真」が、第2巻13話で、キャンペーンガールとして温泉で撮影をした、CMに出演していたことがきっかけで、アイドルデビューして一時的に芸能界(因みに、「真」の仕事の上司であり、前回2巻の話で、「真」が飲んだ薬が原因で、「真」と性行為すると、性別が入れ替わり、男性の身体になることも出来るようになってしまった、「真」の恋人の女性「岩波 千裕」は、男性の身体で「真」のマネージャーとして一緒に仕事をしています)で仕事することになった事から、芸能界が今回の話の舞台となり、今回の話の主人公は、その「真」が所属することになり、第2巻の20話の最後から21話に登場した「真」をナンパした男性「トルコライス城野(ピンのお笑い芸人)」も所属している芸能事務所「アムプロダクション」に所属する、新人お笑い芸人の男性「蛍川 ケイ」が主人公になって話が進んでいきます。

今回の話の主人公「蛍川 ケイ」も勿論、性転換(変身)、憑依(精神同居)該当キャラになりますので、該当は「パナマ銀河というコンビ名で、相方の「熊田」と共に賞も取り、遂に念願の全国デビューも決まったが、2週間前に「熊田」から一方的にコンビ解消のメールが届き、明日の初収録からピン芸人として再スタートしなければいけなくなってしまった、芸能事務所「アムプロダクション」に所属する、新人お笑い芸人の男性「蛍川 ケイ」は、明日の初収録を控え、今後どうするか、同じ事務所に所属している先輩のピンのお笑い芸人「トルコライス城野」に相談している所に現れた、CM出演がきっかけでアイドルデビューすることになり、この事務所に今日から所属することになった、自分より少し年上の可愛い女性「真中 マコト(女性の身体になっている「真中 真」)」に部屋の外で妬みを感じていた所に現れた、黒いボロ雑巾のようなマントを全身に被っている人物に眠らされてしまう。そして、黒いボロ雑巾のようなマントを全身に被っている人物に眠らされた後から、自分が銀色の髪をした女性の視点で、収録スタジオで番組ADの男性に抱かれ、銀色の髪をした女性の感じた快感を一緒に感じながら、その男性が干からびていく夢を見てしまい、その後、初収録が終わり、大学時代から仲が良い女性「咲樹」と話している最中に、当然耳元に声が聞こえたと同時に意識を失い、再び同じ女性の視点で、収録スタジオで番組ADの男性を襲う夢を見てしまうが、それが現実に起こっている出来事だと気が付き、何とか身体の自由を取り戻し、自分の身体が銀色の髪をした女性の身体になっていることに気が付いた「ケイ」は、女性の身体になっていた自分の身体から出てきた、昔は祠に奉じられて、大切に扱われていた守り神だったが、今は、自分の身体を維持することが出来ないほどに力を失い、自分の名前さえも失った、見た目は少女の姿だが本来の性別は男性の「元」神様「ナナシ(自分の名前を失っている為「ケイ」が命名した)」に憑依され、自分の身体を銀色の髪をした女性の身体に変えて操り、男性から神としての力を取り戻すために「輝力(魂が輝く強さ、精力や魅力と言った力の事)」を奪っている事と「真中 マコト」も同じように何かの手段で「輝力」を集め今の地位を得た事を聞かされた事から、「ケイ」は芸能界で売れていくために「ナナシ」は神としての力を取り戻す為に、「ケイ」が寝ているときに「ナナシ」が、「ケイ」の身体を女性の身体に変えて操り、男性から「輝力」を奪いながら、最終的に膨大な「輝力」を持つ、「真中 マコト」から「輝力」を奪う事に協力することになってしまう。しかし「ナナシ」が女性の身体になった「ケイ」の身体を使用しているときに何故か、「ケイ」の意識が戻った事から、「ケイ」自身が「輝力」を集める事になってしまい、女性の身体の快感を「ケイ」自身で味わうことになった上に「輝力」を集めて行き女性の身体に馴染んで行くに連れて、「ナナシ」の補助なしで自力で女性の身体に変身出来る様になってしまう」です。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、今回の話は、第1巻と第2巻で主人公の該当キャラ「真中 真」から主人公が新人お笑い芸人の該当キャラ「蛍川 ケイ」が主人公になって、芸能界を舞台に話が進み、話の展開も「真中 真」は、しっかり話に絡みますが、話のメインは、「蛍川 ケイ」と「ケイ」の身体に憑依し、「ケイ」の身体を女性の身体に変えることが出来る、自分の名前を失った「元」神様「ナナシ(性別、男性)」の二人が、男性から「輝力」を集める話を中心に元々コンビのお笑い芸人だった「ケイ」の相方が突然、コンビを解消した理由や「ナナシ」の過去の話など、前回まであった、ラブコメ要素は薄くなり、霊や妖怪系の設定や世界観(第1巻と第2巻で主人公の該当キャラ「真中 真」の女性の身体になった設定は、神様によって女性の身体になった設定で、設定的には元々あった要素ではありますが)が大きく絡む、コメディ要素は勿論あるもののシリアスな話の展開になっていて、成人向けの作品も含めて、この作者様が製作した作品の中には、霊や妖怪系の設定や世界観がメインの作品を幾つか製作(その作品の中には、該当の作品ではありませんが、個人的にオススメの作品もあります)されていますので、この作者様の作品を古くから知っている人には、非常にこの作者様らしい話の展開になっていて楽しめるとは思いますが、今回の話で主人公を変更した事やあとがきにも書いていますが、今回の主人公の二人は、元々悪役として考えられたキャラクターで、性格が少し悪くなっていることなども含めて、この[にょたいかっ。]シリーズからこの作者様の作品を読み始めた人には、作品の評価や好みが分かれる話の展開になっているのではないかと思いますし、話の筋がきっちりしていることで、女性の身体になった「ケイ」の女性の身体になった事の葛藤や心理描写が少な目になっている印象がありますので、人によっては、性転換モノの面白さは薄くなったのではないかと感じる人はいるかもしれませんが、女性の身体になった「ケイ」が徐々に女性の身体の快感の虜に性転換モノの面白さは十分あり、「ケイ」と「ナナシ」の性格は少し悪いものの本質的には善人で中々個性のあるキャラクターになっていて、話の展開も前回まで登場したキャラクターがチョイ役で登場していたりなど今回も十分に楽しめる、前回とは一味違う話の展開になっていて面白く読め、終わり方も良い終わり方だと思いますので、この作品シリーズが好きな人や性転換モノが好きな人には、少し作品の評価や好みが分かれる所はあるとは思いますが、全体的に今回もオススメの良作だと思います。また今回も神様メインの4コマも中々面白かったと思いますし、4巻が製作される可能性があるようですので、次の第4巻が製作されたのなら、どんな話になるか期待できる作品だとも思います。続きを読む

サークル[宝石少年]

男の娘モノなどの女装、ショタ系の作品をメインで製作されている、サークル[宝石少年]様の女体化(フタナリ女体化)、性転換(手術、男性化)該当作品です。
成人向けの作品ですのでご注意ください。

女の男研究所(おんなのこけんきゅうじょ)

作品内容
「このままでは人類が滅亡してしまう!」と
謎の怪死による全世界女性絶滅の予知夢を見た
天才科学者「松戸彩江」は
美しい少年を女性化して世界を救うために
「女の男研究所」を設立した。
四章からなる選択しだいで運命の変わるシナリオ、
男の子をうまく女の男にしないと世界が滅びてしまう
マルチエンディングテキストアドベンチャーです。

●第一章 女の男研究所に偶然に?おとずれた少年
「沢尻めるも」が実験と称して手コキにて彩江
から精子を無理やり採取されてしまう話。
●第二章 より女の男に近づくためにアナルを彩江に
いいように犯され感じてしまい「男の子の女の男」
として目覚てしまう・・。
●第三章 とうとう「ふたなりの女の男」にさせられ
同じくふたなりになった彩江とふたなり同士の強烈な
セックスをしてしまう。
●第四章 完全に女性化・・・そして・・・。

「このままでは人類が滅亡してしまう!」と
謎の怪死による全世界女性絶滅の予知夢を見た
天才科学者「松戸彩江」は
美しい少年を女性化して世界を救うために
「女の男研究所」を設立した。
四章からなる選択しだいで運命の変わるシナリオ、
男の子をうまく女の男にしないと世界が滅びてしまう
マルチエンディングテキストアドベンチャーです。

●第一章 女の男研究所に偶然に?おとずれた少年
「沢尻めるも」が実験と称して手コキにて彩江
から精子を無理やり採取されてしまう話。
●第二章 より女の男に近づくためにアナルを彩江に
いいように犯され感じてしまい「男の子の女の男」
として目覚てしまう・・。
●第三章 とうとう「ふたなりの女の男」にさせられ
同じくふたなりになった彩江とふたなり同士の強烈な
セックスをしてしまう。
●第四章 完全に女性化・・・そして・・・。

このゲームは ショタ M男 男の子受け 女装 
アナルファック ふたなり 女体化 TS 妊娠
の要素を含みます。
運命は変えることができるのか?
めるも君をはたしてちゃんと女の男にさせられるのか?
ハチャメチャドタバタラブコメディー。
貴方も「女の男研究所」にいらっしゃいませんか?

オリジナルの女体化、性転換該当の4章に分かれて構成された同人ゲーム作品(アドベンチャーゲーム作品)で、選択肢は3つのエンドは1つ、バットエンドが3つになります。
少し違うかもしれませんが、該当は「ある日、両親が失業して、何かアルバイトを探していたが、見た目は女の子のような容姿をしている為に雇っては貰えずに困っていたが、偶然、助手を募集していた「女の男研究所」を見つけ、その助手に募集した、男の子「沢尻 めるも」は、その研究所で出会った、この研究所の所長で天才女性科学者「松戸 彩江」に近いうちに謎の怪死によって、全世界の女性が絶滅してしまう予知夢を見た事がきっかけで、男の子でも男性から性的対象に見られ、子供を作ることが出来る「女の男(オンナノコ)」を研究し、作り出せば、人類を救うことが出来ると聞かされてしまう。そして、給料が良く、最悪逃げてしまえば良いと思い協力することにしたが、そこで「彩江」から実験と称して手コキで、精子を無理やり採取された事がきっかけになって、「彩江」から与えられる快感が忘れられなれなくなった「めるも」は、その後も「彩江」に自分のお尻を開発されてしまった上に「彩江」から飲まされた薬やまかないのご飯に混ぜた漢方の効果により、胸が少し膨らみ、男性器が生えた、フタナリの女の子の身体に自分の身体を作り変えられ、同じように薬によって、男性器の生えた、フタナリの女性の身体になった「彩江」に犯されてしまい、遂に「めるも」の身体は、完全に女の子の身体になり、フタナリの女性の身体になった「彩江」に犯された事で妊娠してしまう。その上、「彩江」の身体も何故か男性の身体になった上にフタナリの女の子の身体になっていた「めるも」に犯されたことから、男性の身体のまま妊娠してしまっていた」です。

作品としては、4章に分かれて構成されたアドベンチャーゲーム作品で、1章、2章、4章に選択肢が1つずつあり、作中の性行為描写には、女性から男性が責められる、女性上位男性受けの描写や男性器が生えた、フタナリの女の子の身体になった該当キャラが、同じく、男性器が生えてフタナリの女性の身体になった女性キャラに犯される描写,妊娠した該当キャラが複数の人造人間に犯される描写などのマニアックな描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

性転換該当作品としては、個人的に4章に分かれて構成されたアドベンチャーゲーム作品で、該当キャラ「沢尻 めるも」が、結構冷静な性格をしている事もあって、全体的に成人向けの性転換モノの面白さは薄い印象を受ける所や作中の性行為描写に、男性器が生えた、フタナリの女の子の身体になった該当キャラが、同じく、男性器が生えてフタナリの女性の身体になった女性キャラに犯される描写、妊娠した該当キャラが複数の人造人間に犯される描写などマニアックな描写がありますので、人によっては、作品の評価や好みが分かれる作品ではないかと思いますが、話の展開は、全体的にコミカルタッチの軽いノリの話になっていて、男性化該当キャラの「松戸 彩江」が人類を救うために何故、「女の男(オンナノコ)」を研究し、作り出そうとしたのか、説明するところは、中々壮大な設定になっているのは面白く、終わり方もコミカルタッチの話らしい終わり方で中々面白いのではないかと思いますし、性行為描写も、マニアックな描写が多いですが、テキストはあっさり目で、絵柄も含めて全体的にあまり好みが分かれずにプレイできる作品ではないかと思いますので、話の展開や性行為描写などに好みが合う人には、あっさりとした話の展開で気軽にプレイできる作品ではないかと思います。

トランス・フィメール・ファンタジー

成人向けの作品ですのでご注意ください。
d_035635prトランス・フィメール・ファンタジー




作品内容
祈り、戦い、オンナになれ!

肥沃な中原に領土を持つ、メイーヴル。
この公国には、古来より豊穣の女神の祝福を受け、女系継承の伝統があった……。

ここに生まれた公子、霞は、思わぬコトから「女神の公女」として、神所巡礼の旅に出ることに。

な、なんだ?
この儀式って。

それに、女神の術??
使えば使うほど、身体が……!!

冗談じゃない、俺には彼女も、男としての明るい未来もあったはず。

それが、それが……!

魔法を使えば使うほど進む女体化。

それはやがて、ココロの部分まで。

変わる街の人々の対応。
目覚めるオンナの快感。
そして、その結末は……?

ストーリー重視の性転換モノのデジタルコミック/ノベル作品を主に制作しているサークル「6colors」様の性転換(変身、女体化)、女装該当作品です。
上の作品内容にも該当は書かれていますので解ると思いますが、該当は「肥沃な中原に領土を持ち、古来より豊穣の女神「メイーヴル」の祝福を受け、女系継承の伝統がある、緑と水と大地の恵みに溢れた公国「メイーヴル」で、公国を収める公爵家の公子として生まれ、継承権がないことから疎外感を感じつつも気楽に育ち、数ヶ月前に女神の加護を継承するはずだった実の妹「モリアン」を喪った、男性「霞(かすみ)」は、ある日、この国を狙う、北にある大国「ロイセン」の王族の一行がこの国に来た事で、周辺国に女神の加護を継承する公女が亡くなった事を知られない様にする為に父親「ヤマキ」に頼まれ、女神を祭る聖堂で「ロイセン」の王族の一行を招待した晩餐会に女性の服を着て公女のフリをして参加する事になってしまう。そして、晩餐会があった次の日に女神を祭る聖堂でお祈りをする父親から死んだ妹と女装したときの容姿が似ていることから、この中原の地の女神の加護が薄れてきたときに行う「女神の加護を継承する公女が、3つの神所を巡礼する旅」に死んだ妹の変りに女性の服を着て「女神の公女」として、巡礼する事を頼まれた上にその場に突如現れた、豊穣の女神「メイーヴル」からも「女神の公女」として、旅に出るように言われ、幾つかの「女神の術」を授かり、自分の声も女性の声のように高い声(自分で意識すれば元の声を出せる)に変えられてしまった「霞」は、その場に偶然、居合わせ女神から護衛の任を命じられた、親友の男性「トマス」と共に女性の服を着て「女神の公女」として、「カスミ・メイーヴル」と名乗り、3つの神所を巡礼し、女神の加護をこの地に呼び戻す旅に出る事になってしまう。その上、本来は女性に授けられる「女神の術」を女神に授けられた事で、「女神の術」を使うごとに「霞」の身体は、徐々に女性の身体に変っていき、完全に女性の身体に変ってしまうが、その後も「女神の術」を使い、「トマス」や巡礼の旅の途中に仲間になったこっそり魔法使いの修行をしていた、「霞」と親公認の恋人同士である女性「ミナ」との肉体関係、神所での儀式などで、女性の身体の快感を味わい、徐々に虜になっていき、遂に身も心も完全に女性になった「霞」は、民主も魅了されるほどの美しさを持った「女神の公女」に成長していくことになる」です。

オリジナルの性転換、女体化、女装該当の同人ゲーム作品(RPG作品)で、総プレイ時間は10時間ほどのCGは100枚程度の回想シーンで見れるシーンは、20シーンになります。
作品としては、株式会社[エンターブレイン]から発売されている、ゲーム作成ソフト[RPGツクールXP]をベースにして製作され、CGには、サークル様が描かれたオリジナルの3DCGが使用されているRPG作品で、作中の性的描写には、該当キャラと作中に登場する女性キャラとの女性同士の性行為や作中に登場する女性キャラのフタナリ化などがありますので、苦手な方はご注意ください。

個人的に作品としては、主人公が戦闘シーンなどで魔法を使うたびに、徐々に女性の身体になっていき、女性の身体に変わるに連れて、周囲の人間達の反応も変っていき、最終的に今まで来ていた神官風の服装から魔法少女風の服装に変るのとフィールドマップに配置されている建物などが同じ高さになっているアクションRPGタイプのフィールドマップが特徴の最大4人パーティーのオーソドックスなRPG作品で、プレイヤーキャラの移動速度が少し遅く、敵との遭遇率が高めの印象を受ける所(イベントを見るために戦闘を多くこなさなくてはいけない所はあると思いますが)や戦闘シーンでHPやMPが表示されているところの後ろに各キャラクターの立ち絵が表示されている事で、HPやMPの数字が見え難くなっている所、作中に登場する武器アイテムの価格に対して敵キャラから入手する金額が終盤の敵キャラ以外は少なくバランスが悪い所など、少しゲーム環境が悪い印象を受ける所はあるかもしれませんが、非常に特徴のあるRPG作品になっていて、話の展開も含めて、好みが合う人には、楽しめて、面白くプレイでき、性的描写にも、女性同士の性行為描写など、少し好みが分かれる描写はあるものの、他の成人向けのRPG作品のような陵辱要素の強い描写は殆んどなく、あまり好みがわかれずに楽しめる作品だと思いますし、ゲームバランスもこの作品の特徴である女性化レベルもイベントフラグの1つになっていて、フィールドマップに配置されているスイッチや日記などイベントフラグのポイントが見にくい所など、イベント関係が発生せず、ハマル所があるように思えますので、プレイに仕方によっては、結構、難易度が高い印象を受ける作品ではありますが、戦闘シーンは、装備が殆んど初期装備に近くとも、プレイヤーキャラの魔法や特技を上手く使えば、多少、強い敵キャラでも倒していけて、レベルが上がった時の各キャラクターの能力の上昇率も高く、全体的に中々戦略性のある戦闘シーンになっていて、全体的にゲームバランスは中々良い作品だと思いますので、RPG作品が好きな人には、少し作品の評価が分かれる所はありますが、中々歯ごたえがある難易度で楽しめる、結構、丁重に作られたRPG作品ではないかと思います。

性転換該当作品としては、個人的に上でも書きましたが、女装した該当キャラ「霞」が豊穣の女神「メイーヴル」から授けられた「女神の術」を戦闘シーンなどで使うたびに、該当キャラの身体が徐々に女性の身体になっていき、女性の身体に変わるに連れて、周囲の人間達の反応も変っていき、最終的に今まで来ていた神官風の服装から魔法少女風の服装に変るのが特徴の該当作品で、他にも該当作品を製作されているサークル様の作品らしく、女装した該当キャラが徐々に女性の身体に変り、最終的に見も心も完全に女性の身体になる性転換モノの面白さが十分に詰まったRPG作品になっていて、話の展開も含めて非常に面白く、特に該当キャラが徐々に女性の身体に変わるに連れて、周囲の人間達の反応が変り、ネタばれになりますが、冒頭で一番最後に仲間になる「ロイセン」の王子「スカイ」と女装していた該当キャラが晩餐会で一緒に踊った時は、気障な男性だと思い嫌悪感を持っていたがその後女性の身体になった該当キャラが後に出会ったときには優しい雰囲気を持っていると感じ、印象が変っている所など該当キャラの男性の身体の時と女性の身体になった後の心理の変化や周囲の人間の反応の変化がきっちり描かれてい所や最終的に該当キャラの服装が変るとマップに表示されている該当キャラの服装も変り、該当キャラの女性化レベルが上がってるのが戦闘シーンでも確認できる所も良いと思いますし、回想シーンで見れる該当シーンも少し性行為描写に女性同士の性行為描写や該当キャラとフタナリになった女性キャラの性行為描写、複数の男女による性行為描写などがありますので、人により、少し好みが分かれる描写はありますが、購入できる装備アイテムに女性の下着が3種類あって、各女性の下着を装備した該当キャラの自慰行為シーンなど成人向けの性転換モノのお約束的なシーンもしっかりあって、該当キャラの一人称で性行為シーンが話が進むのも良いと思いますので、ゲームクリアーまで10時間程度掛かる作品で時間があまり取れない人には作品の評価は分かれるかもしれませんが、全体的に成人向けの性転換モノが好きな人には、非常にオススメできる良作だと思います。また該当キャラが最終的に魔法少女風の服装に着替えるところまで、イベントを進めるには時間が掛かり、難易度が高めになっていて、レベル的には、該当キャラのイベントを最後まで進める前にクリアーは出来ますので、人により、評価は分かれるかもしれませんが、話の最後までプレイしても取れない宝箱やいけない場所などがあり、終わり方も次の作品が作れるような終わり方ですので、この作品の続編が製作されたならば、非常に期待出来る作品ではないかとも思います。

DLsite.comでも発売されました。

トランス・フィメール・ファンタジー続きを読む
記事検索
性転換該当作品
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード